葉酸、妊活研究

最近、雑誌などでよく特集を組まれている、葉酸と妊活について詳しく書いていこうと思います・・・

葉酸を強化した食品はどこかに特定保健用

2017年02月28日 | 日記
葉酸を強化した食品はどこかに特定保健用食品のマークがあるでしょう。


皆さんもどこかで見ているはずのマークは、消費者庁がそれぞれきちんと審査を行い、食品が認可されることで、特定保健用食品の名称とマークの使用が許されるのです。


食品のどこかに特定保健用食品のマークがついていれば消費者庁の認可を受けていることの明示になっており、食品で葉酸を多く摂りたいと思うときにも判断の目安として役立つものです。


レバーやほうれん草なら、葉酸が豊富だとされますが、葉酸が豊富な食材ばかりで毎日の献立は作れず、ちょっとのことで摂取不足になってしまいます。


とすれば、葉酸を摂るための一つの考え方としては食事からの摂取のみで必要な量の葉酸を摂ろうと思わず、上手に栄養補助食品などを使っていくべきです。


必要な量と摂っている量のバランスを考え、どうしたら良いか対策を立てて、葉酸の所要量を満たすことを目指してください。


確かに葉酸は様々な良い作用をします。


そのためできる限りたくさん摂取しようと単純に考える方もどこかにいるのかもしれませんが、過剰に葉酸を摂取することが続くと副作用として、全身症状を起こすことがあります。


症状は人によって異なりますが、発熱、じんましん、かゆみなどです。


呼吸障害が起きる重篤な例もあります。


1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限です。


サプリメントの大量摂取には要注意です。


私の場合、結婚した後すぐに妊娠を考えていたので、妊活の本や雑誌にサプリメントなどで、葉酸を妊娠する前から摂っていくことが赤ちゃんの発育に良く、先天性障害の危険性を低下させる働きもあるという点がみんな同じだったので、妊娠したときあわてないように、毎日サプリメントを飲みました。


これはいつまで飲んだら良いのか気になって確かめてみましたが、過剰摂取だけ気をつければ葉酸は子供にも母体にも必要だと書かれており、出産まで葉酸を摂ることに決めました。


とりわけ妊娠初期に強化したいと、一般に知られているのが葉酸です。


食材の中で、葉酸が何に多く含まれるかと言うと野菜の中でも、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に多いとされます。


意外ですが、納豆も葉酸が豊富です。


海藻類、海苔などからも葉酸を摂れますから上手く献立に取り入れて意識的に食べれば、所要量は自ずと満たされます。


また、葉酸を含む果物といえばイチゴで、間食に取り入れて欲しいものです。

様々な努力が必要な妊活の最中、特に注意が必要なのは、ス

2017年02月27日 | 日記
様々な努力が必要な妊活の最中、特に注意が必要なのは、ストレスを溜めないようにすることです。


ストレスによる筋肉の緊張は、血流が悪くなってしまいます。


結果として、妊娠に重要な、卵巣や子宮の働きが落ちます。


仕事を持つ方でストレスが大きくかかり、生活も不規則だという方は思い切って休職の申請を出すことも考えてみた方がいいのではないでしょうか。


そろそろ本格的な妊活の計画を立てているご夫婦は、先に婦人科などで不妊検査を受ける事が理想的です。


そうすると、もともと妊娠しやすい体なのか、妊娠に関わる器官に問題が無いかなどが早めに確認できるので、不妊検査は妊活に不可欠なものだと言えるでしょう。


検査の結果が問題なければ、安心して妊活に取り組むことが出来るでしょうし、胎児の健全な成長にも関わってきますので、必要不可欠という理由も分かると思います。


ビタミンB群の一つである葉酸は、他のビタミンBと同様に水に溶け出る性質があるため、たくさん摂取しようと、一度に摂っても吸収されることなく、尿とともに排出されることもあります。


そのことを踏まえ、葉酸サプリや錠剤も、一日量を一度に全部飲まずに、小分けにして飲んだ方が効果が上がると念頭に置いておいてください。


葉酸は、必要量を毎日摂ることが食事だけでは難しいので、強化して摂りたいなら特に、できるだけ効率よく栄養素としての役割を果たすようにしたいですね。


生食だけでなく、料理の素材としても使われるそのクリーミーさが独特のアボカドは、炭水化物や脂肪だけでなく、葉酸というビタミンも多く含まれる食材です。


健康を保つ上で葉酸はたくさんの重要な役目を果たしています。


造血機能を高め貧血を防ぐ、さらに妊娠初期から出生前の胎児に効率よく栄養を行きわたらせ発育を順調に進めるなど、生まれる前から年をとるまで欠かせない栄養素です。


とりわけ妊娠中の女性ならばいろいろな栄養が必要ですが、中でも葉酸は大切です。


いわゆる緑の野菜には、葉酸が豊富に含まれています。


食材の中で特に多いのは枝豆やほうれん草などが手に入りやすいでしょう。


そして、ほうれん草ならば、母体と胎児のため、葉酸とともに摂取したい鉄分をたくさん摂れる食材なのでできれば毎日食べたい野菜ですね。

とりわけ女性に関しては、赤ちゃん

2017年02月26日 | 日記
とりわけ女性に関しては、赤ちゃんがほしいなら、飲酒は控えるよう指導される場合が多いです。


それは、いつ妊娠しているのか分かりませんので妊娠していることに気付く前にアルコールがお腹の中の赤ちゃんに影響しないようにするためです。


それから、お酒の作用にはホルモンバランスを乱したり、体が冷やされるのでできるだけ妊娠しやすいコンディションであるためには注意すべきものであるためです。


妊娠を考えて生活している(妊活中)方は、薬の服用は避けた方が無難です。


胃腸薬や痛みどめなど、市販されているものであれば特に問題ないのですが、確認が必要になるのは元々病院から処方されていた持病の薬を服用することだそうです。


ですが、身体に影響を与える事には変わりませんので、薬の種類に限らず、妊活している事を専門家に伝えてから服用するのが母体のためにも良いでしょう。


水に溶けやすいビタミンの葉酸は、胃が空っぽの時に一番吸収されやすく、いつ葉酸を摂れば一番いいかといわれると、それは食事と食事の間、食間が最も良いのです。


一度にたくさん摂って一日分の量を満たそうとするより、可能な限り数回に分けて摂れば身体に対して良い効果があるとされています。


時間帯としては、いつ摂るのが最も効果的かと言われれば就寝前に摂ると、寝ている間に肝臓の血流が減少するため一番良いとされます。


妊娠と出産は、当然ながら夫婦の共同作業の成果であるということが言えると思います。


それはどういう事かといいますと、妊活での男性の役割は大変重要だということです。


実際に子供を産むというのが女性だからといって、下手をすると、女の人の活動だと考えられることが多いですが、男性の頑張りが足りなければ赤ちゃんを授かる可能性は低下してしまいます。


お子さんをほしがっているご夫婦に、摂っておくと良い栄養素に葉酸が挙げられています。


葉酸はビタミンB群の一つですが、最近ではビタミンMとも言われます。


造血機能を高めるビタミンとされていますが、全身の細胞が盛んに細胞分裂を行うためにはこの栄養素がどうしても必要なので、赤ちゃんを授かるために夫婦で摂って欲しいと言われるのです。


子宮内膜を厚くするためにも葉酸は欠かせない栄養素で、受精卵が着床しやすくなり、着床から妊娠成立まで進みやすくなるのです。

私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けてい

2017年02月25日 | 日記
私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。


赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。


健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、授かることができず、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、自分はどうなのだろうと不安になりました。


産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、そう時間をおかず妊娠することができました。


ストレスも原因だったのかなと思います。


早めに受診するべきでしたね。


妊娠と出産は、当然ながら夫と妻の協力が不可欠です。


ということはつまり、男性の妊活への協力は必要不可欠であるということなのです。


実際に子供を産むというのが女性だからといって、ともすると女の人の活動だと考えられることが多いですが、男性も協力して取り組まなければ妊娠出来る確率が低下してしまいます。


赤ちゃんの健やかな発育のために必要な栄養素だということで、葉酸を摂取する効果はずいぶん広まってきました。


妊娠がわかってからでは、葉酸の摂取は遅いのではないかという立場をとる方も存在するのです。


理由としては、妊娠が判明する前から葉酸が必要とされるので、その時から摂取していることが子供の発育という観点から見れば大事だからです。


理想的には、子供が欲しいと思ったら多めに葉酸を摂ることが女性に求められているのです。


妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、摂取する量には気を配ってください。


これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が含まれています。


それゆえ、簡単に大量摂取してしまう危険性がある為、決められた用法と容量を必ず守ってください。


実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。


他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。


妊娠したら葉酸を多く摂った方が良いと知っている方が多くなりましたが、妊娠前に葉酸を摂取すると受精率や着床率が上がるといわれているのです。


受精してから完全に着床するまでには活発な細胞分裂を行わなければならないので、多くの葉酸を使わなければなりません。


なので、妊娠を希望する方にも葉酸は欠かせない栄養素で、もちろん胎児の発育にとっても重要な役割を果たすものなので、妊活中から、出産後まで葉酸を摂るのが理想的でしょう。

最近、妊娠したら葉酸を摂るという話がよく聞かれる

2017年02月24日 | 日記
最近、妊娠したら葉酸を摂るという話がよく聞かれるようになっています。


お腹の中で赤ちゃんが発育するために必要なのは当然のこと、妊娠中の女性の健康を維持するためにも葉酸がたくさん必要になることが知られてきました。


それなら、いつ摂取することが一番大事なのかと聞かれるとなかなかわからないものです。


葉酸は、妊娠直後に最も必要になるのです。


しかも、授乳中も葉酸が不足しがちですから、授乳が終わるまで多めに摂り続けて欲しいのです。


これまでほとんど便秘することはなかったのに、妊娠してから便秘しやすくなったという方は決して珍しくありません。


大腸がしっかり動くようにし、便秘を解消するためにも腸の中で細菌が正常に働いていないとどれほど食事に気をつけて栄養を摂るようにしても、栄養素は吸収されず、十分に体内で働かなくなります。


腸の中で細菌が正常に働くことで、葉酸などの栄養素は吸収され、体内で使われるため、栄養を摂ることと同じくらい、腸内環境を整えることも意識することが求められます。


妊活の最中はいつにも増して色々と配慮が必要です。


たとえば、風邪薬を飲むのは一体どうなのかというと、それほどまでに深刻な影響は及びません。


そうは言いますが、やはり少しでも妊活に悪影響を及ぼさないか気になると気になってしまうのなら服用をしても大丈夫かどうか、お医者さんとよく相談した方がいいと思います。


妊活とは何ぞや、というと、言葉そのままの意味で、妊娠をするために行われる、いろいろな活動全般をひっくるめて表現する言葉です。


当然のことですが、性交すれば100%妊娠するわけではないので、子を授かりたい夫婦にとっての確率を上げるための方法ということです。


それだけではなく、健康な赤ちゃんが授かるようにするために行われるいろいろな活動も含まれます。


多くの女性が自分のことを冷え性だと思っているという調査結果があります。


妊活中の冷えは厳禁で、こういった冷えを改善させることも妊活において最も重要なことの一つです。


ということで、腹巻とか冷え取り靴下などが冷えの解消の手助けになります。


これらを使ったことで冷えが改善され、妊娠に繋がったという方も多数おり、簡単にできて効果もそれなりにある妊活だと言ってよいでしょう。