YS Journal アメリカからの雑感

政治、経済、手当たり次第、そしてゴルフ

WESTWORLD Series 1 

2018-08-14 08:42:23 | 映画
1973年の映画 "WESTWORLD" を基に HBO がシリーズ化したのは知っていたが、この手のテレビシリーズは長くなる上に、観だすと際限が無くなりそうで無意識に避けていた。WESTWORLD も例外ではなく、シリーズ1だけでも一時間半のエピソードが10話。オーストラリアへのフライト(14時間)にシリーズ1全編が揃っており、お試し的にビンジワチッング。オリジナルと違い時間軸が多重構造だったりしてややこしいので、一気に観ないとストーリーがフォロー出来きず、独特の世界観に没入しづらいだろう。

舞台は、近未来のアメリカ西部。人間と見分けのつかないアンドロイド(ホスト)がシナリオ通りのループを繰り返す開拓時代を再現した巨大テーマパーク。ゲストである人間は、安全にやりたい放題が出来る。酒池肉林の上に、拳銃でホストを殺し放題。(ホストは人間に対して暴力をふるえず、特殊弾丸は人間には効果が無いように作られている)

オリジナル映画ではホストにグリッジが生じ人間を殺し始めるのだが、このシリーズでは、ホストが自意識を持ち始め、自分たちの世界(テーマパーク)を守るために人間を殺すようになる。

アンドロイド(人口知能)の永遠のテーマは「電気羊の夢を見るか」であり、意識が芽生えると結局人間と同じになるという事であろう。アンドロイドの体が人間と見分けがつかないために、意識を持てば人間となる。その上、人間の頭脳をトランスファーすれば、不老不死が達成される。

シリーズ1では、アンドロイドが意識を持つところで終わっているが、死んだ人間をコピーしたアンドロイドが登場しており、今後の展開としては、大きくは人間対アンドロイドの対決になるのだろうが、この曖昧な境目がテーマになりそうだ。

放映済みのシリーズ2はショーグンワールドが舞台。真田広之がサムライアンドロイドとして登場しているらしい。テーマパークは6つある設定なので、視聴率が高ければまだまだ続きそうだ。

既に食傷気味なので、シリーズ2は保留。日本ではスター・チャンネルが放送しているとの事。
コメント

Bad Blood

2018-08-13 05:35:06 | 書評
"Bad Blood" は、シリコンバレーのベンチャー企業 Theranos (セラノス)の盛衰を綴ったノンフィクションである。

Theranos (セラノス)は、指先から採取する少量の血液で200種類以上の検査が出来る画期的な機械を提供するという企業理念を唱え、創立者がスタンフォード中退の19歳のカリスマ性に富んだ美しい女性、Elizabeth Holes という事もあり、注目を浴びていた。

結局は、試作機さえもきちんと作動しないのに、開発中であることを言い訳にした企業機密のベールを覆って大手ドラッグチェーン等との契約を取り付け評判、市場価値を高めていたが、内部告発とウォールストリートジャーナルの暴露記事(この本の著者がレポーター)で化けの皮がはがれてしまった。

彼女のカリスマ性、家族の交友関係を通したベンチャーキャピタルへのアクセス、スタンフォード大学有名教授の推薦等々が Theranos (セラノス)にオーラを与え、信憑性と潤沢な資金を獲得する。しかし、肝心の機会の開発が追いつかないので、投資家、契約先、マスコミに misleading な情報を提供するようになる(嘘をつき始める)。段々と内部に軋みが生じ始め、歪んだ内部統制、高い離職率で、崩壊へと突き進んでいった。

エピソードの一つ一つが絡まり重なり合い、彼女のサイコパス的な言動と相まって、ぐんぐんと読ませる。

Theranos (セラノス)が怪しいという報道が始まったころに Elizabeth Holes のテレビインタビューを観たのだが、テレビを通してさえカリスマ性を感じられる程であった。しかし、読んでいる間中、彼女のカリスマ性に溢れる視覚的イメージは湧くのだが、生身の人間を感じられない奇妙な感覚が付きまとった。

ジェニファー・ローレンス主演で映画化が決定しているので、日本語訳も出版されるだろうが、是非、原本で。
コメント

UBER

2018-08-08 18:12:41 | 雑記
初めて UBER を使っている。

家族旅行でシドニーに来てるのだが、AIRBNB(こちらも初めて)で見つけた滞在先が街の中心から徒歩45分くらいのところにある。初めての街で電車、バスを利用する事を考えると、時間、労力は大幅減、4人なので一人当たりの費用は公共交通機関を使いよりより安いかも。ドライバーに申し訳ないくらい。

日本で買ってきたガイドブックには UBER の事は一切載ってないのだが、絶対にお薦め。(そう言えば、パリを家族旅行した友人も絶賛していた)

街ではタクシーを数多く見かけるが、共存出来るのだろうか?
コメント (2)

アメリカ連邦最高裁判所、トランプ新しい判事を指名

2018-07-12 09:17:48 | アメリカ政治
ケネディ判事が高齢を理由に引退のに伴い、トランプが新しい判事カバナーを指名した。連邦上院の承認が得られれば就任という運びになる。

ケネディ判事は中道と見られており、保守、革新のバランスが4対4状態が続いているので、スイングボート(どちらにも振れる)と考えられていた。しかし、カバナーは保守であり、就任すればバランスが崩れる。その上、トランプ在任中に革新の二人が引退(もしくは寿命)の可能性がある。

連邦最高裁判所判事は終身なので、今回の指名とトランプが再選すると最高裁は保守傾向が長く続くことになる。

このような状況なので、連邦上院で過半数が無く指名を阻止できない民主党が発狂している。

まず、ケネディ判事が引退を表明した直後か、中間選挙の年なので指名をするべきではないとか、どの候補者であっても指名阻止するとか、正気の沙汰ではない。今後、公聴会での意地悪な質問とか、リベラル系のマスコミと一体となった個人的なスキャンダル探し(過去の保守系候補者の場合ほとんどがデマ)とか、恥をかなぐり捨てたうんざりする展開が予想される。

よっぽどなことが無い限りカバナーが承認されると予想されているが、中間選挙、特に連邦上院選挙への影響が大きいので、注目している。

アメリカ民主党がどれだけ狂っているか、篤とご覧あれ。


関連エントリー

ObamaCare: 連邦最高裁合憲判決 (2012/6/29)
コメント (2)

平成30年西日本大雨災害

2018-07-08 13:58:12 | 雑記
愛媛県西予市が被害を受けている。特に野村町がヒドそう。我が生まれ故郷明間も孤立地区になっている。

卯之町から野村へ続く県道29号が土砂崩れで通行止めになっているようだ。この道路、特に明間から野村はずっと切通しといった感じで、私が小さかった頃もがけ崩れがしばしばあった。宇和川の増水で木造の橋が流された時もあった。

明間は野村ダムの上流なので冠水してないと思うが、皆さんのご無事を祈るのみ。(野村ダム下流の野村が冠水したことには複雑な思い。鹿野川ダム下流の大洲も被害が大きそう。想定を超えた雨量だったのだろう)

現地画像のサイトはこちら。(野村の中心街は窪地なので大変だろう)

ふるさと納税での災害支援サイトはこちら
コメント

死刑執行

2018-07-06 20:11:16 | 雑記
私は死刑執行に大賛成である。

極論すれば、殺人だけでなく傷害や麻薬でもリピーターであれば死刑にしても良いと思っている。

犯罪や再犯を抑止するために刑罰を厳しくした方が理にかなっている。

麻原の死刑は遅すぎたと思う。死刑執行を命令しなかった法務大臣たちは任務怠慢だ。改元、恩赦という事情があるにしろ、今回は法務大臣がやっと義務を果たしたという事だ。
コメント (7)

Jurassic World: Fallen Kingdom

2018-07-05 12:29:05 | 映画
前作の事件で閉鎖されたジュラシック・ワールドがあった島で火山活動が活発になり、恐竜が絶滅の危機に瀕している。連邦議会は恐竜の救済をしないことを決定する。

一方、ジュラシック・ワールドの運営責任者だったクレアは、生き残っている恐竜たちを保護する団体を設立し奔走している。その彼女に、ジュラシック・パーク(オリジナルシリーズ)の創立者のパートナーであったベンジャミン・ロックウッドから協力の申し出がある。捕獲保護するため恐竜に埋め込んであるトラッキングシステムへのアクセスが必要であり、運営責任者であった彼女に白羽の矢が立つ。

彼女は、元恋人で元恐竜監視員であったオーウェンを引っ張り込んで島に向かう。島ではロックウッド財団が手配した捕獲チーム(傭兵軍団)が既に活発な活動を行っていた。大規模な火山活動で島は壊滅してしまうが、二人は保護対象の目玉であるヴェロキラプターのブルーを捕獲し、島から脱出する。

保護した恐竜たちは、ロックウッド財団の本部でもあるベンジャミン・ロックウッドの大邸宅に運び込まれる。ベンジャミン・ロックウッド本人は真剣に保護を意図していたが、秘書が金儲けを企んでおり、一連の捕獲は、保護目的ではなく、競売と、ブルーの遺伝子を利用しバイオ科学の力で新種の軍事用恐竜を作り出す目的のためだった。

クレアとオーウェンは騙されてる事に気付くが捕らえられてします。

オークションが始まり、落札された恐竜たちが次々と運び出されていく。プロトタイプとして登場した新種軍事恐竜インドラプトルのお披露目時に、オーウェンが捕獲されている他の恐竜を利用して二人は脱出に成功する。ここからは大邸宅内での、人間、インドラプトル、そしてブルーの鬼ごっこ。悪党たちがみんな恐竜にやられ、ブルーの協力でインドラプトルも死んでしまう。

邸宅内に閉じ込められた恐竜たちは、毒ガス流出で死ぬことが確実になる。クレアとオーウェンは敢えて解放せずに絶滅させる決心をするが、ベンジャミン・ロックウッドの孫娘が恐竜を開放してしまう。実はこの孫娘、交通事故死したベンジャミン・ロックウッドの娘のクローンであり、再生された恐竜へのシンパシーに突き動かされての行動であった。


映像、恐竜の動きが素晴らしいので見る価値有。ストーリー的には凡庸。なぜかこのシリーズ好き。内容が適当に単純なのが良いのかも。思い入れが少ないのでネタバレ解説風で。

入場料は一人 $11。娘二人とスモールポップコーン$6.00をシェア。
コメント

Killing Jesus

2018-06-27 15:34:57 | 書評
"Killing Jesus" は Fox News Channel の人気キャスターだった Bill O'Reilly と Martin Dugard の共著で、史実に基づいた内容が売りの "Killing" series の一冊である。

「史実に基づいた」が、イエスについて歴史的な視点から勉強したい私には殺し文句。

イエスに関しては、基本的には新約聖書の内容と被るのだが、イエスが起こしたとされる奇跡等が間接的にしか記述されていないので(そのような噂があった史実が存在するのだろう)宗教的な臭味が無い。

イエスの事を勉強し始めると、必然的にイエス誕生前のローマとユダヤ人の歴史を学ばざるを得ない。シーザー、クレオパトラ、ブルータスたちが、イエスの登場に陰影を与えていることに、驚きと自分の無知さ加減を思い知らされる。

なぜ磔になったのか、なぜ安息日の一日前の処刑なのか、それらに必然性を知ることで、イエスを身近に感じることが出来、裏切者ユダにさえ親近感を覚える。

さて、キリスト教への帰依は三位一体を信じるかどうかに掛かっているのだが、いまだに理解出来ないのでいる。信仰に理屈っぽさはいらない。どの宗教にもある受け入れがたい戒律と共に、敷居を高くしている。

キリスト教への傾倒に影響はなかったのだが、イエスの生き方には大きな感銘を受けた。

キリスト教の教えが、宗教としてではなく社会規範として、私の価値観に大きな影響を与えていることは否定出来ないが、特定宗教ではなく、神の存在を信じるだけの宗教観で生きていける気がする。シンプルなユダヤ教(具体的に何を言っているのか自分でも不明だが)が性に合っている気がする。

翻訳本は出版されていないようだが、お薦めの一冊。
コメント

アメリカ不法移民の旬な話題

2018-06-21 17:41:50 | アメリカ政治
今年は、子供を親から引き離して収容することが、旬な話題となっている。

現実には、このようなケースは全体の10%であり、残りの90%は子供だけで不法入国をしている。

オバマ政権の対応と基本的に変わっていないのに人道上の理由で無責任にトランプ政権を非難する民主党、調べもせずにセンセーショナルな報道を垂れ流すマスコミ、リベラル系は完全に狂っている。
コメント

Solo: A Star Wars Story

2018-06-09 14:43:30 | 映画
遅れてきた不熱心なスター・ウォーズファンの義務として鑑賞。

若き日のハン・ソロを描いている。生い立ち、駆け落ち未遂の恋人との再会、メンターとの出会い。ファンとしてたまらないと思われるのは、チューバッカ、ミレニアムファルコンの登場とこれらにまつわるエピソードだろう。

恋人がダークサイドに絡み取られ、噂されている続編への導入となっているが、恋愛のスパークが全く感じられないのが残念。

メンターはアウトローなのだが、悪党の凄みが足りない。唯一、ハン・ソロが、唐突なタイミングであっさりメンターを殺す場面がツボにはまった程度。

同じくオフシュートである "Rouge one" では、儚い親子関係や主人公が死ぬことでの無常感が圧倒的だったので、知らず知らずに比較してしまう。

(無法者映画なので)ウエスタンへのオマージュ的な列車強盗アクションがあるが、?。

スター・ウォーズファンなら観ないわけにはいかないが、そうでなければパス。


アメリカでは、メモリアルウィークエンドの封切りはまずまずの滑り出しであったが、その翌週は不調。マーケットは正直だなー。

金曜日の夜で、入場料は $11。(いつの間にかオンライン手数料 $1 がプラスされている)。映画館チェーンのメンバーなのでスモールポップコーンは無料、しかしスモールコーラが $5。ちょっとやりすぎな気がする。オンラインのチケット販売が一般的になり最近はモギリがいないので、食べ物、飲み物持ち込みの人が増大する可能性大。(アメリカ映画産業(映画館経営)の危機に関してはそのうち)
コメント