きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「パイレーツ・オブ・カリビアン3 ワールド・エンド」

2007年06月03日 | 映画
 「1」は、そこそこ面白かった。当時のTDL不人気アトラクション「カリブの海賊」(「1」の公開前は乗り放題だった)を元に、よくぞ、あそこまで、ディズニー・チックに話を膨らませたものだと感心しましたわ。それが、人気が出ちゃったもので、続編を作ったのが「2」。この「3」は、その続きというよりも、、、、。なんでしょうか、、、、、、。
 「2」と「3」は、長い話を半分に切ったのだとばかり思っていましたが、全然違いました。伏線の回収もあるような無いような無いような。「3」を作る頃に「後付」したんじゃないかと思うようなネタが盛りだくさん。制作的には続いているはずなんだけどねえ。女神はなんだったのだ?世界の果てまでスパロウ船長を救いに行ったけど、「投票」以外はいなくても良かったし。結果的にはナニをアレしたけど、彼じゃなくてもできたよね。チビ船長達は、ウンパルンパのパロディと思っても良いのかしら~~~???単純に、ジョニー様を拝みに行くだけなら(役者名はお好みで替えてね)全然構わないと思うけど、なにかしら、繋がった話を期待したら、ちょいと辛いかもね~。C Gとか使っているわりには、んんんんーーーーー、爽快感がないね。第一、カリビアンだろう。カリブの海賊だろう。世界の果てや7つの海(そのわりには海賊長は9人だけど)、なんて、広げなくてもいいじゃないか。世界の果ても、ちょっと行っただけだったしなあ。
 ウィルとエリザベスの結婚は、別に良いと思う。死ぬ(かもしれない)前に結婚したかったんだろうし(神との契約という意味での結婚をね)、そういった時の証人を「船長」にお願いするってのもアリでしょう(「ダーリンは外国人」にそんな言葉があるような)。「船長」は「船長であること」に誇りを持ち職務を全うする。バルボッサの「船長」の部分もうまく出せていたと思います。
 よくわからなのが、スパロウ船長だわ。なんで「世界の果て」に閉じこめられているんだっけ?そもそも「1」の金貨?で不死になったのではでは?「2」のTV放映を待たなきゃダメかしらねえ。金はかけたくないのよん。

 チョウ・ユンファのインタビューに「米映画で主演したい」って言葉があったけど、
力強く頷きたい
そう思わせるぐらいの出番しかありませんでした。「バットマンビギンズ」における、謙さんぐらいの出番。ストーリー的に必要だったからではなく、映画興行のための対アジア戦略で使われたのがミエミエでした。もちろん、役者さんは承知で出ているんだろうけどね。寂しいね。せっかくのチョウ・ユンファなのに。なんちゃってアジアもねえ。いまさら、もう、言わないけどさ。キース・リチャーズは、「サービス」として、ちょうど良いくらいの出番だと思うけどね。

 どーでもいいことかもしれないんだけど。「ブラックパール号」が、字幕では殆ど「パール号」になっていたと思います。なんで略す?略すなら、いっそ、「黒真珠号」でも、いいんじゃないかなあ。どのみち、船の外観はパッと観ただけでは何号かわからないけどさ。

 エンドロールの後に出てきた少年が、冒頭の歌を歌っている子と同じ?と一瞬思っちゃいました。海賊関係者だし。東インド会社はずっと続いているんだし。4への伏線なのかしら?でも、さすがにそこまではしないよねえ。

 「2」の感想の時書き忘れたけど、「デイヴィ・ジョーンズ」って、「デイヴィ・クロケット(西部の快男児)」と「インディ・ジョーンズ」を足したんだよね?


 本編上映前に「怪談」の予告が流れました。尾上菊之助が
どこまで行けば気がすむんだーーーっ!
と叫んでいました。
「DOWN」だよーーーっ!と笑いを堪えるのに一苦労。あちらは
「どこまで行けば気がすむんだって叫びたくなるぜ」
だけど、こっちは、もう、叫んじゃってるよ!!!
あー、この台詞を聞くために、見に行っちゃおうかしら。ほほほ。
コメント

「くたばれ!ヤンキース」2回目

2007年06月03日 | 宝塚・劇団四季以外の舞台(落語含む)
前回観たときよりも、舞台全体がノリノリ。
客もノリノリ。
監督と選手の「Heart」?でも手拍子が入った。

わたる君は、ますますいじらしくなってきたと思う。
醜い女の子が、美しさと引き替えに
悪魔に魂を売ったんだろうなあ。
でも、さいごに白いドレスを着てるってコトは
彼女の気持ちの変化で、
天国に行けることになったのかしら?
などと考えてみたり。

芝居自体は古くさいところもあるけれど、
野球が全盛だった時代に合っているから
それはそれでいいんじゃないかなあ。
コメント