世の中のうまい話

魚のウンチク、旬、漁師だけが食べている浜料理の紹介などなど・・・食べ歩きは八王子中心!都心も地方もたま~に

皮剥(カワハギ)

2006年08月02日 22時17分05秒 | 秋が旬の魚


     皮剥(かわはぎ)


【語源】
カワハギの名は文字通り皮がきれいにむけるところからきている。
「バクチウチ」の別名もあるが、皮をはがれるのが、身ぐるみはがれる博打に
通じるから。 関西地方では「ハゲ」とも呼ばれる。






          本カワハギの煮付け

【旬】
産卵期は春~初夏。その為、旬は秋である。しかし、肝が最も大きくなるのは冬。





    カワハギのお刺身、肝ポン酢で・・・

【うんちく】
第2背びれ(頭に近い方の背びれ)が糸状になが~く伸びているのが雄。

カワハギは水深200m以浅、岩礁わまりの砂地に群れます。小甲殻類、貝類などを
食べます。カワハギは動きが非常に鈍い。しかし、その動きは自由自在、上下、
左右、前後ろ、どの方向にも動けます。ヘリコプターみたいな魚ですね。
また、繁殖力が非常に強いため、機敏な動作で逃げる必要がない。少々大型魚に
食われても種が絶える事がない。

カワハギの身はシコシコ、フグに匹敵する美味さです。しかし、それ以上に美味い
のが「肝(きも)」。「海のフォアグラ」と呼ばれるほど。
また、皮はやすりの様にザラザラし、鮫皮の代用として山葵おろしに使われる。

「ニガダマを 取って肝食う 良夜かな」 嵐山 光三郎(作家)




         かわはぎのにぎり寿司胆のせ








      カワハギの肝包みお刺身






【ブランド・産地】
ブランド化はされていない。また、北海道南部から本州・四国・九州・南シナ海
まで分布する。特別な産地は指定しがたい。関西地方で多く消費されている様だ。

【産地ならではの漁師料理】
何といっても刺身。醤油に肝をといて食べます。身の歯ごたえ、肝の濃厚な味わい
、最高。日本酒ですかね~!肝は生のままでも、一度さっと湯がいた物を使っても
よし。

そして捨てがたいのが煮付け、肝を腹に残したまま醤油で甘辛く煮ます。肝の
まったりとした味が強烈なアクセントとなります。



      カワハギの蒸し物





        カワハギの刺身


【栄養と効果・健康】
高たんぱく、超低脂肪の白身魚。脂肪分は限りなくゼロに近い。脂肪が少ないにも
かかわらず、脂溶性のビタミンDが非常に多い。ビタミンDは骨を丈夫にするため
に必要なカルシュームとリンの吸収率を高める働きがある。

       カワハギの肝ポン酢


       カワハギの姿造り







カワハギの情報ドシドシお待ちしています。








       肝和え刺身





























いつも応援ありがとう~
人気ブログランキングへ




にほんブログ村




ブログ王ランキングに参加中!









      







     



プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】









コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 疣鯛(イボダイ)・エボダイ... | トップ | 8月4日は「二の丑」 ウナ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBさせて頂きました。 (さかなや)
2006-08-02 20:52:24
いつ見ても綺麗な画像と丁寧なコメント....凄いです!

魚屋の私も、勉強させて頂いてます!

本当に読み言ってしまいます.....メモメモ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

秋が旬の魚」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

皮剥(カワハギ)......お顔がキュートです。 (魚屋三代目日記)
本日は皮剥を紹介します。 可愛いお顔ですよね! 泳いでいる姿も、とってもキュートですよ。 ヒレだけ波のように動かして、ひらひらと泳いでます。 上の画像は皮剥(本皮)ですが、ウマヅラハギと言う種類もいます。 値段は本皮の方がお高いですね。 ...
東京タワー (なかよし美人OLグルメ日記)
お仕事で「赤羽橋」へ。{/hiyo_eye/} 地上に出たとたん、わっとビックリ!東京タワーに出会いました。 ああ、やっぱり写真では表現できないな。 どんより霞がかった中にそびえ立つ姿はホントに{/kirakira/} 涙を誘うドラマチックな風景でした。 もしかしたら、う ...