yoyo独り言

日常の思いつくままを、
心の整理場所として・・

西安ハイライト-20-

2009年11月30日 | 旅日記
連凧 (keepchさん提供)
西安城内に着く頃にはすっかり日が落ちて・・屋根から出ているのは 連凧です。あちこちの観光地で 凧揚げの実演をしながら 売っていました。20cm四方位の紙凧が重なっているのですが・・・風に乗せて空高くたなびかせるのはかなりの熟練した技量が必要なのでは・・お土産に買われた人も多かったのですが 実際あのように凧揚げ出来たでしょうか?



餃子宴
さぁ 今夜は西安名物の "餃子宴" です。古くからあるお店のようでしたが 名前忘れました。(覚える気がないのね)週末のせいか とても混んでいました。カラオケ?を 楽しんでいるグループもおり、店内はかなりごったかえしております。



今日の3品


前菜



真珠を模した小粒な餃子スープから始まり
次々に餃子が並びます。
テーブルにお店のガイドさんが付き
説明してくれますが
お商売も忙しい!
このお酒も 勿論売り物です。
《纏めて買うと安い?から 皆さんで分けて!》
とにこやかに云われると・・
酔いも手伝って・・・
yoyoも1本持ち帰りましたが・・
家で飲んだら・・
美味しくない!
はっきり言って  まずい!
奇妙な味でした。
殆ど残っていますから
試飲したい方は ど~~ぞ


食べ終えた餃子蒸籠の積み重ねです。

おなかいっぱい!
いい気分で ホテルに戻ったら・・・
大変な事が待ち受けていました。
それは又次回に!
紙芝居の世界ね!
コメント (2)

セネガル便り-144-

2009年11月29日 | セネガル便り
やっと やっと 出来上がりました!
年内に届くように・・が 
年内に出さねば・・・
と なり・・・、
やっと 荷造りが出来ました。
早くから 文具・ピアニカ・笛・・・
送ってくださった皆様
本当にありがとうございます。
届くのは・・多分年明け・・ エンドーさんからお便りが届いたら お知らせします。まだしばらく続けていきたいと思いますので、もし小学校等で使える文具・学用品 ありましたら(中途使いでも構いません)yoyoまでお知らせください

ありがとう!
コメント

西安ハイライト-19-

2009年11月28日 | 旅日記
華清池
秦代から続く温泉地で、唐代中期の玄宗皇帝と楊貴妃が愛の日々を送った場所としても有名です。白楽天の長編叙事詩「長恨歌」に詠まれています。(唐歌舞ショウの必須出し物です。)
華清池 に2人が使用した浴槽が出ています。
1936年の西安事件の(近代史)重要な場所です。
この宮殿を借景して毎夜 "歌舞ショウ" が開かれているようで、庭や池のあちこちから 野外ショーに使われる鉄骨の組み立てが出てきました。

楊貴妃を模した?白い像(ビーナスのような?)には ちょっとのけぞりました。
(兵馬俑1号館入口の大きな俑兵と女の子もちょっと引いたのですけど・・)
これがいいのかなぁ~~~

そろそろ夕暮れ、西安城内に帰り 今夜は "餃子宴" です。
コメント (2)

生き様

2009年11月27日 | 仕事の話

11月も慌ただしく過ぎていきます。
新ユニットも軌道に乗り、行事も次々と・・
雑用?も山積みになっています。
そんな中・・・
中旬に・・
10日余りの間に・・ 
お二人の利用者さんが
お亡くなりになりました。
御夫婦で入居された奥様、
教育界で功績のあった先生、
お二人とも穏やかな方でした。

ご主人の方は奥様の認識は無くなっているのですが
お嫁さんが是非 式に参列させたいと
お連れになりました。
(御親戚の反対もあったようですが・・)
終始神妙にされていて、最後のご焼香もされたとの事
お別れが出来て良かったと思います。

先生の方は夏前に入居され
とてもダンディなユーモアのある方でした。
病院での初回面接から関わっていましたので
思い入れもあります。
短い期間でしたが インパクトが強く
スタッフそれぞれに想い出を残して 逝かれました。
棺の中では 安らかなお顔で眠っていられました。
合掌 


その直後の "外部カンファレンス" が
地元葬祭社の葬祭セミナーでした。
女性の館長で、
各施設・病院へ講演をされているとの事です。
《臨終から納棺まで》 の題目でしたが
少人数(ケア会議の中で行う為)ですから
雑談形式になりました。
印象に残った事の覚書
 
デスエデュケーションとグリーフケァ。
"死" が遠い存在になり 
残された者が、死を受け入れる事が出来ぬままに
過ぎてゆく・・・
供養は残された者の心の受け入れ準備期間である。
死に顔にはその人の生き様が現れている・・
葬儀式の変容、葬儀に対する意識の変化
死を意識して生きていくことの大切さ。
死を表舞台に出して語りあう。
等など・・・

yoyoは どんな状況で
その時に遭遇するでしょうか?
出来れば・・
楽しかった思い出を積み重ねた顔で
静かに眠りにつきたいと願っています。
コメント (4)

西安ハイライト-18-

2009年11月26日 | 旅日記
仲間達
  

兵馬俑坑の各像は一体毎に表情豊かで個性があります。
兵馬俑坑大博物館 でご覧下さい。
で・・・
この仲間達も 表情豊か?? で 個性的??
昨年と変わり無し!  と思っているのですが・・
永遠の青春・・
不老不死の薬を求めての旅?です。
来年も宜しく!
コメント (2)

今日嬉しかった事-4-

2009年11月26日 | 仕事の話
秋、快晴のお天気でした。
今日は ホームの外出レク、紅葉ドライブです。
2ユニット合同で
レンタカー3台(うち2台は車椅子対応)
利用者も倍近くになり
計画・下見段階から大変でした。
でもみんな一緒に出かけたいよね・・
という事で
何度も打ち合わせを重ね
今日になったのです。
利用者さん全員参加
事故も怪我も体調急変も無く
楽しい一日を過ごすことが出来ました。
スタッフ・ボランチアの皆様
お疲れ様でした。
コメント

西安ハイライト-17-

2009年11月25日 | 旅日記
兵馬俑坑博物館
午後から待望の兵馬俑見物をしました。
1974年に陜西省西安市郊外で井戸を掘っていた農夫によって偶然発見され、以後の詳しい調査で 地下で眠る秦の始皇帝を守る大部隊だと判明、世界的な考古学上の発見となりました。
エジプトのファラオー達は 砂漠の地上にピラミッドを作って永遠の眠りに入りました。中国の始皇帝は地下で巨大部隊に守られて眠っています。
どちらも 現代では想像もつかない権力と財力が一点に集まり築き上げられてものだと思います。体育館のようなドームの1号館には 発掘された兵士や馬の像が並べられています。一体一体の精巧な作り、数の多さに圧倒されます。
兵馬俑坑博物館   興味のある方は是非こちらをご覧ください。
最初に 銅車馬(立車)を見学、復元された 4頭立ての青銅馬車 は見事です。

   
keepchさん 提供
コメント (6)

西安ハイライト-16-

2009年11月24日 | 旅日記
陜西料理
お昼は 郊外のレストランで "陜西料理" 
地元の野菜をいっぱい使った 郷土料理です。
"大学芋" もありました。
お食事はそれぞれ特色があって、美味しいのですが
その都度 お商売が始まり、
お酒やお土産物を試食・試飲しながら売り始めるのです。
ちょっとげんなり・・
そのやり取りを楽しむ事も出来ますが
毎食となると・・
屋台でいいから 
自由にたべたいなぁ~~~
と思う yoyoです。

今日の三品
野菜中心で あっさり胃に優しい内容でした。
肉食系には ちょっと物足らなかったかも・・

コメント

西安ハイライト-15-

2009年11月24日 | 旅日記
ザクロ
秦始皇帝兵馬俑へ行く途中 
お昼になりました。
この辺りはザクロの産地です。
道路沿いにザクロを山積みにして
売っている露店がいっぱいありました。大きなザクロと小ぶりな柿を売っています。左の写真はレストランで出されたザクロ、懐かしい味でした。
200元(20元?)とか???高すぎる!!露店で5元?5元でも地元では高いと思うよ。表面が白いのと赤いのがあります。柿は段ボール箱に並べられて売っています。やわらかそうな熟した柿です。


keepchさん提供



コメント (2)

今日嬉しかった事-3-

2009年11月22日 | 嬉しかった事
2005年11月22日からこのブログが始まりました。
6か月の命・・? と思っていましたが
こうして続いている事が
とても嬉しいです。
5年目に突入
楽しい事・嬉しい事
いっぱい見つけていきたいと思っています。
訪問してくださる皆さまにも 感謝!
少しずつ訪問者が増えています。
励みになります。
《読んでいるよ》
とお声をかけてくだされば
もっと嬉しく、頑張れそうな気がします。
コメント (6)