【 悪事をアバク 】+『石がものいう時が来る』 + 人間の創造者とはいかに

人間の創造者はいて座、白色星団など。 宇宙の法則(強制はNG、富の平等配分)の徹底+悪事を暴くべし!  

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

 資本主義は終わりの局面 冷静な目で考える次の世界経済

2011年11月22日 | Weblog
【】 【】「 小沢一郎 × 田原総一朗 徹底討論 『日本をどうする!』動画」 
 http://sun.ap.teacup.com/souun/6033.html   さん より
【金子勝氏は「欧州危機の本質は、国家の財政危機ではなく金融危機だ」と言った。 】
【】「この6ページにわたる対談記事を読めば、日本人の誰もが分かる事…サンデー毎日11・27号」  検察・司法・検察審査会
サンデー毎日11月27日号で、鳥越俊太郎が聞き手となったインタビュー記事「独占90分スクープ対談」を読んだ。タイトルは、〈小沢一郎すべてを語る。〉
 小沢一郎すべてを語る。 TPP・消費税・政治とカネ・原発…。
 この6ページにわたる対談記事を読んで、芥川は、しみじみ思った。読者の方は御存じのように、去年7月16日に忽然と登場した芥川は、当初は目の前の政治の事については語ってはいなかったが、小沢一郎に対する報道のあまりの酷さから、政治にもリンクした。
 この6ページにわたる対談記事を読めば、日本人の誰もが分かる事…どういうことか?…今、ちゃんとした政治が出来るのは…特にアメリカ・中国に対して言うべき事が言えて…芥川が言及し続けているような事を当然の事として相手方に言える政治家は小沢一郎しかいないということは歴然とした事実である。

 この対談記事は、その事を如実に簡潔に鮮明に証明している。 流石は鳥越俊太郎と言うべきだろう。 つまりインタビュアーとしての力量と識見の賜物。
 立花隆や星浩達、本当にこの連中の罪は深すぎる。 あなた方は二度と言論界に登場してはいけない。 芥川はそう思う。 嘘だと思うものは、今すぐ近所の売店に走って、この11月27日号のサンデー毎日を買って、この6ページにわたる、鳥越俊太郎が聞き手として行った独占90分のスクープ対談を読めば黙って分かる事だ。 ・・・
何故か、そうすれば日本は変わるからだ。今はより一層強く、芥川はその事を確信しているからです。
 最後に。 ・・・
        ◇
 前章の小沢一郎の対談記事を特に読むべしは…
http://blog.goo.ne.jp/sunsetrubdown21_2010/e/1cfc8418105191b5aa4c4d3d699aeb11    2011-11-16 12:53:56
 前章の小沢一郎の対談記事を特に読むべしは世論調査なる者に於いて去年の段階で80%、この間でも50%超も居た「小沢一郎は悪い奴だ」YESと返答して来た人たちだろう。
何故ならば、貴方がたは国を滅ぼす事に加担して来たからだ。
その証明に、或いは、彼等、及び立花隆や星浩を筆頭にした者達に、貴方がたの罪が
どれほど深いかを指し示す為に、全文を御紹介したいのは山々なのですが、サンデー毎日については、芥川は、今はまだ定期購読者ではありませんし、どうやら、本日発売かも知れませんので、ほんのさわりを御紹介します。
…前略(前文大半略)
鳥越  小沢さんがもう一度、政権運営に携わる道はないのでしょうか。
小沢  僕自身は別にどうでもいい。問題は、民主党の場合はみんな基礎的な訓練をしな
いままポッと偉くなっていること。ベースがないので、何か問題に突き当たった時に「これはこうしよう、ああしよう」という判断ができなくなっているのではないか。仕方ない面もありますが、世界、世の中は待ってくれない。
…中略(中間部分大半略)
 僕が民主党の一員として見れば、やはり政治的な経験が非常に浅く、まだ実践を踏んでいませんからどうしても役人に頼るところがあるんです。 もう少し勉強し、勇気を持たないといけません。
…中略(中間部分大半略)
責任を持たないと、結局、役人の言う通りになっちゃいます。
…中略(中間部分大半略)
鳥越  では、小沢さんは新聞・テレビの報道をどのようにご覧になっていますか。
小沢  日本社会の悲劇ですね。 これが戦前、「一億玉砕」を唱えたこともあり、一度は国  を滅ぼした。 これから戦争が起きるということではありませんが、このままだと民主
主義の否定になります。 政治不信は民主主義の否定ですから 。一体どういう社会を
メディアは望んでいるのか、僕にはまったく分からない。 ただ悲劇だと思う以外にないですけれど。
…後略(後半部分大半略)
       ◇
 去年、世論調査で小沢一郎は悪い奴だ「YES」と答えた8割の人が読むべきである。
http://blog.goo.ne.jp/sunsetrubdown21_2010/e/9861bd4bf419ae7f862e740bfda75ded   2011-11-18 16:16:24
小沢一郎すべてを語る②…サンデー毎日11月27日号

鳥越  小沢さんがもう一度、政権運営に携わる道はないのでしょうか。
小沢 僕自身は別にどうでもいい。問題は、民主党の場合はみんな基礎的な訓練をしないままポッと偉くなっていること。ベースがないので、何か問題に突き当たった時に「これはこうしよう、ああしよう」という判断ができなくなっているのではないか。仕方ない面もありますが、世界、世の中は待ってくれない。
…中略。
鳥越  強制起訴による裁判が続いています。行動の自由を奪われているということはありますか。
小沢「そんな立場なのに何だ」と、また批判されますからね。あまり過激な言動をするわけにはいかないし、多少は制約されますね。(元私設秘書の石川知裕衆院議員ら3人に対する東京地裁の有罪判決は)びっくりしました。
鳥越  驚きました。全部「推認」でした。「多分そうだろう」と(笑)。
小沢  ハッ、ハッ。
…中略。
小沢  推認ね(笑)。 ただびっくり。 前代未聞の法廷じゃないでしょうか。(通常の裁判   は)裁判官が捜査機関の証拠資料を見て判断しますが、「多分そうなんだろう」という
ことで判決を出されちゃうとねえ……。
マスコミ報道は日本の悲劇だ
鳥越  マスコミからも批判が出ました。 ただ、その中でどうしても引っかかるのは(陸山会による上地購入の原資になった)4億円のカネの出所の説明が二転三転している
と思えることです。
胆沢ダム(岩手県奥州市)建設をめぐり、建設業者からの裏金が渡って原資の一部に
なった、それがはっきり言えないので説明が二転三転したーマスコミを含めて、いろいろな人が指摘しています。
僕らには真相が分からないのでお聞きしたい。 あの4億円の出所、原資は何ですか
小沢  僕のお金です。今のお話も全部、多分そうじゃないかという類いの話。 マスコミ
も国会も忘れているのは、僕も後援会も秘書たちも、2年近くにわたって国家権力に
よって強制捜査されているということ。
僕の知らないことや忘れたことまで(東京地検特捜部は)全部分かっています。 捜査
機関が強制捜査したにもかかわらず、不当・違法な金銭の授受はないことが明らかに
なったんですから、個人が勝手に説明する以上に確かな説明じゃないだろうか。
あとはまったくのプライベートな話。 何も悪いことがないのにプライベートを全部、説明しなきやならないという理屈はおかしい。
鳥越  すると4億円の出所についても検察の事情聴取はあったと?
小沢  ぜ~んぶ(笑)検察は知っています。 預金通帳から何から、銀行の原簿まで持っ
ています。 強制捜査ですよ、鳥越さん。
鳥越  一部説明をしていましたが、お父さんからの遺産も……。
小沢  もちろんそれもあります。 親からの相続は(4億円の中では)大きかった。 僕自身
だって稼いでいます。 印税だけでも1億何千万円もありますし。
鳥越  あの本(『日本改造計画』)は売れましたから。 
小沢  本はそれだけじやないですから(笑)。
鳥越  そこに建設業者からの裏献金が紛れ込んでいることは?
小沢  絶対ありません。 第一義的には、後援会のお金と私有財産は絶対混同しないよう
にずっと心がけてきていますし、もし違法献金があるなら、これだけ調べたら必ず出て
くるでしょう。 検察は噂の類いから全部、全員を呼んで調べているんですから。
それでも出ないんですから。
ないものは出るはずがありません。カネがなくなっちゃうということだから、用立てした
ということ。
鳥越  そのお金の流れが、何となく不審を感じたところかもしれない。
小沢  「(土地を)買うと、事務所の運転資金、運営費がなくなっちゃう」と。 それでは、僕
の手持ちのカネを当面、用立てようと。
鳥越  それを抵当にして、また銀行からお金を借りている。
小沢  事務的な話です。(事務所に)まったく任せていますから。強制捜査した結果として
何もないにもかかわらず、どうして「違法なカネに違いない」ということが、マスコミを
はじめ無関係の人に分かるのでしょう。
…次章に続く。
       ◇
今年の段階でも「YES」と答えていた5割超の人は読むべきである。
http://blog.goo.ne.jp/sunsetrubdown21_2010/e/c0afa97b10f60f3a5c03ae85d4105c62?fm=rss   2011-11-18 16:16:39
小沢一郎すべてを語る③ …サンデー毎日11月27日号

鳥越  では、小沢さんは新聞・テレビの報道をどのようにご覧になっていますか。
小沢  日本社会の悲劇ですね。これが戦前、「一億玉砕」を唱えたこともあり、一度は国を
滅ぼした。これから戦争が起きるということではありませんが、このままだと民主主義
の否定になります。
   政治不信は民主主義の否定ですから。一体どういう社会をメディアは望んでいるのか、
僕にはまったく分からない。ただ悲劇だと思う以外にないですけれど。
鳥越  明るい材料はないですかねえ……。今日は小沢さんに明るい材料をいただかないと(笑)。
小沢  日本人が豊かな情緒と精神文化を持っているのはいいのですが、国際社会の中
で生きているのですから、「民主主義」をきちんと理解することが大切でしょう。
それから、もう少し理性的・論理的な発想で自立しなければダメですね。政治でも、みんなで何となく決めるでしょ? 誰が決めたのか分からないうちに決まってくる。
「日本の合議制」というのは、誰も責任を取らなくていいシステムなんです。うまくいっている時はそれでもいいが、問題が起きた時には「誰も決めない」ということになっちゃう。
だから、さらに激変が予測されるような時は、論議を尽くしたうえで、その立場にある人が最終的に自分の責任で決めるー「自立と共生」を僕はずっと主張しています。 自分で考え、自分で決断し、自分の責任でやる。その要素をもう少し身に着けないといけません。

鳥越  時間がかかりますね。小沢さんと僕とはそんなに年齢が変わらないけれど、われわれが生きている間は無理かも(笑)。
小沢  無理ですね。日本人の中身まで変わるのは無理ですが、頭の中だけでも……。
ただ、こう言うと笑う人がいるけど、僕も本質は情に棹さして流されるタイプの典型的
日本人なんですよ。
でも、政治家はそれではいけない、理性で考えて結論を出さないといけない、と常に言い聞かせています。 「冷たい人間だな」とは言われますが(笑)。
…中略。  …次章に続く。
       ◇
小沢一郎すべてを語る④ …サンデー毎日11月27日号
http://blog.goo.ne.jp/sunsetrubdown21_2010/e/cab0544afec85bbf2fccc1c843461db0   2011-11-18 16:17:04
鳥越  今、どうしても言いたいことは何でしょう。
小沢  やはり原発問題。 これを抱えていたのでは日本の未来はない。 どんなにカネが  かかっても衆知を集めて封じ込めないといけない。これが第一。
  それから役所中心の日本の仕組みを改める。 そのためには、みんなが民主主義を
正確に理解しないとね。
個人の自立と民主主義。これがないと、いくらテクニカルな話をしてもダメ。 日本に
民主主義が定着するかどうか、今が胸突き八丁、境目だ。
鳥越  「官から民へ」と言いますが、官僚は同じ場所で勉強して政策に通じ、優秀です。
民主党の若手議員は負けていますね。
小沢  官僚と闘うレベルを間違えているんです。 もっと高い次元の理念・見識で闘わ
ないといけない。細かいことは、専門家である官僚のほうが知っているに決まっています。「この理念に基づいて社会をつくりたい。 だから協力しろ」と筋道の通った議論がなされれば官僚は抵抗できません。
中国にもズケズケ言ってるよ

鳥越  では、具体的に聞きます。 沖縄県の普天間(飛行場移設)問題です。
小沢  僕は、いつでも米国とケリをつけられると思っています。あの沖縄のサンゴの海
を埋め立てるなんてバカげたことをする必要はない。
普天間(に駐留する米軍)の必要はないですよ。 前線から実戦部隊を引くのが米国の軍事戦略の基本。 欧州からも兵力を引いている。 米軍が引くと中国の軍事力にやら れるというのは一面の事実ですが、日本が「こういう役割を果たすから、この部分はいなくていい」と言えないことこそが問題ですね。
沖縄は日本の国土ですから日本が守るのは当たり前。 3K(きつい、汚い、危険)はやらずにカネさえ出していればという感覚だから、米国人にバカにされちやう。
鳥越  鳩山由紀夫元首相が突き当たった「抑止力」ですね。これについてはどう考え
ますか。
小沢  僕も必要だと思います。 米国のプレゼンス(存在)が極東アジアからまったくなくな るのは良くない。 よく「日米同盟」と言いますが、だったら、それなりの役割を日本も果た さないといけない。
 「日本の領土はちゃんと日本が守る、トータルな抑止力の一部は担う、緊急の時には米  軍が来てください」と。
鳥越  米軍はグアムなりハワイなりで……。
小沢  十分。 情報を探ったり警戒・監視したりすることは日本でできる。
  尖閣諸島も日本の領土で、一度も中国の領土になったことはない。 中国にも面と向か って言ってますよ。 「どの王朝の時に、お前らの領土になった?」「ここは琉球王国の
領土で琉球は日本と合併した」と。 「その問題は 讃�拭文戯嚢盪愼骸圈棒萓犬�惴綫い貿い擦茲Δ噺世辰拭戞廚噺世Δ�△△譴��0年も30年もたっているじゃないか(笑)。

鳥越  それは誰に?
小沢  唐家が国務院国務委員の時かな。中央対外連絡部(中連部)なんかともズケズケ  やってますよ。
鳥越  日本人は、米国にも中国にもモノが言える政治家がほしいんです。
小沢  僕は日中も日米も、政治家としても個人としても、友好促進のための草の根交流
などを何十年も一生懸命やっています。 彼らはそれを知っていますから、僕がズケズケ言ったって怒らない。
鳥越  モノを言わないことは国益を害しますね。
小沢  言うと責任が生じるから言わない。 官僚はともかく、政治家は言わなくちやいけ
ないんです。

鳥越  民主党内で、小沢さんが後を託すような政治家は出てきていますか。
小沢  基礎的な勉強をさせなければダメですね。 トップリーダーも、若ければ良いという  ものでもない。 実務的な実践を段階的に積んでいかないと、イザという時の判断が
できない。
30代、40代で良い人たちはいると思いますよ。 ただ、基礎的勉強をしなきゃね。すぐに偉くなることばかり考えていてはダメです。   構成/本誌・青木英一
コメント
01. 2011年11月19日 14:47:57: z5uQPVPWWg
>実務的な実践を段階的に積んでいかないと、イザという時の判断ができない。
含蓄に富む発言です。久しぶりに週刊誌を買おうと思います。
02. 2011年11月19日 15:50:57: RO2crCU3Nc
小沢一郎 メールマガジン
http://www.ozawa-ichiro.jp
== == == == == == == == ==
平素より、小沢一郎メールマガジンをご愛読くださり、誠にありがとうございます。
【 本日のトピックス 】
1)小沢一郎代議士のインターネット出演のお知らせ
_________________________________________________________________
【小沢一郎代議士 インターネット出演のお知らせ】
  ☆ 本日11月19日(20時30分~) 小沢一郎×田原総一朗 徹底生討論 ☆
  形式 小沢一郎×田原総一朗の熱い生討論
  テーマ 昨今、注目が集まっている政治資金規正法違反に関する裁判や、今後の日本の立て直しなど
http://sun.ap.teacup.com/souun/6026.html     さん より


【】 民意無視 野田佳彦民主党は次期総選挙で惨敗する
米・官・大資本支配から脱却を 弱肉強食か共生か 政界再編が必要 
植草 一秀
「99%」を餌食に延命図る 新帝国主義的暴力の末期的状況
白井 聡
 大企業優遇・格差拡大からカジノ金融資本主義へ
図解 新自由主義 生成から暴走への歩み  成澤 宗男
「餓鬼道」に墜ちた強欲資本主義の末路  本山 美彦
数字が見抜く理不尽ニッポン
第1回 今、億万長者が激増している! 武田 知弘
の各記事が掲載されている。
 この特集とは直接関係はないが、ジャーナリストの横田一氏によるレポート
「漁業、農業への影響大で被災地からは怒りの声
宮城県議選でも 民主はやっぱりボロ負け」 も収録されている。
 11月13日に投開票された宮城県議選(定数59)で民主党は、新人の当選ゼロ、津波の被害を受けた地区の現職2人が落選、議席を9議席から7議席に減少させた。
 安住淳財務大臣の地元である遠田選挙区では自民・民主が一騎打ちを演じ、民主党新人の大友新氏が自民党現職に敗北した。
 横田氏によると、TPP反対を打ち出した農家の中島源陽県議(自民党)が大崎選挙区でトップ当選するなど、TPP反対派が次々と当選したという。
 横田氏は次のように記述する。
 「野田首相がオバマ大統領にTPPの事前交渉参加を伝えた13日、被災地には、がれきの山や津波で骨組みだけになった建物が残っていた。8ヵ月以上も経ったのに、いまだ復旧が遅々として進まない光景を目の当たりにすると、今回のTPP事前協議への参加が時期尚早であることを改めて実感する。」
 さらに、次のように付け加える。
 「大ケガをしてリハビリ中の選手に、『いまからオリンピックに出て金メダルを取りましょう』というようなものだ」
 
 言い得て妙である。
民主主義の基本は主権者国民の意思の尊重である。
いまの野田佳彦氏体制に欠けている最大の欠陥は、主権者国民の意思の無視である。これを民主主義とは呼ばない。野田佳彦氏の独断で何を決めてもよいという制度は、民主政治ではなく、独裁政治である。
 横田氏の記事の中には、見落とすことのできない重要な事実も記載されている。
 自民党宮城県選出小野寺五典衆議院議員の言葉を引用しての説明だが、TPP参加表明に反対する国会決議の署名が232人集まり議院運営委員会に提出したが、民主党が議員運営委員会の委員を差し替えて国会決議の採決を行わなかったのである。
 この事実をこれまで記述してこなかったが、野田佳彦政権の運営は小泉純一郎政権と酷似する独裁政治なのである。 小泉純一郎氏も自民党の
部会で反対が多い現実に対応して、委員を差し替えて採決するとの手法を採用した。 民主主義の根幹を踏みにじる暴挙である。
 それでも、小泉政権がまだましであるのは、その後に総選挙で民意を確かめたからである。 このとき、民意は偏向したマスメディアの御用放送に惑わされて、民意自身が歪んでしまったが、それでも、総選挙で民意を確かめるというプロセスを踏んだことは、まがりなりにも民主主義を重視する姿勢を示したものと言える。

現在の民主党執行部に君臨する人々は、自分たちの実績ではない政権獲得の果実だけを食い漁り、政権樹立に汗をかいた民主党の元執行部および本来の民主党支持者である主権者国民をないがしろにする卑劣な人間どもである。
 民主党が政権を担っているのは、2009年8月総選挙の成果によるものだが、この選挙で民主党が大勝利を収めたのは、小沢-鳩山ラインの功績なのである。
 菅-仙谷-岡田-野田-前原-枝野-玄葉-渡部の悪徳8人衆は、政権交代実現に大きな貢献をしていない。 事実、菅-岡田-前原氏が代表を務めた時代、民主党は勢力を拡大できず、前原氏時代に至っては、民主党消滅の危機にさえ直面したのである。
 民主党が一気に党勢を拡大したのは、小沢一郎元代表が「国民の生活が第一」のスローガンを明確に掲げて以降である。
 
 主権者国民は、米国・官僚・大資本の利権複合体ではなく、主権者国民のための政治が実現されることを期待して、民主党を支持したのである。
 現在の民主党執行部は、2010年6月にクーデターを挙行して、民主党の実権を小沢-鳩山ラインから強奪した盗賊のようなものである。
政権主要ポストを強奪して我が世の春を謳歌しているが、このような
盗人猛々しい行動が通用するのは、次の総選挙までの束の間の時間に過ぎない。
・・・ http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-2a43.html  さん より
【『米側の発表は誤り』と日本から声明を出すべきです。  宗像氏本人か、上司か、大臣か。 誰かが責任を取らなければ、慎重派も収まらないと思います」】 
【】 TPPの黒幕 経産省女性官僚がやったコト
 国を売るのか!
<慎重派が呼んで吊るし上げ>
 マイクを握り、身ぶり手ぶりで説明する女性官僚。 彼女こそ、いま、TPPの黒幕と呼ばれる宗像直子・経済産業省通商機構部長(グローバル経済室室長)である。
 なぜ、彼女が黒幕と呼ばれるのか。
 日米で言った言わないでモメている野田発言、「日本は全ての物品サービスを(TPPの)貿易自由化交渉のテーブルに乗せる」というセリフ。 これは経済産業省が事前に用意したペーパーに書かれていて、これを作成したのが宗像なのである。http://gendai.net/articles/view/syakai/133810   さん より
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« シリア人は間違いなく変化を... | トップ | とにかく小沢一郎は邪魔なよ... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
各国政府は国民を弾圧する気満々 (Unknown)
2011-11-22 12:33:17
Egypt’s Secret Police Renames Itself “Homeland Security”
http://www.infowars.com/egypts-secret-police-renames-itself-homeland-security/

Big Six Pesticide Manufacturers to Face Human Rights Tribunal
http://www.infowars.com/big-six-pesticide-manufacturers-to-face-human-rights-tribunal/

If There Is a Run on the Banks, Know Who To Blame
http://www.infowars.com/if-there-is-a-run-on-the-banks-know-who-to-blame/

The government is getting prepared. What about you?
http://www.sovereignman.com/expat/government-prepared/

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事