葉酸、妊活研究

最近、雑誌などでよく特集を組まれている、葉酸と妊活について詳しく書いていこうと思います・・・

妊活中にもかかわらず、コーヒーなどといった飲み物がお

2018年08月17日 | 日記
妊活中にもかかわらず、コーヒーなどといった飲み物がお好きで、飲み続けている方は注意が必要です。


コーヒーに含まれているカフェインというものは、冷えを招くことがあります。


体が冷えることによって血液循環が悪くなると、妊娠を成立させるのに重要な役割を果たす子宮の働きを低下させることにも繋がります。


もしあなたがコーヒー好きでも、カフェインの過剰摂取には注意しましょう。


妊活なんて聞くと、主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。


しかし、男性側が実践できる妊活もあるのです。


それが葉酸の摂取です。


ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母体に限らず、男性に原因がある事もあります。


特に注意すべきは精子の染色体異常です。


受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。


葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。


ですから、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。


妊娠がわかってから、妻は葉酸のサプリを飲むようになりました。


当初は妻だけの問題だと思っていたのですが、あるとき、妻に自分が飲んでも良いものなのか尋ねると「別のサプリメントを飲んだ方が良いんじゃない」とあっさり言われました。


男性が飲んでも何か良いことがあるはずだと思い、妻に隠れて葉酸サプリを飲むことにしました。


飲んでしばらくしてから、お酒を飲んだ翌日の疲れがなくなって、口内炎が悪化しにくくなったのは確かです。


妊娠したいと考えている女性ならビタミンの一種である葉酸を摂ることがおすすめです。


最大の理由は、妊娠初期に発生する先天性の障害の危険を低下させる効果があるからです。


ただし、過剰摂取したときの影響が気になってきます。


葉酸は過剰摂取すると、子供に喘息の症状が出ることもあるようです。


摂りすぎも害になることを忘れないでおきましょう。


妊娠を希望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。


妊活を行っているということは、いつ妊娠しても不思議ではないですよね。


ですから、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的な食事を心がけましょう。


この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。


当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。


受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。

私としましては妊活中は是非カイロを使ってほ

2018年08月16日 | 日記
私としましては妊活中は是非カイロを使ってほしいです。


靴下を2足重ねて履いてみたり、インナーに分厚いものを選んでみたりと、あれこれ試行錯誤しても、冷え性に悩まされている私はすぐに体の末端から冷えてしまうものでした。


こんな状態だと妊娠は難しいでしょう。


ですが、カイロを使うことによって、冷え性が改善したのです!皮膚に直に貼ってしまうのはNGですが、注意して利用すれば、妊活に役立てることができると思います。


子供が少ない家庭が増加して男女を産み分けることを希望する夫婦も増加しているようです。


ですが、今の日本の医学において確実な産み分けを行うことは出来ないとされています。


それが分かっており、やはり「挑戦したい」というならば、次の方法を行ってみてください。


男の子を授かりたい場合は排卵日当日、女の子が授かりたい場合は排卵日の2、3日前に夫婦の営みを持つという方法が効果があるかもしれません。


重要なのは、妊娠初期に葉酸を意識して摂ることです。


では、いつまで葉酸を摂らなければならないかというと、理想としては、授乳が終わるまでの期間でしょう。


もしそこまで長く摂れないようであれば、最低限、妊娠中期を過ぎるまでは葉酸の摂取を意識してほしいです。


なぜなら、葉酸は赤ちゃんばかりでなく母体や母乳のためにも必要とされる栄養素なので栄養のアンバランスを招かないように摂取に努めて欲しいと思います。


あなたは「妊活」という言葉を知っていますか?これは、そのままの意味で、妊娠するためになされる活動のことです。


言うまでもないことですが、夫婦の営みを持ったとしても必ず妊娠するということはないわけで、子供が出来るといいなと考えている家庭においては、確率を上げるための方法ということです。


それと同時に、健康な子供を授かるために行われる、いろいろな対策のことも含んで使われます。


妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも摂取が推奨されている事をご存知ですか?実際に葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。


しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方も少なくはないと思います。


万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、葉酸はほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。


ですから、食事によっても、多少は葉酸を摂れていたと思います。

今から妊活のしようと思っている女性にや

2018年08月15日 | 日記
今から妊活のしようと思っている女性にやってもらいたいことは一番初めに、ママとなるため体の状態を整えておくことです。


毎日の体の動かし方の癖で体がゆがみ始めますが、中でも骨盤の歪みは著しいです。


体や骨盤の歪みが妊娠の妨げになるともいわれています。


不妊だったりマタニティだったりを重点的に治療している整体院も登場しています。


妊娠しやすくて、胎内で赤ちゃんが快適に過ごせる環境を整えるため骨盤矯正を行いましょう。


自分の子供を持ちたいと妊活に努める方は、ぜひお守りを持つことをお勧めします。


一例として、鎌倉にある長谷寺は子宝と縁のあるお寺で、そこで売っているお守りは、何かとつらい妊活時の気分を落ち着かせて安心につながります。


さらに、妊活用のお守りには、パワーストーンなども存在するので、試しに色々なアイテムを持つこともいいと思います。


妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。


受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。


そのため、十分な葉酸を摂取できない場合は、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす危険性があります。


こうした事を踏まえ、妊活中から妊娠3か月の期間、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。


子供が少ない家庭が増加して男の子か女の子かの産み分けを行いたいという夫婦も多くなっているようですが、今日の日本の医学において確実な産み分けを行うことは出来ないとされています。


そのことはしっかりと理解していてやはり挑戦してみたいという事であれば、後述の方法をやってみてください。


希望するのが男の子なら排卵日当日に、女の子なら排卵日の2、3日前に性交渉を持つことが効果があると言われているようです。


妊娠初期の胎児にとって非常に重要と言われるのが、葉酸というビタミンです。


葉酸は何に多く含まれるかを挙げると、名前通りで、ほうれん草、モロヘイヤなど青菜に多く含まれています。


納豆は、加工食品の中でも葉酸が多いとされています。


海藻類、海苔などからも葉酸を摂れますから食生活の中に上手に取り入れ、欠かさず食べられると理想的です。


果物の中では、イチゴが葉酸を多く含んでいるので間食で果物を食べたければ、イチゴにしましょう。

友達と会う機会があったので、妊娠に

2018年08月14日 | 日記
友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸のサプリの話題が上ったのですが、友達はベルタから出ているサプリが一番興味あるみたいです。


葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いと母から聞いたことがありましたから、彼女に伝えました。


友達には悲しんで欲しくないですし、赤ちゃんを無事に出産してほしいと思っているんです。


赤ちゃんが欲しいというご夫婦から、二人で一緒に葉酸を摂りましょうと言われるようになりました。


葉酸はビタミンB群の一つですが、最近ではビタミンMとも言われます。


良質の赤血球を作るために必要なビタミンですが、細胞分裂を盛んにするためにも陰の力となるビタミンなので、妊娠のためのビタミンと言われているのです。


葉酸は子宮内膜をきちんと作るためにも必要な栄養素で、ふかふかの子宮内膜は受精卵を保護し、着床して妊娠するのをスムーズにしてくれます。


妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる栄養素のひとつであると知られています。


普段の食事でも葉酸は摂れますが、つわりがひどい時には、食事をするのも辛い時がありますよね。


そうすると食べ物からの摂取が難しくなりますが、そうした場合、無理な食事は厳禁です。


葉酸の摂取はサプリメントなどの栄養補助食品を飲めば不足した葉酸を確実に摂取できますし、栄養的にも問題ありません。


妊娠を望む方や妊活中の女性にとって特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。


日々の生活習慣を整え、妊活に励んでいる方はいつでも妊娠する可能性があるわけです。


妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的な食事を心がけましょう。


特に摂取を意識して欲しい栄養素は葉酸で、妊娠初期の胎児の成長には必要不可欠のものです。


多くの方が、妊娠検査キットで妊娠を知ると思います。


ですが、それより前から赤ちゃんを授かっているのです。


いつ妊娠するのか、それは誰にも分かりません。


いざ妊娠した時に十分な栄養で満たされているように、なるべく早い時期から胎児に葉酸を与えられるようにしましょう。


妊活の時に、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。


上の子が男の子でしたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。


排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分け法を実践しました。


妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明する時までは少し心配もしましたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。

不妊の要因としては、排卵障害や着床障害と

2018年08月13日 | 日記
不妊の要因としては、排卵障害や着床障害といった女性の方での問題と、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性由来のものとが考えられるでしょう。


ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。


不妊対策をしたいと思ったら、男女双方が検査を受けると解決への糸口となるでしょう。


皆さんご存知のように、妊活中の方にとってはできるだけ体の冷えは回避したいものです。


冷える事は血行不良に繋がりますから、子宮や卵巣の機能を不調にさせるおそれがあります。


冷えは妊活の大敵ですから、冷えを感じるようであれば、ソックスを使って簡単に冷えを抑える「冷えとり健康法」を生活に取り入れてみるなどして体を温めて、冷え性を改善するようにしましょう。


冷え性は不妊を招くと言われています。


冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、代謝が落ちて、排卵障害や子宮の機能が低下することにつながります。


冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。


血行を良くして、自律神経の働きを促し、ツボ刺激による癒し効果もあります。


ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。


不妊体質とストレス。


この二つは密接に関わっています。


生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。


周囲の励ましや期待などが負担となったり、本人の不安などが不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になるパターンもあって、相当悩んでいる人もいるのです。


周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。


流産や胎児の先天性異常との関係も指摘されており、赤ちゃんがほしいと思っている方も積極的な摂取が叫ばれている葉酸ですが、サプリメントを飲んだ時の効果は簡易的な血液検査で分かります。


くわえて、この葉酸の値と同時にチェックしておきたい値としてビタミンB12があるのです。


なぜなら、葉酸の過剰摂取の結果、ビタミンB12不足がはっきり分からなくなってしまう事があるからです。