和のこころ 

「和」のイベントを手がけるOLの日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お気に入り

2007-12-04 23:29:41 | 着物
最近のお気に入りスタイルです。
この財布をいれるのが、お気に入り。この財布についてはこちら
コメント

久々の和裁

2007-09-11 19:24:34 | 着物
おわらは夜に見に行くとして、昼間は家で、久々の和裁を。
縫い始めたもの。
コメント

「きものという農業」

2007-06-13 22:39:44 | 着物
きものという農業
著:中谷比佐子 三五館 
という本を読みました。

以前、藍染の工房に行ったときに、アジアにしか染色の技術はない、
ヨーロッパはプリントの生地なんだ・・・ということを聞いたことがあります。
これは、染色の柄をつくる際に糊おきという作業をするからで、この糊は米からできるもの。だから、ヨーロッパにはプリントしかないんだ・・ときいて
いかに、着物という日本の衣装はこの風土と密接に関係して生まれてきているのか・・と感動した覚えがあります。

この本のタイトルを本屋さんでみつけたときに、びびびっときて、一気読みしました。

日本の蚕がいかにすばらしいか、小さいし手間はかかるけれど、質のよさはダントツだということ。
大麻の生産は「大麻取締法」で制限されているため、輸入ものが多いこと。
大麻は成長が早く、環境もよくし、肥えていない土地も3回大麻を育てれば、元気な土地になること。
また、綿にいたっては、自給率0パーセントとのこと。

食の自給率の低さは結構いわれているけれど、衣食住の衣の自給率はもっと低いのに、よくわかっていませんでした。

また、蚕なり、絹なり、麻なり、生産性を重視したものは、また機械などの生産性、効率のよいものでつくらないと、あわないようで、機械中心の世の中では
「衣」の自給についてむずかしい状況であること。

でもその中でも、大切さに気づいて、農業からきものを・・と思って行動している方々がいらっしゃることを知りました。

この風土からうまれた着物文化。
改めて考えてみたいと気づかされた本でした。

おすすめ!
コメント

京の手技 コレクション にいってきました。

2007-03-19 23:53:58 | 着物
もう終わっちゃって、感想を書きたいと思いながら・・・。

これ

すてきなかんざしや帯どめがたくさんありました。

普段はお宮さんのふすまの取ってなどをおさめている職人さんの遊び心でできた

かんざしなんかもあって、とても楽しめました。

私が気になったのはこれ

いつの日か。

コメント (2)   トラックバック (1)

足袋をつくってきました。

2006-12-05 23:14:33 | 着物
下北沢にある「ギャラリートウキョウジョウ」というギャラリーで
足袋づくり教室があるとのことで、初足袋づくり。
ここでやりました。

生地は当日近所であわてて調達。

1.型紙どおりにきる。

  表生地、裏生地、そこになる生地とカット。
表地、裏地、そこのかたほうのあし。

2.こはぜをつける。


3.ぬう。
裏と表をあわせて。

なんだかわからなくなってきました、気が遠くなります。

表に返して。おっ、だんだんかたちになってきました。
親指と4本の指がわかれてるの、わかります?

また裏っかえして、そこをぬう。

またまた表にして、タコ糸をつける。ほら、こはぜをひっかけるところ。


かたちになってきました。

実は片方しか仕上がっていません。もう片方は、暮れの紅白でも見ながらつくろうかと。
コメント (4)

旧暦日々是好日

2006-11-21 21:23:34 | 着物
来年の手帳を意識する時期になりました。
今年も使った、旧暦日々是好日手帳。来年も使おうと。
太陽暦と月の暦と両方でていて、現代人の私たちには便利で、季節を感じられる手帳です。
http://www.lunaworks.jp/diary/diary1.html
コメント

冬のおしたく

2006-11-16 23:58:28 | 着物
野庵で展示会です。



お散歩しながらたちよってみましょ。
http://www.a-yarn.com/info/2006/11/post_057f.html

画像:野庵
コメント (3)

野庵着付教室、年内終了。

2006-10-25 11:42:33 | 着物
野庵着付教室、年内終了。

毎週火曜日に、今度イベント会場となる「金魚坂」で、
野庵主催による着付け教室のお手伝いをさせていただいておりました。
野庵→http://www.a-yarn.com/
着付け教室を通し、多くの出会いもあり、毎回勉強させられることがありました。

1回コースは年内もあるやもしれませんが、4回という教室としてのものは年内最後。

生徒のみなさん、お疲れ様でした~。
撮影会には参加できませんが、またぜひ、お会いしましょうね~。
それから、野庵さま。無事終了してよかったね。おつかれさまです・・・。
どうか、よいお年を・・・なんて、すぐ会うね(笑)

そうそう、昨日ゆう先生からいただいた、和三盆うさこ。


コメント

深堀金魚浴衣

2006-10-17 13:02:06 | 着物
●深堀隆介 金魚絵の浴衣作成状況

深堀さんに春あたりにオーダーしている浴衣。
深堀さんの今年のテーマは「小粋」ということで、私のイメージにあわせた
金魚絵の浴衣を描いてくださるそう。
春から相談し続け、植物は「夕顔」で。

そして蔓を描いて、それに金魚がからんで泳いでいる様子になりそうです。

深堀さんは、私の浴衣のために植物園にいって、いい蔓の絵をスケッチしていらっしゃる
ものを、たくさん見せていただきました。
ただ、夕顔は一晩しか咲かない花。
実際に見ていないので、お花についてはまだ思案されているご様子。

私の浴衣、11月4日に発表できるでしょうか?!

こうご期待!
コメント (2)

野庵 着付け教室

2006-09-20 13:09:52 | 着物
金魚坂、着付け教室

秋の野庵の着付け教室スタートしています。
またお手伝いとして新しい皆さんとの出会い、一期一会と思い楽しみにさせていただいています。
野庵の着付け教室パンフもかっこよくなりました。
コメント (2)