頑張らない生き方

膠原病他いくつもの疾患と道ずれの毎日病気になって見えた世の中自分の内面を思いのままに書いています。

又も…怪しいサイトに

2020-11-29 10:57:34 | パソコン生活

パソコンに振り回されて 暫く ご無沙汰していました。

初期設定は無事完了したのですが、その後 Wi-Fiのマークが出ているのにインターネットが繋がらず

Windowsが開きません。

最終的にプロバイダーに電話をして、初期化し、最初から設定をし直し無事開通しましたが・・・。

 

そこに至るまでのメーカー(NEC)の対応に今も腹立たしい思いです。

購入の際入っていた セットアップマニュアルに書かれている電話番号に電話をすると

機械音声ナビで辿りついた所がチャットでWindowsの専門家?がアドバイスをするというところです。

遠隔操作で修復するというので アドレス パスワードが必要の上 500円掛かるので

求められるままにカード内容を記載してしまいました。

 

チャットは不慣れなので、書き込みをしているうちにエンターを押してしまったり・・・

遠隔操作に必要なアドレスが送られて来て インストール・ダウンロードするようにとの指示。

それも2度も!

こちらの質問には答えがありません。

作業しているうちに次々 チャットでメッセージが届くので 読むだけでも大変です。

結局6時間余りかかっても修復できず 後日に・・・ということになりました。

 

そのチャットは外国から発信されていて NECが仲介 翻訳しているようです。

 

たまたま 月末が近いのでカードの引落予定をカードホームページで確認すると

500円以外に3000円以上の請求が来ているので ビックリ!!

以後 プロバイダーに電話で初期化し、再設定の支持を貰う為に会員情報の郵送を待っていました。

 

ネットが開通後、 英語でメールが何度も入ってきますが無視!

NECのサポートセンターから「専門家からメッセージが来ていますので返信してください」と

メールが入ったので 

「半日掛かっても修復できず 500円には同意しましたが その他の請求には応じられないので

取り消しするように・・・直ちにしない場合は監督官庁に通報します」という内容で返信をしたら

取り消しを行いますが数日かかりますのでご容赦ください・・・との返信。

危なかった! 怖かった! 

NECのサポートセンターから「専門家」? として繋げられた所は

         JastAnswer    というサイトです。

プロバイダーでは もちろん無料ですし、こちらが携帯電話ということで通信料が掛かるからと 

折り返しの電話で対応してくれました。

 

 

今、コロナ禍で学校でもパソコンやタブレットを子供たちに使わせていますが、

親御さんがネットに精通している人ばかりでは無いと思うと、とても不安でなりません。

ゲームのサイトも「無料ゲーム」となって 入って行くと カードナンバー等の入力画面が出て

実は有料ゲームであったというのがあります。

離れて暮らす孫達を案じています。

 

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« ウィルスもどきに注意 | トップ | ありがとう...今だから言える »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

パソコン生活」カテゴリの最新記事