旅好きおやじ

京都を中心にした旅好きおやじの気まぐれ日記です。

まろんの会 「胃がん公開講座」

2010年10月30日 | つれづれ

「胃がんの治療」

四国がんセンター栗田副院長の「まろんの会」が初めて院外に出て「胃がんの治療」をテーマに一般公開講座がありました。

最近の胃がん事情・・・栗田啓(四国がんセンター副院長)
胃がん:早く見つけて、うまく治す・・・佐野武(癌研有明病院 上部消化管担当部長)
栄養士による食事相談

栗田先生の「最近の胃がん事情」 以前は小さな癌でも発見されれば外科的手術で胃を切り取っていたが最近では、
外科的切除、胃カメラによる切除、それに抗がん剤による術前、術後の治療をプラスする方法などがんの進行状況
によってオプションが増えてきて
がんの大きさ、転移の状況、健康状態により患者に合わせて選択していくようになった、
事など治療のスタンダードについてお話がありました。

佐野先生は
 早期発見の大切さとピロリ菌の感染が胃がんの原因になることも分かってきたことで胃カメラの勧めをとかれた。

講義の後は、栄養士による食事の相談、手術に使用する器具を手にとって実際に針を使ったり体感しました。













</font>
ジャンル:
モブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国・閑麗海上国立公園クルーズ | トップ | 芸術の秋 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (J&M)
2010-10-31 08:03:00
手術にはたくさんの器具を使うのですね。
こんなことの無い様普段の心がけが大切ですね。
Unknown (ころん)
2010-10-31 17:11:20
医療の現場を見て病気にかかると大変です。
息子たちはとっても楽しそうに手術してるようですが、
患者にはなりたくない・・
規則正しい生活が一番ですね。

医療の進歩目覚ましいです。
いかがですか・・・? (旅好きおやじ)
2010-10-31 19:58:37
J&Mさん 今日は。
経過はどうですか。日にち薬で長くかかると思います。
怪我は何時するか分かりません。
お互い痛い目に会いました。気をつけましょう。
元気です・・・ (旅好きおやじ)
2010-10-31 20:55:56
ころんさん 今日は。
少しずつ行動半径が広くなってきましたね。
お元気になられて良かったです。
私も、がんセンターの先生たちのお陰で胃がんの仲間が後日談など経過を含め意見交換と病気についての内容を理解できる機会を与えてくれているのに感謝しています。

健康の大切さ身にしみて感じています。

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事