YSK-BLOG

つぶやきまとめと通常日記を行うブログ

Pia3:Round Summer

2006-02-07 | 『Piaキャロットへようこそ!!3』編
はい、Piaキャロシリーズ3作目、ついに終了しました。
この時期、世間では次回作であるGOが発売されてるってのに・・・;

まぁ、今回の3ですが特に新しいシステムは見受けられませんでしたね。
変わったとすれば、バイトのシフトが午前、午後と分けられたところでしょうか。
ヒロインと合わせるように、より調整が必要な感じがします。

シナリオについては、そんなに重い話はありませんでした。
今回は過去に何かあったってのが多かった気が全体的にありますね。
Piaキャロシリーズってこんな話だったっけ?なんて
ちょっと思ったりもしましたが・・・。

キャラについては主人公より歳が上か下かが分かりにくかったですね。
一応自分なりに纏めた結果

上:夏姫、朱美、美春、貴子
同じ:さやか、織江
下:ナナ、ともみ

って感じでしょうか。
なんか、年上が多かった感じがしますが;


そっか、

だからプレイするのに時間かかったんだ(関係あるか?


ま、そんな感じで。


オープニングの曲が2での口に出すのがちょい恥ずかしいタイプではなく、
割と普通だったのに驚き。
前はアニメーションで動いていたのにねぇ・・・。
まぁ、予算の関係上ですか(やめんか


そんなところで。

気になるところといえば、
4号店って場所柄さ、
夏以外赤字事業なのではないだろうか。

それが気がかり。

特にパロパロタイプ制服なんか
夏場以外違和感ありまくりだと思いますが。


・・・・・てか寒いだろ(汗




『Piaキャロットへようこそ!!3』編 完結
コメント (2)

Pia3(高井さやか):出番が少ないメインヒロイン

2006-02-07 | 『Piaキャロットへようこそ!!3』編
メインヒロインのはずなのに、
今までプロローグ以外出番なし。
・・・・忘れていいだろうか(ダメ;

この二人の関係ってどんなんだろ。
はたから見たら軽口を叩き合う気のいい友達みたいな感じかな。


この美浜海岸駅、
東京から2600円
急行で3時間とな。
一体どの辺の設定なんだろう。



ミーティングで、他店からヘルプを要請したほうがいいと提案する主人公。
その日の夜、
「オレは何を期待しているんだか・・・」
なんて思ったり。

・・・・。

そうしないと、
さやか出てこないでしょ。


んで、4号店のヘルプにさやかがやってくることになりました。
いつものように軽口をたたき合う二人。
この二人の夏は、ここから始まるようだ。


さやかとPiaキャロットへ向かう。
海が近くにあるので、夏が終わる頃にはいい感じに焼けそうだというさやか。
でも主人公はこっちに来て数字経っているのに、全然焼けないねと言われる。

・・・バレたか。
オレが引篭もりだということが(←おまえじゃねぇよ



研修旅行の話で、本店では連続で沖縄に行ったことがあるそうな。
Piaキャロットってお金持ちなんじゃないかという話に。
うーん、木ノ下家の謎だ。
あんなアロハ着たおっさんが資産家なんて。。。


さやかから突然デートに誘われる。
朱美さんに休みをお願いし、次の日にデートできることに。
しかし、緊張して眠れない主人公。
とりあえず考え事をすることに。
デートして、
告白して、
その後は・・・。

主人公
完全に暴走妄想モード突入です。


当日はさやかがチケットを持っているということで、
「木漏れ日の木ノ下の告白」という映画を観ることに。
内容はバイトの面接にむかう男と女がぶつかって、
口論の末別れたあと、
偶然にも二人は同じバイト先の面接を受けるところだったということで・・・

ってそれPia2かい!


その後は夕日の海辺を歩く二人。
海に向かって日が沈んでるということはここは日本海側なのだろうか。
いや、もしかしたらここは半島なのかも知れないし・・・。

まぁ、それはさておき
デートを終えたあと、自分の部屋にさやかを招き入れる主人公。

・・・・・。


ちっ

コンシューマじゃなかったら(ぉぃ

しかし、妄想したことは起こらず、
彼女から秘められた胸の内を聞かされることに。

詳しい話は長ったらしいので割愛


そのあとは、ちょっとした思いのすれ違いが始まる。
どうさやかに接していいのか分からなくなる主人公。
もうダメダメっぷりを発揮しています。
いい加減にしてくれというのが私の本音。。。

つまりは、どちらも待ってるだけじゃなくて、
はっきり伝えなければ伝わらないってことで。


とにかく、最終的に主人公が自分の思いをはっきり伝えて
収まりました。
31日にエンディング。

ま、シリーズ特有、
メインヒロインのシナリオラストはバットエンドを想定させる構成は
まったく変わってないということで。

Pia3(愛沢ともみ):呼び方は"お兄さん"

2006-02-06 | 『Piaキャロットへようこそ!!3』編
でっかいニンジンのぬいぐるみ"キャロちゃん"がすげー気になる。

外見、性格共に子供っぽいともみです
Piaキャロット4号店へ向かう初日。
電車の中で偶然にも出会う。
いつもこうやって見ず知らずの人に声をかけているのだろうか。

お兄さんは心配です(やめんか


そんなこんなで話は進み・・・


昇からFX-engine2なるゲーム機を買ってくれと言われる。
名前からなんか終わってるっぽいハードだが(ぉぃ
一応最新人気機種だそうで、
3万のところを2万5千円で購入。
高けーな;
さすがNEC系メーカー(当時)

しかし、ソフトが無かったのでお蔵入り。


ミーティングで研修旅行の話があったので、
帰り道みんなで盛り上がる。
ともみは東京に住んでいるけど、トウキョウタワーを見たことがないそうな。
・・・・うーん。
まぁ、基本的には電波塔だし(ぇ


いつも元気いっぱいのともみ。
主人公と自然公園でボートに乗り、帰ろうとしたとき、
遅刻と待ちぼうけの1組のカップルを見かける。
それを見たともみ。
待つのは簡単だけど、待ち続けるのは悲しいよね、
と。
ちょっとセンチメンタル。


ともみの友人であるユキと紀子が遊びに来る。
「2」の3人トリオが復活だ。
んで、水着コンテストに参加するともみとユキ。
しかし、ともみは大きな動物の浮き袋は健在なのね;
ま、そんなこんなで彼女たちの応援をすることに。
「ともみちゃんがんばれー。ついでにユキちゃんも」
・・・・聞かれたらユキにめちゃくちゃ怒られそうですが。

そして予選を通過するともみとユキ。
ともみなんか大きなシャチの浮き袋持っているのに不思議だ。


夜、ともみたちとのおしゃべり会に参加。
ユキがびっくりしたのはともみの髪型。
なんでも前は腰の長さまであったのに、今は肩ぐらいまでになっているとのこと。
・・・・・・。
その前に、
大きなリボンにツッコミは無いんですかね。

ま、それはさておきFX-engine2でゲームをすることに。
ハードを持っていないともみの代わりに、
この前買ったヤツを主人公が持ってきた。
ソフトは紀子が持ってきたようで。
えーと、なになに?
『ポーカー』
『7並べ』
『ブラックジャック』


・・・・・。

あの、
仮にも最新人気ゲーム機ですよね。
なにそのスペック無駄遣いしたようなソフトラインナップは?


てかトランプ持ってくりゃええやん!!



ともみたちと海で泳ぐことに。
偶然会った昇の木ノ下アロハファッションを見たユキ。
「センス悪い服装ね・・・」
おまけにイカレたカッコとか言われます。

ユキ、これ
Piaキャロオーナーを初めとする
木ノ下一族男子の正装なんですけど。


・・・・・。

でもちょっとスッキリw



水着コンテスト決勝。
妹にしたいとかちょっと意味深なコメントもありつつも
ともみが優勝になり、
ちょっと不満げなユキ。
まぁ、まだこの頃は妹ブームでツンデレブーム無かったしね。


・・・・・・。


あ、ごめん。

デレが無いか。(おまけに表現ストレートだし



この後は主人公とは違う"お兄さん"の存在や、
なぜともみが4号店にヘルプに来たのか、
そんな話がありつつ・・・。

そして、前の"お兄さん"こと、前作主人公の前田耕治に会って、
ともみと昔何があったか話を聞いたり。
途中、ともみが2号店に現れたり、ともみに好きだと言ったり、
背景の春恵さん親子に目が行ったり(それは関係ない
いろいろあったけど、なんとか丸く収まりました。

・・・・なんか、前作と同様のシーンがちらほらと。


バイトが終わり、ともみと一緒に帰ることに。
手を繋いで帰ろうとか言われて、
主人公の手が大きいから指につかまらせてと言うともみ。

・・・・な、
なんだこの展開は!?


くそっ!
あとゲーム期間
5日も残ってると言うのに。



・・・・・・・。


んで、

ホントに5日、こんな調子で乗り切りました。。。。


なんともはや、騒がしい話でした。

Pia3(君島ナナ):声をかけたら勧誘員

2006-02-06 | 『Piaキャロットへようこそ!!3』編
主人公が道が分からないからと声をかけたら、勧誘員と間違えられた。
そんな出会い方から、主人公のことを勧誘員さんと呼ぶようになる。

なんかショックだなぁ;

そんなマイペースな女の子・ナナ。
なんで名前がカタカナなのか気になるが、
そんなナナとオリエンテーリングで一緒に組むことに。
公園にてカブトムシやクワガタを平気で触ることが出来る
子供心の持ち主ということが分かる。
カマキリとかコガネムシとか昆虫が大好きだそうで。

そっか。
ゴキ○リは大丈夫かな?(あれは害虫。


そのあとのバーベキュー大会にて、意外に食べたナナに声をかける。
いくら食べても太らない体質だと無邪気に言うが、
同性を敵に回しそうな発言だ。
しかし、それについて主人公一言。
「そっか、少し納得かも」
・・・・。
どこ見て言ったか知らないが、
それはセクハラ発言ではなかろうか。


そんな不思議ちゃんを追いかけます。

ところで、この主人公は
夜10時に寝て朝9時に起きる生活を送っているんだよね。
こんなに睡眠とりたいなぁ・・・



ある日、昇がナナに気があるっぽい発言。
あ、昇ってのは男のバイトね。
忘れてるかも知れないので一応説明。(←おまえだけ

うーん、これはちょっと複雑になりそうな予感。。。


ナナから一緒に自然公園へのお誘いが。
公園に着くと、ボートが苦手なナナだが自ら乗りたいと言い出す。
しかし、乗ってみるが不安そうにしてました。

そのときなぜボートが苦手なのかを話してくれることに。
昔ボートに無断で乗ってしまい、湖の中央に取り残されてしまったことがあるそうな。
で、そのとき泳いで助けてくれた男の子がナナの初恋の人だったと。

デートが終わり帰り際、ナナがこんなことを。
「彼女、いるんでしょうか・・・・昇さんって」



どうもそのとき助けてくれた男の子の雰囲気に似てるんだって。昇が。
ふ~ん。
そんなわけで、「力になるよ」と言う主人公。
ホントはそんな気、毛頭無いくせに

そんなわけで、ナナからそういう相談を受けることになる主人公。
ナナに対し一歩身を引き続け、複雑な心境。
「昇とナナちゃんか。結構お似合いかも」
と心にも無いことを思ったり。

昇とナナのデートを間接的ながら取り付けた主人公は
そのデートにコソコソとついていくことに。
相手に見つからないように行動するが、
はたから見たら完全に怪しい人である。

とにかく、二人を見ているといい感じの雰囲気に。
これなら心配ないと帰ろうとしたそのとき、
昇がいきなり公園を飛び出すという意外な展開に。
取り残されたナナ。
一体、昇に何があったというのか!?


・・・・。
そういえば、皿洗いを実行すると
容姿が下がるのは何でだろう。
(カンケーない話を入れるな;


主人公とナナに対し、冷たい態度をとる昇。
何があったのか、一応聞くチャンスがあった。
ふむふむ。
公園デートで、
ナナが昇に寄り添って寝ていたけど、
寝言で主人公の名前をつぶやいていたと。

・・・・ナナ、ボケすぎ;



ま、そのおかげで主人公にもチャンスが出来た訳だけど(ぇ

さぁ、ここからは
主人公と昇の間で揺れ動くナナの気持ちはどちらに?
主人公の本当の気持ちとは?
昇がナナをデートに誘った26日に主人公もナナを誘う。
彼女はどっちを選ぶのか。



・・・・・・。

というわけで、最初から最後まで
"不思議ちゃん"に振り回されていた
そんな感じのお話でした・・・。

Pia3(美春):迷惑なのはお互い様?

2006-02-05 | 『Piaキャロットへようこそ!!3』編
<2006/2/5追記>

初めて会ったときからどこかぎこちない彼女。
主人公とは初対面なはずなのだが・・・?

そういえば、今回は全部の登場人物を把握しづらかった。
同じバイト生でも、他の人を狙っているとほとんど登場がなかったり。
前作ではそんなことなかったなぁ・・・と思い出してみると、
前は特に葵さん涼子さんが歓迎会やらを企画してくれてたおかげで、
みんなで顔を会わせるイベントが多かったんだよね。
かなりめちゃくちゃだったけど、アレはアレでみんなと交流を深めるには
重要な役割をしていたんだなぁと今更ながら気づく。


話を元に戻して。
どことなく主人公を避けているような感じがする美春。
これはどういうことだろうか。
よし、秘密を暴いてやる。(ぇ

追っていくと、たまにメガネをかけた美春と出会う。
そんなに変わってるわけではないのに、
他人だと思い込む主人公。

お前がメガネをかけたほうがいいと思う。


そんなこんなで、避けられる日々が続く。
寂しいなぁ・・・。


でもめげない。
バイト先へ向かう途中で美春を見かけたので声をかける。
・・・やっぱり冷めた反応。
うーん。

・・・・。

実は照れ屋なんですね(違うと思う

しかし、
こんな付き纏われて迷惑だと思われてるのではなかろうか


そんなある日、
休憩時間になった主人公は事務室で美春たちが楽しく談話しているところを見かける。
これなら!と陽気に仲間に加わろうとするが、
主人公を見たとたんにそれまで楽しそうだった美春は
急に表情に陰りをみせ、外に出てしまう。
それを追う主人公。

ようやく二人で話す機会ができ、
主人公は何をしたか分からないが、とりあえず謝ることに。
するとようやく美春は理由を話してくれた。

・・・・・

ふむふむ。
主人公の雰囲気が誰かに似てるから、
その人を思い出していたたまれなくなったんだって。
ふ~ん。

・・・・・。

それはこっちが迷惑だ(ぉぃ


ま、これでようやく打ち解けて、
普通に接することが出来るようになったようで。
これで一安心。

そういえばこの日、
主人公のねーちゃんが泊まり来てたけど、
すっかり忘れてた。

・・・・・。

さて、ねーちゃんフラグも立ったところで(立ってない


そういえば、美春って正社員なのかもね。
ウェイトレスしてるからバイトかと思ってしまった・・・。
おまけに主人公より年上・・・。
もう、今作は上とか下とかよくわかんないや;


まぁ、そんな感じで美春とは打ち解けて、
庭の鯉に餌を一緒にあげたり、
一緒に縁日に行って楽しく過ごしたり。



しかし、ここで新たな問題が発生することになる。
この街に観光に来たのか、二人組みのチャラチャラした男達が美春の前に姿を現す。
どうやら彼らは美春の過去を知っているかのようだ。


それがきっかけで、また笑顔を消してしまった美春。
手間のかかる。。。

一体、過去に何があったのか気になる。
でも彼女に
「過去なんてどうでもいい、今の美春さんがすべてだ!」
とかいう主人公。

すると、なんとかいつもの笑顔を取り戻してくれました。

ふぅ、
嘘も方便と(ぉぃ

ところで、この後美春とデートしたいからと、
店長代理にシフトの入れ替えをお願いすると、
トンボ帰りで休みを了承されました。
そのうち材料不明なジャムが出てこないか
気がかりです。


そんなある日、
仕事が終わって一緒に花火大会に行くことに。
でもなんかヤな予感が・・・。
って予感的中。
あのチャラ男二人組みに会いました。
・・・・・。
言い合いの末、主人公は美春を連れてダッシュ!
逃げるが勝ちってことで。

休みを23日もらったデートの日。
二人は駅で待ち合わせをすることに。

あれ?確かあの二人、23日に東京に戻るとか言ってなかったっけ?
なんかまたヤな予感・・・・
って待っていたら現れましたよ、チャラ男二人。
主人公は肝心なところがいつも抜けているような気がする。
最後の落とし前ということでボコボコにされました・・・・;

でもその後は美春に介護されて一件落着と。
美春も過去を話し始めました。
はぁ、お嬢様育ちも大変なのね・・・と。
ちなみに主人公に似ているという相手は美春の弟さんでした。
いろいろあった美春を、気にかけてくれた弟らしい。
迷惑をかけさせたままだったことが気がかりで、
最初は主人公に対して後ろめたい態度をとっていたのね。
主人公の後押しもあり、その弟さんに会いに行くことに。

しかし、
研修旅行もよくドタキャン通用するよね・・・・。

んでもってそのそっくりさんに会いに行くことに。
場所は中杉通り。
2号店の近くです。
興味本位で2号店に入ると、バンダナを巻いたウェイターが出てきました。
わー、前作主人公だー。(棒読み

そんなこんなありつつも、弟さんに会うことが出来、
深い姉弟の絆を見せられました。
これでもう過去はきっぱり振り切れたので、
これで本当に一件落着と。

ふぅ、いろいろあった夏休みだったなぁ。

まぁ分かったことといえば、
主人公の趣味はメガネっ娘だったということで(違
コメント (2)

Pia3(織江):昇を追い回せ(汗

2006-01-30 | 『Piaキャロットへようこそ!!3』編
さて、途中から入ってきたPiaキャロ3ですが、
現在までで夏姫、貴子、朱美とクリアしていきました。
残るはあと5人。
主人公と同学年か1こ下が残りましたw(筆者のプレイスタイル;

さて、今回は織江編。
この子は元々Piaキャロのバイト生では無いため、狙ってようやく登場します。
まぁ、他のルートでもちょっと出てるけど。

昇を追っかけると会えるということなので、
まずは昇をチェキします。

帰りは必ず声をかけ、
寮では昇の部屋を尋ね続ける。



・・・・なんか、このまま行くと怖いです。

女の子たちから噂され、
"不評"パラメータが上がってしまいそうです。



するとある日、昇が寮からアロハシャツサングラスという
怪しい格好で、怪しい動作で出て行くところを発見。

気をつけて後を付けていくと、駅前にある建物にこそこそと入って行く。
その先はなんとビデオ屋。
恥ずかしそうにビデオを借りていく昇に声をかけることに。
観念したのか
「これからは堂々と借りに来るよ」
とのこと。
こうして、主人公は駅前のビデオ屋を発見することに。

・・・・しかし、昇その格好、
知り合いに見つかったときが一番恥ずかしい
俺は思う。

それ以来、主人公はビデオ屋に通いつめ、
よく会う店員と顔見知りになりつつ、
よく分からんタイトルのビデオを買っていく日々が続く。


今日もいつものように駅前に行こうとしたら、突然声をかけられた。
相手はビデオ屋でバイトをしていた女の子。
お互い名前を教えあったところで、女の子・織江は自然公園に行くという。
自分は駅に行こうとしていたが、
>「自分も行くところだったんだ」
指が勝手に選択し、話を合わせることにする。

公園とは逆方向だって突っ込まれたけど。



まぁ、そんな感じで知り合い、
ちょっとした出来事から一緒にPiaキャロットでバイトすることになったりと、
日に日に仲良くなっていく二人。

んそんで織江クリア。
途中のイベントについては特記すべきことないので
時間の都合上省略させていただきます(ぉぃ


この二人、実は過去に会っていた・・・なんて話もあって、
なんかPiaキャロシリーズとしては初めての展開なのでは?
ホント、OPの歌と同じく出会いは偶然で・・・って感じですな。


今後もこんな感じで進みます。。。

Pia3 を久々に

2006-01-09 | 『Piaキャロットへようこそ!!3』編
進行を中止していた朱美を今日ようやくクリア。
無事に彼女は店長に就任できるのか・・・
そんな話。(そうか?

表紙とかで目立ってるヒロインは他のヒロイン攻略中は出番なし。
冒頭ちょっと出てきてからまったく。
ちょっと珍しい。
まぁいても邪魔なだけだし(ぉぃ


それはそうといつも気になるんですが、
北海道旅行での昇の格好。

あれ

木ノ下一族の標準ファッションなんですかね?

(アロハシャツにグラサン)

どうでもいいけど私には
ただの怪しいヤツにしか見えません。

まぁ、この作品は木ノ下一族が最大の謎だと思いますしねぇ。