大判カメラ日記。

ワイズクリエイト・木戸嘉一のブログです。

アオリ作例写真用にコルクブロックを購入。そしてワイズシールを貼り込み。

2017年07月27日 | 撮影

先日のブログでアオリ作例写真用の被写体として白いミニュチュアカーを購入したことを書きましたが、今回は四角い被写体が欲しくて銀座に在る東急ハンズまで行ってきました。店内を色々見て回りましたが「これは!」と言うモノはなかなか見つかりません。そこで仕方なくコルクブロックと書籍を模した小物入れを購入してきました。偽書籍に関しては正面、側面に文字があり、上面はページを表現した印刷があるのでピントを認識することができますが問題はコルクブロックです。3面ともコルク素材のままでピントの確認がなかなか厳しいようにも感じました。そこで数に限りのあるワイズシールを贅沢に使って3面全てに貼り込みました。これによりどこにピントが在って、ここにはピントが無いなどが一目瞭然となります。撮影台の上にはこれらの被写体が無造作に並べてありますが、アオリの説明をするときにはこれら被写体が大活躍しそうです。

大判カメラ体験記
清水 実
ワイズクリエイト
大判カメラマニュアル
木戸嘉一
ワイズクリエイト
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この夏は花火を真下で見られ... | トップ | 時計を1/4ずつ撮影して2億万... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

撮影」カテゴリの最新記事