ちゅら島ライフ

沖縄へ移住し、ダイビングと三線・ゴルフをしながら沖縄探訪を楽しむ
夫婦の物語

EM菌?

2007-01-31 20:36:52 | ちゅら島物語
沖縄のラジオCMを聴いていて良く聞く言葉[EM」・・・?何の事やらと、思っていました。「EM農法」「EMウォーター」「EM牛乳」と言っているが、「EM」・・???。先日スーパーで「EM牛乳」をみつけました。が、値段が高い!1パック278円!いっもなら絶対買わないのですが、話の種に買って飲んでみました。味は普通の牛乳と変わりありませんでした。何が違うのか?「EM菌」が入っているのか、「EM農法」で育った牧草を食べた乳牛の乳でしょうか?
そもそも、「EM」とは有用微生物群の頭文字からとった造語だそうです。
乳酸菌、酵母など微生物を、天然の糖蜜で複合培養した液体が「EM」!だそうです。なんて、書いてはみたものの、説明になっているでしょうか??
「生物に有益な菌の集まり」と、でも言うのでしょうか?植物が枯れにくい、とか、EMで育てた果実は腐りにくい、とか不思議な作用があるらしい。
頭の悪い私には???です。健康ランド=沖縄の発明品?
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

自家製「ウコン茶」

2007-01-30 20:43:42 | ちゅら島物語
沖縄は健康の島。我々も健康に過ごすために沖縄へ来ました。そこで、早速「ウコン茶」作りです。「ウコン」はご存知の方も多いと思いますが、ショウガ科の植物でカレーの材料にもなる「ターメリック」と同じです。この「ウコン」、春、秋、紫の3種類があり、それぞれ効能が違います。我が家が沖縄移住前から愛用しているのが「秋」ウコン。肝臓に大変よく効きます。お酒を飲む方は是非お試しください。知人の奥さんが「肝炎」と言われたのですが、こまめに「ウコン」を飲み肝炎も全治!すごい効き目です。
今回は、先日行った「沖縄市産業まつり」で仕入れたウコンの根っこ、そのもの!しめて400円也!
家でショウガの枝分かれしているところをボキボキはずす要領で小分けに!それから一生懸命薄い皮を包丁で削っていたのですが、面倒で中止。(従って一部だけきれい!)ブラシで擦り、即、スライス!それで出来上がったのが、次の写真。「ざる」に「2ざる」出来ました。3日ほど天日干しすれば完成。おそらく今年一杯の「ウコン茶」が出来上がるでしょう。おかげで、先日の人間ドックでも「γ-GTP」など、肝臓の数値は完璧!
沖縄では、健康管理も「手作り」が楽しいのです。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

魚も「寒ッ!」

2007-01-29 19:41:29 | ちゅら島物語
沖縄も、今日はこの冬一番の冷え込み!何と気温13度!北海道の人から言わせれば「結構暖かいじゃん!」とは言うものの、本当に寒い一日でした。
宮古でも13度!今日の沖縄タイムスの夕刊には、寒さで動けなくなった魚が浜辺に打ち寄せられた記事が・・。(写真)驚き!南国の魚は矢張り寒さに弱い!20センチサイズとは言え、高級魚の「タマン(ハマフエフキダイ)」も打上げられたらしい。浜辺が家から近ければ自分も行って「拾いたい」心境。(タマンは本当に美味しい魚!)
実は、沖縄で一番寒いのは今頃から2月の中旬位までの時期。桜が咲くかと思えば、魚が寒さで動けなくなる。本州では信じられない「組合わせ」かも知れない。
最も、やがて旧正(きゅうしょう=旧正月)が来る訳で、旧暦で言えば今は年末。寒いはず。こうしてみると、沖縄の季節感は旧暦で考える方が分かりやすいのかも!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「沖縄市産業まつり」

2007-01-28 19:46:47 | ちゅら島物語
沖縄はイベントの島です。寒い冬も賑やかなイベントで元気に過ごします。昨日は、本島中部の沖縄市(旧コザ市)で開催された「産業祭り」へ行って来ました。(写真)総合運動公園の会場には、骨董市あり、植木・花市あり、食べ物屋あり、地元のオバァやオジィの作った野菜や漬物あり、といった具合にローカル色満載!いかにも手作りのお祭りである事が楽しい!知人のお母さんが作る美味しい漬物を買った後、我々が向かったのは「木工」のコーナー。一昨年、障害者の児童施設が作っていた「三線(沖縄三味線)の台」が気に入り購入、今年も家内の分を手に入れようと探しました。有りました。同じ値段!同じ格好で!早速購入したのが下の写真。直線的な三線台が多い中で、木目を生かし、微妙な曲線を使った良い形です。三線で使う「爪」を刺す突起も下に作られています。目的の物が手に入り大喜び!時間が経てば、木から染み出す色合いで、もっと趣が出てくることでしょう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ムーチー(鬼餅)の日

2007-01-27 21:42:48 | ちゅら島物語
昨日26日は、沖縄の節分「ムーチー(鬼餅)の日」でした。「ムーチー」とは、米の粉で作る、チマキの様な、ウイロウの様な食べ物です。無病息災を祈願する行事。本当は「ムーチー」を昨日作ろうと、材料を買って用意をしておきました。しかし、天気が良くなり花見に出かけてしまい、帰りが遅くなってしまいました。なので、本日1日遅れて「ムーチー」作りを、朝から始めました。「ムーチー」を作るのは、初めてです。しかし、作り方自体はそれほど難しくは無さそう!餅粉に砂糖(私は黒糖粉)を水で混ぜて耳たぶ程の固さにして30分寝かせる。その後サンニン(月桃)の葉で包み(写真)30分蒸すだけです。「ムーチー」は色々とアレンジできますね、紫芋、カボチャなど、カレーを入れる人も居るとか?色々な事をして見るのも楽しいかもしれませんね。
さて、私の作ったムーチーですが、ちょっと生地が固かった様でです。買って食べる「ムーチー」がいっもベトベトするので、少し固めに作ろうと水を控えたのが良くなかったようです。仕方が無いので、焼いて食べてみました。これが中々美味しい焼いたので、外はパリッと中はモチモチ良い感じ失敗は成功の元かな
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加