きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「エリザベート 2019年版(愛希、古川、田代、成河、木村、涼風)

2019年06月15日 | 宝塚版以外の「エリザベート」





古川くんは無慈悲な天使ちゃんで、
黄泉の帝王とはちょい違うけど
体温が低そうな人外の存在。
長身で背筋が美しいので
衣装がよく似合っている。
指先まで気を使う動き。
歌は音域狭めで伸ばせないときもあるし、
歌声は軽いけど、
役としての気持ちを乗せて歌えている。
個人リサイタルでは無いのが好印象。
高音が抜けきらないけど、
内野トートを知ってれば、
どーってことないよ!
武田トートほど本人リサイタルじゃないし。
音響さんの頑張りもあるんだろうけど
歌声が広い劇場に負けてないよ!

2012年古川ルドルフについて、
「踊りも、なまじできるぶん、手
 足が伸びきらないのが目に付くかな。
 ビジュアルはいいんだけどねー。」
と書いていたわ。
今回は綺麗に伸びていたよ!

ちゃぴはヅカ時代よりのびのびとしている。
低音ばっちり。高音も出ている。
田舎娘は似合っているけど、
鏡の間がもう少し皇后らしいといいかな。
ハナちゃんとちゃぴのエリザベート役のキャリアって、
まさしくキヨミチと佐久間さんの差ぐらいだあねえ。

二人は2幕では火花バチバチの熱いバトルでした。
お互い帝劇では初役同士だからこその全力投球で見応えがありました。
それぞれで違う組み合わせも見たいけど、
こちらか、女帝&芳雄くんのチケットしかないわー。
慣れてきたらこの熱さはなくなるだろうな。
今期特典。

田代くんはますます芝居が深くなってる。
義務と愛の板挟み。
経年変化もばっちり。
ときおり出る熱血が良かった!
OPではマイクが入らず
見る側はドキドキだったけど、
落ち着いた演技だった。

成河さんは高嶋兄に近いぐらい振り切ってる。
歌声はクリア。
なんとなくスンラさんを思い出す。

木村ルドは熱さと脆さを兼ね備えていて、
中盤までは特筆することない若手かなと思っていたけど、
マイヤーリンクでは死に魅入られた感があって良かった。
上着の裾が長すぎな気がする。

涼風ゾフィーは圧巻だった。
圧はあるけど単純な悪役ではない。

娼婦たちがおとなしめかなー。
トートダンサーズの肌襦袢のシワがときどき気になる。

イープラス貸切公演で
終演後に主演二人の挨拶有り。
古川くん
「今回初めてミュージカルをご覧になった方も
 いるかと思います。
 残念ながらエリザベートのチケットは完売ですが
 帝国劇場ではさまざまな演目を上演していますので
 ぜひ他の作品にも足をお運びください。
 その際のチケットの購入はぜひイープラスで」
ちゃぴ
「ご観劇いただいた皆様の今日という日に
 イーことがプラスされますように」
二人とも胸の前でプラス印を作ってました。


起きてるけど言う寝言。
(1)キヨミチのルキーニを見たい!見たいよー!
(2)愛希トートに古川エリザベートもありなんじゃ・・・
コメント   この記事についてブログを書く
« 「黒白珠」 | トップ | 「日本のいちばん長い日」(... »

コメントを投稿