和のこころ 

「和」のイベントを手がけるOLの日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

OLの週末

2008-05-18 12:30:14 | Weblog
先週は緊張を強いられる一週間でありました。

そんな週末金曜。奈々福ねえさんの会、行って来ました。



人形町のお蕎麦屋さんの翁庵の2Fのお座敷にて。
大好きなお話「茶碗屋敷」。
曲師は玉川みね子師匠。みね子師匠との茶碗屋敷、はじめて聞いたかな。

こんな格好をしていた奈々福ねえさんとは思えません。


~金魚亭にて~ 撮影/ヤギマサル氏


そんな奈々福ねえさんにはどしどし仕事がたてこんでおります。

●5月24日(土)神楽坂 も-吉ライブ。 18時より。
(山形料理のお店で、かの松井秀喜さんも通うお店。食事+飲み放題で6000円)

●6月29日(日)浅草木馬亭にて 玉川一門の会。13時から。
前売り2000円、当日2500円。

7月13日(日)新宿シアターアプル「浪曲乙女組!」 14時から。4000円。
だんだん会場も大きくなっていますねえ~、すごい。

ご興味ある方、ご一緒しましょう~。
お声かけくださいね。

コメント   トラックバック (1)

金魚亭ブログ更新しました。

2008-05-18 12:04:45 | 唸る浪曲 泳ぐ金魚 金魚亭!!
金魚亭ブログ、更新しました。

こちら・・・。
コメント

澤乃井酒造見学 ~女子の休日~

2008-05-16 00:10:44 | Weblog
先日、奥多摩にある
澤乃井酒造の酒造見学にいってきました。



自然いっぱいのところに行きたいと、ふと思い立ちこちらの蔵へお邪魔するのは
はや5回目。

新酒の季節ではないけれど、新緑を堪能しに。



ここが東京か~と改めて考えるほど、ある意味実家よりも自然いっぱいのところ。

倉見学では、この土地の水を使うことを説明され、実際に岩の中に水が湧き出ている様子を見ると、何度見ても

「この土地の空気、この土地の水から生まれた恵みのお酒だなあ・・」

とありがたくなる。

ありがたくなって、一杯、二杯と(笑)
一本一万なんぼもするので、一杯ずつ堪能した「大吟醸 梵(ぼん)」



心身が清らかになるような、お酒です。すっきりしているけれど、ちゃあんと
深い味わいがある。

飲んでまた、近くを散策し。



橋をわたって、急な階段をのぼると、そこには寒山寺。



明治の書家が中国に渡り、寒山寺を訪れ、主僧から日本に寒山寺の建立を願って
釈迦仏木像を託され、適地を求めてこちらに落慶したのがはじまりだという。

ちょっと遠い昔に思いを馳せ・・。

そして、また一杯。 自然の恵みを堪能した日でありました。

澤の井の蔵見学、おすすめです。
1日4回やっています。
JR青梅線の沢井という駅からすぐです。
コメント

心中宵庚申 文楽五月公演

2008-05-11 00:49:23 | Weblog
文楽五月公演 第二部 にいってきました。

近松門左衛門作
●心中宵庚申
上田村の段
八百屋の段
道行思ひの短夜

北條秀司作
●狐と笛吹き
「今昔物語」より

久しぶりの文楽。ちょうど、奈々福ねえさんから先日いただいた
三浦しおんの本「仏果を得ず」を読んでいるところ。文楽熱もさらに盛り上がっているところでの今日の公演でありました。



国立劇場についたら、入り口で豊竹咲甫大夫さんにバッタリ。
ちょうど先日某お店でお会いし、お話したところでした。

「今日は楽しみにしています」

と少しお話し客席へ。今日は前から5列目の真ん中。
太夫さんも舞台もよくみえるいい席でした。

心中宵庚申。
近松最後の世話物作品です。八百屋半兵衛と女房お千代が姑の虐待に耐えかね、4月5日の庚申の晩に心中をしたお話。

住大夫さんからはじまります。今日の大夫さんたちは、耳に心にすーーっと入ってきます。
お千代は吉田蓑助さん。女性の繊細な動き、悲しみの表現、さすがです。
そして、八百屋半兵衛は桐竹勘十郎さん。

なんといっても道行思ひの短夜のクライマックス。
二人が赤い毛氈を引いた上で、悲しみに打ちひしがれ心中していく様子、本当に悲しくも美しい姿でありました。
黄八丈をきた二人が、下にお千代上に半兵衛が重なりたおれているシーンは、目に心に焼きついております。

心中宵庚申のあとは、狐と笛吹き。
豊竹咲甫大夫さんの狐のともねの悲しみの声。思わず感極まって涙しそうになりました。

いい舞台をみせていただきました。



5月はもう一回、今度は第一部、鎌倉三代記、増補大江山も観にいきます。


ところで、桐竹勘十郎さんといえば、5月12日から17日まで
銀座ギャラリー悠玄にて「文楽人形遣い三世桐竹勘十郎作品展」と題した
絵画の個展をされます。これまた、ぜひ行きたいもの。

5月は文楽、楽しみます。
コメント   トラックバック (1)

金魚亭公宴あとがき(1) 小泉謙一太鼓からはじまる

2008-05-11 00:38:12 | 唸る浪曲 泳ぐ金魚 金魚亭!!
4月30日
金魚亭公宴の写真、ちょっとずつ掲載していきます。
19時開演。
館内、いっぱいのお客様。




はじまりの太鼓として、小泉謙一さんの演奏。

の前に、男があらわれ太鼓が収納されている襖を開ける。
木馬亭で、ここの襖をお客様の前で開けたの、はじめてじゃないかな。






ドドーン、ドーン、ドーン・・・とはじまって。



約5分の幕開けとしての太鼓をお願いしておりました。
館内いっぱいに、太鼓の音が響き渡っておりました。

いよいよはじました。

続きはまた・・・。

撮影/ヤギマサル氏
コメント

改めて金魚亭、ありがとうございました。

2008-05-08 20:21:52 | 唸る浪曲 泳ぐ金魚 金魚亭!!
               
撮影/ヤギマサル氏


4月29日・30日

金魚亭にお越しいただき、ありがとうございました。

今日からまた少しずつ、イベントの写真を掲載していきたいと思っております。

コメント

金魚亭終わる。

2008-05-01 02:00:48 | 唸る浪曲 泳ぐ金魚 金魚亭!!
金魚亭2日目、無事に終わりました。今日で2日間におよびました金魚亭終宴です。

おいでくださったお客様、ずっと見守ってくださっていた皆様。
本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公宴のアンケートを以下に、掲載しております。

ぜひ、メールででもkingyo080429@mail.goo.ne.jp
ご感想をいただけるとうれしいです。

以下

【金魚亭公宴アンケート】            2008.4.30
※お書きくださった個人情報は、金魚亭衆のイベント案内のみ使用させていただきます。
1.このイベントをどこでお知りになりましたか?

1. ダイレクトメール(どちらからのものですか。    から)
2. 新聞
3. インターネット
4. ちらし
5. TV
6.その他(       )

2.イベントの内容はどうでしたか?

 1.大変よかった
 2.よかった
 3.ふつう
 4.悪かった

3.2の回答で、1・2をご回答された方にお聞きします。
  どの演目がよかったですか(複数回答)
1.小泉謙一太鼓2.国本武春浪曲 3.深堀&小泉パフォーマンス 4.玉川奈々福浪曲

4.2の回答で、3.4をご回答された方にお聞きします。
  どういった点がよくなかったか。
  (                              )

5.イベントに関して、お気づきの点をご回答ください。

1.イベントの長さは・・・ちょうどよい・短い・長い
2.スタッフの対応は・・・よい・ふつう・悪い
3.価格は・・・・安い・ちょうどよい・高い
4.開演時間は・・・早い・ちょうどよい・遅い
5.開催日時は・・・よかった・悪かった
6.開催日時の希望は・・・平日昼間・平日夜・休日昼間・休日夜

6.金魚亭第2回目・第3回目・・・「金魚亭公宴」があったら、また来たいですか?

1.絶対に来たい 2.都合があえば来たい 3.興味がない

7.次回以降の「金魚亭公宴」に期待することをご回答ください(複数回答可)。

1.もっと浪曲を聞きたい 2.もっとパフォーマンスを見たい 3.違う会場で見たい

4.定期的に公宴をやってほしい 5.DVDが欲しい 6.その他(         )

8.ご意見・ご感想をお願いします。
 (                                        )
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金魚亭衆のご案内をお送りさせていただきますので、お名前・ご連絡先をお教えください。
お名前 (          )
ご住所 (〒                                  )
メールアドレス(                            





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回はたくさんの方にお世話になりました。

フライヤー撮影からヘアメイク
ディファレンスエンジン 伊藤さん
キノトロープ 高田さん
カメラマン 八木さん

また、当日のお手伝いとして、29日、30日とかけまして、玉川奈々福後援会のみなさま。和小物のwebショップ野庵スタッフのみなさま。
本当にありがとうございました。

そして、協賛として株式会社アートプリントジャパンさま。ターナー色彩株式会社さま、ダウ加工株式会社さま、いしやましほさま
浅草のお店の
浅草むぎとろさま、ゑりの高砂屋さま、神谷バーさま、くじらの店捕鯨船さま、染絵てぬぐいふじ屋さま、大黒家天麩羅さま、とんかつレストラン豚八さま、文扇堂さま、洋食屋ヨシカミさま、LISZTさま、和えん亭吉幸さま、浅草の街の皆様に助けられました。

本当にありがとうございました。

今回は初めての試みで、現代アートの世界にも、浪曲の世界にも、そして浅草という街にも一石投じられたのではないかと思います。
この金魚亭で、玉川奈々福、深堀隆介それぞれの世界でさらに活躍の幅が広がれば、これにまさる喜びはありません。

どうか、引き続き二人を応援してやってください。

本当にこの度は金魚亭公宴にお越しいただき、ありがとうございました。

それからそれから・・・・・。

私の友達たち。たくさんきてくれてありがとうです!
支えてくれた友達たち。本当にありがとうございました!!!

感謝。

            よしこ
コメント (4)