世の中のうまい話

魚のウンチク、旬、漁師だけが食べている浜料理の紹介などなど・・・食べ歩きは八王子中心!都心も地方もたま~に

花咲蟹(はなさきがに)

2019年11月13日 07時57分44秒 | Weblog

     花咲蟹(ハナサキガニ)


 【語源】 北海道の花咲半島(根室半島)近海で多く獲れる為 ハナサキ蟹と呼ばれるようになったとか。

 また、甲羅の突起が花が咲いたように見える事から。


 


 


 【旬】

漁期は4~10月。

しかし、春のハナサキガニは脱皮時期で 身がやせている。旬は身入りのよくなる秋。

 



 【うんちく】

ハナサキ蟹は蟹の仲間ではありません。 蟹はハサミをいれて10本の足を持ちます。

ずわいがに、毛蟹は 10本あります。しかしハナサキガニは8本しかありません。

 ヤドカリの仲間なのです。(宿は持ちませんが・・・) これは、蟹の王様 タラバ蟹も同じ。


 水深30~200m位の深さに生息し、繁殖期は4~7月。この時期に 浅瀬に移動してきます。

3年かかって甲長3cmほどになり、生殖可能 になるのに8年かかります。

籠網によって漁獲されるが、集団行動する為、当りハズレが多い。

 沖合いに移動するものは、大型で脱皮後の回復が進んでいるため 商品価値が高い。

しかし、この蟹は分散行動する為漁獲が難しい とか・・・。

 


 

    茹でた花咲蟹

【ブランド・産地】

 ブランド化というよりも、花咲半島近海でほとんどが漁獲される。

 産地は目の前に歯舞諸島が浮かぶ根室。ハナサキガニはこの地域で 別名「コンブガ二」とよばれる。

名の通り良質の歯舞昆布を食べて 育つ、この地域の蟹は最高です。

 


 


     花咲蟹を使ったフレンチ

 


【産地ならではの漁師料理】

茹で蟹、焼き蟹、天ぷらなど、どう料理しても美味しいが、やはり 「鉄砲汁」でしょう。

作り方は簡単。生のままぶつ切りにしたハナ サキガニを入れ、味噌汁を作るだけ。

薬味は、ネギと三つ葉が お勧め。

 産地の方にコツを伺ったところ「蟹の茹で汁を使うんだよ・・・。

塩っけが強いときは薄めて・・・、最後に少量の味噌で味をととえ 出来上がり」と・・・。

風味たっぷりの味噌汁。あと、ご飯だけあ れば大満足ですね。

 



 【栄養と効果・健康】

 ビタミンB2・E、カルシューム、亜鉛、タウリンを含んでいます。

また、蟹に含まれる赤色の色素、アスタキサンチンはビタミンEの

 数百倍の抗酸化作用があると言われています。

 


 ハナサキガニの情報ドシドシお待ちしています。



 

          花咲ガニと毛蟹


 

       花咲ガニの甲羅酒



いつも応援ありがとう~

 人気ブログランキングへ

にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!




      



     

 プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】


コメント   この記事についてブログを書く
« 神戸のお好み焼き~~「光輪... | トップ | 「SAMURAI(侍)」に初~~八... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事