YS Journal アメリカからの雑感

政治、経済、手当たり次第、そしてゴルフ

トランプ大統領、再選出馬公式表明

2019-06-20 07:00:43 | アメリカ政治
一時間以上もトランプ節を聞くのはさすがに辛い。自画自賛が多い事には多少辟易するが、正直な語り口と中身が濃い内容、揺らがない政策方針には安心感がある。

トランプを下品とみると、知性、理性の量が多い人ほど思考停止に陥り客観的な評価が出来なくなる様だ。

トランプは政治感覚、経済感覚が天才的な上に戦いを恐れない。(好戦的という意味ではなく)トランプの事を嫌いで完全に狂っているマスコミ、なんでの反対の民主党、共和党の Never Trumper、既得権の塊である官僚組織と戦い続けている。

アメリカから発信される情報はトランプを悪者する扱いが大半だが、世界の反応を見れば彼のやっている事の影響が良くわかる。報復関税に対する中国の反応から、中米からの難民挙動まで、トランプが進める政策を正しくとらえて反応している。

民主党は反トランプ以外の戦略が見つけ出せずにいる。トランプがやっている事は、オバマの幼稚で場当たり的ものではなく、原則的に正しく有効なので、反トランプは対抗軸になりえない。

民主党大統領候補者の政策は、学生ローン徳政令、大学無料化、黒人への奴隷保証金支払い等々、世迷言のオンパレードとなっている。アメリカンリベラルの狂気を覗きたければ、民主党大統領候補討論会は必見。

アメリカ政治のエンターテイメント性の高さは呆れるほど凄い。
コメント

天才政治家トランプ!?

2019-06-01 00:03:21 | アメリカ政治
トランプ米政権が表明したメキシコ製品への関税発動は、神がかり的な一手だろう。

レーガン大統領時代からなし崩し的に移民法が骨抜きにされ、不法移民が大量に入ってきている。(その数は、1200万人ともいわれている)

背に腹を代えられないキシコ政府は、本格的な対策を講じるであろう。中米からの移民もメキシコからの移民も、メキシコ政府がやると決めれば人道上の制約を気にせずに取り締まる事を知っているので、それだけでも効果が期待出来る。

全米商工会議所を筆頭に産業界は大反対であるが、アメリカ国民には広く支持されるのではないかと思う。

メキシコ政府にしても中米からアメリカを目指す中米移民の通過を看過できなくなっているし、これまで何も講じなかった自国民の違法行為を取り締まる当たり前の事をすれば、関税は掛からなくなるのだ。

歴代の大統領が手を出せなかった不法移民問題に真っ向から挑んでいるトランプは真摯なアメリカ大統領であり、繰り出す政策は天才的だ。
コメント

ディズニーワールド

2019-05-22 23:22:27 | アメリカ経済
GW 終盤の週末、下の娘のチアーリーディングの全国大会 (Summit) でディズニーワールドに行ってきた。(会場は ESPN)金曜日のワイルドカードを突破し日曜日のファイナルに出場したので、3 day Pass を購入したのにテーマパークへはほんの数時間過ごしただけ。

マジックキングダム、エプコット、ハリウッドスタジオ(アニマルキングダムは行けず仕舞い)、どこに行っても工事だらけで、休止しているアトラクションが多く、全体的にくたびれた感じがありガッカリ。アメリカの5月はシーズンオフという事を差し引いても、なんだかうらびれていた。

ディズニーの業績は悪くない。映画は今年のヒット作品の上位を占めているし、動画配信も Hulu を買収しそういう方向に驀進している。

買収に大枚をはたいて、テーマパークへの投資が後手に回っている様な気がした。新作映画をモチーフにした新アトラクションのために工事は仕方がないと思うが、休みなく稼働する施設は根本的な改善が出来なくて限界にきているのかもしれない。

テーマパークの魅力が落ちれば、ディズニー本体が怪しくなるような気がする。

東京ディズニーはオーランドに比べれば新しいのだが、くたびれて無いのだろうか?
コメント

John Wick: Chapter 3 - Parabellum

2019-05-18 09:59:19 | 映画


アクションは食傷気味、筋は在って無いような感じ。続編(4作目)はパスかなー。

銃にハマっていた頃に、オリジナル、続編をテレビで観たので、映画館で観ないわけにはいかないだろう。公開初日でまあまあの入り。

最終的にはキャストされなかった真田広之の横顔がチラッと写ったのは気のせい?


入場料は一人 $13.25。($2.25 も手数料を取られている)ダイエット中につきポップコーンは我慢。
コメント

オバマ政権の闇

2019-05-10 08:11:41 | アメリカ政治
トランプのロシア疑獄は予想外の展開をし始めている。全てが明るみ出れば、ニクソンのウオーターゲートが吹っ飛ぶ規模のスキャンダルになるであろう。

1.FBIが捏造証拠に基づき大統領候補であったトランプ及びスタッフへのスパイを行っていた

2.国務長官時代のヒラリーの機密漏洩問題(公務にパーソナル e-mail を使用、機密書類のやり取りを行っていた)

3.先日2020年大統領選に出馬表明した前副大統領バイダンが、息子のビジネスの件でウクライナ政府に圧力を掛けていた

4.前国務長官ケリーは、オバマ政権時代の核開発凍結合意を守るためにイラン政府と個人的に外交交渉を行っていた

これらは陰謀説ではなく、公開されている情報や報道で明らかになっている。

全部が立件されるとは思わないが、2020年にトランプが再選され、共和党が上下院の過半数を取ると面白い展開になると思われる。

オバマがどこまで関与していたか興味があるが、政権運用ばかりでなく、悪事さえも不真面目で、意外と蚊帳の外にいたような気がする。
コメント

The difference between stupidity and genius is that genius has its limits.

2019-04-29 16:01:09 | ブログ探索
アゴラに掲載された北尾 吉孝「物事の捉え方」、内容は問題ないのだが、前振りに持ってきた"The difference between stupidity and genius is that genius has its limits." は全くの誤解である。

「愚かさと天才との差は、天才は限界(limits)を知っている」との理解で北尾氏は話を広げるのだが、正しい解釈は「天才には限界があるが、馬鹿には際限がない」だろう。天才は限界を知っているの意なら genius knows its limits だろう。

アインシュタインの言葉(出所は違うようだ)は、天才の事を言っているのではなく、馬鹿の果てしない危険性を言っている。(英語の説明はこちら
コメント

Joe Biden

2019-04-27 00:11:26 | アメリカ政治
Joe Bidenが出馬表明し、民主党候補が出そろった。

オバマの副大統領だったので知名度が群を抜いており、又、中道路線なので無党派中間層を取り込めるるとの読みから、トランプを倒せると期待されている。

史上最悪の副大統領だったこともあり、民主党候補にもならないであろう。

1.歳:就任時には78歳

2.政治経験が長い:過去の投票履歴、失言ビデオが一杯ある

3.政治信念:この期に及んでトランプはダメ位しか言っていない

民主党は左傾化が激しく、バイダンの様な中道派は党内で目の敵にされている程だ。過去の3回立候補しているが予備選緒戦で撤退するのが常で、トランプに Mr. 1% (支持率)とからかわれた挙句、是非、民主党大統領候補になってほしいとからかわれている。

20人超える候補者は全員いかれている。唯一まともそうなのは Andrew Yang、政治家ではなく実業家である事が、(民主党ばかりでなく)アメリカ政治の衰退を暗示している。

トランプは現職の強みがあり、民主党のメッセージの無さ、パッとしない候補者しかいないので、2020年大統領選はつまらないものになりそうだ。
コメント

ノートルダム寺院火災

2019-04-17 07:03:00 | 雑記
歴史的、建築的な喪失感が大きいが、宗教的にはどうなんだろう。

フランス政府が再建計画に躍起になるのは、法律上(憲法上)妥当なのだろうか?宗教と政治の分離の話はぶっ飛んでいる気がする。

アーリントン国立墓地(戦没者慰霊施設)の十字架撤去に決道を上げる(アメリカの)リベラルたちは、何を思っているのだろうか?
コメント (1)

Crazy Bernie

2019-04-15 23:46:46 | アメリカ政治
初めてバーニーサンダースの議論を聞いたのだが、ニックネームに恥じないCrazyぶりであった。年寄りのリベラルは見られたものではない。

2016年に民主党がいやいやながらヒラリーを選んだのも無理はないと思う。

全国的に名前が知れているので、2020年民主党大統領候補選でも健闘しそうなのだが、こんな世迷言にもう一度付き合わされると思うとうんざり。
コメント

スピード違反 in Mexico

2019-03-24 13:57:10 | 雑記
昨年から、新会社立ち上げで月一ペースでメキシコ、サンルイスポトシに出張している。

比較的安全なので移動はレンタカー。行動範囲は、空港、ホテル、工業団地(GM工場の隣)が中心で、稀に中心街のレストランに行く程度。

先週金曜日午前4時、空港に行くために主要道路の側道でパトカーに停められた。メキシコ名物のスピードバンプがあるのでそんなに速度が出ていないと思うのだが、スピード違反との事。(因みに、警官はスパニッシュのみ)警察署(?)に出向いて罰金を払えと言う。

パトカーだけでなく、ポリストラックから自動小銃をぶら下げた警官も登場。

ここでピンと来て、飛行機に間に合わなくなるのでここで払えないかというと、出来ると言うではないか。いくらだと聞くと、怪しいチャートを出して 6328 ペソ(約316ドル)のところを指す。(最初に時は別の所を指していた)

手持ち全額 700 ペソ(約35ドル)を出すが、不服そうな顔をしている。財布からドルを見せ20ドルを出すが、ダメだという。結局、ドルの持ち金90ドルを全部取られて、放免された。

サンルイスポトシ(というかメキシコ全般)で、警官の立場を利用したタカリがあると聞いていたが、自分が当事者になるとは思ってもいなかった。

偶然にも妥当な金額を持っていたのでタカラれただけだが、持ち金がなかったり、大金だったらどうなったのだろう。(知り合いに聞いてみよう)

次回からは、2000ペソ(100ドル)程度を小分けで持つようにしようと思う。それよりも、もうちょっと慎重な運転を心掛けようと思う。
コメント