YSK-BLOG

つぶやきまとめと通常日記を行うブログ

ToHeart2 XRATED完了です。

2006-06-26 | 『ToHeart2 XRATED』編
はい、というわけで『To Heart2 XRATED』完了です。

・・・・終わってからかなり時間が経ってますが(汗
HPには既に感想もアップしてしまったというのに
なんという体たらく・・・。


さて、PS2からPCへの移植ということで、
どっともやってみた感想としては・・・。
あまり何も変わらなかった感じですね。
追加キャラが関わるイベント以外は特に変更なく。

ただ、PCからコンシューマへの移植だと修正が入ったり、イベント削られたりしますが、
今回は逆に内容そのままにして追加要素があるということで、
ホントの完全版って感じがしました。
画像表現もコンシューマそのままでしたし。
ただ、その分PCの要求スペックがちょっと高めなので、
快適に動作させるには、それなりの環境が必要なのはちょっと難点かもしれませんが。
特にミニゲームは動きまくるしね。



追加された久寿川ささら、もといさーりゃん先輩の話ですが、
PS2からの移植で、あまりCGの変更をしなかったせいか、
PCゲームなのにパンチラすらなかった他のシナリオと違って、
ちょっとえっち度がアップしてるような感じでした。
しかし、性格に関しても最初のイメージとはえらい違ってたなぁ。
人を突き放すような性格だと思ってたんですけどね。
まぁ、これがツンデレ効果(全然違う


ま、全体的にはそんな感じですかね。






さて、じゃあここから
大人の話でもしましょうか。



女の子が苦手というわりに、
最短で出会ってから一ヶ月ぐらいでやることやっちゃってる貴明君。


由真編はちょっと導入部分があまりしっくりこない感じが。
そんなわけでスキップ。(ぇ

委員ちょ編での話。
場所は図書室です。
しかし、貴明もすごいよね。
ちょっとしたハプニングで委員ちょの胸を無意識にわしづかみして、
それを認識すると興奮して迫っていくんですから。
おまけに「したい」とか言いながらw
ほんとにおまえ、
一ヶ月前に女の子が苦手だとか言ってたやつかと。


花梨編では特にないんですが、
新規CGのおかげで花梨が髪下ろしてる姿が見れます。
人気アップを狙ってるんでしょうか。
無駄なあがきを。(コラ)


珊瑚&瑠璃
これはさらに後付け感が強かったですね。。
だって、きれいに終わったのにその後でするんだもん。
まぁ、分かったことは
来栖川エレクトロニクスのロボットは優秀だということですかね。
だってあんなことができると思ったら
こんなこともできるんですね。
いやーN主任。
いい仕事してますねぇ(やめんかい



優季編
何でもいいんですが、これ、
実体じゃないですよね?
なんで実体じゃないのにそういうことできるのか。
他の作品でも疑問に思ったことがあったんですが。


・・・・

あ、

愛があればなんとやら!?(違うと思う




これはPS2やってても何かあったなって部分に入っていたので
結構自然な流れだった気がします。
大方予想通り。
そして、唯一CGに差分があったりする。
そっか、そういう役目か(やめなさい



このみ
さて、
この子がどうして18シーンをやれるのか疑問に思った。
だって、最初の頃は恋愛の"れ"の字も知らないくらい純粋な子のはずだったのに、
なんであんなことを・・・。

・・・・会話を聞いてると、
どうやらよっちちゃるから変なことを吹き込まれたようですね。
あんのキツネとタヌキめ・・・。
二人には武田○矢の指導が必要そうです。

あと春夏さんも
娘に変なこと吹き込まないでくださいな・・・。



と、そんな感じで。
一度やったシナリオも再確認できて、
おまけにいろいろ楽しんだ(?)ToHeart2 XRATED編



これにて完結。

TH2 X(柚原このみ):幼馴染はまだまだ子供

2006-06-19 | 『ToHeart2 XRATED』編
最後は年下幼馴染のこのみです。
一つ下だけど、それ以上に子供っぽい雰囲気です。

思うんですけど、いんですかね。

こんな子、18禁ゲームのヒロインにして。


・・・・・。


まぁ、いいや。

どうなるかこの目で確かめてやる(やめんか


このみの友人であるよっちちゃるという女の子に合う。
貴明とは前からの知り合いだが、例によって苦手っぽい。
このみとの関係をどこまでいったか聞かれる。
それに対し、いってないと答えると、
あの日のこと忘れちゃったの?とこのみ。

このみはどうも
どこかに出かけた話と解釈したようで。
・・・・頭本当に子供ですね;


と、このみが泊まりに来る話。
えらい飛びすぎだけど気にしない。
もう寝ようかと思っていたが、同じベッドに入ってきたこのみに
話をしようとねだられる。
というわけで、怪談話をしたんだが・・・
夜中、このみのトイレに付き合わされる羽目に。
音が聞こえないように耳をふさぐように言われるが、
呼んだら返事してって・・・

だったら、水流しながらしてくださいよ。

このお子ちゃまは・・;



と、そんな感じだが、
段々このみも恥らったりする今までに見せなかった反応をするので、
貴明は動揺したりするのだが。

という訳で、今回はツッコミどころもなく、
・・・というかありすぎて書くのが大変なだけかもしれないが、
話は進んでいく。
そして、ますます貴明はこのみを意識しだすが、
そんなことは無いと意地を張る。
いや、どうしたらいいかわからなくなってるのかも。。。

という訳で、
このみを避けることに。
単純明快でいいね。(そうか?

それでも夜はのんきに蚊と格闘している貴明なわけだが。


と、なんとなく避けていることを、このみも勘づいてきたようで、
寂しそうな表情を浮かべる。。。



おのれ貴明。


・・・おっと、つい感情が。




そんなことがありつつも
寝る前に七つの海って何だろうって考えたり。
世界の七不思議ってなんだろうとか考えたり。

貴明、そんな毎晩

ベッドの上でモンモンと
している場合じゃないと思いますが。


と、そんな感じで。
このみの気持ちを知っていて、
自分の想いにも気がついて、
だけどそれを認めてしまうと、今までの関係でなくなってしまうのではないかと、
いっぽを踏み出せないでいたたかくん。
このみのことをどう思ってるかの質問に、
妹みたいな存在といってしまい、それをこのみに聞かれてしまう。
このみはその場から駆け出してしまう。
そこで、自分の気持ちに気づいた貴明は・・・。



という感じで。
気持ちには気づいていたけど、それを言ってしまうと、今までの関係が
崩れるのではないかという不安感は分かる気がしますけどね。

まぁ、確かに
隣に住んでる子供みたいな1つ下の幼馴染を好きになるという
多少の抵抗もあるかと思いますが。(そこなの?

TH2 X(久寿川ささら):だれか"かいちょ~"と呼んでください

2006-06-12 | 『ToHeart2 XRATED』編
さぁ、極上な生徒会長がやってきましたよ。
今まで出てこなかったけど、
話を聞くにすごい人
早速見ていきましょう。


そして、挑むこちらは河野貴明。


それ以上でもそれ以下でも無い(いいから



とまぁ、そんな感じで。

この生徒会長(通称・副長様)に逆らったら
退学コース一直線だそうで。

くわばら、くわばら。


と、今度の日曜日の卒業式の係りに欠員が出てしまったから
欠員を貴明のクラスから補充1人すると委員ちょから伝えられる。
クラス中のブーたれに切れた委員ちょは
その代役をくじで決めちゃいます!とあみだくじを作る。
と、貴明が当たってしまいました。
・・・自分は文句も言ってないのに、静かにしないクラスを静めたのに・・・・。

委員ちょあとで覚えとけよ。



と、そんな感じで卒業式。
係りの仕事をやることになった貴明。
と、生徒会長がまだ来ていないという。
会長がこないと式が開始できないとか。

・・・・なんかどっかの3校の生徒会長より偉い人
みたいな人ですね(何?

となんか委員ちょから現在の生徒会長の噂を聞かされる。
なんでも人間嫌いなところがあるとかで
人との接点を持たないとか。

ふむぅ。

自室によく篭ってる性格ですね(ぉぃ)



と、卒業式が長くなりそうだからとトイレへ行く貴明。
すると、屋上に向かう人影を発見。
みんな体育館に集合しているはずなのにサボりか?
けしからんと後を追いかける。

と、なんか写真を見ながら寂しげな表情を浮かべる女生徒を発見する。
声をかけられないでいるとその子はその写真を破りはじめた。
貴明が思わず出した声にびっくりしたのか、
その紙切れを飛ばしてしまう。
二人で拾おうとするが残念ながら、その紙切れを見失ってしまう。
探しに行こうと言おうと彼女の姿をみたら・・・

泣き出してしまいました。。。
マジですか(汗


と、保健室に連れて行き、落ち着かせる。
他愛の無い話をしていると、
物静かで優しい感じの女の子でした。
しかし、さっきまでのことは見なかったことにして欲しい
と言われる。

なんなんでしょうね。

と、そんなことを考えながら帰ろうとすると・・・

すごい勢いでタクシーがつっこんできました。
な、なんなんだ!?
と思っていると、中から威勢のいい女の子が出てきました。
とりあえず、理不尽なこと言って成敗しようと腕を振り上げたので、
先にチョップをかましてやる。
「と、父さんにもぶたれたことないのに」

・・・・

なんだ、このパロディ娘。

すると、周りからかいちょー、かいちょーと言われている。

・・・・

おい、こんなヤツが会長だったら
この学校も末だと思います。


と、本当に生徒会長だったらしいですよ。
気づかれなかったのでショックを受けてるらしいですが。。。
まぁ、とりあえずバラ(さっき道に落ちてたやつを拾った)を差し出すと
機嫌が直ったようで、貴明の名前を聞くと
「君は今日からたかりゃんだ」
と言い出すパロディ娘・まーりゃん先輩。

・・・なにも追加で
笹森花梨2号を作らなくても。



と、さっきのは前生徒会長
その前に会った人は現生徒会長だったわけですね。
貴明は気づいてませんでしたけど。


保健室でささらがハンカチを落としていったので届けに生徒会室へ。
しかしそこで会ったさららはこの前とは打って変わって冷たい感じ。
とりあえず、怖かったのでそのまま引き下がる。

と次の日も生徒会室へ。
いざ入ろうとすると前生徒会長が。
「るー」と、今度はハートマークつきで。
・・・・・
常にどこかと交信してるんでしょうね。この人は。


と、まーりゃん先輩のおかげかどうかは知らないが、
現生徒会長、もとい久寿川先輩の手伝いを自らすることになりました。

・・・・なんだか
貴明のしたいことがよく分かんないんですけど。



まーりゃん先輩にちゃちゃをいれられつつも、
生徒会の手伝いを続ける貴明。
生徒からは現生徒会長の噂は悪い方向しかいかないから
それを何とかしようというのが考えらしいが、
それでも我慢する久寿川先輩。

生徒たちに分かってもらえる日は来るんだろうか。


と、まーりゃん先輩は卒業生なのになんでまだ学校にいるのかというと、
追試に合格していなかったんだそうな。
んで、ようやくお情けで合格させてもらえ、そのことを言いに
貴明と久寿川先輩の前に現れたのだが・・・

どうも久寿川先輩はまーりゃん先輩のことを良く思ってないようで。
そのまま追い返す形になってしまう。

そして、貴明に
誰も好きになりたくない、
好きになれない
好きじゃないの
と、完全に人間否定をしてる久寿川先輩。
なんか人付き合いが苦手な人の言い訳みたいです。


と、同じように否定されたっぽい貴明が帰ろうとすると
まーりゃん先輩が振られたもの同士、飲みに行こうと誘う。
まぁ、学生なんでジュースで乾杯ぐらいなもんだろうが。
んで、公園で缶をあける。
・・・なんかアルコール分1%未満のものを渡されたんですが。
そして、まーりゃん先輩は正真正銘のビール・・・。

外見から年齢確認とかなかったんでしょうか。
おまけに制服着てるし。


委員ちょがこれから終業式の打ち合わせで
生徒会室に行くという。
ちょっとひらめいた貴明は・・・

クラス委員になり、その会議に出席しました。

・・・・

ええ!?そんな

委員ちょがただの副委員長になっちゃったよ!(ぉぃ)


という訳で、まーりゃん先輩の卒業式を
終了式とセットで執り行うことになったわけだが。

・・・・あの、どうでもいいんですが
まーりゃん先輩はいつになったら本名が出てくるんでしょうか。
なんで司会進行で愛称なんだ;

とまぁいろいろありつつ、
久寿川先輩の本音もその中で聞けたり、
まーりゃん先輩と久寿川・・いやさーりゃん先輩は
出合った頃のような、元の関係に戻ったり。
失われた時間は戻らないけど、また新しい時間が始まろうとしていた。


・・・・・


と、まだ3月終了してないですが(汗



んでもって、ここからささら用のBGMが流れ始めるわけですね。(何?


そしてだんだんさーりゃん先輩の素性も明らかになったり。

まぁ、言い換えると

だんだん萌要素が表れはじめた感じ(やめんか


新学期がはじまり、副会長の話。
すっかり貴明が副会長と全校生徒は信じていたようで。
しかし、貴明は副会長になる気は無いとはっきり言ってしまう。

と、さーりゃん先輩は副会長を探す決心をする。
そして貴明に副会長に適任な人を探して欲しいとお願いする。


というわけで、
早速委員ちょに話を持ちかけます。
"委員ちょ""副会ちょ"になるかと期待。

しかし、今期もクラス委員なのでできないそうで・・・。
うーんと悩んでいるとタマ姉が。
これは適任じゃないかと必死でタマ姉にお願いする。
とりあえず、生徒会長に会ってみようという。
・・・・・
なんか
すごい人同士の対面です。
というか・・・・

いいんですか

タマ姉なんか生徒会役員にして!?

学校ある意味壊滅の危k(殴



と、副会長になっちゃったタマ姉。
会長、副会長が決まるとこのみ、雄二も巻き込み書記・会計を決め始める。
ほら、早速仕切ってる。
いわんこっちゃない。



さーにゃん先輩とタマ姉が生徒会役員ってことは
学校中の噂の的だったり。
後輩の女の子から差し入れをもらったり。

ごきげんようって、
ここにはマリア様はいませんよ。



雄二にテニスコート場にムリヤリつれてこられる。
もちろん女子のスコート目当てなんだろうが・・・。
と、そこへさーりゃん先輩がやってくる。
テニス部がスコートが萌って言うからと雄二がないことを言い出す。
それを聞いたさーりゃん先輩、
なぜかテニスをやろうとする。しかも制服のまま。
でもラケットを振る力はあるようでやる気満々なご様子。
とりあえず、貴明が相手をする。
先輩サーブ・・。

 ブンッ!


 ポト。。。




・・・・・



勢いだけですか。



とある日。
エクストリーム同好会が部室を申請してきたことから活動がはじまる。
・・・ってまだあったんだ。(ぉぃ
この同好会は部に昇進する条件をクリアしているので、部室を設けたいのは山々なのだが、
肝心の部屋がないらしい。
という訳で、書類だけのペーパーな同好会は探し出して認可を取り消すことになったので、
生徒会全員でその同好会を探しだすが・・・

オカルト研究会なんてどうだろうと思ったが、
さーりゃん先輩がマジ泣きするので辞めておく。
なんだこの生徒会長・・・;

んじゃ、両生類研究同好会はと。
会員数1名、カエル等の飼育等で部室は生徒会室・・・・


・・・・・


っておまえかよ。


というわけで不許可。
貴明の会計権限で。

と、次の的は・・・
ミステリ研究会。
部室は第2用具室、体育館の用品倉庫なので
差し押さえることに。

・・・・

花梨、もしかして
この作品じゃ報われない存在なのでは?


しかし、とにもかくにも大騒ぎしてしまい、
部室の件はうやむやになってしまったが、
みんなあの研究会に金輪際かかわりたくないとのことで、
今回の部室の件はお流れになったのであった。


・・・・さすが花梨。
タマゴサンドパワー恐るべし。


まーりゃんが勝手に生徒会室を屋上に移設してしまった。
なんかやりたいことがあったらしい。

そして、それを高らかに叫ぶ。

 「略して、屋上生徒会!」


・・・・・


おまえ、
いい加減にしないとプッ○ャン呼ぶぞ。

うちもネタ使ったけど。


幽霊の噂が立ったので、正体を確かめに。
怖がりなさーりゃん先輩と行動するが、
そこでるーこに出合ったり。
と、解決したように思ったので外に出ると、
校舎の窓に映る黒髪の女の子を見たり。

今回はメインキャラクター総出演って感じですね。


さて、そんなことをやりつつ、
貴明の気持ちに気づいているけど認めたくないとか
そんな葛藤が始まりましたよ。
ただ、その人のためを思ってやってるんだとか・・・。

あのね、
寝る前に七つの海とか蚊がどうとか
そんなのどうでもいいから
なんとかしろよ貴明。


しかし、なんとかまーりゃん先輩やらタマ姉やらおまけに雄二の協力もあって
二人は丸く収まったんだが・・・


そして起こる新たな問題。
ささらの両親もでてきて・・・・

なんか、


もう最後はたいへんなことになってるよ(汗
窓ガラスは割るし、学校の備品は使うし・・・。
もう、被害総額はいくらに!?



とまぁ、そのまままーりゃん先輩に後押しされて
駆け落ちしたわけだが、
あっけない幕切れとなりました・・・。
とりあえずめでたし、めでたし。



でもよ、こんな大それたことやったんだ。

今年も生徒会の予算ねーな。(by某パペット人形)


おわり。
コメント (3)

TH2 X(向坂環):暴れん坊年上幼馴染

2006-06-04 | 『ToHeart2 XRATED』編
貴明が女の子が苦手という原因にもなった
聞くに暴れん坊な幼馴染のお姉さん。
通称タマ姉


遠くの学校に行っていたタマ姉が帰ってきた。
おしとやかになったな・・・と思ったのもつかの間。
タマ姉の実の弟である親友の雄二が
スマキにされてますよ。
・・・・人間としての扱いじゃないよ。。。
しかし、雄二もタマ姉に立ち向かうが、
なんだ、
その「ホゥワァァー」って踊りは。
弱いし。


そんな最悪な再会をした後の日曜日。
タマ姉、このみと共にショッピングへ強制的に連れて行かれる。
ふとタマ姉、黒・ピンク・水色のどれが好きかを聞いてくる。
?と思いつつも答えると、
気がついたらそこは下着売り場だった。
・・・・・。
まぁ、個人的にはタマ姉は黒。
そしてこのみは選択肢外で白がいいと思います。


・・・・

あれ、

だれもついてきてない?





放課後、雄二と一緒に帰ることに。
と、いきなり理想の女性について質問されることに。
とりあえず年上とか答えておくと考え直せとか言われる。
なんでやねん・・・と、ちょっと目を離した隙に雄二の顔が
一昔前の妖怪漫画みたいになっていた。
・・・・
ちょっと面白い。(ぇ




このみ、タマ姉、雄二と登校中、
襟のホックが外れているとタマ姉が教えてくれる。
なかなかはまらないと分かると、代わりにはめてくれたり、
ハンカチとテッシュを持ってないと分かると、自分の予備一式持たされたり。
こういう面倒見のいい部分を持っているってことがわかる1コマ。

いつもアイアンクロー
かましてるだけでは無いんですね。(ぉぃ)



タマ姉の前の学校の話が。
九条院とか言うその学校は、
聞いているとちょっと息が詰まりそうなところだった。
周りは山で、近くの街までバスで2時間もかかる場所。
しかもクマも生息しているそうな。
なんか鐘ノ音学園みたいなところですね(何処?



さて、ここからちょっと厄介ごとが始まるのだが・・・。

雄二と繁華街で遊んでいたが、
昼食に家でピザを取ろうという話になる。
雄二はまだ寄るところがあるというので、先に家に行っててくれと
鍵を渡されたのでそのまま向坂家へ向かうことに。
すると、なんか3人組みの見慣れない女の子たちから絡まれることに。
とりあえず、関係ないからと入ろうとすると「おまちなさい」と
3人組の1人から突っかかられそうになる。
3人の会話からこのリーダーみたいなヤツは玲於奈という名前らしい。
なんかすごい名前だな。
でも一発で変換できたぞ。

と、この子たちは元タマ姉がいた九条院の学生だったようだ。
どうも学園の中がタマ姉がいなくなってから戦国状態になってるので、
学園に戻ってきて欲しいとお願いに来たようだが・・・。

タマ姉よ、
あっちの学校でもどんなことをしてきたんだ?


と、いきなりそんなこと言われてもとその場は断るタマ姉。
しかし翌日、その3人組がうちの学校の制服を着て現れやがった。
おいおい、こんなところでコスプレか?(違
どうも、まだあきらめないつもりで、説得を続けるつもりらしい。
・・・・・

てか、
そんな簡単に転校とか
出来るもんなのだろうか。




3人は説得に当たると同時に、
いつも一緒にいるので目をつけた貴明に
間接的な攻撃を仕掛ける。

勘弁してくれよ・・・。



と、ある日下駄箱に「裏山の神社でまってます」と紙切れが。
出くわしたタマ姉に見られたけど、
とりあえず行ってみることに。

・・・・・

例の3人組がやってきました。
あ、やっぱり?

てか、

貴明も悟れよ。



しかし、なんだ?
こんな神聖な場所で一体何をしようというんだ?
個人的には平和的解決を望みたいところだが。
どうもさっきのは"果たし状"だったようで。
正直にそんな風には見えなかったと言うと、
今まで無口だった女の子が泣き出しましたよ。
なんかカスミとか言われてましたが。
なんだ、こっちは普通の名前じゃないか。ちょっと安心。
と、そんなこと言ってる場合じゃなさそうだ。
彼女たちの要求は、これ以上タマ姉とかかわるなと言いたいらしい。
んな無茶な。
そりゃ、別れられたほうが平和でいいんだろうが、そうは行かないだろう。
だから「断る」と言ってしまった。いいのか貴明?
すると彼女たちは当然のごとく怒り出したようで、
うちみたいな凡人はこっちの力で社会的に排除できるんだとか言い出した。
こいつ、正気かよ。ますます冗談じゃなくなってきたぞ・・・。

と、そこへタマ姉がやってきた。
どうやらさっきの話を聞いていたようで、本気で怒っている様子。
こうなるとどうなるか分からないが、
おそらく、大いなる災いが起こる前触れというのは間違いなさそうだ。
山一つなくなるぐらいは覚悟しておいたほうがいいだろう。
そうなったら、
あとで地主のおじさんに謝ることになりかねないと思い、
話をそらすことにした。


という訳で話をそらす。
「何でここに?」と。

するとタマ姉、簡単に動揺しだしましたよ。
どうやら、平和的解決にもっていけそうだ。
同時に地球の平和も守られそうだ。
ありがとう神様。
この神社に
なんの神様祭ってあるのか知らないが。


で、結局百合話だったわけですよ。
3人はタマ姉のことを愛してるとか言い出したし。
なんなんだこの話は。ギャグ?
・・・・とタマ姉と同じことを言っておく。

とタマ姉はその告白をやんわり断るべく、貴明と付き合っていると言い出す。
すると3人は証拠を見せて欲しいと。

という理由で、休日に一緒に出かけることになった。
・・・3人の監視つきで。

とまぁ、いろいろ廻って結局0点という点数を付けられた。
どっかの小学生みたいな点数です。
一体どういう点数配分なんだ?
テストやゲームレビューじゃあるまいし・・・。

と、大切なのは自分がつけた点数なんだと、
他の誰でもない、そばにいてくれるのがタカ坊だからと。。。

とうまく言いくるめた感じだが。
すると、今まで喋らなかったカスミって娘がまだ納得できないと
声を発して抗議する。

なんだおまえ、喋れたのか。
一日に一文字しか喋れないとかそんなんだと思ったのに。

と、キスをしなければ納得できないという彼女の話に
ムリヤリすることに。
さすがタマ姉。
女の子たちは二人の前から消えていきました・・・。


そして、この件がきっかけで
タマ姉の様子が変わってきだしたり・・・。
さらに・・・


というわけで、最後は
タカ坊の形勢逆転ってことでまとめたいと思います(まて;



あ、でも

結局振り回される日々は
変わらないわ(汗
コメント (2)

TH2 X(草壁優季):まだ"隠しキャラ"で通るのか

2006-06-04 | 『ToHeart2 XRATED』編
えっと、このキャラは基本的に隠しキャラクターです。
PC版移植の際には、雑誌などに大々的に紹介されていたのに、
取り扱い説明書ではその影も無い
可愛そうな子です。。。

まぁ、2人クリアしないと出てこないし
しょうがないか。


さて、
明日提出するレポートを学校に置いてきてしまったことを
思い出した貴明。
そんなわけで、夜の学校へ。


・・・・・。


何か出そうな予感ですね。


例えば、

剣を持った少女とか。(無い)


と思ったら、
なんか光るものが学校の裏庭に落ちていきましたよ。


・・・・・


魔物!?(もういいから)


とりあえず、行ってみる事に。
するとそこには女の子が倒れていた。
その子はちょっと目覚めると「貴明さん」と呼んだ。

知り合い?

お久しぶりですと言われても心当たりが無い様子の貴明。
以外に女にだらしない男だったんですか。
用が済んだら記憶と共にポイとか。(ぉぃ)


そんな感じで草壁優季という彼女と出合ったわけだが。


翌日。

昨日はいきなり消えてしまった彼女が気になり、
再び夜の学校へ。
彼女は昨日と同じところに現れた。
なにやら歌を歌っていたようだが、
貴明が近づくのに気づくと、恥ずかしかったのかやめてしまう。

とりとめなく何をしていたのか話をすると、
どうやら、探し物をしているようで。

・・・・・。

とりあえず、
抵抗の意味も込めてうぐぅと言っておきます。(やめんかい

探し物はノートと新聞の切り抜きでした。
新聞の切り抜きなんて、風で飛ばされてしまいそうなもんだが、
一緒に探すのを手伝い、両方を見つけることに成功。

ノートのほうは彼女の雑記帳みたいで、「トラッシュバスケットノート」と書かれている。
「ゴミ箱ノート」と言うと「くずかごノート」だと譲らない。

どっちでもいいじゃないか。。。

ちなみにこのblogは「ゴミ箱blog」とか言われそうです。
そのゴミも3GB溜めておけます。


・・・・・。


と、次の日も夜の学校へ。
教室で彼女と出会う。
昨日もいきなり消えたから、もしかして幽霊なんじゃないかと思い、
優季に足を触ってもいいかと聞く。
もちろん優季は恥ずかしそうに慌てる。
まぁ、意味は違うが変なことを言ったことを謝ると
変なことは言ってませんよと言ってくれる。

いいぞ、
貴明君がお得意の
セクハラ発言したって訴えても。



と、また別の日も出会う。
・・・なんか、夜のお茶会らしきものが始まりましたよ。
理科室で。
この学校、図書室といい、
生徒に好き勝手に設備使われてますが
いいんですかね?

で、お茶菓子を持ってくると席を立った優季が残していった
例のゴミ箱・・・じゃなかったくずかごノートを躊躇なくパラパラめくる。
すると、戻ってきた優季に取り上げられるが、
気になる一文を見つけたので聞いてみることに。
「こよいの夜よぎを申し付ける」ってなに?と。
・・・・・

それはお前が
別のルートで
たくさんやってきたことだよ。


古文な感じだったからだと。白々しい。
ホントは影で言わせたかったんじゃないか?
と、主人公に対しひん曲がったことを思う自分であるが。


そういえば気になるのだが、
夜の学校に
こう易々と入ってこれていいのだろうか。

セ○ムしてないんでしょうか。



そんな感じで、
何かと謎の多い彼女の物語は、
運命的とかそんな感じで片付きました。
なんで未来の新聞の切抜きがあったのかとか、
その辺あたりが謎なのだが・・・。


まぁまとめると。

7年ぶりの主人公との再会ってことで(ムリヤリ?



最後に
事故に遭い掛け、病院に運ばれた貴明。
目を覚ますと、そこにはこのみが。
さっきの場所に女の子がいたはずだと主張すると、
どこか呆れたような声で
「もう少し休んでいたほうがいいよ」
と言われる。

・・・・・

なんだ、この敗北感は。

TH2 X(ルーシー):はぐれ自称宇宙人との交信記録

2006-05-25 | 『ToHeart2 XRATED』編
それは、いつのも日常から始まりました。
いつものように桜がきれいだなーと考えながら河原を歩いていたら、
道端で寝ている所を踏んづけてしまいました。
それが、はぐれ自称宇宙人、るーこ・きれいなそらとの
ファーストコンタクトでした。

・・・・・

なんか変な名前



というわけでルーシー編。


迷子っぽかったので、
どこから来たのか訪ねると
はるか彼方の大熊座を指差す不思議系の女の子。

・・・・

ほんとに宇宙人かコイツ。



そんなファーストコンタクトをした後、
あんなこんなやってると
突然るーこが学校に登校するように。
なんだかるーこになつかれている感じの貴明を見てみんな悟ったのか、
貴明はるーこ担当になった。
そして、「るーこ係 河野貴明」を何事も無いかのように
掲示板に貼るいいんちょ。

ぉぃぉぃ;



と、そんなるーこを怪しさ満点の目で見つめる姿があった。
おばかなオカルトオタクミステリ研会長・笹森花梨。

・・・・ミステリ研は存在していたのね;

ちなみに今回は貴明と初対面になる。
当然貴明は誰!?とか聞くと「忘れたの?」とか言い出す。
まぁ、本当に忘れかけていたけど。
で、なんだか知らないけど
いつの間にか会員にされています。

まだアンケート書いて無いよ!?



UFOを観測するため、名目として天文部を作ることに。
人数集めのためにタマ姉たちを呼ぶ。
しかし、タマ姉から忙しいから名前だけ貸すと釘を打たれた。

・・・・・

そんなこと言って、
タマ姉は普段何やってるんでしょうか。
どう見ても帰宅部じゃいですか。
習い事もやってるのかわかりませんが、そっちのほうが気になる。




と、突然学校で小学生ぐらいの女の子と出会う。
どうやら困っていたようで、
噂で聞いたこの学校にいる魔法使いとやらになんとかしてもらおうと
やってきたようで。

確かに魔法使いかどうかは知らないが、
前作にそういう人がいたが・・・。

先輩、
変な噂を広めてから
卒業しないでください。



と、その女の子の困りごとを引く受けることになった貴明とるーこ。
しかし、とあるハプニングから地球で3回しか使えない不思議な力を、
規則分、既に使い切っているのに、
その子の為にと貴明に悟られることなく使ってしまう。


そして、規則を破ってしまったるーこは
迎えに来かけた自分の星の船が空の彼方に消えてしまうところを
目撃してしまう。

もう迎えが来ることは無いと意気消沈してしまい、
雨の降りしきる中、土管の中でうずくまるるーこ。

・・・・・

はたから見ると、なんか
家出した0点とりまくりの小学生みたいです。



というわけで、本当のはぐれ宇宙人になってしまったるーこを
自分の家で面倒を見ることにした貴明。
その日から、るーこの迎えが来るUFOを観測することに決めた貴明。
昼は珊瑚にUFOデータを観測してもらい、
夜は花梨と天体観測のいう名目でUFO探し。

なんか四六時中女の子と一緒だが、
苦手とかそんなこと言ってる場合じゃないんでしょうね・・・。



と、そんなことをやってると、ある日るーこが
自分の星から迎えが来るとメッセージを受け取ったとのこと。

翌日。
学校ではるーこが帰国すると
先生からクラス中に伝えられる。

・・・・どうでもいいが、
先生の話し方にやる気が見えないんですが。
おまけに、るーこのあいさつが「るー」だけだったのだが、
そんなことで感動するな。



そして、るーこが帰る日。
未だにこのみは、るーこが外国から来たという設定を信じていた。
まぁ、それについては花梨や珊瑚も知らないことなんだが。。。


そんな感じで、
不思議な出来事に見舞われながらも
夢のような、夢じゃなかったような
出来事が終わりました。



これで報告は以上です。


・・・・・。




宇宙人は
作品の歴史設定自体も大きく変えてしまう
そんな存在でした。


まる

TH2 X(笹森花梨):タマゴサンドがエネルギー源

2006-05-07 | 『ToHeart2 XRATED』編
はい、笹森花梨編です。


・・・・・



・・・・・・



はい、じゃ次。


なんて飛ばしたんですが。。。




さて、アンケートやら、
脅迫まがいやらで、
ミステリ研とか言うところに入部させられました・・。


そんなある日の昼休み。
その会長でもある花梨に
どんな女の子が好きか聞かれる。
とりあえず、笹森みたいな髪型の女の子が好きと言っておく。
でもあんなほうきが爆発したような髪はあまり好きでは無いんだが。
それになんですか。あの髪飾りは。
趣味?


というわけで、このオカルトオタク
付き合うことになったのだが・・・。



突然貴ちゃんを研究するとか、訳のわからないこと言ってます。

そのうちチェキー!とか言い出さないか
心配です。



オカルト研の野外活動として、UMA探しが決行される。
近場ということで裏山に。
・・・・UMAもえらいお手軽ですね。
とはいえ、何だが遠足と化していますが。

ところが道に迷ってしまう。
この裏山ってそんなに大きかったの?
学校の裏山といえば、住宅街に小山一つという
不思議なところだと思ったのに。(何処?

まぁ、そんなわけだが、
花梨は持ってきたナップザック(体育倉庫からパクってきた)から
方位磁石と地図を取り出した。

まぁ、こういうときに出てくる地図が
世界地図ってのは
ギャグのお約束ですが。

「一番大きい本だったんだけどな・・・」

だからって図書室貸し出し禁止の本までパクってきたら
委員ちょが怒りますよ。(図書委員じゃない



別の日。
商店街で花梨を見かける。
なんかミステリ研の自主活動らしい。
・・・・
ひょっとして
この子は遊んでばっかりなのだろうか?
学校の成績が気になります。


昼休み、花梨がタマゴサンド分が足りないとか訳わかんないこと言って、
部室で伸びていたため、「なんだそりゃ」と思いつつも購買へ。
タマゴサンドが入っているミックスサンドは売り切れてしまったため、
仕方なくフルーツサンドなるものを買ってくる。
購買で表示された札によると、ショートケーキ風味とのこと。
なんか生クリームとかが入ってるっぽいよ。
ドタバタしつつ口に含むと、すごい不味かったようで。
・・・・・
この購買は他にバナ納豆パンとか売ってるのではないだろうか。



そんな感じで、ラストの事件により花梨と貴明の立場が逆転した感じでしたが、
終始振り回されっぱなしな花梨編。
なんというかその、
突っ走ったボケとツッコミが利いたどつき漫才みたいな
そんな感じ。



っていうか最後、
"げっと~"って
うちは変なボールに入ってる生き物ですか。
こんなトレーナーだったら
いいように使われてしまいそうです。

TH2 X(姫百合姉妹):私たち2人一緒じゃ(略

2006-05-07 | 『ToHeart2 XRATED』編
双子です。

では行ってみましょう。


朝、珊瑚をおぶって登校する姿を雄二に目撃されてしまう。
それでも女の子に対し消極的な態度をとる貴明に
積極的にアプローチしないでどうやって彼女作るんだとか
そんなことを言われる。
しまいには病院に行け呼ばわりされてますが、
どうしたらいいんですか。


と、食堂で朝会った子と出会う。
でもなんか様子が違うような・・・って突然ごーかんま呼ばわり。
それを聞いた先生に指導室へ連行される貴明。
・・・・
しばらくして開放されて、雄二と二人。
あの子を探す!と貴明。
みつけて無罪だということを主張してもらうため。
すると雄二も親友だから協力してくれるという。
・・・・・
さっき食堂で見放したことは
どう説明してくれるんでしょうか



と、何処から探す?とかやってたら
その探している女の子がやってきましたよ。
無言のままその子を壁際まで追いつめる貴明。
「おい、落ち着けよ」と言う雄二に対し、
「俺は落ち着いている」とか言っているが、
どう見ても
少女に襲い掛かろうとしている変質者の図
しか思い浮かびません。
ハァハァなんて息遣いも聞こえてきそうです。

と、この子達は実は双子で、
朝おぶってきた子が珊瑚、食堂でごうかんま呼ばわりしたのが瑠璃ということが分かる。
で、いきなり珊瑚にちゅーされ動揺しまくり、さらに瑠璃に蹴り飛ばされる
貴明の運命やいかに。


それにしてもこの双子。
なんかボケとツッコミが備わってる双子だね。
そういえば、珊瑚の"るー"って挨拶はどこで覚えたんだろうか。


珊瑚が何を勘違いしたのか、
瑠璃と3人でらぶらぶーとか言い出す。
普通だったらここで修羅場とかになるんじゃないのと疑問をもつ貴明。
うーん、そう。
最近の双子作品ってこういうのも在りだしなぁ・・・。
まぁ
作り話なんだから仕方ないけど(それ言ったらおしまい



そんな攻撃(?)に耐えかね、登校拒否(ずる休み)を決行する。
ところが、あの二人が家にやってきた。
なんか珊瑚は侵入する期満々なんだけど;

とりあえず、二人を部屋に招きいれる。
早速珊瑚が貴明のパソコンを弄りだす。
ところで、
パソコンを早くすると強くするの違いは
なんなのだろうかと思ったり。


校門で1人でいる珊瑚に出会う。
瑠璃はどうしたのかと聞くと、職員室に呼び出されているとニコニコ顔で言う。
心配すると「大丈夫やー」と。
小テストで1点だったんだって。
・・・・
どこら辺が大丈夫なのか
根拠が見えないんですけど。


瑠璃も勉強はしないといけませんよ。


そんなこんなで、
珊瑚は来栖川エレクトロニクスのアンドロイド基本設計者ということが分かる。
へぇ~
えらいぶっ飛んだ設定ですね。
目玉商品をどこぞの学生にゆだねるとは
この会社の研究者もたいしたこと無さそうです。


二人の家に招待される。
立派な家に住んでいるが、
キッチンの冷蔵庫がかなり年季が入っていそうだと思ったのは
自分だけか。


学校案内のビデオを撮ることになった。
雄二が「萌が足りない!」とか言って
スク水でプール入ったりと。
・・・・
まだ4月なんですけど。


とまぁ、そんな感じで。
途中開発したアンドロイドがやってきて瑠璃とこじれたりと・・・。

まぁいろいろあったわけですよ。
その辺の事情は割愛しますが。

恋愛ゲームのはずなのに、
なんか苗字も苗字だけに百合テイストも混じっていたりと、
ごーかんまに始まり変態で終わった
そんなわけのわからん双子編。


結局は

どっちも頂いちゃったということで。



・・・・・



らぶらぶ?(何

TH2 X(小牧愛佳):委員ちょといっしょ

2006-04-23 | 『ToHeart2 XRATED』編
愛佳は"まなか"と読みます。

・・・読めました?


あと、いつも思うんですが、
なんであの髪、
片側しか止めてないんでしょうね。。。
前にかかるのがイヤだったら、もう片方やっても
おかしくないよね。。。

すごい気になります。

考えると夜も眠れません。


・・・・・


ZZZZ




・・・・




というわけで、クラスの副委員長である愛佳。
しかし、本来の委員長が怪我で入院したんで代役を務めてます。


間延びした声でクラスを静かにして連絡事項を伝えようとする副委員長。
だが、一向に静かにならず。
しかし、愛佳が泣きそうになるとみんな慌てて静かになる。
これが委員ちょマジックなのだろうか。

しかし、
寝てるやつはわざわざ起こさなくてもいいのではと思う。

とそんな中、本来の委員長が退院してきて帰ってきました。
絵はありませんが、イメージ図はキザな花○君です。多分。

しかし、もう3学期も終わりだし、
このまま委員長やっちゃったら?とか言われ、
クラスの連中も愛佳を頼りにしているため全員賛成し、
副が取れた委員長にされてしまいました。

委員長らしくない委員長・・・
"委員ちょ"の誕生の瞬間です。

・・・・・

というか、
これはクラスいじめではないだろうか。






図書室用の新しい本が届いたので、それを運んでいる委員ちょに出くわす。
運ぶのを手伝い、二人だけで話す時間ができた。
とりあえず委員ちょに敬語はやめないかと諭す。

理由としては犬みたいで、
二人だけの時には
首輪で繋がれているんじゃないかと
噂されるかも知れないとのことで。

・・・・・

いや、貴明くん。


発想が
マニアックすぎです。



そう思う人は
少数派だと思います。





なんだか知りませんが、
この図書室、奥の書庫に簡易キッチンがあります。
さすが私立の学校。
しかし、そんな水気があったら本が傷むのではないだろうか。
そしてそれを使用して、紅茶を入いれてくれる委員ちょ。

・・・・・"喫茶委員ちょ"とでも
名づけましょうか。


書庫の整理をしている委員ちょを手伝い、
二人で作業をする日が続く。


女の子が(自称)苦手と、男の子が苦手といういいんちょ。
なかなかな初々しさが。
ポットが落ちそうだったので、とっさに同時に手を出して、
結果、手を重ね合わせることになったり。
「男の人と手をつないだの・・・これが初めてかも」
と委員ちょ

・・・・・

初体験ですね(ぉぃ

「俺のほうは大丈夫だから」と貴明。

すると
「このくらい慣れてるってこと・・・・?」
と怪訝な顔をする委員ちょ。

いや、
慣れてるどころじゃないと思います(やめんかい




いいんちょはヤックをヤクドと略す。
わざわざ前作のように関西風味にしなくても・・・。

ヤックでひたすら熱弁をするいいんちょ。
なんか飲み会で会社員の愚痴聞いてる気分です。
なんだかんだやってても、それなりに不満が溜まってるようで。


突然委員ちょから
異性が苦手同士、お互い異性に慣れる練習をしようと言われる。
まぁ貴明は"自称"苦手なんですけどね(いいから

さて一体どうなることやら。




いいんちょがふとつぶやいた言葉。
「恋人同士でやることって何だろ・・・・・」

・・・・・

この時、
貴明と思考がリンクした瞬間です。(何?
ま、すべて
このゲームがPC版になったのが
悪い
ってことで。(何?


愛佳の異性苦手克服計画は続く。
お弁当を作ってきたという。

「委員ちょ弁当」だ!

略して"いい弁"(わからない

おまけに食べさせてもらえるが、
ハシを鼻に突っ込まれてもいいという人はどうぞ。


他にも一つのジュースをストロー二つさして飲むというのもやったり。
いつの時代だ。


とまぁそんな感じで克服を試みつつ・・・。




ちょっと将来の話。
図書館とかに勤めたい?と聞くと
司書の資格は取りたいかなと。
ふむ・・・。
「昔はお医者さんになりたかったなぁ・・・」

・・・・・

んで、今の夢はケーキ屋さん?

いやはや退化してるように見えますが。



今日も休憩にお茶を。
ちょっと火であぶった感じのお茶菓子が出てきた。
書庫の簡易キッチンにガスボンベがあることが判明。

オイオイ、
なんで紙の塊みたいなところに
そんなものがあるんだ?

火事になっても知らんぞ。



別の日。
愛佳が今度はお茶菓子にフローランタンっていうのを作ってきた。
さすがに書庫にはオーブンが無いため、家で作ってきたとのこと。
そりゃそんなもんまであったら
家庭科室じゃないか。


書庫の鍵をなくした愛佳。
今までの行動を思い出させると、
いつも何か食べてばかり。
まぁ、この子よくつまみ食いしていたしね。
実は食いしんぼう?

そっか。
だからあんなにふっくらしt(殴


と、図書委員長が出てきましたよ。
今回のストーリーの親玉です。
そいつから愛佳のやっている作業は正規の作業ではないと
告げられる。
書庫においてある古い図書は破棄して、
貸し出し用CDのスペースにするんだということで、
図書委員も迷惑しているとのこと。
・・・・・
まぁ、そりゃ
勝手に簡易キッチンやらガスボンベ使われたら
迷惑でしょうけどね(違

とはいえ、図書委員長以外の委員は
愛佳が作業してくれるおかげで助かっているとのことで。


愛佳の妹に会ったりして、
今までやってきたことの理由も判り、
すったもんだの挙句、なんとか愛佳の書庫の本を残すという
希望も受け入れられたり、
そしていつの間にか二人の異性苦手も解消されて丸く収まった感じですね。

・・・・・

個人的に解消されすぎだと思いますが(ぉぃ)


愛佳の誰かのために何かをする。
その結果が表れた感じのラストは
すごい気に入りました。


・・・・・・



ところで、PC版追加シーンにて。
女の子が苦手といっていた貴明くん。
なんでAVの内容を知っているんでしょうか。
・・・・
ちっ、
やっぱり口先だけじゃんか。
コメント (2)

TH2 Xプレイ日記 由真編完了

2006-04-16 | 『ToHeart2 XRATED』編
TH2編、久々の更新です。
実際問題、このカテゴリを消してしまおうかとも思ったんですが、
なんとかコレに集中できる機会が出来たので、
コレまでの作品同様、一気に行きたいと思います。

ようするにいい加減?(ぉぃ

まぁ最初に更新した時は作品自体、新発売だったけど、
もう数ヶ月が経過する事態に。
なんかもう今頃な気分。。。。

・・・・

まぁ、
これならちょっとのネタバレでも
大丈夫かなと思っていたり(笑





さて、現在由真を進めております。
話は専用ストーリーにちょっとづつ入ってきた感じですかね。


なんだかんだやっててワックスを頭からかぶってしまった由真。
とりあえず、貴明が体側服を買ってきたりしてことなきを得る。
そんなわけで翌日、「奢られろ」ということで、
由真と放課後に映画館へ行くことに。

上映終了後
「し・・・舌と舌なんて・・・・・ありえない」
と顔を真っ赤にして言う由真。

・・・・・。

え、他の感想は?
そんだけインパクトが強かったってことでしょうか。


あと、あれそれの合体とか。

・・・・・

一体どんな映画だったのか。


ロボット映画?(違うと思う







由真から突然自分のことを名前で呼ぶように言われる。
しかし、希望通りに呼んでやるとたじろいだり。
自分で言ったくせに。

すると由真、
名前の後に"様"をつけなさいとか言い出す。


・・・・・


じゃあちゃん様ね。(誰?







と、由真のおじいちゃんが出てきましたよ
なんか由真と言い合っています。
なんかあまり貴明のことをよろしく思っていないようで。
由真とその爺さんの前に姿を現す貴明。
すると、爺さんすごい気迫で怒りだしました。
怒りのオーラが目視できます。


あ、これ

どこかの格闘ゲームで見たことあるよ


と、そんな悠長なこと言ってられないみたいだったので、
由真に連れられ、逃げました。



どうも由真がダニエルになるかならないかで揉めていたようで。
ダニエルって言うのは来栖川家に使える執事とのこと。
たとえば、車で送り迎えしたり、
変なのが付いてきたら
「かああああああぁぁぁ!!」
って追っ払う役です。

まぁ、由真だったら出来そうです(ぉぃ


由真の家は代々、あの来栖川家を支えてきた家系のようで。
爺さんは由真が昔「ダニエルになる~」と言っていたのを真に受けたりとか、
由真は用意された道は歩きたくないとか、
いろいろある様子。






用意された道も歩けど、
由真の考えた自分の道とは・・・な話。

最後はひと悶着あったりしたけど、
なかなかロマンチックとも言うべき展開になって
めでたしめでたしって感じ。





・・・ところで、
なにも無かったかのようにしてますが、
ラストで割った渡り廊下のガラスについては
誰にも問われないんですかね?

ToHeart2(プレイ日記):由真狙いだけどまだまだ共通シナリオで

2006-02-09 | 『ToHeart2 XRATED』編
はい、一ヶ月ぶりの更新『ToHeart2』編です。
PS2でプレイ済みなのに、律儀にシナリオ読みながら進めてます。
なのでまだクリアしてないです。

・・・途中までのプレイ日記をば。


とりあえず、由真進めてます。
前回までのおさらいですが、
この学園には極上生徒会がいるということが分かりましたね。
(違うし、由真関係ないし。


由真狙いなんですが、3月は共通シナリオがほとんどなので、
ヒロインごとの話にはならないんですよね・・・。
ま、とりあえず進めよう。



しかし、貴明の両親もそうだがこのみの両親。
月一泊りがけで二人そろって家を空けるんだが、
オレは疑問に思う。

何で父親の出張に母親も付いていくのか。
どう見ても春夏さん、専業主婦ですよね;
たった1日なのに、何やってるのか凄い気になる。



そんなこんなやってると、環ことタマ姉が帰ってきましたよ。
早速部屋物色されてます。
ね、貴明くん。
机の二重底引き出しの中にどんなもの隠しているのか
非常に気になりますね。
後にタンスの中に隠してることも発覚します。
移動したのか、別のものなのか・・・。
いやー、大量大量(やめろよ・・・;

んでもって、冷蔵庫の中もチェックされ、中が空だと指摘される。
シリアルとかインスタント食品ばっかりなんでしょうと
的確なことをタマ姉に言われる貴明。


私の朝はカロリーメイトですが何か?(ぉぃ




そんなこんなやってるうちに春休みが終わって
新学期新学年に。

でも背景のクラスメイトは変わらない。


と、今日はこんなところで。



・・・・・・・。



また由真の出番ねーし(汗

TH2 手始めに由真 編

2005-12-27 | 『ToHeart2 XRATED』編
えー、PS2版でクリアした順番にプレイしていこうかと思います。
まずは元気はつらつのちゃんさ十波由真からスタートです。

由真は自転車で登校しています。
しかし、あのスカートの丈で自転車に乗るのはある意味危ないかと。
だって貴明は由真に自転車で追い抜かれた際、
ちゃっかり白パンツ見ちゃってますよ。

でも、次に会ったときには
ブルマ穿いているんだよね。

てことは、
あの日はブルマ穿き忘れたんでしょうかね。


・・・・・・。


なんか
穿き忘れなんてちょっと意味深ですね(ぉぃ



ま、それはともかくとして。
タマゴ♪タマゴ♪と陽気な歌を歌いながらすれ違う女子生徒。

・・・・・・。

ああ"ー!!
おまえ思い出したぞ。
自分の好きなツナサンドを
とんでもないものに例えやがって・・・。
おかげであまり食べられなくなっちゃったんだぞ!!

・・・と個人的な怒りをぶつけつつ。


PC版から挿入されたのかこの学園の生徒会の話が出てきた。
前作にも今作PS2版にもまったく話に挙がってこなかった生徒会。
そんなんだから、たいしたもんでもないだろうと思っていたら、
この学校の生徒会はかなりの権限を持っているようで。

なるほど。

実は
極大権限保有最上級生徒会だったんですね(違


略して(いいから




そんな感じで。

・・・・・

あれー

由真の物語なのに

由真の話がまったくないよ。

TH2 プレイ日記プロローグ

2005-12-27 | 『ToHeart2 XRATED』編
・・・・・てか、
他にもやらなきゃいけない作品がいっぱいあるような気もするが
気のせいという事で。


とりあえずインストールをする。
まぁ、内心自分のマシンで動くかどうか心配だったし。。。。
心配をよそに動作は快適。
ディスク読み込みとかもない分、さらに快適になった感じ。
文字も大きくみやすい感じに。
まぁ、振動機能はなくなったけど。。。

そんなわけで、プレイ日記を書いていくわけですが、
PS2版やったんだからテキトーでいいよね?


・・・・・・・。


あ、そのときはまだ
このブログなかったっけね。。。。

そんなわけで、やる気なさそーなPC版TH2プレイ日記、スタートです。



一体いつ終わるのか。
コメント (2)