FA コケた   OTZ

 
何かおかしいとは思っていた・・・。

内容を見てそう感じずにはいられません。

2011年8月3日付で八月のHPで以下の告知がありました。

URL http://august-soft.com/fa_apology.html

以下抜粋

PS3用ソフト『フォーチュンアテリアル-赤い約束-』
PSP用ソフト『FORTUNE ARTERIAL 伊織の野望』
開発中止のお知らせ

以前より開発中とお知らせしておりましたPS3用ソフト『フォーチュンアテリアル-赤い約束-』ならびにPSP用ソフト『伊織の野望』の2タイトルにつきまして、発売元の角川書店様と検討を重ねました結果、この度、諸事情により開発を中止することとなりました。続報をお待ち頂いていた皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご容赦下さいますよう、お願い申し上げます。

多くの方にご期待をお寄せ頂いた「FORTUNE ARTERIAL」のコンシューマソフト展開が実現に至らなかったこと、深くお詫び申し上げます。

開発スタッフ一同、少しでも早く新作を発表できるよう、努力して参ります。

今後とも、オーガストをどうぞよろしくお願い致します。

2011年8月3日 オーガスト/ARIA スタッフ一同

抜粋終わり


『FORTUNE ARTERIAL』のCS化が失敗に終わりました。
(伊織の野望はPSPだったのでノーマーク)
昨年のアニメ放映から半年以上も経過したにも関わらず、一向に発売のメドが経たずにこの有様。
アニメでネタバレの伏線を潜ませておいてゲーム発売でFAのメディア展開を成功させるつもりが、ゲーム開発が上手くいかずにジエンド。
本当にFAのCS化はもう無いのでしょうかね?
プレイヤーに納得行くものを作りたくての発売延期。
ヒロイン追加(観夜)でシナリオをリニューアルしようと意気込んていたが・・・。
それが叶わなかったのはおそらく八月と角川の間で譲れないものがあったのでしょう。
平行線が続いてやむなくって感じでしょうか。
と思いつつ、八月側の台所事情も絡んでいるのではとも思ってます。
八月のHPにスタッフ募集の事項に外注スタッフ募集も追加。
いわゆる人手不足の感が否めません。
FAのCS化決定と同時に穢翼のユースティアのリリースも重なり、次回作の構想も相まっていたりと、多忙過ぎてもうFAどころじゃなかったのでは??
過去作品のWin7対応も多忙の原因だったかまではわかりませんが。

ここの所、八月は不運が重なっていますね。
穢翼のユースティア発売直前に震災が起きてしまい、3月から4月へ発売延期。
(ネタがネタなので本当にタイミングが悪過ぎる)
そしてFAのCS化中止。
PS3ならではのグラフィックに期待していただけに残念です。

もし話が再び上がったら、PSPへの移植でいいんじゃないでしょうか?
とにかく観夜が幻のヒロインで終わったら不憫でしかたないです。
CSにこだわらなければ「よあけなMC」のように、観夜を追加した補完シナリオとしてPC版で発売してくれないですかね。
もちろんHシーンありで。(笑

アニメがかなり浮いてしまいました。
CS化展開がないとアニメ単独ではFAを理解しきれませんよ。
あくまでCS側のみの視点としてですが。

これを機に18禁ギャルゲのメディア展開のあり方を考え直した方がいいのかもしれません。
穢翼のユースティアに対しては無理にCS化しなくてもいいんじゃないかと思いますが、既にドラマCDのキャスティングがCS化へ片足突っ込んでますからね。
過度の期待を寄せずに八月作品を見守っていければなと。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« あーもうなん...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。