きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「ザ・ロード」

2010年06月26日 | 映画
この前「ザ・ウォーカー」の感想を書いたんだけど
ずっと間違って「ザ・ロード」と書いていました。
間違えて申し訳ありませんでした。

今日の記事は、まさしく「ザ・ロード」。
ヴィゴ主演映画の方です。

荒廃した地球。
父と子は、南を目指す。

なぜ、地球がそんなことになったのかは
殆ど描かれていません。
世界が暗くて灰色で寒いのは
核の灰、なんでしょうか?
(中島みゆきの「吹雪」を思いだした。
 それぐらい、いずれ地球には核の灰が降る、という考えは
 普遍的だった時期があったんだよね。)

南になぜ行くかといえば、
「暖かい」から。
「暖かい」と思うから。
それだけ。

「ザ・ウォーカー」と同じく
人食いが出てくる。
あちらと違って、
悪人が集う街ができるほど
人も食料も無く、
人食いは、本当に食うだけの存在。
まさしく、食うか、食われるか。

そんな世界で、父と子の旅は続く。
見ていて、ほんと胸が苦しい。辛い。
似たようなネタだけど、
2本見るなら、こっちを先に見て
「ザ・ウォーカー」を後に見てね。
後者の方が、絵空事感があって
なおかつ最後に救い(希望)があるから。
こちらは、荒廃した世界、なんて想像上の出来事だけど
なんだかリアル感がある。
この状況に陥ったら自分はどうなるか、どうするか
つい、考えてしまう。
そして絶望感が襲ってくる。

そんな中でも、父は、
子を守り、生き延びさせることを考える。
死ぬときは、人間の尊厳を守れるように、も教える。

こちらも、信仰を持ち続けること、が
根元にある。
タイトルだけじゃなく、
いろいろ共通点があるなあ。「歩く人」と「道」は。

ヴィゴはヒゲだし、尻も見せるけど
ウハウハできないぐらい、重い映画だった。

最後に出てきた家族が、犬を連れているのは
上手いなあ、と思った。
食うための家畜じゃない、ってことだよね。


と、子供に信じさせるためだったら
どうしよう・・・

まあ、なんだ。
缶詰は常備しよう
コメント   この記事についてブログを書く
« 「スカーレット・ピンパーネ... | トップ | 今日の美味しいもの »

コメントを投稿