なんでもアラカルト

エッセイ・イラストを対等に扱ったまったく新規な本の出版に関連する記事(Daily)

ポイントカードの氾濫にどう対処するか

2014-04-30 07:38:15 | Weblog
ポイントカードが世の中に氾濫して、どう対処するか苦慮している人が多いと思う。
私も、整理しても整理しても、増え続けるこのデジタル社会と、上手く付き合う姿勢に変更せざるを得なくなってきた。

昨日も、小田急ポイントカードの本年度分が今月いっぱいで、流れてしまうとのことで、仕方なく、提携しているDIY(DoItYourself)のビーバートザン秦野店に行き、「なんアラ」でよく使うB4サイズ封筒他をまとめて購入してきた。
これで又一年間は、この締切地獄とはおさらばである。

先月も、セブンイレブンのナナコカードのポイントのカードへの移行手続きをしてきたところである。

これらの期限をしっかりとチェックしていないと、結構大金を流してしまうことになる。

先々月のETCカードが良い例で、5000円近くの差が出るのである。
今回の、上記二つのカードは、せいぜい二つまとめても、500円位だったが・・・。

更に、昨日はまたまた厄介なことになった。
エネオス給油所で昨年から制度が変わり、全てTポイントカードになったが手続きをしていなかったので、ネットにむよる操作をしようとして、とんだことが判明した。
これらのTポイントがヤフーネットとリンクしていることが分かったのである。

いずれにしても、ポイント制度を如何に自分流にまとめることが出来るかが、このデジタル時代を渡り歩くコツであることがはっきりした。
コメント

「なんアラ」サポーターRBさんもパソコンで苦慮

2014-04-29 07:33:58 | Weblog
「なんアラ」サポーターで、徳島県在住のRBさんもパソコンで苦慮しているらしい。

昨夜、携帯の方に上記RBさんからメールが入った。
パソコンを新規に購入して、メール送受信時に、私と同様にいろいろ問題が発生しているようだ。
当面、携帯メールで交信してほしいとのこと。

RBさんからの携帯メールは、先日の鳥取県在住のJNさん同様に、「なんアラ」本とイラスト集とのセット購入をしたいとの内容であった。

本日、メール便送付予定である。
感謝感謝!!!

それにしても、今回のマイクロソフトXPサポート終了は、私個人だけでなく、「なんアラ」サポーターの皆さんにも多大な悪影響を及ぼしているようである。
毎年、この時期に行っている「なんアラ」メールによる拡販活動の返信が、いつもよりかなり遅れている感じを受けているのもその理由かもしれない。

携帯メールによる、再確認が必要となりそうである。
コメント

第4回いせはらフィル定期演奏会

2014-04-28 07:39:24 | Weblog
昨日、第4回いせはらフィル定期演奏会に参加した。
当日は、いせはらJAのイベントとぶつかり、開演の1時間以上前に到着したのにも関わらず、遠くの臨時駐車場に誘導されてしまった。

開場までの時間を読書でつぶしていたら、ホルン奏者のHGさんとお会いした。
相変わらずの、まじめな性格が表れている様に感じた。

午後2時丁度に演奏が始まるはずが、指揮者のタクトが振られない。
会場は、何事が起ったのか分からずに、固唾をのんでいたが、フルート奏者から舞台の空調音が演奏に差し障るとのことで停止する指示をしているところとの説明があり、観客はほっとした。

そして、曲目は、ベートーヴェンの「フィデリオ」序曲でスタートした。
その後、ピアノ独奏者を加えて、ショパンのピアノ協奏曲第一番ホ短調が演奏され、馴染みやすい曲に加えて、独奏者と楽団との息が合って名演となった。

15分の休憩後、シューベルトの大作、交響曲第9番ハ長調「ザ・グレート」が、その名の如く、一時間近くに及ぶ長時間を一気に仕上げた。
もともと、この曲は私の好きなレパートリーの一つであったが、期待通りの素晴らしい迫力の演奏に大満足であった。

上記HGさんと同じホルン奏者で、「なんアラ」エッセイ投稿者でもあるTMさんとバスーン奏者のTSさんも熱演を振るわれていたのが、会場から充分見て取れた。

次回の演奏会は10月26日、この伊勢原市民文化会館大ホール会場で、ブラームスの大学祝典序曲、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、シューマンの交響曲第4番が予定されている。
是非、参加したいものである。
コメント

「なんアラ」サポーター広島・宇都宮の皆さん

2014-04-27 08:01:14 | Weblog
昨日、漸く、予定していた、メールによる「なんアラ」通巻15号購入要請が"わ"まで終了した。

そして、昨日、「なんアラ」サポーターである地方の広島・宇都宮の皆さんから購入通知が届いた。

早速、広島のKOさん、KSさん、宇都宮のHYさんにメール便送付をした。
KSさんとHYさんはエッセイ投稿の常連であり、通巻16号の候補でもある。
また、KOさんは新人として、初登場願いたいところであるが、数年前に広島でお邪魔した時には、やんわりと断られた実績(?)がある。

いずれにしても、メールによる「なんアラ」通巻15号購入要請が一段落したので、通巻16号のエッセイ投稿者の人選に取り掛からねばならない。
コメント

「なんアラ」サポーターの有り難さ

2014-04-26 07:43:02 | Weblog
数週間前から、「なんアラ」サポーターの皆さんに、メールを通して、通巻15号グッズの購入をお願いしている。
"あ"行の"あ"から始めて、昨日、漸く"は"行の"ほ"までのメール送付を行った。
一年前の同じ時期と比べて、パソコンが新しくなって、操作がまだ十分慣れていないことに加え、メールソフト変更、それに伴いアドレス帳の表記も異なり、いろいろトラブル続きで、やっと"む"まで来たという感じである。

残りは、"ま"から始めて、"わ"まで、あと一息となった。

昨夜、早速鳥取市のJNさんから、ご丁寧なメールとともに、激励と4000円のセット購入のご連絡をいただいた。
この数年、いつも有り難く心待ちにしている自分が居ることが、甘えに繋がっている様にも思える。
JNさんは、2006年10月出版の通巻5号で、"お弁当の中身"のタイトルでエッセイ投稿願って以来、ずっと金銭面でのサポートを頂いている。
心から感謝したい。
この「なんアラ」ブログも読んでいただいている様なので、ちょっと気恥ずかしいが、この折に、昨夜のメールを紹介したい。
・・・・・
YS様
ご無沙汰しております。
いつも、益々のご活躍をブログで拝見しております。
このたびは、「なんアラ」通巻15号の発刊おめでとうございます。
「なんアラ」通巻15号 2冊、イラスト集ハガキサイズ 1冊、シールプリント1冊を購入したいと思います。
よろしくお願いします。
創刊から数えて、10年になるのですか。早いものですね。
また、今までの号を読み返してみますね。
これからも、お元気で、ご活躍をお祈りしています。
JN
・・・・・

さて、この「なんアラ」出版の創設時は、広告スポンサーも多くあり、出版費用の半分位は、それらで賄えていた。
しかし、デフレ不況と、大震災の影響は日本列島を救いがたいところまで、落ち込ませた。

「なんアラ」出版も例外ではなく、一社になってしまったスポンサーと、上記JNさんの様な絶大なサポーターと、地道だが、毎年1冊を購入いただいている多くの皆さんのご協力により、出版費用の2割程度は賄えているものの、やはり苦しい年月は続いている。

今回、ヤフーストアに来月くらいから進出予定であるが、こちらも海のものとも山のものとも見当がつかない。

少々口になってしまったが、上記状況をご理解戴き、今後も長期にわたって、ご支援を頂けることをお願いしたい。
コメント

小中全国学力テストと同窓会に共通の夢

2014-04-25 07:52:10 | Weblog
今週の初め、小中全国学力テストが開催された。
小6は、上の孫、中三は家庭教師が関連するので、国語・数学・算数いずれも、挑戦(?)してみた。
Aはともかくとして、B出題問題は、いろいろ工夫されている様だが、もう一つピンと来ない。

少なくとも、今後の日本を支える子供たちを育てていく方向性を示しているとは、考え辛い内容である。
○×式や選択問題は減ってはいるが、良く考えて、自分の意見を記述するためには、もう少し、回答に自由度を与え、回答時間をじっくりととるために、問題数を減らす工夫も大切だと思う。

さて、今月は小中・大学の同窓会続いていたこともあって、今朝がた見た夢は、学生時代の試験前後の悩ましい内容であった。
その夢の中身は、もう、しっかりとは思い出せないが、昨夜電話を頂いた、中三男子同窓生との10分程度の会話も多分に影響していたようである。
コメント

懐かしい鳴門・淡路ルートを巡るBS民放番組

2014-04-24 07:57:55 | Weblog
先週と昨日の2回連続で、懐かしい鳴門・淡路ルートを巡るBS民放番組が放映された。

この番組は、恋するドライブ、通称「恋ドラ」、何だか、「なんでもアラカルト」、通称「なんアラ」と共通している。

ドライバーは渡辺真理で、同乗者が毎回替わり、今回は現役最年長のフィギィアースケーター村主章枝で、上記徳島県鳴門市から兵庫県淡路サービスエリアまでを対談しながら、ドライブするという趣向である。

鳴門市は、「なんアラ」通巻5号発刊記念講演会を2006年秋に開催した場所で、家内の実姉であるRBさんが居られることもあって、この10年間の間に何度も訪れている。
昨年も、同じく徳島県在住の「なんアラ」イラストレーターでエッセイも投稿願っているANさんとお会いした場所でもある。

鳴門の渦潮を展墓できる場所や、明石海峡を一望できる大観覧車などが、次々と登場してとても懐かしく思い出されものである。

「なんアラ」通巻5号といえば、当面の目標であった通巻10号までの半分を折り返し、まだまだ気合が入っていた時期である。
それまでの、4回は当地の神奈川県松田町を皮切りに、東京都目黒区、京都市、鳥取県米子市を経て、徳島県鳴門市に行き着いたのである。
その後は、宮城県仙台市、福岡市、北海道札幌市、奈良市、埼玉県川口市を巡り、通巻10号を達成した。

そして、通巻11号以降は、講演会は一段落し、コラボ展を展開し始めた折に、2011年の大震災が発生し、現在は、細々とした各地の会談を続けて、今回の通巻15号に至ったという次第である。
コメント

阪大関東支部同窓会会合に参加

2014-04-23 06:34:37 | Weblog
S39年入学阪大応用化学関東支部同窓会の会合が、昨夜東急田園都市線青葉台で開かれた。
2ヶ月前の大雪の時の会合に引き続き、本年度2回目である。

参加者は10名で、ますまずの集まりだろう!
話題は、健康問題に始まり、トレンドのテーマが雑多に飛び出し、それぞれの意見の持ちようは、半世紀前と変わりがない拘りが感じられた。

次回も、この近辺で6月に開催予定らしいが、少し時間を空けて、「なんアラ」活動にも何らかの接点を得られるような施策を練りたいと考えている。
コメント

松田町行脚は3つの成果

2014-04-22 07:54:24 | Weblog
昨夜は、「なんアラ」拡販活動として、松田町を行脚し、3つの成果が得られた。

まずは、「なんアラ」創刊号からのサポーターであるスナックアローザのママCSさんに通巻15号を届けた。
暫くして帰ってこられた、松田町町議である旦那さんのYSさんといろいろお話しし、先日開成町でお会いした新町長との会談の橋渡しを要請しておいた。
実現すると、また楽しみが増えるというものだ。

続いて、先日「なんアラ」通巻15号を2冊購入願った、MSさん経営のスナック葦に赴いた。
ここでは、一時間半ばかり、人生そのものを語り合った。

最後は、3番目のスナックやどりぎに勤務のEWさんと会い、通巻15号を一冊購入願うとともに、次号での久しぶりの執筆依頼(EWさんは通巻10号で投稿)を要請しておいた。

コメント

フランス製玩具KATAMINOに嵌る

2014-04-21 07:57:27 | Weblog
昨日は、小6・小3孫を入れた家族5名で、半月前(4/8)に京都駅のイセタンで衝動買いした、フランス製玩具KATAMINOに嵌った。

先日の関西出張の帰りに、土産物で何か面白いものがないか、いつものイセタン玩具売り場をうろついていたら、対象年齢3~99歳という文字が目に飛び込んできた。

何やら、不思議な玩具で、取説を見ても、3歳からはわかるのだが、なぜ99歳までなのかが理解できなかった。

帰宅後、ちょっとやってみたが、なかなかその対象年齢3~99歳がビンと来なくて、日にちが経過した。
そして、昨日、時間が取れたので、ゆっくり孫たちを入れて本格的に始めたら、これがなかなか曲者で、嵌ってしまったという訳である。

要は、1センち角の立方体が5つ繋がった形を想像してもらいたい。
まず、その種類が何個あるか、頭の中でいろいろ考えて、たどり着いた答えが11個である。
ここまで来るのに、暫く時間を要した。
当然、そんなことを問うた玩具ではないが、どうしても考えてしまうのが私の性質である。

一人プレイと二人プレイが有って、昨日はその二人プレイで盛り上がったということなのだ。

これは、なかなか奥が深く、良く考えた玩具である。
5つの立方体が基本となっているが、これが4つだとまったくつまらなくて、6つだと複雑すぎて玩具にならないということが、いろいろ試してみると分かった。

対象年齢3~99歳の意味を実感するためにも、これからいろんな挑戦をしたいと思っている。
また新しいやるべきことが増えた。
コメント