yoyo独り言

日常の思いつくままを、
心の整理場所として・・

エジプトハイライト-21- ホルス神殿観光

2019年01月14日 | エジプト・ナイル川クルーズ8日間 2018.12.17~24
エドフ港に到着、
午後2時に ロビーに集合、
エドフのホルス神殿の観光です。

馬車が並んでいます。2人ずつ乗って 出発です。
若い御者さんでかなりのスピードで走ります。
チップは現地ガイドさんがまとめて払うとのことで
要求されても無視して 払わないようにと何度もいわれました。
添乗員さんも払わぬようにと云われます。

早速、チップの要求が続きましたが、
「ガイドさんがすでに払っている、このツァーでは誰も払わない
ガイドさんに言って・・・」 と・・・
このような時は、それぞれでチップを渡したほうが良いような気がしますが・・
降りるときに お菓子の袋をチップ代わりに渡しました。



ホルス神殿の入場券です。
写真撮影はOK・・・



入り口では ホルス神(眉間を寄せた隼)が お出迎えです。
太陽の光が差し込むように、東向きに立てられています。左右対称です。
紀元前238~180年頃、ホルス神に捧げられた神殿で、2300年前の建物です。
エジプトでは 比較的新しい建物とか・・・・(歴史の規模が違う!!!)
砂に埋もれていたので 発見時の保存状態が良かったのですが・・・
キリスト教徒(コプト教)の占領 などで 
顔の部分は剥ぎ取られているのも多いです。
天井部分も煤の跡で黒ずんでいます。
彩色が残っているところもあります。







エジプトの神話、セトに殺されたオリウスの仇を討つために
息子のホルスと妹(妻?)イシスが戦う場面が 
次々と、レリーフで表されています。
セトはなぜか河馬です。
勇ましい立像のホルスと対照的に
河馬のセトが降参している様子は
なんとなく漫画的で・・・2300年前の作品? と思ってしまいました。
現地ガイドさんから 神話のお話を聞きました。
神の名前も多く出てきます。
知識があれば 面白いのでしょうね。



左上は、トゥクトゥク・・簡易タクシー?
日本でも「ミゼット」 というオート三輪が流行りましたね。
其の改造版かしら? カイロ市内でもよく見かけました。
郊外では 馬車や ロバ車が多いです。

帰船して、一休み・・・・
4時からデッキで ティタイムです。
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
« エジプトハイライト-20- 4日... | トップ | 成人式・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エジプト・ナイル川クルーズ8日間 2018.12.17~24」カテゴリの最新記事