世の中のうまい話

魚のウンチク、旬、漁師だけが食べている浜料理の紹介などなど・・・食べ歩きは八王子中心!都心も地方もたま~に

白熱!幹部呑み会!

2009年05月31日 08時17分49秒 | マグロ君の【正体】は?

会社近くの居酒屋~「膳菜や」

今日は会議の後・・・新年度の決起も踏まえて、幹部の呑み会がありました~


入り口はこんな感じ~結構高級っぽいですが・・・・居酒屋です。


最初は仕事の話なしで~食いに走り~



結構~洋風系の居酒屋?ここに来るのは初めてです。


ビールでやってましたが・・・・洋風ぽいので・・


赤ワイン導入!


導入したとたん!中華風に~


そして・・・和食系!ぷちコロス!



この頃には酒がまわり・・・かなり白熱!


ようやく洋食に戻った!このピクルス美味かった!


激論!本音でまくり!


洋風チジミに~


ピザです~

いや~会議やるより・・・呑み会した方が早いね!

教訓!

次回の会議から・・・・酒出そう~!


みなたま・・・お酒なくても~しゃべりなさい!
以上!








            




プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】



コメント (20)

エボダイ・イボダイ(疣鯛)・シズ

2009年05月30日 09時12分48秒 | 鯛類・タイと名の付く魚



エボダイ(イボダイ)

【語源】
イボダイと呼ばれるがイボのような突起物はない。えらぶたの後ろに褐色のまるい
斑点がある。

これが灸の後のただれ(いぼお)のように見える。イボダイの
「イボ」は、「いぼお」からきている。



      エボダイの干物

【旬】
産卵期は春から夏。底曳き網・定置網・刺網などで漁獲され、旬は秋である。



          エボダイの刺身





【うんちく】
大陸棚の底層近くで生息する。くらげ類などを食す。稚魚はくらげの下につき、
触手の陰に隠れて生活する。

体表からは粘液が出、この粘液がバターをぬったように見えるため、英名では
「バターフィッシュ」と言う。

この「イボダイ」は、とにかくややこしい。東京では「えぼだい」と呼ばれること
が多い。関西、長崎では「シズ」と呼ばれることが多い。これは長崎県 的山(あ
ずち)の港にお静と言う美しい女性がいて、イボダイの様に肌が美しく、色白で、
まるぽっちゃりであったからこの魚をシズと呼ぶようになったとか。

ところが、「シズ」というイボダイそっくりの別の魚がいるから始末が悪い。
こっちの「シズ」は中南米などから輸入されているマナガツオ科の魚。
見分け方は腹ビレの有無。腹ビレがあるほうがイボダイ。。また、イボダイは
やや桜色をしている。

ちなみに「イボダイ」はイボダイ科です。





          エボダイの塩焼き





【ブランド・産地】
ブランド化はされていません。漁獲量の多いのは、長崎・愛媛・大分・兵庫。







【産地ならではの漁師料理】
最も美味いのが塩焼き。脂が多いため、ふっくら焼きあがりご飯がすすみます。
産地の人たちは塩焼きしたものを、生姜醤油で食べていました。美味しかった。

もう一つは煮付け。漁師流は、軽く焼きをいれてから煮る。生姜ではなく、唐辛子
で煮るのがコツ。さっぱりした味になるとの事。




           エボダイのなめろう


【栄養と効果・健康】
魚類の中では最もたんぱく質が少ない。血液中のコレステロールを下げるオレイン
酸を多く含んでいる。ビタミン類では免疫力を高めるビタミンAが豊富。

   イボダイ昆布〆のにぎり鮨

 




       エボダイのにぎり寿司






        刺身用に三枚におろしたエボダイ





えぼだいの情報ドンドンお待ちしています。



       エボダイの幽庵焼き





いつも応援ありがとう~
人気ブログランキングへ




にほんブログ村




ブログ王ランキングに参加中!









      







     



プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】








コメント (16)

⑤姫路から帰ります~!

2009年05月29日 07時16分45秒 | 【関西】漫遊編集記

姫路駅から新幹線で帰ります~



ホームからピンポイント見える姫路城!一応~世界遺産やで~


家へのお土産は・・・懐かしい~これにしよう!
御座候(ござそうろう)!知ってる?


途中、富士山が綺麗でした!




・・・・で、知ってる?御座候!


知ってる?御座候!?


こいつです!
東京で言う回転焼き?でも・・・こっちの方が断然美味い~別物や!


白餡と・・・・


赤餡!の2種類!

マグロ君は白が好きです。



焼きたては勿論美味いですが・・・冷えたのもまた美味い!

翌日、オーブントースターでコゲ目がつく位に炙ったのは・・・更に美味い~

2セット買いましたが・・・即日完食!

ピラニア共にやられました!オーブンで炙る事出来ず!
ぷちコロス!


甲子園で配られた・・・チケット入れ!


三兄弟で争奪戦!・・・・次男が勝ち取りました!

財布にするらしい~



そして・・・現地で使った・・・「イコカ」!

東京で言う「スイカ」です。

淋しいkさんが、全国の この手のカードを集めてるらしい~
意味不明!

次回は北海道の「キタカ」を依頼されました・・・・・

・・・が~日頃の行い次第やね!

福岡の「スゴカ」は、手に入れたらしい~

・・・何で集めてるの?


以上~終了!






こっちも完成!4トラ








         




プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】



コメント (14)

④曽根の「馳走」にて~!

2009年05月28日 06時42分21秒 | 【関西】漫遊編集記
え~曽根に来てます!

曽根天満宮~!ここの秋祭りがすごい~!もう10年以上見てない!

久々に・・・あの雰囲気~味わいたいな~

ここに寄った目的は、同級生がこの近くの市場で働いているので顔を見る事と~


この店~「馳走」でかつめし!を食うこと!

あと・・・ここ馳走のマスターに会う事です!


再会を祝して~まずは乾杯~!

帰省すると必ずこの店で呑みます。地場の魚が美味い!


まずは鯵の南蛮漬け~


ゲソと、とり貝の酢味噌和え~

酢味噌も手作り~美味しかった~!


肉じゃがコロッケ~


そして・・・お目当ての「かつめし」!

毎回、これにたどり着けず~いつも夜なんで~

これ食う余力なし!・・・・つまみで腹いっぱい!


やっと食えた!
味?美味いに決まってるやん!

上品なカツめし~って感じ!


帰る間際にマスターがサービスしてくれた穴子~最高に美味かったです。
ありがとう~!

前回の「馳走」の様子は・・・ここで!


曽根駅から~姫路へむかいます~


懐かしの姫路・・・みゆき通り~

中高時代・・・うろついてた!
もちろん!健全に!


そして~姫路城~

右隣に見える・・・ヤマトヤシキ(地元百貨店)を視察~


山陽百貨店も視察し・・・東京に帰ります~

次回・・・完結!


まだ続く・・・・・・!




大阪~兵庫の旅!第二段が完成しました~ここでね!





         




プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】




コメント (18)

③兵庫 高砂へ

2009年05月27日 09時23分52秒 | 【関西】漫遊編集記
翌朝!梅田の商業施設を再度視察した後・・・・兵庫県へ再突入!


JRで明石まで行き~私鉄山陽電車に乗り換え~

乗換えが近くなっていたのにビックリ!

ま~そこしか 変わってませんでしたが・・・・・何か?


明石城です~!


その後・・・ブライダル都市~高砂へ~


結婚式で歌う・・・「たかさごや~」の高砂です。

しかし・・・な~んも変ってない!進歩なし!


目的はお墓参りです~1年半ぶり!

お花を買い~


由緒正しき・・・十輪寺(じゅうりんじ)へ~

弘法大師にゆかりが深いらしい~詳しくはここ!


昨年秋より、両親も東京で同居しているので・・・

なかなか来れなくて・・・すまん!


駅までの帰り道は、廃線になった昔の線路跡の道を・・・・

マグロ君が中学生の頃に確か廃線に・・・昔はJRも走ってた!


その名残↑


再び、山陽電車に乗り~無人の実家に行く事に~(様子見です)

途中~車窓から見えた・・あの赤い屋根!

マグロ君が通ってた道場です!

何の道場かって?~気になる方はここ!(全国レベルやで~)


伊保に到着~マグロ君の故郷です!


駅から見える・・・あれは名物カツめし~食わにゃ~


思い出の一平の「かつめし」~この辺りの名物料理なんですよ~

カツは牛カツ!ソースが店によって違うんです。

マグロ君はこの店のが一番好き~

しかし・・・今回はあえて・・・違う店で食べます。

その模様は・・・後日に~引っ張る!

一平のかつめしの詳しいことは・・・ここで!


実家を見て・・・近所のおばちゃんに挨拶をし~

再び伊保駅に~

駅裏の産婦人科!

長男が産まれる前・・・帰省し、マグロ妻が出血して、駆け込んだっけ~
懐かしい!



お隣の曽根に行きました~

目的?・・・・・・かつめし~でんがな~!




こっちもね4トラ








         




プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】



コメント (15)