葉酸、妊活研究

最近、雑誌などでよく特集を組まれている、葉酸と妊活について詳しく書いていこうと思います・・・

どの時期に妊活をスタートすべきか中には気にな

2017年12月31日 | 日記
どの時期に妊活をスタートすべきか中には気になっていらっしゃる女性もたくさんいるでしょう。


それに答えるとするならば、未婚の女性も既婚の女性も、いずれ妊娠をしたいと考えている女性であれば、だれでも、いつでも行うべきだと言えるのではないでしょうか。


妊活と言えば、すぐに妊娠するためのものだと考えがちですが、妊娠しやすい体を作っていくために行われる、様々な活動に使われる言葉です。


そういう訳で、いつ始めてもいいと言っても過言ではありません。


妊活においては、女性側にばかり注目されやすいですが、本来、夫婦であるならば妊活は女の人だけではなく、男の人も行うものです。


そういうことで、男性の妊活として日々の食生活の見直しについて説明していきます。


妊活をしている男性にお勧めの栄養素というと、挙げられるものとしては、亜鉛、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などといったものがあります。


こういった栄養素を多く含んでいるものを食生活に取り入れて、より妊活の成果を上げることを目指してください。


ビタミンの一種である葉酸は、胎児の発育のために妊娠初期から継続して、毎日欠かさず摂る必要があるくらい大事なものです。


どこの製薬会社や健康食品会社からも葉酸が摂れる製品を売り出していますが、肝心なことは、選ぶときに配合されている成分を全て確認することです。


身体が特にデリケートになっている妊娠初期には、不要な添加物や香料が入っていない体に害を及ぼさない製品にしましょう。


食生活の見直しや体を適度に動かすなど具体的な妊活を頑張っていると、だんだんと意欲がなくなってくるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。


そんな時には気晴らしのためにも有名な子宝神社を参拝してみてはどうでしょうか。


一度、神様に頼んでみることも結果として元気が出ることになるかもしれません。


妊娠初期の胎児にとって非常に重要と、一般に知られているのが葉酸です。


葉酸を食材から摂ろうとすると、その名の通り、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に多いのです。


加工食品としては、納豆が葉酸の供給源です。


葉酸を摂れる食材としては、海藻類、海苔などもあるので毎日の献立の中に入れていき、意識的に食べれば、所要量は自ずと満たされます。


また、葉酸を含む果物といえばイチゴで、おやつならイチゴが良いでしょう。

あなたは「妊活」にどういうイメージを持っています

2017年12月30日 | 日記
あなたは「妊活」にどういうイメージを持っていますか?これは、妊娠という大変重要な神秘に包まれた現象をコントロールするもので絶対にいい結果に至るとは限らないのです。


そういうわけで、断念してしまうこともあるのですがそれは大変残念なことだと感じます。


妊娠する確率はアップしているはずですから、そんなに深く考えずに、ゆっくりと続けてみましょう。


体温を上げる事や代謝の改善をはかることで妊娠しやすさが変わっていきます。


普段から「運動はしません」という妊活中の女性は、出来るだけ、身体を動かすよう意識しましょう。


激しい運動でなくてよいのでストレッチだったりヨガだったり、ゆっくりとした動きのものに効果があります。


昨今では、妊活に特化したヨガを行っているコースが設けられているスタジオもあり、注目されているようです。


先天性の神経管閉鎖障害などの神経系障害が、胎児に起こるリスクを軽減するためビタミンB群である葉酸の効果が認められています。


あらゆる妊婦の葉酸摂取を以前から厚生労働省が推奨しています。


葉酸の性質から考えても普通の食材を普通に調理しているならば胎児の発育に必要な量の葉酸を確保するのは、相当難しいでしょう。


サプリなどを補助的に使って、葉酸の所要量を確保できるくらい摂るように努めてください。


妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も多いと思います。


実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、加熱調理してしまうと、どれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。


一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が不十分かもしれませんので、気を付けてください。


少子化と同時に自分の希望した性別の子を持ちたいと考える夫婦も増えているようですが、今日の日本の医学において100%の産み分け方法はないとされています。


そういった現状を分かった上でやはり諦めるわけにはいかないという事であれば後述の方法をやってみてください。


どういう方法かというと、排卵日を基準に男の子がよければ当日、女の子がよければその2、3日前に子作りを行うという方法により、実現できるかもしれません。

なかなか妊娠に繋がらないと、心も体もすり減っ

2017年12月29日 | 日記
なかなか妊娠に繋がらないと、心も体もすり減ってきます。


ストレスは生殖機能に悪影響で結果として悪循環になってしまう可能性があります。


ですので、妊活を一度お休みするのも手かもしれません。


現実に、休んでみたら妊娠できたという例はよく耳にします。


ご自身の年齢を考慮し、医師ともよく相談をして、少しだけ休止してみてはどうでしょうか。


妊活中に煙草を吸う方がいますが、これは厳禁です。


よく言われているように、喫煙によって体にマイナスに作用して妊娠に適さない体になりやすいのです。


当然のことですが、これは女性だけではなく男性にも該当します。


女性は排卵障害、男性は精巣機能の著しい低下が指摘されています。


ですので、妊活中の方は女性だけでなく男性も喫煙を中止するようにしてください。


女性の場合は妊活中にお酒を飲むことがないよう言われるのが普通です。


なぜならば、どの時点でも、もしかしたら妊娠している可能性があるかもしれないと考えて女性が自分でも妊娠していると分かっていない時にお酒が胎児に影響しないようにするためです。


そして、アルコールの作用によってホルモンバランスが乱れたり冷えやすくなるのでできるだけ妊娠しやすいコンディションであるためには注意すべきものであるためです。


妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。


葉酸は赤ちゃんが元気に育つために欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。


しかし、もし葉酸が不足してしまった場合、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。


葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。


赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天性の障害などを発症するリスクが高まると言われているそうです。


また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、是非、葉酸の摂取を心がけてください。


胎児の成長に欠かせず、子作りの計画段階にも摂取が推奨されている葉酸ですが、サプリメントを飲んだ時の効果は病院などで血液検査を受ければ分かると思います。


さらに、葉酸の値以外にもチェックする必要のある成分としてビタミンB12のことを忘れてはいけません。


葉酸の過剰摂取の結果、ビタミンB12が不足したことが目立ちにくいといったケースがあるようですから、ビタミンB12のチェックも怠らないようにしましょう。

周知の事実だとは思いますが健康

2017年12月28日 | 日記
周知の事実だとは思いますが健康状態の保持というものは妊活中においての基本原則です。


健康の維持には何が大事かというと、食事のバランスと、適度な運動量の維持です。


肥満防止という目的もありますが体内の血液循環を良くして、摂取した栄養分が運ばれる際に、円滑に行き渡りやすくなるということも大きな意味を持ちます。


具体的にすべきことを挙げるとすれば、きつくない程度のウォーキング等が最適です。


私の話なのですが、妊活をしていた当時、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。


上の子が男の子でしたし、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。


本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしたという訳です。


妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明する時までは緊張しましたが、赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。


産み分けのおかげだと思っています。


ご夫婦で妊娠を考え始めた際、ぜひ摂りたい栄養素として葉酸が人気を集めています。


大別すると葉酸はビタミンB群の一つですが、独立したビタミンMとする分類法もあります。


造血機能を高めるビタミンとされていますが、全身の細胞が盛んに細胞分裂を行うためには葉酸が必要不可欠のため、夫婦揃って摂取することが、妊娠するためには重要なのです。


子宮内膜を厚くするためにも葉酸は欠かせない栄養素で、受精卵も着床しやすく、育ちやすくなるため着床して妊娠するのをスムーズにしてくれます。


むかし流産しています。


その時は自分を責めて苦しかったのですが、しばらく経ってから、「子供が欲しい、諦めないよう頑張ろう」と決めて妊娠を考えて行動するようになりました。


妊娠しやすい体になることを目的に、以前から冷え症に悩まされていた私は、苦手だった運動を始めました。


結果は、意外とうまくいきました。


新陳代謝が上がったため、基礎体温が高くなったので、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。


確かに葉酸は様々な良い作用をします。


そのためできる限りたくさん摂取しようと単純に考える方もいてもおかしくありませんが、他の栄養素と同じように、葉酸の過剰摂取は身体には害になります。


症状は人によって異なりますが、発熱、じんましん、かゆみなどです。


呼吸障害が起きる重篤なケースも見られます。


1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限です。


超過にはくれぐれも気をつけてください。

葉酸は、妊娠初期に摂ると良い栄養素だというのは、

2017年12月27日 | 日記
葉酸は、妊娠初期に摂ると良い栄養素だというのは、結構多くの人が知っている話です。


さらに、妊娠する1ヶ月前から多めに葉酸を摂っていく方がベターだともうご存じでしょうか?妊活を考えたときこそ葉酸サプリなどの摂取をおすすめする時期だと言えるのです。


妊活を考えている方は、葉酸の摂取は欠かせませんよ。


不妊体質を改善するために、食事を見直すことも大切だと思います。


両親の体の中で精子と卵子ができるわけですし、食生活が劣悪だと卵子や精子の活発さは、期待できませんよね。


育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大事です。


栄養バランスの良い食生活を大事にしていくといいでしょう。


女の子を授かることを目指し、どうやったら産み分けができるのか、本やサイトをとことん調べました。


野菜をたくさん食べると女の子を授かる、お肉をたくさん食べると男の子等々、真偽のほどはわからないのですが、可能な限りの方法を試してみました。


そのうちに新しい命が授かり、ひどいつわりに悩まされたときも欠かさず葉酸を摂るようにしていたからなのか待望の女の子を授かりました。


ご夫婦で妊娠を考え始めた際、摂っておくと良い栄養素に葉酸が挙げられています。


ビタミンMと呼ばれることもある葉酸は、大分類ではビタミンB群の一つです。


赤血球を作るのに役立つだけでなく、全身の細胞が盛んに細胞分裂を行うためには葉酸が必要不可欠のため、夫婦揃って摂取することが、妊娠するためには重要なのです。


加えて、葉酸は子宮内膜を厚くするために必要で、これが受精卵を守り、育てていくので妊娠する確率が高くなります。


皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は大変密接に関わりあっています。


その理由は、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。


当たり前ですが、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。


妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。


そのため、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中から葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。