ちゅら島ライフ

沖縄へ移住し、ダイビングと三線・ゴルフをしながら沖縄探訪を楽しむ
夫婦の物語

引越ししました

2020-02-23 10:56:41 | Weblog
長年住んだ沖縄から、事情があって埼玉へ引越ししました。
長年のご愛読、有難うございました。
新しいブログは以下の通りです。お時間がありましたらどうぞ・・

gooブログ:「美・さいたま」https://blog.goo.ne.jp/tokoro2020
コメント

牧志公設市場の移転

2020-02-06 21:05:44 | ちゅら島物語
コロナウイルスが流行っていますが、皆さん大丈夫でしょうか?
あと、どれだけの余命があるか分からない身としては、なんとなく「心配しても仕方が無いな・・」と言う心境です。

また先日の話になりますが、沖縄を代表する観光スポット「那覇・牧志第一公設市場」へ行って来ました。厳密にいうと、今、公設市場は建て替え中なので、仮設市場と言った方が良いかもしれません。元の場所は冒頭の写真の様な工事用の壁が作られ本格的な解体が始まりました。

仮設の市場は直ぐその近くのプレハブでした。

仮設とはいえ、元の市場が古くて風情はあるものの余り綺麗とは言えなかったので「仮設」の方が”立派”に見えてしまいます。中も、以前と違い明るくてスッキリしていました。

相変わらず2階の食べるところは、観光客でにぎわっていましたよ!

我々は歩き疲れたので、「沖縄ぜんざい」=氷金時を食べて帰ってきました。

また新しい「牧志公設市場」が出来たら、行って見たいものだと思っています。
コメント (3)

首里城の今

2020-02-06 08:27:19 | ちゅら島物語
写真は、去年、電気関連が原因で焼け落ちた首里城です。
どうなっているのか?と思い、ユイレールに乗って行って来ました。
周辺には、予想以上の観光客が来ていました。
名物の「守礼門」は、焼け落ちた正殿から離れていたので、全くの無傷でした。

しかし、チケット売り場の近くから見た正殿の辺りは、殆どの建物が焼け落ちて、朱の漆に覆われた見事な正殿の面影は全くありませんでした。本当に「無残な姿」でした。

450年近く、日本でもなく中国でもなく、独立国として栄えた「琉球王朝」の象徴的建物の損失は、限りない喪失感を与えます。

それにしても、未だにハッキリとした火災の原因が好評されず、責任の所在も明らかにされないのはなぜでしょうか?ちゅら海水族館と並ぶたくさんの観光客を集め、入場料でハンパなく儲かって?いたはずの「首里城」が、スプリンクラーさえ十分に設置されていなかった不思議は?・・・
危機意識の薄さと言わざるを得ません。この火災は、「見栄え」ばかり追い求める現代人に警告を発したのかもしれません。
コメント

秀麗 富士山

2020-02-01 08:28:35 | ちゅら島物語
埼玉県のあるマンションから撮影した富士山です。
冬の空気が澄んだ天気の為か?クッキリと、そして大きく見えます。
少し拡大すると、富士山に登っている人(実際、冬季は登山禁止!)も見える位です。

朝と夕方には、太陽に照らされ、赤く染まって見えます。

コメント

機内安全放送

2020-01-24 09:12:56 | Weblog
写真は、ANAの機内安全放送の写真です。
シートベルトを締めたり、ライフジャケットの装着を案内する放送画面です。
何と、歌舞伎を使っての説明でした。
この夏のオリンピックを意識して、日本の代表的文化の歌舞伎を意識して作られたものでしょう。
歌舞伎の姿に意識がいって、内容が頭に入って来ない恐れもあるのでは-・・・・・・・
コメント