ある美容師の考察

自分は自分をあきらめない。

経過報告

2020年09月14日 | 日記
金曜日に退院するにあたって担当医から「診断書出しますか?直ぐに働けないでしょ?」


って言って頂きましたが、「自分がオーナーなので不要です」とやんわりお断りしました。



従業員の立場だったら1週間くらい休むのでしょうが、、、。



昔、母親に言われた様に「神様はズル休みする人間にはズル休みできない様に良くしてくれてる」と、高校時代ズル休みばかりしていた私を覚えていて言った事が有りましたが本当にそうです。



土曜日から働いてみましたが、ふらつきが有り途中途中辛い時も有りましたが無事終わり、夜は早めに寝ました。



驚く事に、日曜日の朝は、ほぼふらつきが無くなってリハビリって早ければ早い方が良いって本当だなって身をもって体感。



月曜日には、ほぼ倒れる以前の状態に戻れています。




感謝。
コメント

救急車

2020年09月11日 | ブログ
今回で3回目の救急車


1、2回は交通事故


1度目の事故は、一旦停止無視した車が急に飛び出して来て衝突

こっちは堤防沿いの広い道路で、まさか飛び出して来ると思わないから、ノーブレーキでぶつかった。30年前でシートベルトして無かった衝撃でハンドルが腹筋にぶつかり曲がっていた。(若かったのでお腹は大丈夫だった)


救助隊の方が、ハンドルをウッド製に変えてたら死んでたよ。と怖いこと言われたことを覚えている(この時から柔らかいベッドで寝ると腰が痛くなるようになった)

事故相手がフロントガラスに突っ込んで顔面ガラスで血だらけだったので救助隊の人達を手伝って救急車で運ばれるのを確認したら急に足先から痺れが始まり立っていられなくなって道路にピクピクしながら倒れると、救急隊員の人が、この痺れが心臓に来たら危ないんだよ。って怖い事言いながらさすってくれ救急車で病院へ


2回目は、夜中に運手中にも関わらず助手席の書類を確認していて(よそ見運転)前を見た時には交差点の入口で、しかも赤

あ!っと思った時には、空の月が見えたのを覚えている。宙を飛んだホンダレジェンドは、頑丈なコンクリートにぶつかり止まった。

気がついた時には、エンジンは止まりチューリップの「心の旅」が流れてて、車内が真っ白で火薬で物凄く臭いので爆発するんじゃ無いかと不安になったが、エアバッグ、サイドエアバック全てのエアバッグが作動していて助かったとわかった。


この時は、シートベルトで肋骨2本ヒビが入りましたが1週間後、事故の相手に許可を得てパリにエフィラージュカット習得の為旅立ちました。(よそ見の原因は弟に旅行計画書渡す書類だった)


この時に保険会社が支払った総額は1000万円こえて、心から自動車保険の有り難さを身をもって知った。


3回目が今回だ。


電話で救急車を呼ぶことは最後の最後まで呼びたくなくて7119に電話してもらったが通じず、命の危険を感じて119に電話してもらった。


脳梗塞、脳出血でも前庭神経炎と同じ様な症状が出るらしいので紙一重でどちらと診断されてもおかしく無かった訳で、天に見守られているなぁ。。。とつくづく感謝

コメント

命の危険

2020年09月10日 | 日記



コロナ禍において、新型コロナウイルスにかかった訳で無く、コロナストレスにやられてしまいました。。。





55年間生きてきて心から命の危険を感じ救急車を呼んだのが日曜日の早朝



強烈な目眩でグルングルン回っては嘔吐の繰り返し、冷や汗でびっしょりになり、手足と胃が痺れ始め、呼吸を小さくしないと過呼吸で痺れが大きくなると救急隊員に言われ、、、るけど、、、。





ストレッチャーで救急隊員に動かされる度に嘔吐の繰り返しで、ずーっと目を閉じていたので翌日の月曜日まで何処の病院にいるのかさえわかりませんでした。




病院に運ばれ脳に異常が無いか色々と検査され、ひとまず脳は大丈夫だろうと、、、。





しっかり確認する為に、PCR検査後のMRI検査でした。




MRIの検査結果が出るまで安静にしていなさい。と言われ(言われなくても立つと吐き気と目眩で歩けないのですが)




運ばれた病院は、慶應義塾大学病院で、窓から国立競技場が見えました







PCR検査は陰性で、MRI検査も異常無しで病名は前庭神経炎(三半規管の神経をやられるのでキツイ)





でも、三半規管の神経を痛めるのと、脳がダメージ受けるのでは、その後が大きく変わるわけで、本当に天に見守られているな。と感謝です。






火曜日の夕方には、何とか壁伝いに歩けるようになりましたが、酔っ払いの様に真っ直ぐ歩けません





コロナの陰性を確認した火曜日の夕方に、減圧室から4人部屋へ移動しました。








隣のベッドは、常に大きな声で、「あしたも勉強が忙しい」とか「皆さんおやすみなさい」とか色々と念仏の様に声を出す痴呆気味のお爺さんで、看護婦さんや担当医の先生が申し訳なさそうにしてるのですが、赤ちゃんの泣き声と同じで、ウグイスやカエルの鳴き声と思うと慣れてくるもので不思議と不快な事はありません。



残りの2人も、お爺さんなのですが、カーテン越しに聞こえる看護師さんとのやり取りが、とっても紳士的で、東京弁というのか優しくて気品が感じられ最後は必ずありがとう。って言う気持ちの良い病室です。



入院って、24時間、見も知らぬ人と過ごす機会なんですよね。夜中に隣の人がむせてるとナースコール押してあげたり、暗黙の秩序が有ります。個室を選ぶのは勿体ないと思います。




ちなみに入院時必要だなと思ったものです。


タオル23枚、下着34枚、パジャマ23枚、洗濯洗剤(コインランドリー用)、石鹸シャンプー(ボディ兼用)、ティッシュ、かかとをカバーする履きやすい靴、髭剃り、歯ブラシセット、シャンプーできない時にシーブリーズ有ると身体も拭けて良いです。






明日、退院が決まりました。



ご予約を頂いていたのに、ご迷惑をおかけしたお客様には本当に申し訳ありませんでした。



また、急な対応を一生懸命こなしてくれたスタッフ達に感謝しかありません。


コメント

時代

2020年09月05日 | 日記
勝ち組、負け組



いやいや、勝ち組だけで時代をつくっているのではない。



その時に、生きた全ての人が時代をつくっているのです。
コメント

映画「オフィシャル・シークレット」

2020年09月01日 | 映画、美術、芸術、古典芸能
2019年イギリス・アメリカ合作 

ギャビン・フッド監督








実話であると思えない程に、アメリカ(ブッシュ大統領)の卑怯な手口


主人公であるキャサリンが、刑事に尋問を受ける時、「君はイギリス政府を裏切った」


と言われて


「私はイギリス政府でなくイギリス国民の為に働いている」


と答える



結局、戦争に突入して何十万人の人が死ぬ事になる



日本の政治では、これほどの被害は無いけれど、安倍さんが嫌いだからという幼稚な思考でもの言う人達が、もの言える日本は素晴らしい国だなぁ。と思う



イギリスでさえも、こんな国なんだから、日本に生まれて良かった。




コメント

感謝をこめて

2020年08月31日 | ブログ
下北沢から靖国神社まで歩いてみた



原宿を通り神宮外苑では、オリンピックのための国立競技場が、、、。







四谷、市ヶ谷こえて靖国神社へ




人はまばらで少ないです。




いつもの感謝をこめてお参り







次に、千鳥ヶ淵戦没者慰霊へも感謝をこめてお参りです。



が、誰一人いません。少し寂しくて写真は撮れない雰囲気でして辞めました


下北沢から10キロほど、


いつも全然歩かないので足がぱんぱん。帰りは電車に乗りました。。。
コメント

安倍総理ありがとう

2020年08月28日 | ブログ
8年間お疲れ様でした。



任期満了でない辞任は不本意でしょうが、頑張る気力が失せたんでしょうね。


中国、アメリカ、韓国、北朝鮮問題山積みで、安倍さんの時は良かった。と、こんな筈では、なんてならなきゃ良いけどね。。。
コメント

お友達

2020年08月25日 | ペット
異父兄弟のネル兄ちゃんと、甥っ子ミッカ君のお家にお邪魔しました。


もう、楽しい、楽しい、楽しい。だったマービー




子供の頃、従兄弟達と遊んだ様に犬達も遊ぶんですね






ネル君のお家は、家の中にドッグランもあって、吹き抜けも大きくて内部に開かれた空間でとっても素敵なお家で、次に家を建てる時には同じ様な感じにしたいなと思いました。


ネル君のお母さんにはご迷惑をおかけしました、ありがとうございました。

コメント

PCR検査

2020年08月21日 | ブログ

日本では、コロナ感染者の濃厚接触者を保健所が追跡し、PCR検査で陽性者を探しだして感染拡大を防止する作戦をとっている。

 
 
 
 
全てが保健所を通る仕組みなので、保健所は疲弊しているし、まだまだ先が見えない状況だ。
 
 
 
 
 
いつもは暇な保健所だが、今は気の毒である。。。
 
 
 
 
 
PCR検査の有り要は、医療系と経済系に分けるべきで有ると考える。
 
 
 
 
 
医療系は、濃厚接触者や感染疑いの方々のためのPCR検査
 
 
 
 
 
経済系は、県外に移動する場合のPCR検査で、飛行機チケットや切符など提示し保険適用にする。
 
 
 
 
 
経済系は、旅先でかなりな確率で安心できることが重要で、100%でなくていい。取りこぼしがあったとしてもカバーできる範囲内には抑えることができるだろう。
 
 
 
 
 
コメント

東京オリンピック

2020年08月17日 | ブログ

8月になってから、30度を超えている。7月は雨が多くてギリギリだったかもしれないけど、パラリンピックは熱中症が続出していたかもしれない。。。

 

 

 

コロナによる経済的なダメージが、目に見えて出てくるのはこれからだろうし、来年にオリンピックを開催するか?中止にするか?悩んでいる間は幸せかもしれない

 

 

 

これからの日本の有り様は、想像に難くない。

コメント

隠遁者

2020年08月15日 | 日記

田舎の床屋や美容室は、自宅と店が一緒で、美容室は奥さんが1人でやっていたり、床屋はご主人が1人でやっているのが当たり前だった。

 

 

 

小学生のころ通っていた床屋さんも、自宅の1階が店で、おじさんが1人でやっていた。

 

 

 

家賃も人件費も必要ない。売り上げの殆どが利益だ

 

 

 

テナントを借りて、家賃を払い、人を雇って大人数でサロン展開するようになったのは、いつからなのだろうか?

 

 

 

美容師や理容師は、昔の様に自宅に店をかまえてコツコツと仕事する形が理想で生活も楽で時間的余裕もできる。と思う

 


 

パーマのお客様1人10000円、カット1人5000円1日2人で15000円、労働時間3時間、

 

 

 

そのくらいなら休みなくても良いだろうから、15000円×30日=45万円の収入

 

 

 

3時間だけ働いて、あとは、農業に3時間、魚釣りに2時間。。。

 

 

 

なんて理想的

 

 

 

 

美容、ファッションという世界であるから、若いうちから、そんな隠遁者のような生き方はおススメしないが、、、。

 





 

 

コメント

世田谷モデル

2020年08月14日 | ブログ
世田谷区では、医療、介護、保育関係者を対象に無料で定期的にPCR検査ができるようにしていきたいと区長が言った。


さらに、将来的には区民が望めば無料で検査を受けれる様にしたいと、、、。



早く実現してほしい。



県外に移動する前などに検査して移動できれば、100%防げなくても、取りこぼした数人くらいなら医療崩壊にはならないだろう。



世田谷区民は、ふるさと納税せずに世田谷区に納税しようね。。。
コメント

養老孟司「自然とは?」

2020年08月07日 | ブログ

養老孟司「自然とは?」

コメント

コロナの次は食糧危機

2020年08月02日 | ブログ

中国では、4500万人近くの水害被災者がでていると聞く

 

 

日本人の1/3が被災しているということになる。。。

 

 

サバクトビバッタの被害も、どんどん拡大している

 

 

そして、アメリカと中国の戦争一歩手前的な状況に、中国は世界中から食料調達を進めているらしい

 

 

秋ごろから冬にかけて食糧難がやってくると予想する人がいる。

 

 

こんな中途半端な状態で美容室をやり続けるくらいなら、いっそのこと廃業して2、3年農業か、漁業でもしてもいいんじゃないかと思うけど、今まで来てくれてるお客様を裏切れないんだよなぁ。。。

 

 

と、か、ちょっと頭をよぎるこの頃。。。

 

 

コメント

映画「もののけ姫」

2020年07月28日 | 映画、美術、芸術、古典芸能
 1997年 宮崎駿監督
 
 
 
 
 平成9年32歳の時に見て、今回55歳で2回目
 
 
 
 今回、こんなにも複雑で、細かい所まで拘ってつくられていたことに驚きと感動を得ました。32歳の時に何を見てたのだろうか?もしくは、これが齢をとる。ということなのでしょうか?
 
 
 
 
 この映画は、ネタバレを気にしなくていいので私の考察を長々と書きたいと思います。。。
 
 
 
 
 朝廷に敗れて東の方角にひっそりと暮らすエミシの村の民族、その村の若者アシタカは、タタリ神となってしまったイノシシの主「ナゴの守』から、妹たちを守ろうとタタリ神を退治する。
 
 
 その時、タタリ神の呪いを右腕に受けてしまう。この呪いは、徐々に体を蝕み最後には死に至ることから、アシタカに村で死を待って最後まで過ごしても良いし、何で自分は死ななければならないのか?(イノシシが祟り神になった理由)知りに旅たっても良い。と村長たちに言われる。
 
 
 アシタカは、原因を探しに旅に出る。村では、タタリ神に侵された人間が生き延びることはない。ことから、見送りを禁じ、夜中にたった1人で旅立つのだが、命を助けられた妹のカヤがひっそりと見送るのだった。
 
 
 この時、妹のカヤが玉の小刀(ネックレス)を渡すので、カヤはアシタカの許嫁で必ず生きて帰って来てね。との思いが表現されています。しかし、アシタカはネックレスをサンにあげてしまう。この時、アシタカは生き延びる事ができてもサンと共に生きる道を選んだ。
 
 
 このアシタカの村は、アイヌ民族のように自然を敬い、家畜も人間も対等で、アシタカと一緒に旅立つヤックル。
 
 
 旅の途中で自分と同じものを分け与えるどころか、ヤックルに先に食べさせてから自分が食べる事などから、ヤックルとアシタカは一心同体のような形で表現される。アシタカがシシ神に助けられる途中、サンに「お前は自由だから何処に行っても良い」と言われても、アシタカの元を離れず、逆にアシタカの今までの出来事をサンに話したのはヤックルだった。
 
 
 最後に、サンに「会いに行くよ。ヤックルに乗って」とワザワザいうところから見ても、ヤックルは、アシタカの心の一部を表現している。
 
 
 
 
 
 
 
 逆に、自然を破壊して、「ナゴの守」をタタリ神にしたのは、エボシだった。エボシは砂鉄の多い「ナゴの守」の山を切り開きタタラ場を山城の様に築いた女性頭領。
 
 
 エボシは、「ナゴの守」の山だけでなく、シシ神の山も狙っていて、山犬神モロ一族ともののけ姫と敵対している。
 

 しかしエボシは、身売りされた娘たちを身請けし仕事と食料と自由を与え、差別されていた癩病患者たちとも平等に接し、包帯を自ら取り替えてあげる人間であった。タタラ場に来たアシタカも「良い村は女性が元気だと聞く」と言っている。そんな弱者と言われている人々が平等に生活していける世界をエボシは作りたいのだ。
 
 
 
 
 
 
 しかし、エボシが憎くて仕方ない山犬神モロ一族とサン(もののけ姫)は、タタラ場を何度も急襲する。タタラ場に1人乗り込んだサンを、未来少年コナンが異常な力でラナを助けたように、アシタカも、腹に弾を受けながら強靭的な力でサンを助け山に帰る。
 
 
 山に帰る途中で力尽きヤックルの上から落ちたアシタカを、サンはシシ神に委ねる。シシ神は致命傷である弾の傷を完治させる。しかし、呪いの傷はそのままで、シシ神は、必ずしも無条件に助けたわけではなかった。
 
 
 サンはシシ神が助けたからと言って、人間を憎んでいるのに口移しで食べ物を与えるサンの心の優しさと、タタリ神の呪いという宿命を受け入れて死ぬのだ。というシシ神からの問いかけは、アシタカの一筋の涙が多くを物語る。
 
 
 
 
 あくまでシシ神は、いかなる時も中立であり、自然の残酷さと豊かさを表現している。
 
 
 
 
 
 
 
 朝廷の命令でシシ神の首を狙うジコ坊の集団。ジコ坊はシシ神の首を手にするためには手段を選ばない。九州からやってきた巨大な猪神「乙事主」のイノシシ集団をダイナマイトで撃破する時、協力していたタタラ場の人も無慈悲に犠牲にする。さらに、もしものために自分ではシシ神を殺さず、エボシに殺させるように仕向ける。このジコ坊は、現代の政治家に一番近いのかもしれない。
 
 
 
 
 
 
 最後に、もののけ姫サンが何故、山犬神モロが育てているのか?それは、自分が生き残るために差し出された赤子だった。山犬神モロは、サンに二足歩行を教え、人間として育てている。ここにも、人間を憎みながらも、尊厳を失わないモロに育てられたことはサンにとって幸せなことだったと思える。そして、獣たちのために必死に戦うサンを「美しい」とアシタカは言う。これは、サンの心根が美しい。と自然に出た言葉だ。
 
 
 
 この、それぞれの立場に与する文化の違う集団にアシタカは何処にも属せず、シシ神のように中立であり、最後は、タタラ場に残り、山に残るサンの元に通うという。
 
 
 
 タタラ場の人たちの生き方と、森に生きるサンは、それぞれに違う環境に生きる人々を表現している。ある意味、真逆の立場に位置する人々の架け橋となるための行き方を選択するということ。
 
 
 
 以前から、隣国と見解の相違など、仲良くなるどころか嫌な方向に進んでいる昨今。さらにコロナによって、日本人同士でも目に見えない壁ができつつある。。。アシタカのような人が世界中に1人づつでも増えていければ、世の中は変わっていけるのではないだろうか。
 
 
 
ジブリ映画の中で、最もグローバルな社会派映画であるのかもしれない。23年という月日が経っても何も進展しない人間の世界がある限り、この映画は永遠の名作になるのだろう。
 
 
 
 
とりあえず映画館はマスク着用でありながら、換気、密接、密集はありませんので安心だと思われます。
 
 



 
コメント