yoyo独り言

日常の思いつくままを、
心の整理場所として・・

秋は・・?

2007年09月18日 | 日記
U-子様からの花便りです。
130 サルスベリ(猿滑、百日紅) また ヒャクジツコウ(百日紅) また ハヨウジュ(怕痒樹)
炎天をさらに暑いときには、サルスベリはみごとな花が咲きます。
「散れば咲き散れば咲して百日紅 千代女」こんな感じで、心がピシーとしますね。
さて、文字どおりつるつるしています。
つまり、猿が登ろうとしても、滑ってしまうということで「猿滑」なのです。
江戸時代頃に中国から渡来した樹木ですが、
自然に繁殖する種は多くはないのです。
実生、さし木、株分けによって繁殖するのですね。
「恋人と百日後に逢うことを約束した乙女が、約束の百日目の直前に他界し、
その死んだ日の後に裂いた」という中国の伝説です。
そして、元禄時代には「紅花が100日間咲く」と「花譜」が書いているのでした。
さて、この木の根元を掻くと、風も無いのに枝先の葉が揺れるので、
「コチョコチョの木」という愉快な別名がついているのです。
花言葉 愛敬 雄弁 あなたを信じる

我が家も改装前には、1本あり、ひと夏順繰りに咲いてくれました。夏の暑い盛りに ご苦労さん という感じです。日中はまだまだ30度を越える暑い日ざしですが、朝夕は随分涼しくなりました。秋が息を潜めて 出番を待っています。一気に舞台中央に躍り出てくるのかしら?
餅菜2次と春菊の種を蒔きました。暑いからすぐ発芽、成長していきそうです。お正月にタイミング良くは難しいです。
コメント (4)