ある美容師の戯言

今回は、美容師という職業で悟り?を学ぶ男のブログ

現代の日本の指導者って、

2011年01月31日 | ブログ

 

日本代表おめでとう、そしてありがとう

 

点を取ってからの最後の10分は、18年前のドーハ(18年も経ったとは思えん)がよぎりドキドキでしたが、その分楽しませてもらえました

 

久々に良いものを見せてもらった。

 

 

 

しかし、ザッケローニ監督は良い仕事しますね~

 

 

やはりトップ(司令官)って、重要なんですね

 

 

アホな政治家ばかりの中から、腑抜けな総理を選ぶくらいなら、

 

 

いっその事、日本の総理大臣も外国から来てもらった方がいいんじゃない?

 

 

私的には、李克強にでも来てもらえたら、、、(あ! 中国人の総理だと日本消滅?)

 

 

 

 

 

コメント

大人気ない?

2011年01月30日 | 会話

 

メーカー営業・・・「 今回、提案があって来たんですけど聞いていただけますか? 」

 

 

・・・「 何の提案ですか? 」

 

 

メーカー営業・・・「 リターン率100%を目指すプロジェクトです 」

 

 

・・・「 ・・・ 」

 

 

メーカー営業・・・「 この薬剤を使って、新しいメニューを作っていただきます 」

 

 

・・・「 ・・・ 」

 

 

メーカー営業・・・「 2~3000円のプチプライスで提供するトリートメントです 」

 

 

・・・「 ・・・ 」

 

 

メーカー営業・・・「 定期的にする事で安定した手触りを提供できます 」

 

 

・・・「 ・・・ 」

 

 

メーカー営業・・・「 カラーだけのお客様でなく全てのお客様に提案してもらう事もできます 」

 

 

・・・「 ・・・ 」

 

 

メーカー営業・・・「 ですから、あーだ、こーだで、あーだこーだ 」

 

 

・・・「 一言、気になること言っていい? 」

 

 

メーカー営業・・・「 はい、何でしょうか? 」

 

 

・・・「 貴方の髪の毛、ボロボロですよ 」

 

 

メーカー営業・・・「 え!、、、 」

 

 

・・・「 一回じゃ無理だけど、俺が綺麗にしてあげようか? 」

 

  

メーカー営業・・・「 ・・・ 」

 

 

・・・「 どんなことすれば、そこまでボロボロになるの? 」

 

 

メーカー営業・・・「 いえ、それは、、、 」

 

 

・・・「 練習代にでもなってるの? 」

 

  

メーカー営業・・・「 いえ、有名な美容室でしてもらっています 」

 

 

・・・「 貴方はプロでしょ、本当にそのレベルで満足してるの? 」

 

 

メーカー営業・・・「 ・・・ 」

 

 

・・・「 少しは考えた方が良いよ 」

 

 

 

と、アドバイスのつもりで言ったら、、、

 

泣かすつもりじゃなかったんですけどね、、、

 

ごめんなさいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

職業 2

2011年01月29日 | 日記・エッセイ・コラム

しかも、適職を。

 

つづく

 

数ヶ月働いて、やはり自分がしたかった事は他の仕事だった。と転職する人がいる

 

 

自分を1番良く知る自分 が、導き出した答えに反論するように、、、

 

 

職場は変えても、職種は変えるべきでないと私は思う

 

 

少しだけ働いて、その職業のことを知ったつもり、いや勘違いして捨ててしまう事ほど浅はかなことはないと思う

 

 

やはり、職種の判断の目安は3年なのだろうと考える?

 

 

そこには、自分の人生がかかわっている。一生を左右する可能性を多分に秘めている

 

 

だから、職場は変えても職種は変えるな。と言いたい

 

 

 

 

①人間関係

②技術的な伸び悩み

③職場の仕事に関する考え方、方向性の違い

④雇用環境 

⑤やる気は有るけど結果が出せない(負け続けると好きなものも嫌いになる)

 

 

 

仕事は好きだが以上の問題がでてくると辞めたくなったり病んだりする

 

 

 

美容室の場合、おなじ美容師ではあっても

 

サロンの経営者によって仕事に対する考え方、方針は違う

 

自分を良く知る自分が導き出した答え

 

 

職場は変えても職種(美容師)は続けてほしい

 

 

それが、未知なる自分に会える最短の方法であり、

 

 

 

人は、何で生きるのか?

 

 

 

人は、何の為に生まれてきたのか?

 

 

 

ただ、この世に誕生して、大人になり子孫を残すことしか出来ない動物よりも、人間はそれにプラスして、

 

心が満たされる。という幸せを得る(体感)こともできる

 

それは人間だけの特権なのだから。

 

 

 

 

 

コメント

職業 1

2011年01月27日 | 日記・エッセイ・コラム

 

私の友人Aは、清掃職員に就職した

 

友人Bは、電電公社(後のNTT)に就職した

 

弟は、国税局に就職した

  

私は、美容師を選択した。

 

 

私は、清掃職員、電電公社、税理士に興味は無かった

 

 

別に、これといった理由はない。ただ美容師を選択した

 

美容師になりたかったわけでも、美容に関係のある家庭環境でもないのに何故か美容師を選択していた

 

終身雇用制で男女雇用均等法もない時代で、会社に就職する = 定年まで会社が面倒みてくれる

 

が常識だった。

 

 

 

だから、大手の会社に就職する = 自分の人生は安泰

 

の時代だった

 

 

 

バブルも始まり、会社勤めの友人たちと私の環境は天と地ほどに開いた

 

厚生年金は無い。終身雇用でも無い。将来安泰でも無い。給与は安い。ボーナスなんてとんでも無い。休暇も無い。正月、お盆も稼ぎ時で帰れない。就労時間は長すぎる。

 

友人に、そんな極悪環境で良く働けるねー、、、って小馬鹿にされることがあった

 

 

 

彼女がつくりやすい以外は、何一つ自慢できるものが無かった。

 

 

 

だから、美容師をしている事を言えるのは数少ない友人のみになった。

 

 

 

何故、私は美容師という職業を選択したのか?

 

 

 

当時、そんな事を良く考えるようになった

 

 

 

もちろん、なりたい職業がなく 「 音楽が聞けて、服装が自由、髪型が自由、女性の多い職場、冷暖房の中、汗をかかない仕事 」に当てはまる職業を探して美容師を選択したのだが・・・(痛男)

 

だが真面目に、美容師を選択した自分の心が導きだした答えが何故に美容師だったのか?

 

を考えるように、、、

 

結論からいうと当時は答えがでなかった

 

その後、28歳で独立開業して普通の人よりお金が入り、家まで買えるようになった。時代は不景気に突入して数年、終身雇用制は無くなり仕事に対する環境は激変した

 

 

 

時代が私に向いてきた。と感じた

 

 

 

そして、私が美容師を選び、28歳で独立する時、開業する場所を選んだ時も、

 

 

全てに意味は無かった

 

 

ただ、 “勘” という答えにしか結びつかなかった。

 

 

自分の勘 = 美容師

 

一般的に、

 

勘 = 不確かなもの

 

であるが、私が人生の岐路にたった時、信頼するものは “勘” のみになっていた。

 

少なくとも40歳まで外れた事は無い・・・(東京に来た事の答えは、まだでていない)

 

 

私が思うに、誰しも当てはまる事だと思う

 

だから、

 

 

 

“ 第一志望の職業は、自分に適した職業である ”

 

 

 

ということ。

 

今まで生きてきた自分の考え、趣向、体力、楽しさ等を、脳が集計し最適な職業へと導きだすのではないかと、、、

 

一般常識の人達に労働時間、給与、休暇、などバカにされても、働いている時は楽しかったし自分にとって不満はなかった・・・(勿論、雇用状況が良いにこしたことは無い)

 

ということで、

 

誰もが、第一希望の職種は自分に最適な職種である。という結論がでたわけだ

 

ロッククライマーの指先が曲がり、岩に指がかかりやすくなったと喜ぶ人がいる。私は、岩に登るなんて幾らお金をもらっても、、、

 

でも、彼らにとってクライミングしている時は幸せで楽しい時間。もし私にクライミングを課せられたら苦痛の時間

 

他人に嫌われても、自分の直感で選んだ職業は適職なのだ

 

 

 

 

 

自分で選んだ職業である。

  

 

 

 

 

だれに強制的に働かさせられているわけではないし、強制された職業ではない。最終的に選択したのは自分なのだ

 

 

 

 

 

誰のせいでもない。自分が職業を選択したのだ

 

 

 

 

 

しかも、適職を。

 

つづく

 

 

 

 

コメント

東京講習前半のお知らせ

2011年01月26日 | カット

 

ュ東京講習前半が始まるまで、後2カ月ありますが有り難い事にカットモデルトレーニングの申し込み者が定員になりましたので、

 

前半(3月、4月、5月)のカットモデルトレーニングの受け付けを終了致しました。

 

申し込まれた方、有難うございました

 

また、ウィックでの受け付けは少し空きがありますので申し込み希望の方は早めにお申し込みください。こちらも定員になり次第終了させて頂きます

8_2

 

受講者が増える事は良い事でありますが、アジャンス21にとって重要な事は、

 

 

 

テクニックやスタイリングで終わらず、エフラージュのテイスト、エスプリ(スピリット、生きざま)を伝えていくこと  

 

 

 

なのです。

 

 

受講する方達(人数)に対して、私達のスキルが小さくなる事は絶対に避けたいわけです

 

ですから、

 

ただ講習をやるというよりは、内容の充実が大事である。と考えていますので、今回受講できなかった方々は御了承ください。

 

 

 

 

 

コメント

やはり本当なのか?

2011年01月23日 | 日記・エッセイ・コラム

 

2010年理美容サロン向けの業務用化粧品主要メーカーの年商ランキング(美〇販情報)

 

1位  ミルボン           188.96億円

2位  アリミノ             88.00億円

3位  P&G(ウエラのみ)              84.00億円

4位  資生堂プロフェッショナル   79.85億円

5位  ロレアル       
(ロレアル.ケラスターゼの合算)  79.50億円

6位  ルベル                                 75.00億円

7位  シュワルツコフ                    65.30億円

8位  デミコスメティックス            49.00億円

9位  コタ                                      48.30億円

10位 中野製薬                             38.00億円

 

ナプラ、タマリスのデーターは調べれなかったのか?

 

スカルプDが300万本突破しているので、スカルプDだけで 144億円

 

やはり、パブリック市場は桁違いなのか?

 

この数字が疑問なのか?

 

これが本当なら、プロフェッショナル市場って魅力ないと思うのは私だけだろうか?

 

 

 

 

コメント (2)

ブラントカットの弱点

2011年01月22日 | 日記・エッセイ・コラム

 

ブラントカットを極めた人なら、私が今から書くことが痛いほどにわかると思います

 

さらに、技術者オーナーならば尚更。

 

 

 

私は、ブラントカット、フレンチカットと勉強してきて講師活動もできるほどに熟知し、ブラントカットでも他所の美容師に負ける気はしません

 

しかし、ブラントカットを極めた人達は 皆が他所の美容師に負ける気はしない。と考えていると思うのですがどうでしょうか?

 

カット講習を受講しても、講師の人を見下げている自分がいるはずです。

 

それは何故なのか?

 

ブラントカットは、デザイン力 と 切り口 でしか勝負できないからです

 

 

 

 

私がブラントカットしていた頃、常に感じていた事

 

 

 

 

それは、自分のサロンのお客様が ロングヘアーからショートヘアーにばっさり切る時

 

 

または、スタイルチェンジした時

 

 

周りの評判が良かったと喜んでいただける。

 

 

喜んでいただけるのですが、スタイルチェンジした後の2回目のカットは、他所の美容師でもマネできる

 

 

前回、私が時間と手間暇をかけて創りあげた未知なるヘアースタイル

 

 

やっとの思いでつくったヘアースタイル

 

 

1ヶ月後、他所の美容室で伸びた分だけ切ってください。

 

 

 

 

 

 

ベースができてる

 

 

 

 

 

 

 

似たような切り方

 

 

 

 

 

 

 

 

そこそこの美容師なら、マネできないわけがない。

 

 

私が他所の美容室との違いを表現できるものは何なのか?考えた時、

 

 

ヘアースタイルのチェンジ?

 

 

ヘアースタイルの持ちを良くする為に、切り口の正確なカット?

 

 

ハッタリ?

 

 

 

 

それしかない

 

 

 

 

 

そんな不安なもので、これから先の美容師人生を生きていけるのか?不安は常につきまとう

 

 

そんな不安な気持ちで日々を過ごしていた(12坪のサロンで700万突破した時も消えなかった)

 

 

だから、それは美容師を続けている以上避けられないのだと思っていた。

 

 

 

 

 

しかし、それは違った

 

 

 

 

 

クープ・エフィラージュに出会って良かった

 

 

誰にもマネのできない技術

 

 

スタイルチェンジした後でも、マネのできない技術

 

 

唯一無二の技術

 

 

このスタイルも 2,3ヶ月後、30分足らずで同じようには誰にも切れないのだ

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

コメント

ちょうど良い大きさ?2

2011年01月20日 | ブログ

 

福岡空港から電車15分ほどで、中心地の天神につく

 

天神から船乗り場も然程遠くない。

 

壱岐と同じく、丁度良い大きさ?

 

天神から、路上にあがりサロンまで歩く

 

福岡の女性は綺麗でオシャレに感じる。もちろん東京も負けているはずはない

 

だけど、

 

 100人に1人のオシャレな女性がいるのと、

1000人に1人のオシャレな女性がいるのとでは、

 

 

目立ち度が違う

 

 

東京で5時過ぎに井の頭線に乗ったが、座れる所などあるはずも無く既に満員状態

それに比べ、ラッシュ時間の天神での乗降者の数の違いは明らか

 

 

・・・「 良いですねぇ~1人勝ちできますやん 」

 

kinoさん・・・「 何がです? 」

 

・・・「 天神には、質を売る全ての要素が備わっていると思いますよ 」

 

kinoさん・・・「 ・・・ 」

 

・・・「 バランスがいいんですよ 」

 

kinoさん・・・「 ? 」

 

・・・「 町の広さ、若者の数など、、、 」

 

kinoさん・・・「 ・・・ 」 

 

・・・「 わかり易くいうと目立ち度ですかね 」

 

kinoさん・・・「 目立ち度 」

 

・・・「 街中を、少し歩きましたが綺麗な女性やデザインしやすそうな女性が多いですやん 」

 

kinoさん・・・「 まあ、博多は西よりなんで関西に似てますね 」

 

・・・「 でも、やっぱりヘアースタイルがいけてない人多いです 」

 

kinoさん・・・「 ・・・ 」

  

・・・「 ヘアースタイルに関しては東京よりひどい 」

 

kinoさん・・・「 でも、天神も美容室多いですよ 」

 

・・・「 ・・・ 」

 

kinoさん・・・「 ・・・ 」 

 

・・・「 東京はデザインしても目立ちにくいんです。1000人に1人より100人に1人の方が目立つでしょ? 」

 

kinoさん・・・「 そうですね 」

  

・・・「 天神の町は大きすぎないから目立つんですよ 」

 

kinoさん・・・「 ・・・ 」

 

・・・「 カットモデル切りまくりましょう 」

 

kinoさん・・・「 ・・・ 」

 

・・・「 デザインしたカットモデルを、天神の街中に100人ほど送り込めば結果がすぐにでそうです 」

 

kinoさん・・・「 そうなんですかねぇー 」

 

・・・「 こんなカットスタイルを何処の美容師がマネできますか? 」

 

kinoさん・・・「 無理ですね 」

 

・・・「 でしょ。美容室は多くても切れる美容師がいないんですよ 」

 

kinoさん・・・「 そうですね。できないですね 」

  

・・・「 天神放流計画!どんどん、デザインしまくって放流しましょう 」

 

kinoさん・・・「 面白そうですね 」

  

・・・「 こっちも下北沢で2年間、カットモデル切り続けましたが人波に消されちゃうんですよ。東京は町も分散しているから10000人ぐらい街中に送り込まないとダメな気がする 」

 

kinoさん・・・「 吉祥寺、自由が丘、銀座、表参道などまちまちですものね 」

  

・・・「 琵琶湖ですよ、少し放流してもダメ。天神は池ですやん 」

 

kinoさん・・・「 確かにコンパクトですね 」

 

・・・「 そんな東京でもボディーブローのように確実に進んでますからね 」

 

kinoさん・・・「 ・・・ 」

 

・・・「 だから天神は、もっと早いはずです 」

 

kinoさん・・・「 ・・・ 」

  

・・・「 それとジャンルを分けて送り込めば良いですね 」

 

kinoさん・・・「 と、いいますと、、、 」

 

・・・「 ロック、キュート、エレガンス、フェミニン、モテカワ系などモデルの服装メイクを見て外さないでデフォルメするんです 」

 

kinoさん・・・「 色んなジャンルですね 」

 

・・・「 そうです 」

 

kinoさん・・・「 四元さん、モテカワ系するんですか? 」

  

・・・「 しますよ。好きですもん 」 

 

kinoさん・・・「 たしか、叶姉妹の姉の髪型も好きと、、、 」

 

・・・「 巻き巻き大好きですよ 」

 

kinoさん・・・「 それ、少しショック 」

 

・・・「 町の大きさが小さすぎると人が集まらない。大きすぎると目立たなくなる 」

 

kinoさん・・・「 福岡市は独身が多いんですよ。新婚さんなどは家賃補助があるぐらいです 」

  

・・・「 良いですねー 」

 

kinoさん・・・「 ・・・ 」

 

・・・「 kinoさんのサロンは、天神のど真中だから面白いよ 」

 

kinoさん・・・「 まあ、そうですね 」

 

・・・「 目の前のアップルが良いですね。説明しやすい 」

 

kinoさん・・・「 そうです。説明しやすいです 」

   

・・・「 でも、ココの美容室は看板とか無いからわかりにくいですね。通り過ぎました 」

 

kinoさん・・・「 ・・・ 」

   

コメント

ちょうど良い大きさ?

2011年01月19日 | 

 

せっかく福岡まで行くのに何処にも行かず帰るのも、、、

 

勿体ない。

 

ので、壱岐に行ってきました

 

 

 

福岡市内天神をウロウロして感じた事、講習で感じた事などは後ほど書くとして、、、

 

 

 

今回は壱岐の一人旅と感じた事を書きたいと思います

015

 

朝7時にホテルを出て

001_2

 

博多埠頭へ

004

 

ジェットフォイルで1時間海を走ります

005 006

 

9時に到着して、帰りの船が5時頃なので、レンタカーを借りて壱岐全域を周りたいと計画しました

 011

 

まず、壱岐一支国博物館へ向かい壱岐を勉強させてもらいます

008

 

昨年開館した博物館だそうですが、研究員の人達や発掘作業の方たちは別として、ココで働いている若者に違和感を感じる?

010

 

昼食は、アズミ推薦の壱岐牛(うめしま)か、海鮮(はらほげ食堂)か、で悩んだのですが、

壱岐牛で、、、(アズミは壱岐出身)

これは、めっちゃ×10倍美味しかったです・・・(でも、ココでも働く人達に違和感を感じる)

012

 

腹ごしらえをしたら、ドライブ再開

013

014 016

 

 

島の直径は約20キロほど、一周まわろうと車を走らせながら気づいた事は、畑や田んぼの手入れがキチンとされている。荒れてる畑は無い?

018_2 007_2 019

 

こんなに狭い畑も綺麗に耕されている

021

 

そうこう考えながら次の目的、温泉へ

湯ノ本温泉でも、数件あるので何処に入ろうか?

030 028

 

タオルや入浴セットを持っていないので準備されてる国民宿舎が無難かと思い入ってみると、40年前天皇陛下御夫婦がお泊りになったと写真が飾ってあった

026 027

 

でも、40年の歳月がこれほどに泣き泣きになるのか?建物は、まさに 崩れ得る美 の真逆、廃墟?

 

でも、温泉は良さそう

023

 

さらに、貸し切りの独り占め(廃墟でも?これは最高だった)

くつろぎながら、先ほどの違和感を私なりに考えると、やっぱり都会との差なのかもしれない?鹿児島でも感じる違和感と似ているから、、、(私は観光地以外の田舎では生きれない?)

もう、ボチボチ帰らないといけない時間がきてしまった

024

 

帰り道も、少し寄り道して、海をしばし眺める

032

031

 

短い旅は終わった

035

 

壱岐は、離島だから限られた土地になる。

 

土地が大事に使われ、道も隅々まで綺麗に舗装されていた

 

島の大きさに住民の数が、まだ足りているのだろうか?

 

私の田舎(鹿児島)は、過疎化が進み不耕作地ばかりだ、、、(泣)

 

道に畦道にもゴミが落ちていない事にも感心するし、家も普通の家並みだけど、玄関先などの掃除が行き届いているように感じた

 

何となくではあるが壱岐には  品  というものを感じた。

 

海という境界線が作り上げたものなのかもしれない

 

 

 

 

 

 

コメント

明日は博多へ

2011年01月16日 | ブログ

 

明日17日、 博多にカット講習に行きます。

 

メールチェックしていると、、、

 

 

明日は、お世話になります。

1.空港からタクシーでマシューまで。
「国体通りと西通りの交差点のアップルストア、ツタヤまで」約2000円弱だと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
寒さ対策はしておいた方がよさそうです。

では、明日よろしくお願いいたします。

スタッフは10時少し前から待機だと思います。

きのした

-

 

 

 

Matthew====================
Ya/////i K///
Mail::////////////@///com
URL::http://m////////////////o
==========================>>

了解しました。10時頃には着くと思いますが、遅れたらはじめてください。それと、気になる人が1人いるので声をかけてみます。見学は禁止でしょうが、もし来たら5000円でお願いします。
>>

 

 

 

---- Original Message -----
From: "//////////" m//////////////////////@//////m
To: "real clothes" <spfp26w9@juno.ocn.ne.jp>
Sent: Sunday, January 16, 2011 10:59 AM
Subject: Re: 明日の件

> 四元さん経由の美容師さんの件、了解しました。
>うちのスタッフもモデルを連れてこれないものは参加させません。意味ないですから。
> だから参加者は誠と私のみです。(悲)
> あとは元スタッフと大分、熊本も参加になりました。
>
> きのした

 

 

 

>----- Original Message -----
> 2011年1月16日10:34 real clothes <spfp26w9@juno.ocn.ne.jp>:

いやいや、せっかくですから、見学だけでも良いのでマシューのスタッフ全員参加できませんか?


僕の講習は、営業に特化した講習で、KENZO、KEIGOのトレーニングとは、また違ったアプローチですから、アシスタントの方が上達が早いぐらいですから、、、


まだ木下さんの知らない私を見せますので、とりあえず言うだけ言って見てください。

 

 

 

博多近辺の美容師さんも、興味があれば明日見学に来てください。

「四元のブログ見てきました」と言ってもらえれば、5000円で見学できます。

10時~12時までウィックで基本講習、13時からカットモデル10人近く切ることになるでしょうから、色々見れると思います

場所は、Matthew(岡市中央区大名1-1-46彩文ビル2F)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

リンスフリーシャンプー

2011年01月14日 | 日記・エッセイ・コラム

 

 

ふとした事から、シャンプーをプロディースする事になり青山スパイラルにてプレゼン。

 

 

 

できるか?できないのか?

 

は、別として、

 

私達の話を、大人世界にすむ人達にお話しすることになりました

 

自分が係わるのであれば、

 

誤った常識を覆す仕事がしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

今回の出来事は、

 

お客様の要望、意見を元に商品企画しているケースと、プロの意見から商品を企画する場合にしても、それは多分に東京でおこなわれているのだと実感。

 

関西にいる時には縁のない所と興味さえなかった世界

 

しかし、東京には不可能とあきらめていた事でも、ビジネスと成立する可能性さえあれば聞いてもらえることになるのだ、、、

 

そこで、

 

私達が美容界に一石を投じるものとは、

 

 

シャンプー

 

 

というより、リンス、コンデショナー、トリートメントの抹殺です。

 

 

あらゆるメーカーが、

 

シャンプー & リンス

シャンプー & トリートメント

シャンプー & コンデショナー

 

と、セット販売

 

 

 

誰が、シャンプーの後にリンスを、トリートメントをするように仕向けたんでしょうか?

 

 

 

それは、美容商材メーカー です

 

 

 

メーカーは売り上げを上げる為に、リンス、トリートメント、コンデショナーという新しいマーケットを誕生させました・・・(それどころかサロン向けに強力なコーティングトリートメントの押し付けも進んでいる?)

 

ものの見事に消費者や美容師は騙され、シャンプーだけでは髪に悪いように錯覚しています。百歩ゆずって昔の時代、リンスが必要だったとしても現代社会においてリンスフリーシャンプーは可能です

 

未来の子供・・・「 昔は、シャンプーした後にトリートメントしてたんだって? 」

 

未来の親・・・「 そうよ、シャンプーを石油で作っていたから必要だったのよ 」

 

未来の子供・・・「  」

 

数年後、トリートメントフリーが常識になるよう今回頑張ってみようと思います。

 

 

本来、水にこだわり、洗浄成分にこだわり、コストと手間を惜しまずシャンプーをつくることができれば、リンスやトリートメントなどは不要の産物になるはずです

 

 

ですが、美容商材メーカーが、わざわざ自分たちが苦労してつくったマーケット(トリートメント市場)を壊す事をするはずがありません。

 

ですから、私の考えが実現することは無いと思っていました

 

ところが、テレビショッピング、通販等の新たな販売ルートが生まれた今、先進気鋭のメーカーは商品が良いもので消費者が喜ぶものであるならば、今まで無理と考えられていた製品でも作りたいと考えているらしいのです・・・(スカルプ〇の成功が追い風?)

 

 

私達が考えるシャンプーは、コストが高く値段も当然高くなります(200mlあたり3000円?)

 

しかし、赤ちゃんでも、アトピーでも飲んでしまっても安心なシャンプーで、頭皮髪改善能力を持つシャンプー

 

・ 癖毛は弱まり

・ ハリコシがでてきて

・ 寝癖がつきにくい

・ アトピー、頭皮敏感症でも使用でき

・ 体臭がなくなる

・ 安心で安全

・ トリートメント、リンスを使用していなくても髪のコンデションが良い

・ ヘアースタイルのまとまりが良い

・ 余分なスタイリング剤をつけないですむので、パーマ、カラーなどの仕事がスムーズに進む

 

 

そんなシャンプーが誕生すれば、トリートメントに費やしていた金額をシャンプーにシフトしても十分に元が取れると思う

 

 

何十倍にも良い事があるのです。

 

 

 

 

ただし、色々な問題やリスクもありますので実現するかは不明なんです。

 

 

 

コメント

美容師は甘いな

2011年01月13日 | 会話

 

kinoさんと表参道で落ち合い、それから大人な世界の人達7人で〇〇製品製造の打ち合わせ 

 

その後、リアルクローズでkinoさんの髪をカットしていると、

 

 

kinoさん・・・「 今日は友人と久しぶりに会うんだ 」

 

 

・・・「 仲間は良いですね 」

 

 

kinoさん・・・「 音楽って聞きますか? 」

 

 

・・・「 まあ、普通に、、、 」

 

 

kinoさん・・・「 一緒に行きません? 」

 

 

・・・「 いやいや、何の縁も無いのに、、、 」

 

 

kinoさん・・・「 大丈夫です。1人は新美容出版に勤めているんですよ 」

 

 

・・・「 そうなんですか 」

 

 

と、誘われるままに新宿へ。その後の事は コチラ で、、、

 

その2人の友人を紹介されたわけですが、2人とも音楽通、kinoさん含め3人オタク、、、

 

さっぱり訳がわからない話ばかり、、、

 

すると、音楽評論家の自宅?のスタジオへ行って音を聞く事に、、、

 

Img_0398

 

こんな棚が裏にもズーっと続き、、、ここはショップより凄い

 

Img_1376

 

ビートルズならレコードの音が良く分かるという事で、1965年のシングルレコードを聴きます。

 

が、ビックリです。

 

ビートルズって凄い!って、、、

 

音楽評論家・・・「 当時の人達はこの音で直接聴いていたんです。影響力ありますよね 」

 

・・・「 あるある 」

 

Img_7518

 

音楽評論家・・・「 最近のCDも中々なんですよ 」

 

・・・「 そうなんですか 」

 

Img_0266

 

・・・「 これ書いてるのって? 」

 

音楽評論家・・・「 私です 」

 

・・・「 凄いですねぇ 」

 

音楽評論家・・・「 それが仕事ですから 」

 

・・・「 そうですよね 」

Img_1317

 

 

こういう人と出会うと、やっぱり美容師は勉強不足だし、怠け者の集団ですね

 

 

 

コメント

年を重ねる 3-2

2011年01月12日 | 会話

 

店長・・・「 兄ちゃんの仕事見てて思ったんやけどな 」

 

つづく

 

・・・「 はい 」

 

 

店長・・・「 客の言う通りに仕事したらアカンで! 」

 

 

・・・「 え? 」

 

 

店長・・・「 1を聞いて10を悟らな 」

 

 

・・・「 ? 」

 

 

店長・・・「 今日の場合やったらな 」

 

 

・・・「 はい 」

 

 

店長・・・「 耳の真ん中あたりで真っ直ぐに切ってくれ。って言ってはったやろ? 」

 

 

・・・「 はい 」

 

 

店長・・・「 段を入れないでって言われても、セニングでラインをぼかすとか勝手にしなアカン 」

 

 

・・・「 そうなんですか? 」

 

 

店長・・・「 大阪は、大まかに希望を聞いて、後はプロの私たちに任せてくれるんよ 」

 

 

・・・「 ・・・ 」

 

 

店長・・・「 だから今日は、耳の所で真っ直ぐに切ってくれたら後はアンタの腕にまかせる。って事やったんよ 」

 

 

・・・「 そうだったんですか 」

 

 

店長・・・「 みごとに期待を裏切ったね 」

 

 

・・・「 ・・・ 」

 

 

店長・・・「 段をつけないで。って言いはったんも、段カットは嫌よ。という意味なんよ 」

 

 

・・・「 ・・・ 」

 

 

店長・・・「 ・・・ 」

 

 

・・・「 玉緒様に悪いことしましたねぇ~ 」

  

 

店長・・・「 まあ、いちいち気にしてても仕方ないから明日からしっかり仕事するしかないわな 」

 

 

・・・「 でも、立ち直れそうにありません 」

 

 

店長・・・「 誰でも同じよ。私達にできることは玉緒様が1年後、2年後来てくれはった時を想定して腕を磨いてリベンジするしかないんよ 」

 

 

・・・「 リベンジですか? 」

 

 

店長・・・「 もう2度と来ないと思うけどな 」

 

 

 

 

 

コメント

年を重ねる 3-1

2011年01月11日 | 会話

 

24歳のとき、6年間の修業したサロンを後にして、名古屋から大阪の高槻市に引っ越した

 

高槻駅の商店街の中の美容室でアルバイトという感じで働き始めた

 

大阪で働く初日の出来事で、お客様は50代中年女性(玉緒様と例えます)

 

 

 

 

・・・「  今日はカットですね。どんな感じに、、、 」

 

 

玉緒様・・・「 耳の中間ぐらいの長さに、段を入れないで真っ直ぐ切ってくれる 」

 

 

・・・「 段を入れないで真っ直ぐ切ったら、おかっぱヘアーになりますが良いですか? 」

 

 

玉緒様・・・「 とにかく耳の中ほどで、真っ直ぐ切ってくれれば良いから 」

 

 

・・・「 わかりました、横は真っ直ぐですね。横を真っ直ぐ切って後ろの方までいきますと刈り上げになりますが良いですか? 」

 

 

玉緒様・・・「 つべこべ言わず、さっさと切りなさいよ! 」

 

 

・・・「 !!!!!! 」

 

 

玉緒様・・・「  」

 

 

・・・「 わ、わかりました  」

 

 

 

カットが終わり・・・(火垂るの墓の節子みたいに・・・  」

 

 

 

・・・「 言われたとおりに真っ直ぐに切りましたが、良いですか? 」

 

 

玉緒様・・・「 なんか、、、変ねぇ~ 」

 

 

・・・「 言われたとおり、耳の中間で。真っ直ぐに。段を入れないで切ってあります。バックの真っ直ぐ切った下の所は刈り上げましたよ 」 

 

 

玉緒様・・・「 この真っ直ぐの線は、何とかできないの? 」

 

 

・・・「 段を入れたらダメなんですよね? 」

 

 

玉緒様・・・「 ・・・ 」

 

 

・・・「 言われたとおりに切りましたよ 」

心の声・・・「 俺だってこんな変な髪型の作者になりたくないよ 」

 

 

玉緒様・・・「 もういいわ!この下手糞! 」

 

 

・・・「  」

 

 

 

 

営業が終わった後

 

 

 

・・・「 大阪のお客様は怖いです。今日みたいなお客様の場合はどうしたら良いのですか? 」

 

 

店長・・・「 兄ちゃんの仕事見てて思ったんやけどな 」

 

つづく

 

 

 

 

コメント

気づく事

2011年01月10日 | 日記・エッセイ・コラム

 

parisにそろそろ勉強に行かねば、

 

ならんのだが、、、

 

ただ、生きてるなんて

 

ただ、時間を潰すなんて

 

残りの人生を消化試合にしたくない。

 

年を重ね、目が見えにくくなっても

 

年を重ね、体の無理がきかなくなっても

 

年を重ねるごとに成長し

 

死ぬまで成長し続け生ききる為に

 

私にとって、そのヒントは Paris  にあるから。

 

 

 

しかし、振り返ると関西にいた頃

 

しょっちゅう Paris に通えた事は

 

 

幸せな事だったんだ。

 

 

と知る事ができただけでも収穫かもしれん

 

 

 

コメント