ちゅら島ライフ

沖縄へ移住し、ダイビングと三線・ゴルフをしながら沖縄探訪を楽しむ
夫婦の物語

「カメラの日」

2006-11-30 22:47:00 | ちゅら島物語
今日は何の日?「カメラの日」だそうです。日付の語呂合わせをしても繋がりが出てきません。実は、カメラの「オートフォーカス」(自動焦点装置)が出たのが1977年の今日、11月30日だったとの事。それで今日が「カメラの日」になった次第!ってな訳で、我が家にどれだけのカメラがあるのか?並べて見ました。一杯ありました!「フィルム」カメラが2台、動かない「デジカメ」が1台、使っている現役の「デジカメ」が4台、合計7台もありました。
(壊れたカメラが何故ある?今度買う時、壊れていても3,000円の値引きで引き取ってくれるからです!)
「デジカメ」は1年に2回、モデルチェンジがあると言いますから、年中、欲しい機種が登場します。ついついこうして台数が多くなるのです。(15年で7台)皆さんは、如何ですか?
でも、これにより、沢山の思い出が残せる訳ですから、決して高くは無いのでは?何時も家内に言われてしまいますが、「これまで外で、お酒を、一体、幾ら飲んで来たと思う?!」と言われたら、返す言葉がありません・・。話も、何処に「フォーカス」するか注意が必要???
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「丸一食品」チキンと稲荷寿司

2006-11-29 20:47:59 | ちゅら島物語
沖縄には国道沿いのアチコチに有名店があります。写真は、うるま市(具志川)のヤマダ電機近くにある「丸一食品」です。辺りには自動車解体工場などがあるだけの町外れにあるお店です。厳密にはお店と言うより、食品加工場(工場)の一角で小売もしていると言った方が適切?

ここの名物が、写真の「お稲荷」(5ケ:375円)。味が付いているの?と思うほど「白いお稲荷」です。確かに味も付いていますし、お米も上等なツヤのあるお米を使っています。上に少しだけ降られた「白ゴマ」が利いています。
「お稲荷」と一緒に有名なのが、カリカリに揚げた「チキン」(1本:100円)。次の写真。

私の個人的な感想ですが、矢張り「お稲荷」に関しては、もう少し醤油味が利いた、噛むとジワァ~ッ!と煮汁が染み出てくるタイプが好きです。
でも「チキン」は、とっても個性的で美味しかった!我が家がたまに作る「シュラスコ」風チキンと似て、ガーリックとタマネギの味で下味をつけたトッテモ香ばしい味で、Good!
皆さんも、予勝方面に行った時は食べてみてください。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

「Jimmy's(ジミーズ)」

2006-11-28 20:01:43 | ちゅら島物語
皆さんは沖縄に来て、或いは住んで、「沖縄らしい食品雑貨店」に行った事が有りますか?「沖縄らしい」というよりも「アメリカン」な、と言ったほうが良いかもしれません。是非一度行って欲しいのが写真の「Jimmy's(ジミーズ)」です。那覇にもありますし、主要都市には殆どあるチェーン店です。
売っているものも外国の輸入食品。雑貨。そして、オリジナルの「スペアリブ」や「ローストチキン」そして「パン」や「ケーキ」「クッキー」などなど・・。一緒に行った人が言ってましたが、まるで東京の「明治屋」がそのまま出現した感じです。(明治屋には日本各地の名産品も置いてありますが)さらに、その殆どのお店は「レストラン」も併設。バイキングや、ハワイ風、アメリカ風の料理メニューが並んでいます。
今日も、立寄った沖縄市(旧コザ市)のジミーでは、年配の日本人が、我々が居る短い時間の間に、丸ごと焼いた「ローストチキン」を3人も買って行きました。
戦後のアメリカ統治の時代に、馴染んだ味を求め、年配者のファンが多く居るのかも知れません。

我が家は、今、口の中に出来ている「口内炎」対策として、「野菜ジュース=V8」(これを英語で発音する時は「ヴィーエイ」と言います)の大缶:1.36リットルを買ってきました。早く治るといいなぁ・・・。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

産業祭の「ラン」

2006-11-27 21:08:08 | ちゅら島物語
昨日の続き、宜野湾市の「産業祭」で出品されていた「ラン」です。3種類トッテモ綺麗なので写真に撮ってきました。


「ラン」の名前、種類などは分かりません。
沖縄は東洋のガラパゴスともいわれる島。そこに生育するラン科植物の種類は約110種類もあるそうです。国内に産する数の大部分が育成する「ランの宝庫」だとか!凄いですね!でも、現在ではその貴重な財産が絶滅の可能性があると警告されているそうです。原因は森林の伐採、ダム建設、道路工事、園芸用としての採取行為が主なものだそうです。
人間が地球の貴重な財産を絶滅に追い込んで行くのですね。
自然と共存(自然破壊を少なく)!出来ることからやりましょう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄の「盆栽」!?

2006-11-26 20:34:07 | ちゅら島物語
宜野湾市の「産業まつり」に出かけて来ました。目的は「三線」の置き台があれば買いたいと思い出かけたのですが、残念ながらありませんでした。このお祭り、ユニークで、農産物の品評会、住民の作った漬物のコンテスト等があり、今まで見たことも無い個性的なものでした。牛とヤギ、馬が居たのは一体どういう事だったのか?不明!(沖縄の昔を忘れるな!の意味?)
その中でも私達の目に付いたのが珍しい沖縄の「盆栽」!始めに目に入ったのが「ブーゲンビリア」の盆栽。松に花が咲いた?様な・・。
次に見たのは「シークワサー」の盆栽。実は熟して黄色くなっていましたが「ミカン」ではありません!

「ガジュマル」の盆栽にも驚きました。大きな「ガジュマル」の木は頻繁に見かけますが、小さな盆栽になって、しかも立派な枝ぶりの「ガジュマル」を見たのは初めてでした。

最も可愛らしかった盆栽は「ソテツ」の盆栽でした。5本セットで置いてありました。

沖縄の「盆栽」、なかなか楽しめます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加