障害年金社労士 吉野千賀 ブログ

障害年金など社労士の仕事を通して感じたこと、知って為になること、面白いことをよしの社労士事務所の代表吉野千賀が綴ります!

地裁判決「診断書なくても障害認定」

2013-01-21 | 社労士の障害年金
こんにちは!社労士の吉野千賀です!

1月17日に名古屋地裁で調味深い判決がでましたね。

診断書なくても障害認定 ― 年金却下取消判決」です。

日経新聞をはじめ、多くの一般紙でも報道されました。報道記事はここをクリックしてください。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

判決理由で福井章代裁判長は「請求に対する判断の資料を診断書に限るとした規定は見当たらず

男性の日記や妻の証言などで病状の推移は認定できる」と指摘。

「初診から1年半後の認定の起算日となる時期には、男性は障害等級3級の状態にあった」とした。

------------------------------------------------------------------------------------------------

この男性は、自分の意思で医療機関での診療を拒否し漢方などの治療を続けたため認定日の診断書がなかったそうです。

認定日に受診していたにも関わらず、カルテが廃棄され、診断書を提出できないために、

認定日請求ができない方も多くいらっしゃいます。

そういう方にとっても一筋の光が差し込んだように思える画期的な判決です。

しかしながら、障害の程度を判断するには、医師の診断書が原則であることに変わりはなく、

やむを得ない場合は、審査請求・再審査請求を経て裁判に持ち込むしかないし、

裁判に持ち込んでも今回と同じような「原処分取消」判決がでるとは限りません。

そうはいっても、裁判を提訴してみる価値はありますね~。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所は、全国規模のNPO法人「障害年金支援ネットワーク」の会員です。皆様のお役に立てるよう、一層の努力をしてまいります!

初回のご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

See you tomorrow!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« 障害年金~高次脳機能障害4 | トップ | 障害年金 問題解決手法1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社労士の障害年金」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事