葉酸、妊活研究

最近、雑誌などでよく特集を組まれている、葉酸と妊活について詳しく書いていこうと思います・・・

妊活を行っている時は食べ物にも気を

2019年03月21日 | 日記
妊活を行っている時は食べ物にも気を付け、体を温めるものを選んでください。


大根、ごぼう、人参といったような土の下に根を生やしているような野菜類は、食べることで体を温める効果があり、お勧めです。


また、身体を冷やす効果がある野菜は、きゅうりやなす、トマトなど夏に収穫される野菜類です。


果物に関していうと、デザートとして少ない量を食べるだけならまだしもジュースの場合はたくさん飲んで体を冷やしてしまいやすいですから、温かい飲み物がよいと思います。


レバーやほうれん草なら、葉酸が多く含まれると知られていますが、葉酸が豊富な食材ばかりで毎日の献立は作れず、どうしても摂取が不足してしまいます。


葉酸の所要量を満たしていくためには、日々の食事に頼って所要量を満たそうと考えず、上手に栄養補助食品などを使っていくべきです。


葉酸を摂るためにどうしたらいいか、最適な方法を考えて葉酸の所要量を満たすことを目指してください。


妊娠しづらいように感じ始めたら、とりあえず基礎体温をつけることをお勧めします。


簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見ればホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。


基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。


経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るというお約束がありますから、きちんと守っていくことが大事です。


一日忘れても根気よく続けていきましょう。


不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。


行政からの助成金があるものの、だいたい40歳以上になると給付回数が減らされる場合がほとんどです。


私は40歳以上の人こそ支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。


かくいう自分もアラフォーですし、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。


葉酸のサプリメントは妊娠初期から欠かさず摂っていましたが、妊娠中期にさしかかってからカルシウムも摂取しなければと思って毎日たくさんの牛乳を飲みました。


いつのまにか、牛乳が合わない体質になっていたことを知らなかったので、激しい下痢になってしまいました。


妊娠後期に入ってからは、産院で貧血と言われ鉄分を摂るために薬を飲みましたが、後から考えれば、カルシウムや鉄分が妊娠初期から摂れるような葉酸サプリを選んでいれば良かったのかもしれません。

このところ、妊娠中の女性にとっ

2019年03月20日 | 日記
このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。


葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。


十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。


具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日0.4mgを摂るように通知が出されています。


胎児の健康を考えて、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、積極的に摂取した方が良いでしょう。


妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。


ヨガを行う事で血の巡りが良くなり、深いリラックス効果を得ることが出来ます。


すると、自律神経を正常に働かせる作用があるので、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。


「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。


軽く運動する事で、凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。


体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、簡単に実践できる妊活のひとつだと言えます。


最近、妊活に効果的な方法としてお灸が関心を集めています。


古くから続く鍼灸療法によって体の妊娠しやすさをアップでき、加えて副作用がないということも安心です。


妊活に効くとされているツボは多数あり、自宅で出来るお灸製品も販売され気軽に試すことができます。


良かったら挑戦してみては?ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。


ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。


妊娠を望む家族の声や、過度な緊張感が不妊治療に通ううちに重積してくるパターンもあって、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。


穏やかな気持ちで治療を続けることは不妊治療には大いに助けになると思います。


友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸のサプリの話題が上ったのですが、友達はベルタから出ているサプリが一番良いらしいって教えてくれました。


サプリは妊娠前から摂取すると効果的だって以前教えてもらったことがあったので、友達にアドバイスしました。


やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、赤ちゃんを無事に出産してほしいと思う今日このごろです。

待望の子供を授かって、身体に良い

2019年03月19日 | 日記
待望の子供を授かって、身体に良いと言われることはできるだけ実践しました。


とりわけ妊娠初期は注意しなさいとずいぶん母にも医師にも言われました。


いろいろなサイトや雑誌をチェックすると、葉酸は赤ちゃんの発育にとって大事と書いてあったので葉酸のサプリメントを買って飲み始めたのです。


食欲が全くなくなるくらいつわりが重いこともありましたが、サプリは栄養補助食品で、薬とは違うので食べられないときにも葉酸をしっかり摂ることができました。


妊娠する前の段階で十分に葉酸を摂取しましょうと、何かの雑誌に書いてあったので、意外でした。


どうやら、葉酸は赤ちゃんが大きくなるために必要不可欠な栄養素だと書いてありました。


野菜を十分に摂れない時は、サプリを利用すればお勧めだそうです。


食事や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで妊活を続けていきたいと思っています。


葉酸が妊婦に不足しがちということで、妻は妊娠がわかった直後からサプリメントを飲んでいます。


私には関係ないと思っていましたが、あるとき、妻に自分が飲んでも良いものなのか尋ねると「これは女性と赤ちゃんのためのサプリだから、他のサプリにすれば」という意見でした。


男性にもきっと良い効果があるのではないかと妻に隠れて葉酸サプリを飲むことにしました。


サプリを飲む前に比べれば、心なしかお酒を飲んだ翌日の疲れがなくなって、大きな口内炎ができにくくなったのではないでしょうか。


胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、葉酸サプリを飲むのが良いと思います。


実際に葉酸サプリを飲むにあたって、いつからいつまで飲むのが良いのでしょうか。


正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。


妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても必要な栄養素なので、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。


先天性奇形は、現在の日本ではどのくらいの確率で見られるかというと全体の約4%というのが平均的な数値です。


奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、先天性奇形の危険性を低下させるビタミンとして挙げられるのがビタミンB群の一つである葉酸です。


特に、胎児の細胞分裂が最も盛んな妊娠初期の葉酸摂取はとても大事であり、葉酸はあらゆる妊婦にとって一番大切な栄養素だと言い切っても言いすぎることはありません。

妊活中、妊娠中の女性ならばビタミンの中でも、葉

2019年03月18日 | 日記
妊活中、妊娠中の女性ならばビタミンの中でも、葉酸を多めに摂りましょう。


葉酸といえば、胎児の発育や細胞分裂を順調に進める役割をします。


その名の通り、葉物野菜やブロッコリー、芽キャベツ、枝豆などに含まれていることは知られていますが、市販のサプリメントでも十分な量が摂れるので日頃から野菜不足を感じている方やどうしても野菜が好きになれない方には上手に利用して欲しいですね。


妊娠を希望する方や計画している方が、意識して欲しい事と言えば、やはり食事の内容です。


妊活とは、夫婦生活を含めて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。


妊活中の女性は大げさかもしれませんが、今日にでも妊娠の可能性があるという訳です。


ですから、妊娠したと発覚する以前から、健康的な食事を心がけるようにしてください。


中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。


忘れがちですが、妊娠検査キットによって妊娠が確定するより前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。


早い段階で十分に葉酸を摂取できているというのが、胎児にとってもママにとっても適切な妊活だと言えますね。


今現在、妊活真っ只中という人はちょっとでも早く妊娠したいと思っておられるのではないかと思います。


毎朝、基礎体温を記録したり、体を冷やさないようにするといった一般的なことはもう実行されていると思います。


風水でいわれているのは、たくさんの実を実らせるザクロの絵をベッドルームの北の方角に置くと、妊娠しやすくなるそうです。


加えて、寝室そのものも北に位置しているとなおさらいいと言われています。


妊活を行っている時は普段以上にストレスを溜めないように留意することが重要です。


なので、お風呂でリラックスすることは大切ですが、体に負荷をかけない方が無難だという立場から言うと長すぎる入浴時間や熱すぎるお湯は避けるべきです。


実は、熱は体に負担をかけてしまうのです。


病院で妊娠の診断が出れば他の栄養素にも増して、葉酸を摂る必要があります。


継続的な葉酸の摂取によって、赤ちゃんの発育は促進されますし、お母さんが健康に過ごすためにも欠かせないものなのです。


葉酸はどうしても、普段の食事だけでは摂取が難しいものです。


毎日安定した量の葉酸を摂るためにサプリメントなども活用しましょう。

栄養的な面から見ても、妊活中の女性が果物を摂取するこ

2019年03月17日 | 日記
栄養的な面から見ても、妊活中の女性が果物を摂取することは大変良いことは、ご存知かと思います。


でも、どうせ摂取するならば、もっと妊活の助けになるような摂り方ができるなら、さらに良いですよね。


あまり知られていないのですが、果物によっては体を温める効果が期待できる種類もあるのです。


例えば、さくらんぼやりんご、ぶどうや桃、オレンジといった果物が該当しますが、季節の関係などでフレッシュなもの摂取するのが難しいという時は、ドライフルーツでも大丈夫です。


赤ちゃんを授かったらすぐに、葉酸が必要になるという話はよく聞かれるようになっています。


母体内の赤ちゃんの発育を促すためだけではなく、母体の健康を保つという観点からも摂取したい栄養素として、葉酸の重要性が高まっています。


それなら、いつ摂取することが一番大事なのかと聞かれるとなかなかわからないものです。


妊娠直後が、葉酸を最も必要とする時期です。


その一方で、授乳中も多くの葉酸を必要とするので、出産後も多めに摂っていくようにしましょう。


サプリメントや錠剤にもなっている葉酸は妊娠初期に多めに摂ると順調に胎児の細胞分裂が進むなど成長を側面から助ける効果があるのはご存じでしょう。


葉酸といえば、ブロッコリー、アスパラ、枝豆、そしてほうれん草などの葉物にたっぷり含まれていますが、サプリメントや錠剤でも手軽に摂れますから、妊娠前から妊娠中の、全ての女性が必要な量の摂取を心がけましょう。


妊活と一言で言っても、命の神秘である妊娠というものをどうにか管理しようというものですから、当然、必ず結果が表れるものとは言えません。


ですので、途中でやめてしまう方も多くいるのですが、残念なことだと言えます。


成功の可能性は高くなっていますのでそんなに重くとらえないでゆっくりと続けてみましょう。


一般的に、妊娠中は当然のこととして、それ以前の妊娠を計画している期間においても必要な葉酸なのですが、普段の生活を送っていると、葉酸の摂取を怠ってしまう場合もあります。


葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、葉酸サプリを飲む事なんです。


サプリを飲めば、食生活に負担をかけることなく理想的な葉酸量を補ってくれますので、仮に食事での摂取が不十分だとしても心配の必要が無くなります。