きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

旅先の美味しいもの

2019年11月04日 | 美味しいもの
11月3日
家を出るのが遅くなり、
ゆっくり昼ご飯の予定が無理となり
静岡駅で買った弁当を、
清水駅ホームの端でこっそり素速く食べる。

いちおう、地の物だ!

藤枝でのライブ後、
藤枝在住の友人に「さわやか島田店」に連れて行ってもらう。
セットのサラダ。


そして、ハンバーグ!







なんという美味さ!!
外側はモチモチ。
中側は蕩けるレア。
素晴らしい!!

デザートは別腹。

私は巨峰をいただきました。

食後は友人に藤枝駅に送ってもらい
(お付き合いありがとうございました!)
東静岡から夜行バスで京都へ。

11月4日
6時頃京都駅着。
顔を洗い化粧をし、時間調整を兼ね
ホテルグランヴィア京都のル・タンで豪華な朝食!
(クレカのポイントを溜めて貰ったギフトカードが使えるのだ!)
夜行バス明けなので、まずは瑞々しい果物と野菜を!

スライスしたピーマンからまず美味い。
パンもサクサク~。

オムレツの具は自分で調合。
私はハム、ベーコン、トマト、チーズ。
その場で焼いてくれます。

パンプディングとポテトを添えて。
中華風玉子スープ付き。

続いて和の膳。

漬け物が美味い!!

ラストは米粉パンとカフェラテ。

食べたぜ!

そこから東福寺、ひらパー経由で
宝塚大劇場へ。
もちろん昼ご飯は入らない。
夜行バスの非常食用に買っておいた饅頭を
幕間に食べる。


もちろんデザートは別腹だ!
フルールで公演デザートをいただきます。
ポムベール 400円
ミュージカルの主題歌に登場する「林檎」をテーマにしたカップデザート。
青リンゴのジュレと青リンゴのムースを層にし、
オーストリアの国旗をイメージしたチョコレートを飾りました。
  



終演後は殿堂に行き、衣装展示などを楽しんだ後
梅田大丸へ。
りくろーおじさんのチーズケーキの焼きたてを購入。
新幹線の中で開けます。

ふわふわで、ケーキというよりスフレ。
口の中に入れるとあっというまに溶けます。

1ホール行けるかと思ったけど
胃は受け付けてくれそうだけど
味が単調で飽きてきたので半分で終了。
念のために大阪駅で買っておいた
おにぎり1個を食べ夕食終了。

チーズケーキは帰宅後冷蔵庫へ。

11月5日
りくろーおじさんのチーズケーキを朝食に。
一晩寝かせたチーズケーキはしっとり。
味としてはこちらの方が好み。

勢いで1ホールを一気に食べなくて良かった!

美味しい旅先でした。
コメント

「I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-」

2019年11月04日 | 宝塚(月組)

「あなた、私を利用したのね、騙したのね!」
「誤解だ!」
の、黄金パターン。
最後はわかりあって大団円。

オーストリアが舞台でも
「故郷への愛」は古今東西変わらないので
ストーリーに違和感はない。
人物像がそれぞれクラシカルな部分が多いのに
スマホがキーアイテムの方が違和感。
サイトー、頑張った。

たまきちは御曹司だけど純朴。
たまきちに合っている。
さくらちゃんは今までの役の中で一番良い。
金髪は地毛にしか見えない。
アメリカ人の仕草も自然。
歌の音域も合っている。

れいこちゃんは濃くて間抜けで可愛い。
歌唱指導のセリ上がりに胸熱。

ありちゃんとおだちんは逆でもいいんじゃないかなあ。
ありちゃんは頑張っているけど、
若手から抜け出せないなあ。

ちなつの芝居の間が良く、
海ちゃんも振り切ってて、美人。

雪山の場面が、映像をふんだんに使っているのに
なぜ単純な書き割りになってしまうのだろう。
謎。

ヘリコプターはペガ子。


無理に増やした役も多そうだけど、
それなりにみなさん台詞や出番はあるかな。
繰り返し見るのにストレスは無さそう。


開演前のカウントダウン映像。
サイトオォォォォォッ!



公演デザート。
ポムベール 400円
ミュージカルの主題歌に登場する「林檎」をテーマにしたカップデザート。
青リンゴのジュレと青リンゴのムースを層にし、
オーストリアの国旗をイメージしたチョコレートを飾りました。
  
コメント

宝塚歌劇の殿堂「特別企画展 歌劇で旅するヨーロッパ展」

2019年11月04日 | 宝塚(プチ・ミュージアム、衣装展示等)
殿堂の企画展はヨーロッパ括りです。
ベルばらの衣装がお出迎え。











花組台湾公演のときかな?
ベルばらは気合いが違うよね。

現トップ主演で、ヨーロッパを舞台にした公演から
肖像画風の写真。
花組はカサノヴァ(イタリア)


月組はAFO(フランス)


雪組はひかりふるみち(フランス)


星組はアルジェの男
(前半はフランス領アルジェリア、後半はフランス)


宙組はルネッサンス(イタリア)

ヨーロッパというわりには
フランス3にイタリア2。
「現トップ主演」にこだわらなければ
英露独墺瑞西など幅広くあるんだけどね。


衣装。
真風のバルセロナ。






真風のルネッサンス。(たぶん)





資料パネル。
漠然と頭でイメージしていたことが
図解されていた面白かった。
3人のアントワネット。


たくさんのロベスピエール。

あちょうは入らないよね。
仕方がないね。

作品の舞台となった土地紹介、オーストリア版。


作品の舞台となった土地紹介、スペイン版。


映像での紹介もありましたが
見る時間がありませんでした。
最近の作品みたい?
コメント

宝塚歌劇の殿堂「クルンテープ」

2019年11月04日 | 宝塚(プチ・ミュージアム、衣装展示等)


























紫、たまきち









紫、みやちゃん







痴話げんか、たまきち







痴話げんか、さくらちゃん









痴話げんか、れいこちゃん







パレード、たまきち













パレード、さくらちゃん












コメント

宝塚歌劇の殿堂「夢現無双」

2019年11月04日 | 宝塚(プチ・ミュージアム、衣装展示等)
宮本武蔵、巌流島





佐々木小次郎、巌流島







宮本武蔵、仏像彫り







佐々木小次郎











武蔵とお通







本位田又八





吉野太夫









小道具


コメント

「進撃の巨人展FINAL(後期)」@ひらパー

2019年11月04日 | 進撃の巨人
藤枝ライブと宝塚大劇場の間に行ってきました。

見開きを1枚で見つつ、細部を見つつ。








1枚と細部























なぜまた、ひらパーに行ったかといいますと
後期から発売されるポスカが欲しかったからです。
じゃじゃん!









ひらパーのセンスが光りまくり!
素晴らしい!
前回撮れなかったポスター画像も入っています。
やったね!




エルヴィンとリヴァイ



回想の中のエルヴィンは凛々しく、かつ笑い、
回想している現実のリヴァイの苦しさと虚しさの表情。


重傷のリヴァイ


腹を抉られるエルヴィン



見るだけでも辛いんだけど、
こんなに細かく描いてくれてありがとう、の気持ちも。


死体の山





ネーム










コメント

東福寺

2019年11月04日 | 旅行(お散歩・遠征含む)
起点は11月3日夜、藤枝。
終点は11月4日13時宝塚大劇場。
合間に、できれば、京都と大阪の中間の
ひらパーの進撃展に行きたいかな。

藤枝から新幹線で移動し新大阪泊もありだけど
夜行バスで京都まで行けば
ひらパー前にどこかに行けるんじゃ?

ということで、東福寺に行くことにしました。

夜行バスから、京都駅で豪華な朝食を食べて
JRで移動。

じゃじゃん!


下から見た橋。






渡ります。








お庭


渡り廊下




お堂



ほんのり秋









紅葉の頃は綺麗だけれど
人混みの黒い頭しか記憶に残らないからね。
今日拝見できて良かった。
コメント