LIFE IS TRIP

9月旅から無事帰国。東京はすっかり秋なのに今更日焼けしちゃったなぁ。

チェックイン~ランチ@リッツカールトン東京クラブラウンジ

2016-07-29 | 2016年リッツカールトン東京

2016年6月梅雨真っ只中、空いてることを期待しつつリッツカールトン東京に宿泊してきました。アフタヌーンティーで訪れたことはあるけど宿泊は初めて。これまで宿泊しなかった理由は・・・数年前ではありますがアフタヌーンティーが高いわりに美味しくなかった事と、スタッフがツンケンしてた事と、その時見学させて頂いた客室がイマイチだったから。(マル秘)

プール&ジムは大き目なので一度は宿泊したいと機会を伺ってたところ、丁度昨年2015年の夏に客室&クラブラウンジの改装があり、改装後ラウンジの評判が上々で梅雨時にお安い宿泊プラン(@一休)が出ていたので宿泊することに。リッツの情報は既出の感ありますので簡単にレポしたいと思います。

六本木駅ミッドタウン側に出て、リッツデリ横の入口からビルに入りエレベーターでフロントのある45階に上がりますがクラブラウンジでチェックインするためそのまますぐ最上階53階へ。

 

 

ラウンジ入口

 

 

毎週日・月の15時からはハープ演奏がありますが丁度この日は日曜日。

 

クラブラウンジは窓に対し横長で4つのエリアに分かれてます。まずはチェックイン手続きを行う【ホワイエ】。

 

その隣は植栽とフローリングで地上200mのガーデンをイメージしたという【ガーデンテラス】。

 

その次はカウンターやテーブルの多い【ダイニングルーム】。

 

向きを変え奥から見た図。

 

フードプレゼンテーションはこちらになります。カクテルタイムや朝食時は更に扉が開きライブキッチンが登場します。

 

ダイニングルームの奥が【ライブラリー】で、200冊以上の蔵書が美しくディスプレイされバーカウンターも設置されてます。

 

 

ライブラリーはバーカウンターのあるこのブースと

 

更に奥のブースと、

 

 

一番奥のブースと3ブースに分かれてます。それぞれに2テーブル。

 

一番奥のブースは2面ガラス張りなので一番眺めの良い特等席。夜のカクテルタイムは是非ここに座りたいものです。

 

ライブラリーの各ブースは本棚で区切られてるため個室感あって人気です。が、最初に言ってしまいますと・・・天井が低目で仕切りがある分、音が籠ってしまい隣席の会話が丸聞こえ。誰もいなければ最高ですが隣席に他の方が来るとちょっとなぁ、という感じ。

 

ライブラリーからバーカウンター→ダイニングルーム→ガーデンテラス→ホワイエ方面を見る。家具に高級感あり椅子&テーブルの高さも座り心地も良く、長居したくなるラウンジです。

 

ダイニングルームに戻ります。

 

まずは季節によって変わるというウェルカムドリンク。この時はクランベリージュース。

 

クラブラウンジの説明書。

一日5回もあるフードプレゼンテーション。一体いつプールに行けるのか、前もってスケジュール練っておかないとほとんどラウンジ入り浸りになってしまいます。ドレスコードはスマートカジュアル。リッツだからと一応めかし込んで行ったけどさほど気張らなくてもいいかな、という雰囲気でした。

チェックインは15時。アフタヌーンティーが14:30から始まるので通常はチェックインしつつのアフタヌーンティーから利用するのですが、我家は13:30に到着したため、スタッフさんから「宜しければ軽食のご用意ございますのでいかがですか?」との案内。はい、狙い通りランチタイムからラウンジ利用です。ということは滞在中6回のフードプレゼンテーションをこなさなければなりません。ハードです。(ミッション?)

 

ランチタイムのフードプレゼンテーション。中央はサラダ&パン系で左の壁には冷製おつまみとデザート、

 

右の壁がドリンクです。綺麗にまとまっており選びやすい。

 

まずは中央から。5回のフードプレゼンテーション中、常設の品も多いので、この時間帯しか置いてないので食べるべし、という品も記しておきます。

 

サラダ。

 

オリーブやトマト。

 

チーズ。

 

野菜チップス。ゴーヤとトマト。トマトは珍しいですね。と、ここまでのラインナップは5回のフードプレゼンテーション常設な感じで品揃え変わりません。

 

パン色々。右半分のサンドイッチ系はランチタイムのみの提供尚且つ美味しいので押さえるべし。クロワッサン、デニッシュ、マフィンはこの後のアフタヌーンティーや朝食でも置いてるので今慌てて食べる必要なし。(慌てるの私だけって話も)

 

温かいおかずとして一品提供されますが上質なのでこのコーナーは押さえるべし。この日は牛肉一口ステーキ。

 

パンコーナーは常設。(パウンドケーキは夜種類減りますが)

 

英国王室御用達(この言葉に日本人は弱い)というTIP TREEのジャム。楽しみにしてたけどお腹の余裕無く滞在中食べずじまいだったのが心残り。

 

冷蔵庫にはグラスに盛られたオードブル。このコーナーはお勧め。時間帯により何種類かは入れ替わります。

 

丸ごとフルーツとお稲荷さん。

 

デザートもアフタヌーンティータイムまで残ってますので慌てる必要無し。

 

ドリンクはビールやペリエ

 

コーヒー紅茶

 

ジンジャーエール、コーラ。フルーツジュースは可愛い瓶詰です。

 

お腹空かせてきたのでお昼ごはんとして頂きま~す。

 

「ドリンクはスパークリングワインもありますがいかがですか?」と先手差されたので「じゃあお願いします」と言ってしまいスパークリングワインを頂きましたが、実はリアルシャンパンもあると分かったのはカクテルタイムになってから。しまった、「スパークリングワインではなくシャンパンで」と言ってみるべきでした。やられた。

リッツのラウンジは終日アルコール頂けるのが良いですね。

 

サンドイッチ、マフィン、デニッシュ。サントイッチ美味しい。マフィンはパサパサ。デニッシュはリッツの得意分野と聞きましたが特に記憶に残らず。

 

ズシリとしたフルーツパウンドケーキはお勧め。これは美味しい。グラス入り冷製オードブルはどれもお勧めです。カッテージチーズとドライトマトのオイルがけと豆のトマト和え。お肉美味しかったー。

 

ゴーヤチップはカリカリだけどトマトチップはフニャフニャでマズイ。やはりトマトチップってムリあるのでは?

 

左からエスプレッソムース(美味しい)、ピスタチオケーキ(甘すぎ)、プリン(甘い)。どれか一つだけ食べるならエスプレッソムース。やっぱリッツってスイーツ苦手分野なのでは?チョコレートは美味しいと評判ですが後述するスイーツ&コーディアルタイムにしか出て来ません。

実はこのランチタイムのラインナップを一番楽しみにしてたのでガッツリ食べちゃいました。5回のうちで美味しいものというか自分好みのものが一番揃ってるフードプレゼンテーションでした。

14時にランチタイムが終わると30分後にはすぐアフタヌーンティータイム。ハードだなぁ。