きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「A Fairy Tale -青い薔薇の精-/シャルム!(東京3回目)」宝塚花組

2019年11月12日 | 宝塚(花組)
回想でエリュ本人が語り、
若き日は別人ながなあ。
役を増やすためなのはわかるけど。
ゴットマザーが話しているのに、
さらに「そのときの私は」ってのも変な構成だよね。
それならエリュが直接ハーヴィーさんに話せばいいんじゃない?
御伽噺につきものの役を作りたいんだろうけど。

エリュがハーヴィーを選んだ理由もわからんし。

ハーヴィーが孤児院にいた理由もわからんし。
(おじさんが夫人へのプラトニックを貫いて
 未婚でいたのはわかるけど、
 ハーヴィーについては「両親が亡くなって」
 ぐらいでよくない?
 わざわざ孤児院設定がいる??
 景子ちゃんの趣味としか思えないんだわ。)

「辛いことがたくさんあった、
 でもあなたがいたから生きてこれた」の
華ちゃんの芝居がとてもいい。
苦しく辛い日々を送ってきたのがよくわかるし、
それでも一歩踏み出してきた強さも心に迫る。
感動する。
でも、やっぱり、娘1に振る役じゃないだろうよ。

結局、庭購入のあたりもわからないよね。
本当に王室が望んだのか、
女神様が煙に巻いているのか。
考えちゃいけない部分?

女神様の赦しの基準もわからんなー。
気まぐれかい。

シャーロットの夫のびっくの表情がとても良いわ。
まさに、クズ!
(褒めてます)
夫の愛人の赤いドレスは
どれかのシシィの結婚式の赤いドレスかな?
黒い布プラスとか改変してるけど。


本日ソワレはイープラス貸切。
ショーのアドリブ場面で
みりおは「イーープラース」と朗々と歌いあげ、
地下のナイトクラブでは、
「お金はないーープラス」で、手で十字。


花組は黒燕尾が揃うねー。


みりおを生で見るのは今日が最後。
「みりお、立派になって、、、」
と、親戚のおばちゃん的な涙が出る。

劇場のVISAの広告。

これを見るのも最後。
コメント