本日開花なり

  ~こんな花が咲いたよ

6月上旬、バラの季節に咲くペンステモン・ジギタリス

2019-06-15 | 宿根草ハ行
バラの一番花で華やぐ頃、ペンステモン・ジギタリスもそれに賑わいを添えてくれる植物のひとつです。


華奢な姿で花付きがいまひとつなのは、バックに植えられていた株立のヤマボウシの影になって日当たりが悪かったせいだと思います。
我が家のシンボルツリーとも言うべきヤマボウシを先月伐採したことで、この辺りの日当たり事情が様変わりしたので現存の植物にどのように影響してくるのか注視しているところですが、このペンステモンの花付きも果たして良くなっていくでしょうか。


当初ペンステモン・ジギタリス・ハスカーレッドの苗を2株購入してこの場所に植えていましたが、ハスカーレッドとは違うなんの変哲もない緑の茎や葉色のものが混ざっていることに気付き、2005年に銅葉の苗を選別して別の場所に植えています。



それが、こちら。




葉と茎の色が明らかに違っています。




5月上旬の葉色


花期はあまり長くないと思っていたのですが、写真は5日と6日に撮ったもので、小雨強風の中今日現在もまだ見どころがあるのでそんなに短いというわけでもないでしょう~



タネをつけた立ち姿も観賞価値があるそうですが、我が家では花後バッサリと切り戻してしまいます。
地際の葉は冬でも枯れずグランドカバーの役目も担ってくれておすすめな植物です。


この記事についてブログを書く
« 6月上旬、バラの季節に咲く黄... | トップ | 6月上旬、バラの季節に咲くカ... »
最近の画像もっと見る

宿根草ハ行」カテゴリの最新記事