井の頭整体&宇部の整体のブログです

整体師として感じたことや、季節ごとに変化する身体の特徴について記します。
活元運動や体癖、体量配分についても触れます。

“他人の悪い気を受ける”現象について

2017-04-29 12:53:57 | 気にしない
以前整体を受ける人から「具合の悪い人を診て、その人のいろんな悪いもの等を、受けたり貰ったりはしませんか」と聞かれたことがある。
一般に(と云って良いのだろうか?)そのようなことが言われているのは知っていたが、自分は気にしたことがない。
整体の後で疲れやだるさを感じても、それはたくさんの人を操法して疲れたり、或いは活元運動を怠けていたり寝不足の所為とかであって、操法した人の何か悪いものを、受けた貰ったりしたのだとは思わない。

「コーヒーやお茶を飲むと、眠れなくなります」と言う人がいる一方で、(私もそうであるが)全然気にならず、寝しなに濃いめのコーヒーを飲んでも、すぐに寝付いてしまう人もいるのと同じ様なものである。
随分前のことであるが、ある雑誌に“珈琲汁粉”なるものが紹介されていた。
スプーン十数杯分のインスタント珈琲粉を入れてお湯を注ぎ、どろどろになった“珈琲汁粉”を飲むというものだが、一時期毎日の様に飲んでいた。
然し、それで寝つかれないという事はなかった。

ついでに“憑き物が憑く”という事について云うと、お葬式から戻って、塩を身体に振る(掛ける)が、何かが“憑く”というのは、これは本当の事ではあるが、ただ憑くのは必ず左肩で、他の部位に憑くことはないので、塩を振るのは左肩だけでよい。
“憑きやすい人”というのがあって、整体で云うと八種体癖の人がそれに当たる。
いつも左肩を上げて、お尻を片方に余分に振って歩いている人がそうである。芸能界に多いが。
然し、(高野先生も云われた様に)“丹田に力があれば、何物も憑かない”のだから、己れがきちんとしていれば、塩など必要ないのである。
私自身、よほど体調でも悪ければ別だが、葬式から戻って塩を振る事はない。忘れていることが多い。

人に整体や指圧をして、相手の辛さや悪い気を受けてしまう人、又八種体癖の人は、常に鳩尾の力を抜き、丹田に力が入るよう、非頃から心掛けられると良い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 活元運動だけでもOKですよ | トップ | 5月になって »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

気にしない」カテゴリの最新記事