きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「ザリガニの鳴くところ」

2022年11月23日 | 映画


今日見た前2本が私のツボを的確に突いていたこともあり、
こちらはかなり中途半端な印象。
異端というほどではないけど規格外の者への蔑視と排除、
DVで家族散り散り、法廷サスペンス、内気な娘の成功譚、
など、ネタを盛り込みすぎ。

証拠が無さすぎでも、
陪審員が頷けば死刑の世界なんだよなあ。

家にいれば母が迎えに来る、
その気持ちだけで生きて来たんだろうな。
全てはそのための手段。

ラストのアレは彼女が犯人なのか、
事故で、愛していたのは死んだ彼で、
結婚は湿地で生きるためだったのかなあ。
映画だけでは、この辺はわからず。

いろいろ頑張ったところがあるのはわかるけど、
そもそも無収入の子供が1人であんな都合よく生き延びらないよね。
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「母性」 | トップ | 「家政夫のミタゾノ THE STAG... »

コメントを投稿