『やまちゃん』の Photo ブログ

まつたけ・山菜採り・釣り・キャンプ等アウトドアが好きな50才代の男性。
釣り好きで某河川の漁協の役員になりました。笑

今日、明日は香川県の丸亀です。

2006年05月27日 05時39分53秒 | フォトブログ
二日間、ホームページが見れません。
コメント

おめでとう。

2006年05月23日 14時17分35秒 | フォトブログ
今日は次女の19回目の誕生日。
段々大人になっている。
あと何年一緒に暮らせるのかなぁ・・・。
ずうぅぅぅぅぅぅぅぅとだったりして!!

この前まで小さかったのに。(身長は別として)
言い合いしても負ける今日この頃。

今晩は外食の予感。
小使いが無いから気持ちだけプレゼントにしよう。
ちょっと可哀想かな。
とにかくおめでとう。
コメント (2)

温泉

2006年05月22日 09時13分45秒 | フォトブログ
私は近く(車で15~20分)の古い温泉旅館の建物のメンテの仕事をしており、
マツタケ・山菜採りの帰りや、気分が落ち込んだときは、
そこに寄って汗を流して帰ります。
そこはある企業の持ち物であり、一般客に開放しているのを皆あまり知らなくて、お客が局端に少ないのです。風呂を独占するのも、しばしばです。

旅館の水槽施設を借りて植えたワサビです。
谷の水を引き込んでいるので実験しました。



コメント

今日もソフトボールを見てきました。

2006年05月21日 20時06分48秒 | フォトブログ
今日はソフトボール全日本実業団の、二部リーグの試合を見てきました。
その中に娘の一つ先輩がいました。
今年二年目の選手ですが、
DP(解りやすく解説したら代打みたいな人)で出て逆転のヒットを撃ちました。
この前まで同じ高校でプレイしていた人ですが。
光輝いて見えました。
実業団の厳しさの中で頑張ってくださいね。
帰りに手を振ってくれて有難う。

コメント

四万十川の思い出。

2006年05月17日 22時09分35秒 | フォトブログ
小さいときに越してきて、長年、現在住んでいる瀬戸内海に面した地域で暮らしています。
親の都合で小学生の時の夏休みには、おばあさんの里である、四万十川中流のある村で過ごしていました。
生まれはその支流沿いですが。
今から約四十年前の四万十川はいまでは想像が出来ないくらい清流でした。
透明度は素晴しかったです。
四万十川は流域の標高差が少なく、流域に人が多く住んでいて、生活排水の影響をまともに受ける河川です。
私のHPに書いていますが、ある小さな河川の漁協の役員になっていますが、流域は短い上に生活排水が多い川です。
釣りをしていてわかることは、何が何でも、ダムを造った時点で、確実に河は死にます。
水を止めたら水は死んでいます。
何とかしたくても個人は個人です。
透明な(水質的にも)川になったらいいのに・・・・・。
コメント (2)   トラックバック (1)

やっと頑張った人生のなかでの、一つの結果。

2006年05月15日 00時58分08秒 | フォトブログ
社会人になってすぐの試合の結果は全国大会出場!!
でも、あなたは高校時代はベンチの枠の外に二人立っていたね。
声援だけは一番だった。

頑張っても、頑張らなくてもお父さんは良かった。
頑張るのは、お父さんじゃないものね。
「あなたですよ。」と言いたかった。

今日、勝ったのはみんなの力です。
勝ったのは結果。最終回の逆転の勝利。

あと少しで負けたチームの悔しさ解りますか?
何年もやってきて、わかっている人同士の試合。
少しずつ貴女も大人に近づいてください。

ベンチの中に入れなくても、レギュラーにならなかっても、
3年間頑張った貴女が好きです。
頑張らなくても貴女が好きです。

はずかしいけど、試合が終わってお茶が飲めないくらい
震えていました。
コメント

2回目の鮎の放流と年1回のアマゴの放流

2006年05月13日 22時42分04秒 | フォトブログ
やっとブログに書き込めました。
小さな川の漁協の最大行事である、鮎とアマゴの放流を5/8に行いました。
そのうちにHPを立ち上げる予定です。
ついつい理事会で「私が作ります。」と言ってしまいました。
責任が重いです。(反省しています。)
ちなみに、画像は私ではありません。
コメント

残念ながら・・・・

2006年05月07日 21時33分41秒 | フォトブログ
家が留守になるので、子猫を遠征に連れて行ってのが悪かったのでしょう。
ストレスだと思いますが、二匹とも天国に行きました。
子供と交代で子猫のミルクをやっていましたが、
親猫の代わりは出来ませんでした。
子供と一緒に涙ながらにお墓を造ってきました。
子供の意見で、毎年花が咲くように三色スミレの株を横に植えました。
悲しい1日でもありました。
一生忘れられないことの1ページです。


コメント (2)

どうなっているの??

2006年05月02日 11時34分20秒 | フォトブログ
昨日家で事件がありました。
「壁の中から物音がする」と子供が言って来ました。
こわごわ壁の板を剥がすとなんと、
生まれてすぐの子猫が出てきました。
目も開いていません。
さっぱり分かりません。

でも原因は、家が古く、屋根が重なった部分のどこかに隙間があり、
天井裏で子供を生んだのではないかと。
天井と壁の隙間から落ちたのでは。
親は全然気配なしです。
どうなることやら・・・・・。

コメント

追加

2006年05月01日 09時51分27秒 | フォトブログ
高さ12mのフジ。
藤棚から伸びてフェンスに登ったフジです。
隣に民家があり、西日が当たらないようです。
コメント