鑿の柄付け職人の日常 !!

手道具存続の為に頑張ります。

ロウ引きとペーパー仕上げ

2016-10-31 12:42:50 | 大工道具
播州の鑿は蝋引きの仕上げが多いです。

汚れ防止で拭き取れば綺麗になります。

ペーパー仕上げは手になじみがありますが汚れが付きやすいです。

ペーパーで擦れば綺麗になりますけど・・・。






仕込み前です。







蝋引き仕上げです。







こちらがペーパー仕上げです。











コメント

磨き鑿

2016-10-30 20:50:10 | 大工道具
磨き鑿でイメージするのは氷鑿だけですが、研磨目を落としてさらに磨いていくので大変な作業です。


大工道具の追入れ・叩き鑿・突き鑿でも見た事は有ります。氷鑿までは磨いて有りませんけど。




カネ武さんの磨き鑿に口金・手打ち輪を磨いた物を付けると言う依頼が来ました。







追入れ10本組を並べてみました。








鑢を掛けられてるのでそれが目立ってすごく綺麗です。









口金と輪はサビ止め対策にニスを塗っております。


色々なバ-ジョンがあり、見え方も変わって楽しいですね~。
コメント

ウバメガシ(姥目樫)

2016-10-28 21:50:18 | 大工道具
大工さんの持ち込みのウバメガシ。

鉋台や木槌に使われた端材と芯持ちがありました。

普通の樫より脂分が多くて少し重いです。

備長炭になるくらいなので普通の樫よりも硬いです。








この芯持ちで古鑿の柄付けをします。







このマチの太さに合う既製品の口金は有りません。

別注で作ってもらった物を使いました。












この平待ちの形では付け根が残っているのできっちりと合わせれません。

合わせようと思うとかなり大きな穴を開けないといけないので将来狂う怖れがあります。


ちょっと直すとこんな感じに合います。







ウバメガシで作った木槌を貰いました。使っていくとこんな感じの色になるようです。











コメント

別注 叩き鑿

2016-10-28 12:33:08 | 大工道具
寸4の叩き鑿が来ました。







この鑿に60㎝の柄を付けると言う依頼です。


木を削るのはなんて事ないのですが、穴開けが難しい。





素朴な疑問で、こんな長い柄で効くの?

軸を長くとか?



ご心配なくすべて対策はしております。


普通に付けてるだけでは駄目なんです。見た目だけでは判らないのがつらい所ではありますが。


鑿の柄付けの大事な部分かも知れません。

結果は後からで、細かい部分まで目をつむらずするのが道具にとって一番大事なんですよね~!








完成品はこちらです。


長い分管理が大変そうです。



コメント

遊びに夢中

2016-10-26 06:46:50 | 日記
4歳の次女の遊び。

男みたいです(笑)。元気はつらつです。



保育園から帰ってくると必ず工場の戸を開けて「おと~ちゃん跳び箱しよ!」「はよ来て~」がただいまの挨拶です。

運動会で跳び箱をするって事で自分が馬になって飛んでました。

その成果もあって、運動会では男の子に混じって5段跳び(幼児用なんでめっちゃ低いです)をやってました。




それが今も続いてるんです。


こんな感じで。








すごく上手になりました。何事も興味を持ってするとうまくなるんですね~。

今度は座布団4枚持ってきて踏切板の代わりにしたようです。







「飛べた~!」と本人も大満足。

今はこれに夢中です。



夏場は自転車に夢中で「自転車乗る!」って公園へ。

貰い物で補助輪が無い為、サドルの後ろを持って補助してました。


なんと乗れるようになりましたね~。

なかなかの頑張り屋さんです。



末っ子で甘えたのうえ、活舌悪くさしすせそがうまく言えません。



コメント