goo

安倍退陣を要求 4

安倍退陣を要求 4

今や『安倍帰れコール』は全国に広がる国民運動

 安倍本人が演説を始めると、湧き起こった『安倍帰れコール』――選挙戦最終日。

秋葉原駅前にこだました「退陣勧告」の大合唱は、全国民の怒りを代弁していた。

アキバは政権を奪還した2012年の総選挙以来、国政選挙のたびに安倍自民党が必ずマイク納めの場所としてきた“聖地”だ。

 野次を恐れて街頭に立てなかった安倍が最初で最後の街頭演説の地にアキバを選んだのも、必勝パターンの験を担いだからだろう。

 そんな淡い期待を抱いた安倍を待ち受けていたのが想像をはるかに上回る怒号の嵐だった。

 その映像のインパクトは絶大でSNSなどを通じて瞬く間に拡散。

YouTubeにも『安倍帰れコール』の動画が次々と公開され視聴回数は最も多いもので25万回を超えた。安倍の演説終了からたった一日ちょっとで、これだけの広がりを見せているのだ。

国民の多くが共感した裏返しだ。

『空間と時間を越え、あっという間に人々を結びつけるのがネット時代のすさまじさです。これほどの勢いで拡散したのは『安倍帰れコール』が全国に広がる国民運動になりつつあるということでしょう。多くの国民の内に秘めた怒りに火をつけたのです。

今後は安倍首相が視察などであちこちに出かけるたび、「辞めろ」のプラカードを突きつけられる可能性がある。森友学園の籠池理事長だって常に100万円持ってやってくるでしょう。

 首相が森友・家計学園疑惑の説明責任から逃げ回る限り、この現象は続くのです」(高千穂大教授・五野井郁夫氏=国際政治学)。

 過去の都議選はことごとくその先に起きる日本の政治状況を先取りしてきた。

都民が発した『安倍辞めろ』コールが全国に拡大していくのは時間の問題だ。続く

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 安倍退陣を要... 安倍退陣を要... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。