その後の吉見酒店

アフター10 仕事後の体を癒す為の十三酒物語。毎日が酒とバラの日々

卒業

 | Weblog
息子は大学卒業
娘は高校卒業
「海団治」は十三卒業

リアル深夜食堂「海団治」
12時を回ると
若者、オヤジ、十三のねーちゃん
幅広い年齢層と職業の人間がカウンターで酒を交わす
一人で動いてた店長が他店に行くらしい
本日で十三卒業

昨夜最後の酒を呑む
「ピアノバー」で酔いが回る
「カルカロ」では疲れがピーク
が、
呑みだすとまた呑める????
この店の酒には何か????
コメント

靴下

 | Weblog
朝目覚める

まずは一服からスタート

洗面所に向かうと床が冷たい

靴下を履く

立ったまま

フラー・・・

バランスを崩し転倒

指に擦り傷

脳XX???タバコのせい???

床に座って靴下を履く

血ついた靴下

大丈夫か?俺?

コメント

橋本トリオ

 | Weblog
三人の橋本
13ベース初競演
3月26日(月)
橋本有津子(オルガン)
橋本裕(g)
橋本真悠子(vo)
PM8~
¥2.000
13ベース只今予約受付中
コメント

家族

 | Weblog
夕方妻と息子は新規オープン「ミスターモー」に予約して
ステーキを食べに出かける
息子の誕生日祝・・らしい
娘はバイトに行っている
人恋しい夜一人晩飯
10時閉店後「富五郎」で熱燗と板ワサ
「パパどこおるん?」
娘もやってくる
酒3つも呑むとすっかり上機嫌
二人で「鶴居」に行って
娘にジンギスカン、私は焼酎湯割り
「カルカロ」に向かう途中
息子が二人で(男)歩いてくる
「一緒に飲みに行くか?」
約束があるらしくどこかへ消えていく
カルカロの中を覗くと
妻がカウンターに
どこに行っても家族がいる?
娘だけ店に入れて
私一人「カスク」へ
その後「カルカロ」に行くと
妻も娘も帰っている
久々に逢うスザンヌの隣で飲んでいると
いつの間にやら深夜?
晩飯は???
帰ってサッポロ一番
これが旨い。
コメント

スター

 | Weblog
スター錦野あきら十三来演
本日駅前のパチンコ屋に錦野あきらがやってくる
何曲か歌うのであろう

この前天神橋商店街を歩いてると
パチンコ屋の前に多くの人だかり
何???
山本リンダが歌ってる
ウララウララ・・・
外からでは後姿だったが横顔になると
明るいライトの中
・・・・・・

しかしどちらもビッグネーム
さすがパチンコ屋
こんな所で
勝てる訳ない!!!!
コメント

平清盛

 | Weblog
神戸ワインより
今出さなければワイン限定入荷
「平清盛」
赤ライトボディー
白やや甘口
各1500円

閉店前2人の酔っ払い客がくる
年は一人が私と同じ
もう一人は少し若い?か
娘の知り合いらしい
「パパかっこええから店に買いに行って」
と言われたらしい
私の顔を見るなり
「どこがパパやねん!
どこがかっこええねん!オヤジやん」
まぁまぁそうですけど
ブチ!ブチッ!
それでも
娘を可愛がってくれて・・おおきに

免許を取った娘
妻に
「ママ車なんか傷だらけなっても気にせえへんよな」
我が愛車PTクルーザー
どうなる事やら・・・・
コメント

商人

 | Weblog
昨夜は13ベースライブ
1月のライブは病院の中だったので
私にとって今年は1発目
2月の給料日前の水曜日、しかも雨
その中多くのご来店
初めて来て頂いた友達兄弟、得意先夫婦
入院中知り合った手術友達?も5人でご来店
教習所の先生も二人でご来店
娘が宣伝したら来てくれたらしい
さすが!商人の娘
アンちゃんも女性三人でご来店
加えてジャズマニアな常連さん

満席の中ギター村山義光
当店2度目のボーカリスト
阪井楊子のライブが始る

ド迫力で躍動的なステージ
誰も帰ることなく2ステージが終わる

はじめて見たお客さん
「よかったわ。来月のチケット買っとくわ」
うれしい一言

ご来店の皆様!おおきに!!
趣味と商いのはざまで
細く永く続く13ベース
ぼちぼちやります

3月26日(月)
橋本有津子(オルガン)
橋本裕(g)
橋本真悠子(vo)
PM8~
¥2.000

コメント

清河への道

 | Weblog
休肝日?
に、するのも邪魔くさいので
一人「カルカロ」へ
いつものメンバーがカウンターに
数杯ウイスキーのお湯割り呑んで退散
帰宅?
する予定が足は十三駅方向へ
信号渡るのも邪魔くさいので
一人「パブ」へ
よく知ってるメンバーがカウンターに
メーカーズマークのロックを呑む
ここのマスターは新井英一ファン
最も聞きたい男性ボーカリスト
内臓をえぐる魂のブルース
新井英一ファンと遭遇するのは
マスターで三人目
13ベース新井英一ライブ
そんな妄想に浸りながら酒が進む
「清河への道」が店に流れる

コメント

渡船

 | Weblog
酒米の王「山田錦」は、父「短棹渡舟」、母「山田穂」の交配品種で大正時代に生まれました。浪乃音が使う「渡船」は「滋賀県6号渡船」という品種で、山田錦の叔父さん格にあたります。酒質は新酒ながらにして熟成酒をも思わせる芳醇な味わいで「当に旨し酒!」と言った感じのおすすめの一献です。(某所より引用)
滋賀県浪乃音酒造
渡船純米吟醸生酒60
渡船60%精米コクのある旨酒
1.8L¥3.250
入荷しました

封も開けていない年末ジャンボ宝くじを持って復興宝くじを買いに行く
300円当たって?¥2700でバラ10枚購入
いつものパターン
最近はめっきり興奮も楽しみもなくなり
ある種寄付金として毎回ジャンボを購入
本日
当たりが2枚!!
¥3300!!!!!!
10枚購入で釣りが来た!
小さすぎる幸せは
一瞬で消えていく・・・



コメント

ジュンク堂

 | Weblog
日曜昼
梅田ジュンク堂
地下1Fから5Fまでぜーんぶ本屋
ブラブラしてると、ある本が目に入る
「ロックで独立する方法」
忌野清志郎
知らぬ間に本が手の中に
4Fで手にした本の会計は1F
図書館のような店内は混んでる事はないが
レジは1Fだけとは・・
しかも稼動してるのは3台
並ぶ事なく会計をすます
紀伊国屋とは正反対の世界
風格すら感じてしまう。

夜は家族で焼肉「藤山」
四人で食するのは久々
藤山の息子と私の息子は同級生
もうすっかり兄ちゃん
店を手伝ってる息子の姿
昔は親父夫婦の店でマスターが手伝っていたのに・・
今やマスターと次の世代
時代が綺麗に1回転
なんか不思議な光景
少し寂しさが忍び寄る・・・・
コメント