(旧)yoyo的日記

台湾での生活について、シェルターから受け入れた黒猫姉妹について、台湾で暮らして10年のyoyoが書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

台湾人と日本人の結婚の手続き(下)

2012-02-24 | 台湾事情
なんだか思いのほか長引いてしまいましたが、やっと最終回です
今日はあっさり終わる予定です

台湾側での手続きがすべて終われば後は簡単
日本の市役所に行って届けを出しましょう。
このときに必要だったもの(ちなみに私の地元の市役所の「外国人と婚姻するときに必要な書類」という項目ではこんなふうに書いてありましたよ。届け出を出す前に一応提出先の市役所のサイトをチェックした方が良さそうです):

日本の婚姻届
私の戸籍謄本(提出する市役所がもともとの戸籍のある所じゃない場合)
私の身分証明
印鑑
台湾でもらった「結婚証明書」
台湾の戸口名簿(日本人配偶者の名前が記入されているもの)
台湾人配偶者のパスポート(コピーも持って行く)

ちなみに台湾の結婚証明書ってこんなのです

ここで大事なのは台湾側の公文書(結婚証明書と戸口名簿)は日本語の訳文が必要なこと。
日本の役所の場合は、訳文に「翻訳者の名前、住所、捺印」が必要になります。台湾よりもしっかりチェックされるので自信がない人は誰かに頼んだ方が良いかも、です。

外国人との婚姻を日本の市役所に届けると、性別に関わらず日本人配偶者を筆頭者とした新たな戸籍が作成されます。そして、日本の戸籍法では外国人は戸籍の本欄には記されないため、私のダーリンの名前は私の欄に「夫」として記されるだけになります
そして、外国人と結婚した場合、自動的に夫婦別姓になるので、私は別に台湾人の名字になる必要ないんですよー名前を変えたくなかったのでうれしかった

日本の方はずいぶんあっさりと終わりましたが、こういう一連の手続きに対して思ったのは、「コピー一部を提出」とか書いてなくてもとりあえずコピーできるものは全部しといたほうがよい、ということと、どこへ行くにもパスポートを持って行った方が良い、ということでした。
これから結婚される人の手助けになると良いです~
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 台湾人と日本人の結婚の手続... | トップ | 手作りご飯と猫の歯磨き♪ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

台湾事情」カテゴリの最新記事