goo

俺の本音・仙谷由人(十二~十四)

               俺の本音・仙谷由人・十二・

菅内閣になってから、鳩山の政策を殆んど無視し、或いは官僚まる投げ方式に変換させた為、鳩山は怒りだした。だが今更鳩山が何を云おうが、気にすることはない。俺様が実質天下を握ったのだ。

しかも、あれだけの不正な代表選挙をやってのけ、まんまと成功したのだから、もう恐れるものは何もないのだ。何でもできるのだ。しかし、代表選挙の間隙をぬって、中国漁船が日本の尖閣列島領土内に侵犯した。

漁をして逃げ帰る時、海保の二隻の巡視船に体当たりし、公務執行妨害の現行犯で乗組員を逮捕拘束させた。ところが、中国側は猛烈に文句を言って来たので最後まで拘置して調べていた船長を処分保留のまま釈放させた。

国内のことは、恫喝、はぐらかし、すっとぼけ、脅し、にらみつけ,
強弁、などあらゆる手と言い回しで何とかするが、さすがに中国相手では、俺様もどうにもならない。小沢なら何とかするだろうが・・・
18
弱腰だ、腑抜けだ、売国奴め!、馬鹿やろう、・・・云いたい放題を俺様に向って云う。

何とか格好をつけるため、船長保釈は沖縄の検察当局の判断と、検察のせいにしておこう。実際には俺が取り仕切ってそうさせたのだが、あまにも騒ぎが強いのでこの際、検察のほうへの責任転嫁でここは切り抜けよう。

レア・メタルが入ってこない・・・知らないよ
反日・デモが起きている・・・・・知らん
日本人がまだ拘束されている・・・だから何だ
船長はまた来るといっている・・・勝手にしろ
中国は今後どう出てくるのか・・いちいち俺が中国の事など分かるか!

写真の公開はなぜしない。・・・柳腰外交で、公開しない。アセアン会議で横浜へ中国様首脳がお見えに成るから、それが終わるまでは公開するつもりはない。

なんといっても、『加害者の中国に、被害者としての日本が頭を下げた』のだから、もうすこし俺様をそっとしてて欲しい。明日は明日の風が吹くと言う言葉もある。

そのうちに領土を分捕られることがあっても冷静に、冷静に、対応しろと菅首相に指示してある。

最近俺様に『鏡に己(おのれ)の姿を映してみたらどうか』と言う者がいる。俺様は代表選以来、すでに3キロもやせた。生まれつきで普段から良くない人相が、更に悪化している。国民を騙し続けているので自然にそうなるのだろう。体力も落ちて、午後は国会の閣僚席で寝てしまう事が多い。がんの再発、脳への転移などの可能性もある。健忘症にかかったのかな?しかし中国の騒ぎも大きくなりだし、

菅に『日中両国民は冷静に対応すべきだ』と言わせたが、さっぱり効果がない。

このままでは、小沢を支持した連中から『菅を辞めさせろ』『仙谷も責任を取って官房長官を辞めろ!』という声が出てくるだろう。

さらに大阪地検の検察官がデタラメをやった件。あの検察官は東京地検の佐久間特捜部長の助っ人で小沢の秘書大久保の調書も取っている。非常にヤバイのだ。東京地検に飛び火して小沢の件が、デッチ上げだとバレるのが一番困る。   十三へ


                俺の本音・仙谷由人・十三・

例の民主党代表選で使おうとした最後の切り札を何時までもとっておくと怪しまれるのでこの際、出してしまおうと思う。

『小沢2回目も起訴相当の議決』10月4日夕方、号外まで出させた。
案の定、大騒ぎになった。

この議決は代表選のあった9月14日午前中に出させていたものである。公正なら小沢一郎が選ばれるべき投票結果を菅直人の勝利に不正集計して、圧倒的小沢一郎の勝利を菅直人の勝利にスリ替えた史上最悪の民主党代表選挙は大ペテン選挙だったのである。

9月14日、民主党国会議員による投票後、もし小沢側から文句が出たり、俺様が仕組んだ手順にミスがあって小沢が代表に選ばれた時にこの2回目議決を発表すれば、俺様はすかさず小沢除名の動議を出し、小沢の当選を辞退させるつもりでいた。

だが、意外に騒ぎにならず、この公表は控えていたが、そろそろ発表しないと『なぜ議決日と公表日にこれだけの時間差があるのか』という疑いを持たれる。1回目は議決から数日後の公表だった。(今回は21日のズレ)

とに角、内省、外交、経済、防衛、普天間、円高など、尖閣ビデオ公開など、俺様の体調をおかしくするばっかりの、いやな事続き。・・・・

自民党の石原幹事長が、新聞の書いてあることは事実か?と聞いてきたから『新聞に書いてあることを質問するなど、有ってはならない事』という意味の答弁をしたが、石原幹事長にすかさず

「あなたが、野党時代にやってたことだ。もし事実が判明したら官房長官を辞めてもらう」と言われて慌てたよ。よく調べたら俺様も確かに新聞記事を見て質問していた。俺様にもいい加減なところがあるんだな。

『健忘症になったものか・・・・』と答弁したら

「健忘症の診断書を出せ」と言われた。

国会で問題になった俺様の言動。


居眠りが多い。

態度が悪い。

言葉が乱暴だ。

恫喝する。

はぐらかす。

とぼける。

うそが多い。

態度が横柄だ。

聞かれてもいないのに勝手に答弁する。

質問を受けた菅総理を押しのけ、差し置いて勝手に答弁する。

身内から、『大臣の言動で野党に陳謝するなどとはもっての他だ』と突き上げられ、俺様の威光にかげりが出てきた。段々嫌気が指してきた。
十四へ

               俺様の本音・仙谷由人・十四

新聞やテレビには官房機密費のバラマキが効いてて、俺様の都合が悪いことは一切報道されないが、巷間、しきりに『管内閣打倒』、や『仙谷官房長官直ちに辞任せよ』と書いたプラカードを持ってのデモが、東京や、高松で行なわれ、段々騒ぎが強くなってきた。

週刊新潮が俺様と黒い仲間がいると書いたので、東京地裁に名誉毀損と慰謝料1000万円請求の訴訟を起した。俺様は、地位も名誉も金も欲しい。小沢は金持ちだから嘘の記事を山ほど書かれても、訴えたりはしないが、俺は違う。

どんどん訴えて相手から金を取る事が弁護士としての生きがいなのだ。
今日(10月26日)嬉しい事に、昨年、小沢一郎が決めた企業、団体からの献金の受け取り禁止の処置を民主党は解禁して受領する事にした。

完全な公約違反だが、構うもんか。法人税を下げ、代わりに消費税を上げるので、財界は喜んで民主党に寄付したいと言う。これを受け取らぬ手はない。ああ、また明日からどんどん金が入る嬉しい限りだ。

これだから政治家を3日やったら辞められないのだ。

                        ★
ところで、みんなで寄ってたかって俺をイジメ(と言っておく)に掛かってきた。去る10月22日の参議院の議院運営委員会、理事会に出席し、俺様の国会答弁に批判が出ていることについて

『不適切な答弁があったことを陳謝する』と述べた。
『今後は誠実に真摯な態度で臨む』とも発言した。

この事について記者会見を開き、記者からの質問にこたえた。

記者「どういう、点が不適切だったのか」
俺様『ノーコメント。はい(次)どうぞ』

記者「謝罪の感想は」
俺様『ノーコメント』

記者「議員運営理事から発言は有ったのか」
俺様『それもノーコメント』

記者「与野党協議のあり方が議論されている中、自身の答弁が議運で問題視された事については」
俺様『ノーコメント』

記者「なぜノーコメントなのか」
俺様『ノーコメントだからノーコメント』

                      ★★

素晴しい人徳に溢れた、有言実行内閣の実質総理。我らが誇り!

永人「仙谷健忘長官閣下。あなた様の良いところは」
俺様『バーカ!!メガネだろうが!』

(永人の声:嘆きや怒りを通り越して最早笑うしかない)

                   仙谷由人大明神

昭和36、7年ごろだったと思うが歌手・守屋 浩が歌った浜口庫之助作詞『有り難や節』森○○作曲という歌があった。

あり方や・アリ型や~♪・ありがたや・有り難や~♪♪~
嬉し涙で赤飯を炊いて我らが宰相の健康長寿を祈ろう。

                      ☆☆☆

民主党が真に一致結束し、小沢一郎の強力救国内閣で政治改革しさえすれば,たちまちのうちに、国内外に善政が行きわたり、未来に希望の火が灯るのだ。

さもなくば、仙谷、菅、前原、岡田等のデタラメが響いて、中国の属国に成り果てるだろう。   ―完―

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 俺の本音・仙... 文化人にも大... »
 
コメント
 
 
 
ありがとうございました (佐々木 護)
2010-12-19 17:54:42
本日はありがとうございました。
久しぶりに家族全員でお会いできて良かったです。
最近の理解に苦しむ世間の出来事や性格の人達に負けず、
良い名前に守られながら上手に暮らして行きたいと思います。
 
 
 
有り難うございました (こちらこそ)
2010-12-19 18:32:26
佐々木様へ。こちらこそ有り難うございました。良い運気に守られて、生きることの喜びを実感しつつ目標に向ってがんばりましょう。
 
 
 
本日は有難うございました。 (齋藤誠紀)
2010-12-19 23:53:03
吉野先生、本日はありがとうございました。ひさしぶりに先生の政治に対する熱い思いが聴け、嬉しかったです。でも先生、ほどほどに!!、御身体が心配です。世の中は大変なことになっていますが私たち家族は幸せです。奥様共々、風邪などひかぬよう、お体にお気をつけ下さい。本日はありがとうございました。
 
 
 
バカに構うな (斎藤誠紀様へ)
2010-12-20 23:10:07
昔から『バカに構うな』という言葉がありますが、政治の世界のバカは、政治の世界で始末してくれればいいものを、仙谷や菅、岡田らのバカを野放しにして国家や国民に嘘をつき、公約を守らず、迷惑を掛けているから、我々が騒ぐのです。今日は有り難うございました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。