yoyo独り言

日常の思いつくままを、
心の整理場所として・・

箱根・蓼科 つれづれ -3- お昼は・・

2010年10月31日 | 旅日記
雨の中での出発、
ずっとご同行かしら?

東京・名古屋組
網元 おおば
で集合!
雨なんて関係ない?
再会の喜びの方が・・・

美味しいお昼になりました。
ワカサギがてんこ盛り 揚げたてでホクホク!!!


ワカサギ定食箱根バラセットです。ワカサギの天婦羅と南蛮漬け、甘露煮
全部で何匹?
お腹一杯になりました。






やまゆりセット、
天婦羅とフライ、甘露煮
こちらもお皿いっぱい!





ごちそうさま!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

箱根・蓼科 つれづれ -2- ただいま!

2010年10月30日 | 旅日記
ただいま!
19:00頃帰宅しました。
秋雨前線と台風の
歓迎を受けて
ハプニング続きでしたが
終わってみれば
全て良し!
いつものメンバーで
楽しい3日間でした。
写真を整理して
少しづつアップしていきます。
お楽しみに!
3日間、お世話になった
S-夫妻のブリウスです。本当にありがとうございました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

箱根・蓼科 つれづれ-1- 準備完了!

2010年10月27日 | 旅日記
着替えを詰めて・・準備完了!
お天気が気になる・・・
成川美術館で 
富士山とお会いする予定ですが
う~~ん ご機嫌は・・・?

紅葉見物なのですが・・・
霧氷になるかしら・・

少々寒くても
雨が降っても
3カップル揃ったら楽しい!
おしゃべりして
お風呂に入って
美味しい食事に ちょこっと? アルコール
2泊三日 楽しい旅日記が報告出来ますように!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

独り言

2010年10月25日 | 日記
くもり空の一日でした。
木・金・土 はどうかしら?
晴れますように
朝一で市役所に行き
Mさんの入院の報告。
病院からはまだ連絡が届いておらず
担当職員と今後の事を相談、
ホーム出勤、
バタバタとした一日でした。
なんかいつも追われているような・・・・


咳がなかなか治らない。空咳ですが・・咳き込みが始まると・・辛いです。
特に寝込んだ後、咳き込みで目が覚める・・・
右に左に寝返りしながら・・・咳き込みが続く・・・

訪問介護で 四肢麻痺の利用者さんが 風邪の後遺症で 咳き込みが残ると
どんなに辛いか・・・話されていた事を思い出します。
寝返りが出来ない! 唾が飛んでも拭く事も、痰が出せない、力が出ない!
頭部だけの自由、人間として生きていきたい と在宅で生活されています。
ご家族もそれぞれの仕事、生活があるから・・・
重度障害枠をフルに活用して・・・介護プランが出来ていますが
全くの一人で過ごす時間もあります。24時間傍らで付き添われていたら
それはそれでしんどいかなぁ・・  とも思いますが・・・

新年度(2011年) から 中部 (名古屋) のチャレンジ例会、デビ中心ですが
大きく変わります。C3・C4 メンバーの中で変化が有るかもしれません。

する事なす事 自信が無い!
(短期記憶の衰えを実感している yoyoとしては・・)
仕事もS/Dもこの先続ける事が出来るか・・・
かなり心配な部分が有ります。

などなど愚痴めいていましたら、
そろそろ就寝タイム、  


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

真剣にお仕事・・・です。

2010年10月24日 | 仕事の話

中日ドラゴンズ公式サイト


気分良く寝たんだけど・・・
暗闇で・・ が鳴る・・
・・・??? 
《もう起きる時間??》
半分寝ぼけながら 《もしもし・・・》
1階フロアーの施設長の優しい声・・
「今 ◎◎病院、Mさんが高熱で 緊急搬送になったの・・
・・・・・・・」
説明を受けているうちに目が覚めていく・・。
この所体調悪く何度か熱発
提携医院にも通院していたのですが
夜間高熱になり ホーム近くのスタッフと施設長の付き添いで
救急搬送となったようです。
家族(弟さん)も車で 2~3時間かかる所にお住まい。
連絡してもすぐ来れるわけではないし
搬送病院の場所も解らない・・。
で、
yoyo の出番?
弟さんとホームで待ち合わせ
病院に行きました。
申し送りを受けて、お二人と交代・・
入院手続き・担当医師の説明・・等
聴いているうちに 夜が明けていきました。
弟さんは
〈今、自分の家の問題で手がいっぱい、
姉とはあまりかかわりたくない・・・〉
娘さんがいられるのですが 連絡とれない状態。
少し遠方、何度電話しても通じない、留守電に入れても返事が無い。
切ない気持になります。

要介護4 看取りをしていないGHでの対応・支援は
かなり難しいものになっています。
22日に 市担当者と相談希望をしたのですが・・・
研修出張との事で
25日に行こう(市役所)と 思っています。
入院されれば 介護保険から離れるわけで・・
直接の支援は出来ないけど・・・
何か良い方向が見つかれば・・・と


今日は日曜日でしたが
仕事日、
(月に1回位週末仕事日にしています。)
週末しか来れない家族との面会もあるし
(情報公開) の資料も纏めたいし・・
更新研修の事例発表の纏めも・・・

来年1月までは忙しい仕事日が続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

間もなく終了・・・

2010年10月23日 | S/D
   

いつから始まったのだろう・・
今日で 第29回 となっているから
およそ3年かけて ワークが終わる。
来年4月には
修了Party
あともう少し、
根気にコールしてくださったコーラさん
一緒に踊ってくださった皆様
ありがとうございます。
何度講習を受けても
忘れていく事の方が多い。
しんどいなと思う事もあるけど
楽しさの方が優っているうちは
続けていきたいと思っています。
地元のチャレンジダンサーも増え、
若手?にも広がっていきそうな・・・
S/D ダンス・ダンス と忙しい週末が続いています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お鍋の季節

2010年10月22日 | 日記
秋深く鍋料理の美味しい季節になりました。
我が家は真夏でも汗をかきながら鍋料理ですけどね。
豆腐・葱・白菜・かまぼこ・春雨 さえあれば 後は冷蔵庫に眠っている野菜を足して、主役は? 河豚(たま~~にね)・牡蠣・たら・蟹・海老・・・・ぶり・鯛はちょっと脂っこいけど・・ ベースは味噌・白醤油・ポン酢・麺つゆ・・・ きっと家々の味付けが有るのでしょうね。ちゃんこ・キムチ・牛乳・・等もあるようですが。得意味は何でしょう。材料を切って並べておけば、後は鍋奉行に全てお任せ、私食べる人になります。手抜き主婦としては嬉しい事です。かなり年期の入ったテーブルコンロですが まだまだ活躍してもらいましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の秋を愛でる・・・

2010年10月21日 | 日記
隊長から 恒例 秋ツァー の案内が届きました。
学生時代の F/D仲間   の 3カップルで 数年前から 一緒に旅行しています。
いろいろな共通点 (高校同級生・S/D仲間等) がありますが 子育ても一段落?健康に 夫婦仲良く?過ごしている事を感謝して、これからも続けていけたらと思っています。 宜しくお願いします。
今年は "北京旅行" を楽しみにしていたのですが、まぁいろいろありまして、残念ながらキャンセル、すばやく隊長が計画変更 秋を愛でる旅に出かける事になりました。
2泊3日ですが 内容は盛り沢山、興味深々のドライブになりそうです。
 
28日【秋の箱根を楽しむ】
12:00 箱根集合 綱本おおば昼食 成川美術館 大涌谷 箱根神社 湿生花園 千石原のススキ  箱根シンフォニーヒル 泊

29日 【富士山と五湖を愛でる】
8:00 出発 山中湖 忍野八海 ほうとう不動 (昼食) 富士五湖巡り (河口湖・西湖・本栖湖・精進湖) 尖石縄文考古館 蓼科スターフォーレスト 泊

30日【パワースポットを巡る】
8:30 出発 分坑峠 高遠城址 (紅葉観賞) そば屋 (昼食) 諏訪大社 上社 拝観 諏訪大社 下社 拝観 現地解散 

旅コンダクターになれそうな企画でしょう。
体調を整えて (咳・花粉症なのですが・・)楽しみたいと思っています。 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

研修いろいろ~~

2010年10月20日 | 仕事の話

夕方(17:15~)
社協の研修、
年4~5回?
3日間、本部・支部に別れて開催されます。
今回は 『認知症・緊急時の対応』
介護として出来る事・出来ない事・してはいけない事 等
介護記録の書き方
短い時間に 伝える事が多く、説明する方も
聴きとる方も大変です。
月末、実績の提出時の会議も増えました。

ホームの研修もいろいろ・・
新入職員の研修・現任研修
地域との会議・地区包括での研修
市、県主催の研修いろいろ・管理者研修
防火管理者研修・・etc.

確かに必要なのでしょうけど・・
スキルアップというけど・・
慢性的にスタッフ不足の小規模施設では
主催するのも・参加するのも
なかなか大変なのです。
研修後の 報告書作成も・・・

とりあえずやっておく・・?
本当に身についているのかなぁ・・・?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

セネガル便り-225-

2010年10月19日 | セネガル便り
・・・のはずだったのですが、
その後、わずか3カ月程で私はセネガルのDakarに再び戻ってきたのである。まだ走れないが小走り程度、見た目は普通の人までに。その戻る前には やはり私の事を思うが故に中傷的な言葉であったり、と 賛成する人は殆どいなかったです。私としては 「私と貴方は友達だ、が 貴方と同じようにアフリカのセネガルにも友達が居るんだ。だから行く」 のような事を言ったと思う。が、本当は僅かの期間で病気で帰国の事実にだからと言ってあの日誓った決意が崩れてしまう自分が許せない。まだ五体満足じゃないか そんな事で心が折れるもんか という思いでした。そしてダカールの友人 (ドアが開いて私が気を失った宅) と夕食を共にする事になった。確か焼き肉であった。私のガツガツと肉を食べている姿をじ~~~と見て、友人曰く 「エンドーさん、半年前に緊急輸送で運ばれ、現代の医学ではもう無理と言われた同じ人なの。本当に不思議」 だそうです。私も奇跡に近いものを感じます。として後遺症として 今でも寒暖の差が大きい時、悪天候、特に季節の変わり目等に内蔵部全体が重苦しく (例:腰痛のようなズ~~ンとした痛み) 歩けなくなる程です。 (1日経つと回復する) これは私がそれと付き合って生きて行くものだと思っています。日本滞在中 (リハビリ訓練中) 多くの友人、知人に助けられ、協力を得て、感謝すると共に私の中で本当の友人とはこういう人達の事を言うのだと良くわかりました。 又 村に帰り、 KEUR ABDOV NDOYE (クール アブー ンドイ) 村の人達が 「あっ エンドーだ。本当に エンドー だ」 それでも信じきれず私の身体に触れて来るのである。村の人達の手が私の身体に・・・。 その時私は 「ここから ここからがスタートだ」 と自分に言い聞かせていました。
以上体験談 その①でした。  だいぶ省略しましたが 疑問・質問等ありましたらセネガル便り まで。
                 2010年9月17日  エンドー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加