穢翼のユースティア プレイログ Vol.3


穢翼のユースティアのプレイログも3回目ですが、進みはまだまだ遅いです。
体験版はあえて未プレイにしているので、ゲーム構成はまったくわかりません。(笑
このままティアシナリオとして進んで行き、一旦クリアしたら他ヒロインシナリオが解放するのか?
選択肢が増えて他ヒロインシナリオが最初から攻略可能なのか?
焦らずに行きましょう。
(なんて呑気な)


今更ですが、発売が延期された理由というのは、シナリオの内容が現状にマッチングした部分があった為に配慮した結果なのでしょう。
これはゲームやった人なら、やっぱりこれが影響したのかと感じてしまう舞台設定なだけに・・・。


≪概要≫

さて、ティアがカイムに助けられ、彼の元に置かれることになったのですが・・・。
無論、カイムはティアに情が湧いた訳でもありません。
ティアにあの時の出来事(馬車が襲われた時の状況と大崩落の時に見た光と同じ光をティアが発したことについて)を思い出して貰う為。
内容を聞き出してしまえば彼女は用済み同然。
しかしティアは用済みにされたら自分の身はお終いだと、忘れたふりを貫き通します。
カイムはティアが思い出すまで優しく接し(ご機嫌取り)、ティアは警戒心を保ちつつカイムという人物を探る。
そんな探り合いをして行く内、2人は時折見せる人物像に触れることとなり、気づくと本来の目的から逸脱さえしてしまう。



≪カイムとティア、その他の人物の動き≫


①カイムがティアを食事に誘い、メルトの店へ行く
 
②前職は召使をしていたティアは食材に詳しく、カイムはティアを市場へ連れて行く

③途中、天候悪化で雨宿りをするが羽狩りと鉢合わせ

④カイム、ティアの見張りを忘れて眠ってしまうがティアは逃げず

⑤エリス、ティアが朝食を作ったことに怒る

⑥カイム、ティアを雑貨屋に連れて行く

⑦カイム、ジークに呼ばれ、羽狩り隊が人員を増やすから警戒しろと忠告

⑧メルトの店が羽狩り隊の詰所にさせられる

⑨ティアをかくまうべくカイム達はある作戦を決行



≪ビジュアルとコメント≫


ティアが目覚めてカイムは食事に連れて行く。
召使いをしていたが、これまで貧相な食事しかさせられなかった。
ということでヴィノレタにあるメニューはどれもごちそうに見える。
そこで発揮されたティアの職業病。
一歩間違えたら『女将を呼べ』になるところでした。(謎



市場めぐりをしていた所に突然の雨。
雨宿りをしていた2人に2人の羽狩り隊が雨宿りをしに近づいて来た。
この大雨なら排除しても問題ない・・・。
と思ったらティアが闘うなと制止して来る。
仕方ないとカイムがとった行動はなんと!?




その場をやり過ごす為、カイムはティアの唇を(無理やり)塞ぐ!
唇だけにとどまらずその手はティアの胸に・・・。
そして結果は『特に大きくない』と。
そりゃエリスやメルトがあれでは。(笑
これもティアが召使い時代に貧相な食事しかさせて貰えなかった結果なのかも。
かえって「特に大きくない」ほうがティアらしくていいのでは。



初めて・・・だったんです・・・。
この牢獄ではとても似つかわしくない発言。
しかしこの台詞は破壊力が高い。(笑
要はイチャイチャしていれば場が悪い訳で、さすがの羽狩りも追っ払える。



こともあろうか、カイムはティアの見張りを忘れて眠ってしまった。
牢獄には似つかわしくない少女の無垢さに警戒心が薄れてしまったのか。
ティアが逃げ出してしまうと焦るカイムだが、ティアは逃げることなく、しかも朝食を作っていた。
カイムとテーブルを共にする。
誰かと一緒に食事をすることが憧れだったティアは当然で嬉しかった。
しかし!



エリス現る!
予想通りカイムの食事を作るのは自分と、本妻?の雷が落ちるが、料理の腕がエリスより上である事実をカイムは曲げない。
料理はティア、掃除洗濯はエリスの仕事となったが・・・。
通い妻的存在のエリスは当然面白くない。



ティアが目覚めてから時間が経過したこともあり、カイムはあの惨劇を思い出したかティアに訊く。
が、返事は相変わらず。
話すと用済みになるのを恐れてティアは思い出したことを隠していると見抜くが、カイムは確証が得られるまで粘ることにする。
ティアはカイムが自分の記憶を探る為だけに付いているだけであることに気付いていた。
2人の探り合いはしばらく続く。



市場の陰で半ば当たり前に行われる子供の人身売買。
牢獄社会の現実に恐怖を抱くティアだが、夕方にカイムから安価だが首飾りを買って貰ったことで嬉しさを抱く。
カイムが贈り物とは珍しいとエリス。
(ほぼ確実に嫉妬してる)
ところで、ティアの口癖の一つであろう「ひどいです」
ティアが冗談を真に受けてしまう天然だけにカイムもからかい甲斐があるらしい。
好きな女子をついからかってしまう男子の図とそんなに変わりません。
しかしそんなカイムも何かとティアに振り回されていた。



ジークに呼ばれているカイムはティアを家に送る途中、リリウムの3娼と会う。
これから出張サービスに行くのだとか。
もしティアが羽化病に罹らずにリリウムに来ていたら、4人で出張していたのかもしれない。
もちろんクローディア達と同じシースルー姿で。
帰り道、ティアはなぜ自分を置いてくれるのか問う。
カイムの答えは「嫌いじゃないからかも」と建前でしか答えるしかなかった。
これもティアから重要な手がかりを聞くため。



ジークに会う為、一人家に置いてきたティアがだんだん心配になるカイム。
ご機嫌取りのはずがいつの間にか気になる対象になってしまっていた。
そんなカイムにティアは自分を置いておくことが信じられないと言われ、カイムはその証を示そうとした時、地震が起こる。
気付くとティアは“怯えた顔をした”カイムを抱きしめていた。
カイムにとって地震は大崩落(グラン・フォルテ)を思い起こさせるトラウマの根源。
その光景を夢で見たというティアに対しむき出しの感情を表す程、カイムにとって大崩落は恐怖の対象の一つ。
ティアに弱みを見せた瞬間、ティアは笑いもせずにカイムを優しく包み込む。
カイムがティアに引き込まれて行く証でもあります。



ヴィノレタの日常。
ティアもその雰囲気に多少は馴れたらしい。
そこにリサがエリスに助けてほしいと現れる。
聞くと、娼婦の中には叩かれて悦びを覚える者もおり、早速叩かれて鼻が折れて血を流したという。
牢獄ではエリスのような女医は娼婦たちにとって貴重な存在。
一見適当に見えるエリスの返答。
場数を踏んだエリスなりの要領の良い対応でもある。
変態・・・。
エリスもその世界に興味は無いらしいが、幾分詳しそうである。



ヴィノレタのまったり空気を引き裂いた防疫局=羽狩り隊隊長、フィオネ・シルヴァリア。
彼女は近くで大規模な作戦が行われるから、この店を詰所にさせて欲しいと告げる。
不蝕金鎖にとって羽狩りとまともにやりあうのは損なだけ。
断っても仕方ないとメルトは渋々承知する。
ジークから忠告されていた羽狩り増員の情報を聞いた矢先の出来事。
場合によってはティアを見捨てても(羽狩りに連行されても)構わないとジークから告げられていた。



だからと言って、みすみすティアを羽狩り隊に渡したくない。
ティアは羽が見つからないよう緊張の連続。
そこでカイムはメルト、エリスの協力のもと、ティアを逃がす為に策を講じた。
隊員達に酒を飲ませ、エリスとメルトにちょっかいを出させるという、セクハラを誘う色仕掛け。
だらしない隊員にフィオネは当然怒る。
しかしそれが牢獄のありふれた風景であるとカイムはフィオネに説いた。
規律にお堅い女隊長をカイムは手玉に取る。
この街の女は男を堕落させる、だから女は2階にでも閉じ込めておけ!
何もしていないティアも当然女であるので、2階へ閉じ込める対象となり、みごとにティアは羽狩り隊の目の行かない場所へ逃げることに成功した。
隊員達が飲んでいた酒に入れたのは催淫薬。
通常は娼館で始める前に使うものだが・・・。
もしフィオネも飲んでいたらと思うと、激しいHシーンを妄想せずにはいられない。



日没とともに防疫局の取り締まり=羽狩りが始まる。
同じ羽つきがどうなるかこの目でしかと見届けたい。
ティアは自分の羽が見つかるリスクを晒してでも現場を見ようとした。
突入捜査の対象は羽つきを娼婦として酷使している娼館。
抵抗する娼館の店主の腕を切り落とす、フィオネの剣さばきが映えた。
斬られた腕を拾っては、失った自分の腕だと喜ぶ、精神に異常を来した羽つきの娼婦の姿。
保護される姿はあまりにも悲惨な風景だった。
これが自分が迎える姿かもしれない。
ティアは声も出ず震えるばかり。
しかしそれは同時にティアの心境を変えるきっかけにもなった。



あの夜に起きた惨劇について切り出す決心がついたティア。
話せば用済みになる可能性が高いにも関わらず。
カイムやエリス達は悪い人じゃないと信じたティアの行く末は?



悪酔いした隊員にセクハラれるエリスとメルト。
メルトはクローディアさえも凌ぐ売上記録を持つタイトルホルダー。
仕草の一つ一つに艶めかしさが漂う。
エリスはその豊かな胸の谷間が刺激的。
本当はカイムだけにしてあげたいはずなのに??
本妻は旦那の為なら本気で脱ぎます?(笑




フィオネのふと見せる柔らかい表情が可愛い。
自分の魅力さを気づけないのは残念!
堅気な女剣士程、しおらしくなった時はとても女らしくなって刺激的な姿を見せてくれるもの。




今回は箇条書きっぽくなったりと、まだ不安定な構成。
そうこうしている内に時間が経ったりと・・・。
しかしながら、ヒロイン達の立絵には鼻を伸ばさずいられない状態です。(笑



『穢翼のユースティア』は2011年4月28日発売予定です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 穢翼のユース... 穢翼のユース... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。