ある美容師の考察

自分が自分をあきらめず、一歩一歩休まず、美容師を全うしたい男のブログ

年月

2015年06月28日 | 映画、美術、芸術、古典芸能

こうしてみると私もつくづく爺さんになってるんだなぁ〜と、、、。







しかし、僕らの若い時代は彼らのお陰でエネルギッシュだったんだ。






























コメント

百年法

2015年06月27日 | 日記
永遠の若い肉体を維持できる代わりに、100年後死なければいけない法律。99年たって政治家は、、、。




政治家、官僚、マスコミに踊らせられる国民と重ねあわせて読んでも面白い。











こういう本は2度読みしないけど、2回目読んで更に面白かった。





百年法
コメント

福岡講習

2015年06月25日 | カット
カットモデルを撮れた分だけアップします。




ビフォーが無いのでアフターだけですが、、、。










































コメント

一息

2015年06月18日 | ブログ
最近、ちょっぴり忙しい。。。






急なキャンセルが有ると、1時間はゆっくりできると嬉しくなる






私は、、、







やはり金儲けに向いてないと思うんですね。







コメント

なるほど

2015年06月17日 | ブログ





コメント

60分パーマ

2015年06月12日 | ブログ
今日はオルガインターナショナルの新しいGMTを使って60分パーマにチャレンジ







プレカットして








水巻後、GMTアクティブ(ph5、還元濃度4%)











ローパーム3分+自然放置5分








スポイトで中間水洗後、2液5分+10分








ロッドアウト

















思ったより、しっかりかかった気がする。





水洗後、タオルドライしてもウェーブダウンしてない









アフターカット












今までのGMTは、パサつきとウェーブコントロールが気になってたけど、PH5でこのくらいパーマかかり、更に60分以内にパーマが終るなら使える。と思った。

コメント

エネルギー

2015年06月11日 | 日記
月曜日は東京講習だった。





気仙沼から久しぶりに玉木氏来られて逆に元気を頂く。






浜松から元気はつらつ鶴田さんにも元気頂く。






というより、受講に来られる人たち全てがモチベーションが高い人達なので皆さんから元気を頂きました 😏 






コメント (2)

弱い

2015年06月10日 | ブログ
99%の美容師が、お客様に支持される美容師。とか、人気のある美容師。が上手い美容師と答え、そこを目指しているのであろう。。。








では、








職業は違うけれども、生存していた時のゴッホは上手い絵描きでは無かったのか?









この問いは、海外で生活した事が有る人や勉強した人にしか分からないだろうと思います








だから日本の美容師の99%は分からんのだろうと、、、。









あらためて問う











ゴッホは上手い画家では無かったか?










あなた方が上手い美容師と思っている美容師は本当に上手いのだろうか?










いや、これは










実は、私の劣等感なんです。









私はサロンワークにおいて美容師と勝負して負ける気がしません。ですから、何処だろうと人がいる所であればやっていける。という自信があります










ですから、何の接点も無い東京にサロンをだすことも怖くありませんでしたし現実生き残れています。










これは、お客様に少なくとも評価される事が前提になっています










レストランでお客様が、メニューにある商品を希望されたら何でも他の料理人より美味しくだせる自信があるのと同じです










ただし、お客様が何が食べたいと注文してくれないと料理をだすことができないわけです。。。











日本の美容師はコレと同じことで、この考えの中で切磋琢磨して自分が上手いと思っているのです。










では、ゴッホが絵を描く時もお客様の希望にあった絵を描いていたのでしょうか?










そうなんです











私の劣等感の原因は、、、。










私には、ゴッホの様に世間と関係なく創作活動に邁進できる勇気もセンスもないのです。










だから、辛いのです。



コメント

東京にある100年人が立ち入らない森

2015年06月07日 | ブログ
100年前の壮大な実験。明治神宮の人工の森




荒地に日本全国から10万本の植樹、その後は人の立ち入りを禁止して自然に任せるプロジェクト




自然は連鎖していくのだなぁ~、、、凄いなぁ~。。。







コメント

終戦の1年以上前に

2015年06月06日 | ブログ
次郎物語を読んで、下村湖人、田澤義鋪 を知る事になった。








幼少の李登輝に影響を与えた下村湖人










戦後復興に大きな役割を果たした地方の青年団の誕生と教育に力をそそいだ田澤義鋪









さらに田澤は、終戦1年以上前、四国善通寺での講演の際、日本軍の勝利を信じる聴衆を前に「敗戦はもはや絶対に避けがたい」「この苦難を通らなければ平和は来ない」と言ったそうだ。








次郎物語には、この2人のしたことが書かれている。









素晴らしい教育方針で、少し抜粋してみる







「君の覚悟は、なるほどいい覚悟だが、しかし、そういう覚悟は、何かとくべつの場合の覚悟で、日常の生活を建設するための覚悟ではないようだね。第一、自分というものをあまりに軽んじすぎている。というよりは、自分の力を惜おしみすぎている、と言ったほうが適当かもしれないがね。」
「それはどうしてです? ぼくは――」
 と、田川は、ふるえる唇くちびるをつよくかんだあと、
「ぼくは軍隊生活をやって来た人間ですが、自分の力を出しおしみしたことなんか、一度だってなかったんです。これからもないつもりです。ぼくは、今日、平木中佐殿どのが言われたように、なにごとにでも死ぬ覚悟でぶっつかるつもりでいるんです。なまぬるいことは、ぼく、大きらいです。」
「よろしい。私は、だから、それはそれとしていい覚悟だと言っているんだ。しかし、君はだれかに鍛えてもらうことばかり考えて、自分で自分を鍛える努力を惜しんでいるんではないかね。」
「そんなことはありません。ぼくは、自分を鍛えたいと思ったからこそ、自分で希望して、わざわざ遠い田舎からこんなところにも出て来たんです。」
「しかし、自分の生活のことを自分で考えてみようともしないで、人に計画してもらおうとしているんだろう。それで自分の力を惜しんでいないといえるかね。」
・・・・・
・・・・
・・・
・・


塾生たちのある者にとっては、朝倉先生のそうしたやり方が、非常に皮肉に感じられた。
「気がついているなら、すぐそう言ってくれたらよかりそうなものだ」と、そんな不平をもらすものもあった。また中には、「先生は要するに指導者でなくて批評家だ」などと、したり顔に言うものもあった。しかし日がたつにつれて、しだいにかれらの間に取りかわされ出したのは、「ひまなようで、いやに忙いそがしい」とか、「しまりがないようで、変にきびしい」とか、そういったちぐはぐな気持ちをあらわす言葉だった。
 かれらの大多数は、まだむろん、人間生活にとっての自由の価値や、そのきびしさについて、ほんとうに目を覚さましていたわけではなく、友愛塾というところは一風変わった指導をやるところだぐらいにしか考えていなかった。しかし、それにしても、そうした言葉が、しだいにかれらの間にとりかわされるようになったということは、たしかに一つの進歩であり、混乱と無秩序むちつじょの中で、不十分ながらも、何か自主的創造的な活動が始まっている証拠しょうこにはちがいなかったのである。










戦後70年経っても、「自分のことを自分で考えてみようともしないで、人に計画してもらおうとしているんだろう」という若者ばかりなのである。。。












コメント

笠森寺

2015年06月02日 | ブログ
関西時代から行きたいと思っていた笠森寺






やっと来れましたよ














この寺の凄い所は、四方全体が懸造りだという事













懸造りは、京都の清水寺が有名ですが、四方懸造りが笠森寺



































やっぱり寺は木造じゃないとダメだなぁ~って再確認。

コメント

平和を守るには

2015年06月01日 | ブログ
純粋に、純粋に、





国防を願い実践するならば、






絶対に原発は始末しなきゃいかんですよね。






原発並べて自衛戦争はできない
コメント