なんでもアラカルト

エッセイ・イラストを対等に扱ったまったく新規な本の出版に関連する記事(Daily)

又新しいロゴ"スマート自治体"が登場!

2018-08-17 05:57:18 | Weblog
又、新しいロゴ"スマート自治体"が登場した。
2040年には、想定外(この言葉も死語となったか・・・)の地方行政が求められるとのことで、圏域連携が必要となった自治体が、自らの地方創生を目指し自立する必要性を提起している。

しかし、言葉ばかりが先行して、実現に向けての行動力にかけていると思う。

そんな中、私個人としては、この"スマート自治体"に相当する"スマートエリア"に一歩でも近づける努力をしたいと思っている。

近々、お会いする予定で、昨年お世話になったYHさんとのアポも、昨日携帯メールで取れた。
楽しみに待ちたい。
コメント

本年度の統計調査始まる!同時にリニアモーターエクスプレスの再発注をネットで実行!

2018-08-16 07:04:49 | Weblog
総務省及び神奈川県から委嘱される統計調査の本年度バージョンが始まった。
3年前に統計調査員を受諾して、もう4年目となる。
結構ベテランの領域である。
本年度は、新人の方々が増えて、そろそろ勇退の時期かと考えている。
私のつもりでは、5年間のつもりだったので、来年度を受託したのち、終了宣言をしたいと思っている。

昨年度の調査は、かなり難航して、家内にも随分迷惑を掛けた。

昨日、本年度最初の打ち合わせであったが、今年も役場の担当者が総替わりとなり、毎年いろんな提案をしていることが、また振出しに戻ると思うとちょっと億劫になる。
帰宅後、疑問点が何点か浮かび、電話では全てを言い尽くせなかったので、本日改めて町役場に赴くことになった。

昨日のもう一つのトピックスは同時にリニアモーターエクスプレスの再発注をネットで実行したことである。
ヤフーショッピング経由でジョシンウェブで今回の生協で購入したディスカウントレベルで購入できた。
到着を待って、"寺子屋湯の沢"のTKa君と夏休み中に格闘することにしよう。
コメント

寺子屋湯の沢スタッフ会議に小四TKa君が特別参加

2018-08-15 06:12:49 | Weblog
昨日、"寺子屋湯の沢"に設置した本立てに入れる蔵書の中身の議論のために、スタッフ会議を開いた。
いろんな意見が出て、次の"第10回寺子屋湯の沢"までに、正式スタート出来るように進めることで合意した。

一方、知育玩具4種類の初公開もしたので、小四TKa君にも呼び掛けたところ、喜んで特別参加してくれた。
彼の得意な分野でもあり、リニアモーターエクスプレスには、目の色が変わっていた。
この集中力を、旨く学習の方に指導していけたら、どこまで彼が伸びていくか、保護者のお母さんにもなかなか読み取れない楽しみがある。

このリニアモーターエクスプレスの再発注に関しては、直接製造元に、改めて連絡してみようと思っている。
コメント

トランプゲーム"うすのろ"スピード感で中一孫に軍配!

2018-08-14 05:51:31 | Weblog
盆休みで、3日前から来ていた長女・孫と、昨日、トランプゲームの常連となっていた"うすのろ"をやったが、やはり、スピード感で中一孫に軍配が上がった。

このゲームは、4枚のカードを揃えるだけの単純なゲームなのだが、参加者の数より一つ少ないピースを奪い合うもので、相当迫力がある。
ピースを取れなかった一人だけが、合計4回ミスすると"うすのろ"となってしまうのである。

以前は、私も、このゲームの常勝で有ったが、遂に昨日は敗戦の憂き身になってしまった。

そろそろ、この種の俊敏性を争うゲームとは足を洗った方が良いようだ。
コメント

夏休み知育玩具4つ目と格闘中

2018-08-13 05:45:39 | Weblog
世の中は、夏休み真っ最中である。
天候は、相変わらず、猛暑と突然の雷雨が各地で発生している。

そんな中、私は、生協で10日前に購入した福岡県太宰府市のメーカーが発売している4つの知育玩具の4つ目と格闘中である。

これまで組み立てが完了した3つと今回のものはいずれも、再生可能エネルギーと関連しているおもちゃである。

最初に取り組んだものは、ソーラーエネルギーを、昨日完成した人力で圧縮した空気エネルギーを、そして現在取り組んでいるものは水力を利用した玩具なのである。
二つ目のリニアモーターエクスプレスは、ちょっと再生可能エネルギーと異なるが、磁石を用いた超省エネルギー型の玩具なのである。

本日中に完成させて、明日の"寺子屋湯の沢"スタッフ事前打ち合わせに持参したいと思っている。
コメント

松田町町民大学と湯の沢映画鑑賞に参加

2018-08-12 06:58:36 | Weblog
前日の松田町役場での二つの傍聴に引き続き、本日は、松田町町民大学と湯の沢映画鑑賞に参加した。
連日の猛暑の中の脳への刺激はなかなかなものである。

午前中の町民大学は、本年度5回シリーズの初回である。
タイトルは「超高齢化社会での生き方と逝き方」と言う、高齢者対象の話で、参加者は会場一杯の100名近くに及んだ。
ちょっと後ろ向きな面も有ったが、ほとんどは前向きな講演内容で、得るところも多かった。

午後からの映画鑑賞は、湯の沢団地役員からの提供で、1950年代の"旅情"で、イタリアベネチアを舞台にしたテーマソングもポピュラーなロブロマンスにこちら方面の脳の刺激も有効で有った。

夜は、中一の孫と久しぶりに花火を行い楽しんだ。
コメント

二つの松田町会議を傍聴

2018-08-11 06:02:45 | Weblog
昨日、二つの松田町会議を傍聴した。

まずは、午前中、松田町総合計画審議会の二回目の会議で、審議会側と松田町側が半々の合計約30名に対し、傍聴者は私を入れて5名であった。
内容は多岐にわたり、2時間では十分な議論がなされたとは思えないが、昨年から今年初めにかけて武田セミナーでシリーズとして取り上げられたSDGsが一つのはしらとなっていたり、公開ヒアリングの中に寺子屋まつだが入っていたりしていて、私が町に関与している面とのリンクと言う意味で、役立った傍聴で有った。

そして、午後6時から開始されるはずの二つ目の会合は、出席者の遅れで30分も延びたのにはちょっとあきれた。
内容は、学校制度ありかた検討委員会で、八回目となり、私の傍聴は今回で二回目で、幼小中一貫教育に関する町長への提言書提出が課題である。
こちらも、寺子屋やプログラミング学習で直接関与している話題で有るので、今後も注視していきたいと思っている。

いずれにしても、結構重たい内容に頭脳の追随が少々遅れがちとなったことは否めない。
コメント

ブルーレイレコーダー購入・取り付け・予約録画移行

2018-08-10 05:59:16 | Weblog
昨日一日かけて、ブルーレイディスクレコーダーの購入、自宅に持ち帰っての旧レコーダーとの入れ替えと真レコーダー取り付けに対するハード面の奮闘、そしてソフト面での予約録画約50番組を移行する作業を一気にこなした。
結構な力仕事と、神経面での緊張感を持ったアプローチは、久々に遣り甲斐のある作業となった。
テレビ画面の録画と視聴は、毎日・毎時間、絶え間なく続いているので、その間隙を縫っての作業は、なかなか面白かった。

出来上がり、ちょっとした質問事項を、購入元のパナソニックのフリーダーヤルにかけて、ほぼ納得できた。

後は、玉突きで、もう一つのテレビへのレコーダー移管作業が残っているが、こちらはぼちぼちやるつもりである。

録画してみたい番組は、本日も、ソフトボール、パンハシフィック水泳、パウルの動く城など、目白押しなので、録画機を有効に使う必要が有る。
暑い夏を、これで凌ぐつもりである。

さて、本日も、これから早朝ウォーキングに出かけることにしよう!
コメント

台風13号は、やはり房総半島をかすめて北上中、知育玩具リニアモータークスプレス製造元とコンタクト

2018-08-09 07:01:26 | Weblog
台風13号は、想像していた通り、自転車並みのスピードで房総半島をかすめて北上中である。
そして、早くも台風14号が発生して、九州に接近中である。
今年の夏は、台風に振り回されることになりそうだ。

そんな中、昨日の「なんアラ」ブログで記載した、知育玩具"リニアモータークスプレス"の製造元であるイーケイジャパンと電話でコンタクト中である。
不具合に対する質問が切っ掛けであるが、何度かやり取りをしていると、その会社の意気込みが感じられ、一度訪問したいと思う衝動にかられている。
来月末の"寺子屋湯の沢"で、子供たちの反響の程度を見て、この玩具の発展形を考えてみたいと思っているのである。
コメント

寺子屋湯の沢専用本立て設置と知育玩具リニアモーターエクスプレス

2018-08-08 05:52:49 | Weblog
昨日、"寺子屋湯の沢"の専用本立てを児童センターに設置した。
スタッフの一人が参加されなかったので、詳細は次週改めて決定することにした。
次週は、転倒防止器具を付けること、蔵書の選別と貸し借りの簡単な仕組みなどを議論して、今月末の第10回"寺子屋湯の沢"から、正式に貸し出しをスタートしたいと思っている。

さて、もう一つのトピックスは、知育玩具リニアモーターエクスプレスに関してである。
昨日午前中に約4,5時間かけて完成させた。

そして、上記寺子屋湯の沢の打ち合わせに、初披露した。
この性能には、湯の沢の会長も驚愕されるほど、面白い代物で、更なる発展を期待して、製造元に質問状をファックス送信しておいた。
こちらもワクワク感がたっぷりで、子供たちの人気を博することは間違いないと考えている。
コメント