自衛隊好きの主婦ですが、何か?

有川浩先生の小説で自衛隊に興味を持ち、只今絶賛勉強中
自衛隊好きの主婦による自衛隊応援ブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平成30年度 陸・海・空自衛隊合同コンサートに行ってきました その2

2018年07月21日 06時15分00秒 | プライベート
その1はこちら→https://blog.goo.ne.jp/youishutoh-dowmyakukoka/e/0ee5b7fe75b7d02b6a5a9beb8fe53d3c


さあ、いよいよ平成30年度 陸・海・空自衛隊合同コンサートの開演です。
(ホール内は撮影禁止のため、画像はありません。自衛隊ホームページに公開された時には追加していきます。)


まずは、今回のコンサートのパンフレットのご紹介。
















コンサートは2部構成で、第1部は陸・海・空それぞれの単独演奏です。
隊ごとに、それぞれがどこかの国をフィーチャーした音楽を演奏するそうです。


トップバッターは今回のコンサートの主催者、航空自衛隊の航空中央音楽隊。



アイルランドをテーマにした演奏です。
指揮は豊浦1尉。



ところで、航空中央音楽隊・隊長の那須純一2佐、経歴が飛行教導隊とか、第3輸送航空隊とか、中部航空方面隊とか、全く音楽とは関係ない部隊にいらした方なんですよね。
なので、指揮はいつも隊長ではない方がされています。
隊長は2佐じゃなきゃダメなんだそうで、指揮者の方が必ずしも隊長を務めるというわけではないようですね。
でも、次の航空中央音楽隊の隊長は西部航空音楽隊長の松井徹生2佐が就任されるようですよ。
追記:平成30年7月15日付で松井2佐が航空中央音楽隊の隊長に就任されました。




話を元に戻しまして・・・。
空自の歌姫、森田早貴1等空士が歌うユー・レイズ・ミー・アップ。
この歌は、トリノオリンピックで荒川静香さんがエキシビションで使い、ヒットしましたね。



森田1士、自衛隊音楽まつりで歌声を聴いた時から、3人の中では一番声量があるのでは?と思っていましたが、音響の良いホールで聴いた歌声は圧巻でした。

こちら、伴奏は電子ピアノですが、森田1士の歌うユー・レイズ・ミー・アップが聴けますので、是非どうぞ。
森田早貴「You Raise Me Up」航空自衛隊 航空中央音楽隊


2曲目は伝説のアイルランドです。



吹奏楽コンクールなどでも良く演奏されますね。すごくかっこいい曲です。
それを自衛隊のセントラルバンドの演奏で聴けるとは!

こちらは自衛隊の演奏ではありませんが、是非とも聴いてみてください。
伝説のアイルランド 吹奏楽




次に登場したのは陸上自衛隊・中央音楽隊です。
テーマはスウェーデンです。



指揮はおなじみ、樋口孝博1等陸佐。



曲目はスウェーデン民謡「私が18歳になったとき」と吹奏楽のための序曲「春」です。




しかし、申し訳ないことに、「私が18歳になったとき」という曲、全く知りませんでした。
でも、松永美智子3曹の歌声の素晴らしいこと。
っていうか、松永さん、いつの間に3曹に⁈
陸上自衛隊・中部方面音楽隊の鶫さんと同時期に昇任試験を受けられたのでしょうか。
鶫さんは昇任試験のために昨年の自衛隊音楽まつりの出番を減らしたと聞いたことがありますが、松永さんは中央音楽隊の歌姫として大活躍されていました。
そんな中でも3曹に昇進されるとは、さすが松永さん!



続いての登場は海上自衛隊・東京音楽隊です。



指揮はこちらもおなじみ、樋口好雄2等海佐。



曲目は「悲しくなったときは」と「ネイビート・ラプソディー~ウィンドオーケストラのために~」です。




三宅由佳莉3曹は、やっぱり人気がありますね~。
登場した時には会場の拍手がひと際大きかったです。
三宅3曹はポップスからクラシックまで、何でも歌われますが、私は三宅3曹はクラシックの曲の方が好きです。

続いての「ネイビート・ラプソディー~ウィンドオーケストラのために~」は、海上自衛隊の委嘱作で、この日が初演だったそうです。
最初の雰囲気は、元・海上自衛隊東京音楽隊長 河邊一彦2等海佐の作曲「遥かな海へ」に似てるかな~と思ったのですが・・・。
「遥かな海へ」は、夜明け前の海の描写から始まり、艦艇が出港し勇壮に海原を駆ける様子から、やがて航海が終わり入港するシーンまでが描かれているそうで、私が初めて観艦式に参加した時のワクワクした気持ちを思い出せる大好きな曲です。

【音楽】 「遥かな海へ」 ~海上自衛隊東京音楽隊~



一方の「ネイビート・ラプソディー~ウィンドオーケストラのために~」ですが、最初は穏やかな海に出港していくようなイメージを受けましたが、途中、嵐の中の航海なのか、はたまた敵艦との交戦中なのかという不穏な感じの曲調の部分もあり、「遥かな海へ」とは全く違う雰囲気の曲でした。
まだ初演したばかりで、YouTubeの海上自衛隊公式チャンネルにも上がっていませんが、もう一度聴きたいな~と思います。


続く


コメント   この記事についてブログを書く
« 西日本豪雨 災害派遣・続報-4 | トップ | 平成30年7月豪雨・災害派遣 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プライベート」カテゴリの最新記事