ある美容師の戯言

今回は、美容師という職業で悟り?を学ぶ男のブログ

九州では初めてのエフィラージュテスト

2017年08月22日 | カット
21日は、福岡講習で初めてのエフィラージュカットテスト



空港着けば、博多駅で何時もの因幡の朝食セット







段取りは、




復習と予習してから最後にテストです







結果は予想以上でした。






晩御飯は焼き鳥に行ったんですが、ついつい気分良く食べ過ぎてしまいました。。。





火曜日はレンタカーで宗像大社へ。



朝食はマフィン


名前は「マフィン焼けたよ〜」さん









宗像大社は、裏伊勢と呼ばれ、伊勢神宮、出雲大社と並ぶ大社らしい。。。















屋根の稜線が美しいです。













大島も行って海鮮丼予定してたんですが、暑すぎて中止



近くの



「玄海食堂温や」さんで鯛めし





美味かったです。





少し時間があったので、空港で飛行機の離着陸を撮影して福岡を後にしました。






.




コメント

ビビった!

2017年08月16日 | ブログ
こんなLINEが来たので、絶対、前回のブログの内容や!怒られる。












と思ったけど違う要件だった。




ほっ ^^;




あらためてアップ。。。








.
コメント

夏の那智勝浦

2017年08月15日 | ブログ
お盆ということもあり、バスタ新宿発は売切れでした。。。が、






池袋発は2台あるらしくギリギリセーフ







10時間の旅が始まる




首のエアー枕は必須だ。




和歌山に着くと、ネットで購入したミラーとカット椅子、バックシャンユニットを確認。中古だけど状態は良い







建材屋の叔父と大工さんとで話し合い。プライベートサロン作りの第一歩が始まる




やはり、家でパーマは良い仕事が難しいです(スティックは楊枝だし)







今回は、お義母さんのパーマ&ヘアマニキュア、叔母、叔父のカット





それと、




センサーライトを取り付けて終了










夜は、大ちゃんと那智勝浦の市場調査と題して外食








大ちゃんのお父さんは漁師で、昔から当然の様に食べてるマグロ、イルカ




お金を出してマグロは食べるもんじゃ無いから。。。って




マグロを餌にガシラ釣ってたよ。って




イルカも当然の様に昔は食べてたって



イルカの刺身





生姜醤油で食べると美味しいです。





クジラの竜田揚げ





他にもウデモノなる物とか(マグロの内臓らしい)




なんかね、郷土料理の深さを勉強させられますね。









.

コメント

10/10プレステージ告知

2017年08月09日 | お知らせ・連絡





どんなに写真がカッコ良くても、私が前回のブログのように書いちゃうとぶち壊しなんですけど、、、。(だったら消せよ。って?)









でも、憧れてる他所のイベントや、メーカーのイベントなども、内情はこんなものなんですよ(もっとレベル低いかも。。。)








だから、自信を持って欲しいんですね。(勘違いはダメですが)






誰でもできる。と







憧れちゃダメです。








次は俺が!って、








21を参考に少しでも役立ててもらえれば良いんです。








参加するのはパクるため!








カットの講習に参加するのも習いながら実は自分で教えるための方法をパクるため!







パクって、自分なりに改良して進化させて利用するため。







で21は良いんです。








たぶん。。。










10/10preStage どしどし参加してください。もしくは見学(パクリ)に来てください。
















.
コメント

映画「君の膵臓を食べたい」

2017年08月07日 | 映画、美術、芸術、古典芸能
2017年 監督 月川翔






題名はキモいけど、映画は良かったです。








そう、泣きました。。。









これから大勢の人が見るでしょうが、あえて私なりの感想を書こうと思うので、ネタバレ嫌な人は読まないでください。









登場人物は、主に3人。









主人公「僕」、高校時代のクラスメイト「桜良」、桜良の親友「恭子」









主人公の僕は、入院していた病院で偶然クラスメイト桜良の、「共病日記」を拾い読んでしまう。そこには、重い膵臓の病気で命が長くないことが書かれていました。









桜良は、クラスの誰にも知られたくない。と僕に言う。









特に親友の恭子には









家族は、あえて平静を装って頑張って毎日を生きている。クラスの生徒が病気のことを知ったら同じように私を気遣いながら過ごすことになる。から、、、と。









桜良は僕と同じ図書委員になり、つきまとうようになる










僕を見張らなくても僕は君の秘密は言わないから僕に関わらないでくれ。というが、桜良は全く動じない










桜と僕はクラスで勘違いされ、いじめられたりするが秘密は絶対に言わない僕










徐々に桜良のペースで行動していく2人






ポイントは、


親友恭子に、変な気遣いをさせまいと病気を隠す意図から、










大好きな僕に好きと本心を言えない意図










死に直面し、怖い心、壊れそうな心、悲しい心を、無意識に受け止めてくれる僕










僕を選んだ理由。










親友恭子に病気のことを言わない伏線から、僕に好きと言わない理由










意図して作った伏線じゃないかもしれないけど、伏線が偶然効いた良い映画だったと思う。














コメント

iPhoneで動画編集1

2017年08月06日 | カット
Macの調子が悪くて試しにiPhoneで編集してみた。





とっても簡単にそこそこ編集できる、いやぁ~凄いです。






子供の玩具に最高だなと思いました。。。





この動画はカット講習の時のもので、受講生はお金を払って来ているのでアップするのは如何かなと思いましたが、受講しているからこそ必要としていると考え、あえてアップしました。





私たちの活動は、技術の出し惜しみではなく、「伝える」活動です。受講している人には全てを持ち帰ってほしいと願います。





復習に、ヒントになれば幸いです。



















.
コメント

映画「哀しみのトリスターナ」

2017年08月05日 | 映画、美術、芸術、古典芸能
1970年 フランス 監督 ルイス・ブニュエル











題名のように、哀しみのトリスターナでありながら、自業自得といえ哀しみのロペでもあった。。。







途中、ロペのセリフに




「哀れな労働者よ。




裏切られ 殴られ





労働は不幸だ。





食うための労働ならクソ食らえ





そんな労働は名誉ではない。





ペテン師の腹を満足させるだけ





喜びと使命があってこそ労働は人を気高くする





そうでなくてはならぬ。」







その通り!と思った。








.








コメント

10月10日 21プレステージ

2017年08月03日 | カット


・・・「今一つ、プレステージの趣旨が理解できないのですが?」







kenzo・・・「どこが?」








・・・「簡単に流れを言うと、〇チーム、△チーム、トレーナーチーム…….. etcの参加チームが延々とステージでカットしていくのを出入り自由で1日終わる。って事ですよね?








kenzo・・・「そうだよ」








・・・「kenzoさんがチェックしてくれたりとか無いんですよね?」








kenzo・・・「講習じゃないから無いよ。ただ、ずーっと見てるけどね」








・・・「・・・」









kenzo・・・「・・・」








・・・「東京の人なら未だしも、交通費払ってそれだけの為に呼ぶのはちょっと、、、。」







kenzo・・・「・・・」








・・・「1日潰して来る価値を僕なら感じませんが、、、。」







kenzo・・・「お前は感じなくても、感じる人はいるかもしれないじゃない」








・・・「・・・」








kenzo・・・「それは四元の価値基準だろ」








・・・「う~ん。。。」








kenzo・・・「なに、面倒なの?」








・・・「四元の価値基準。ということは逆を言えば、21の四元でも魅力を感じないイベントに誰が参加するのか?とも言えます」








kenzo・・・「・・・」









・・・「僕らが全国の知り合いに声をかけるのは簡単です。でも、僕らの顔をたてて参加して泣き泣きでした。なんて言われたくないじゃないですか」







kenzo・・・「・・・」









・・・「できる事なら、あまり乗り気じゃなかったけど呼んでもらって本当に良かったです。次回も誘ってくださいって言われたいじゃないですか」









kenzo・・・「・・・」











・・・「お前も参加しろよ。みんな出ろよ。じゃなく、その前にしっかり趣旨を共有しないと危ないと思うんです」








kenzo・・・「・・・」








・・・「僕の想像では、誰かがステージでカットしてても誰も見ていなかったり、ある一定のアホがバカ騒ぎしていたり、しらけて帰る奴も出るんじゃないかとさえ危惧してます」









kenzo・・・「・・・」











・・・「ステージでkenzoさんも切ります?」








kenzo・・・「それは無いよ」








・・・「kenzoさんが5人位連続で切ってもらうと盛り上がると思うんですけど」









kenzo・・・「ないない」











・・・「ただ、ステージで切るだけ。を延々やるだけなんでしょ?」










kenzo・・・「それが勉強になるかは本人次第じゃない」









・・・「いまいち理解できません」









kenzo・・・「理解してないね」








・・・「・・・」






kenzo・・・「まず、東京、名古屋、福岡それぞれウィックで講習している人たちが、ウィックじゃない現実的なエフィラージュを見れるよね。それも色々な年齢層、またトレーナーから初心者までエフィラージュレベルのカットをだよ」








・・・「・・・」








kenzo・・・「お前たちトレーナー全員から、受講している新参者、20歳から60歳まで色々だよ」









・・・「・・・」








kenzo・・・「そんなイベント今まで無いだろ?」









・・・「そうですね」










kenzo・・・「お前の弟とか出れば面白いのに








・・・「四元兄弟、白山兄弟でブラザーチームですか?」








kenzo・・・「おもしろいじゃない」









・・・「KENZOさんとお父さん、KEIGOとお父さん、マナヤと田渕さんのファミリーチームの方が盛り上がりますよ」










kenzo・・・「それだったら母親連れて行くよ」









・・・「何となく見えてきました」









kenzo・・・「・・・」









・・・「紅白歌合戦みたいな感じですね?」










kenzo・・・「・・・」









・・・「演歌の大御所から、AKB、ゴールデンボンバーもみたいな、、、。」









kenzo・・・「まあ、色々が一同にカットするわけだよ」










・・・「じゃあ北島三郎のノリでKenzoさんも有りじゃないですか?」










kenzo・・・「俺にふるなよ」








・・・「審査も批評も無いけどってどうなんですかね?」








kenzo・・・「なんで?」








・・・「先日のコンペテションで大阪から来た2人は、終わった後、批評とチェックしてほしかったみたいだったんです。せっかく大阪から来てましたし、、、。」








kenzo・・・「趣旨が違う。ただ、あの2人は凄く良かったよ将来性を感じたよ。お前の弟はホントに上手いよな」










・・・「・・・」










kenzo・・・「それと、審査はするんだよ。賞金10万円だすんだから」











・・・「審査基準は?」











kenzo・・・「どんだけ楽しんでカットしていたか?だったりしてね」











・・・「・・・」










kenzo・・・「ステージで切るという機会は普通の美容師には中々無いだろ?」










・・・「まあ」









kenzo・・・「PARIS時代、パリコレや世界中でのデモツアーなどのスタジオワーク終わった後、サロンワークに戻るととっても楽だったのよ」








・・・「・・・」








kenzo・・・「当時は必至だったけど、振り返ってみるとそうなんだよ」








・・・「・・・」








kenzo・・・「ステージで切るという経験はサロンワークに必ず繋がるんだよ」








・・・「・・・」









kenzo・・・「今回は、デモでもない、コンテストでも講習でもない。ハードル下げた一歩からだよ」







・・・「何となく理解してきました」







kenzo・・・「・・・」








・・・「やはりエフィラージュの紅白歌合戦に近いですよね」








kenzo・・・「・・・」








・・・「紅白の様に、出場する人(チーム名)を早めに告知した方が良さそうですね」








kenzo・・・「・・・」








・・・「あと、出場する順番も重要ですね」










kenzo・・・「それもだけど、地域性をもっとだしてほしいんだよ」







・・・「・・・」







kenzo・・・「沖縄チーム、九州チーム、大阪チーム、地方が東京にVSでも良いからでてきて、エフィラージュの使い手がこんな所にもいますよ。的なね」








・・・「エフィラージュでつながっている訳ですから、仲間になるチャンスでもあるし、久しぶりに会う奴もいて懇親会的な感じも狙っている訳ですね?」








kenzo・・・「できればね」








・・・「8割がた趣旨が納得できましたが、いつもの事ですが言葉が足りないですよ。。。」










詳細は 21blog でそのうち告知されると思います。







.
コメント