TANAKA式カットソー教室ブログ

上品でエレガントな大人のためのオリジナルカットソー教室
ワンランク上を目指す貴方へ。

ドレープTシャツ2種、柄物と無地の違い(カットソー生徒作品)

2019年12月08日 | ドレープのカットソー

 生徒作品のご紹介です。

 

ドレープがお好きなKさんは

柄物ニットと無地ニットで

ドレープが沢山入っているTシャツを

2枚続けて作られました。

 

作品はこちらです。

 

 

いかがでしょうか?

 

良くみて頂くと柄物作品の方が

ドレープが沢山あるのがわかると思います。

 

無地ニットの作品の方が

少しドレープを控えて作って頂いたのですが、

それでもドレープが強調されて見えて

フォーマルなイメージになりますね。

 

柄物ニットで作られた方が

ドレスダウンし、

普段使いには良いと思います。

 

 

  ありがとうございます。

応援ポチよろしくお願いいたします。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 襟付きジャケットと残りニッ... | トップ | 裾切り替えアレンジチュニッ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TANAKAさんへ (まりも)
2019-12-08 11:34:22
ドレープ 豪華になり 素敵ですよね
無地・柄物と作り 使い道を分けると良いのですね
生地によっても ドレープの出方は違ってくるのでしょうか
まりもさんへ (TANAKA)
2019-12-08 17:03:32
ありがとうございます。
ドレープは生地により綺麗に出るものと
出ないものがあります。
ニット選びはとても難しいですね。

コメントを投稿

ドレープのカットソー」カテゴリの最新記事