イントラレーシック後悔日誌

コンタクトレンズよさようなら、そしてこんにちはメガネくん。えーメガネ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自業自得、いわば”へたれ”

2008-02-09 12:59:11 | Weblog
右再手術後もうすぐ一ヶ月というところで、少し近くが見えにくくなった気がします。
特に疲れてくると見にくいです。少し遠視が戻った感じ。

前回、快適度からいうと僕の場合は術前が良いと書いたのですが、この中でもフラップの呪縛については、ほんとに自業自得としかいいいようがない。
多分これについては、もし医者に”みんな最初はそういうけど術後後悔してるよ。フラップを気にしないエピにしなさい”とか言われてもおそらくイントラ選んでると思う。術後に痛いのは我慢できるけど、一年間の養生は僕にはできない気がする。

それに年だし、格闘技しないし、これから殴り合いの喧嘩なんかないし。
そこへもってイントラお勧めの言葉、実際それを聞いてホットしました。

ですが、実生活してみると、中々この呪縛から逃れられない。
電車の中では人の肘とかかばんとか妙に気になります。
かがんで物を取るときなんかも、慎重に回りのものに顔をぶつけないように。
振り返るときも慎重に。
寝るときは以前はうつぶせもあったけど今は必ずあおむけ。
嫁の寝返りにびくびく。(以前、寝返りで腕を思い切り振ってきて、目の辺りを殴られた経験あり)
喧嘩を止めることもできず。
ほんとへたれです。
想像力にかけてました。

検診の待合中に、片目を押さえたおじさんが入ってきて ”緊急です。院長呼んでください。検査はいりません”なんてことがあったのも影響してるんだと思う。実際にその方がどんな手術をしてて、どうして緊急なのかはわかりませんでしたが。
勝手に自分の身に置き換えて想像して。
まさにへたれです。

常に気にかけてるわけではないんですが、ちょっとした時に思い出します。
心配するようなことはほとんどないんでしょうが、一撃必殺みたいな雰囲気が、どうしてもぬぐえない。

自業自得です。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 頭痛 近くが見えない | トップ | なぜ、なんのため? »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あさこ)
2008-02-09 15:41:08
フラップ確かに怖いですよね。私もうつぶせでねられません。 ちなみに私も年明けに過矯正の遠視矯正うけました。 予定より近視化しこのままでは夜間は確実にメガネが必要ですが、過矯正の生活よりはましなかんじです。微調整はむつかしいですね。
残りの角膜はかなりあるので3回目のお話もありましたが、これ以上手術してフラップの強度はおちないのか、他の合併症が新たにでないか心配ですし、今のところはかんがえられません。
yoshiさん、今後もし何らか不具合が生じて再々手術が可能でしたら考えられますか?やっぱり3回目なんて無謀でしょうか?
あさこさんへ (yoshi)
2008-02-10 07:40:56
再手術されたんですね。頭痛は消えましたか?
現在の視力がどの程度かわかりませんが、2.0当時の見え方と比較して悩んでたりしませんか?
今、僕の場合、左が0.9(度数は-0.75)、右が1.5(度数は+0.5)です。右も左も再手術翌日は-0.25の屈折度数だったんですが、その後、左は近視へ、右は遠視へと変化しました。ほんと難しいですね。
夜については、2.0見えてコンタクト時代の1.2程度かと感じてます。なので、1.0程度だと(今の僕の左)、つらく感じますね。
おそらく20代とか30代前半だと、左が失敗だと悩んだりするんでしょうが、実は便利なのは左です。なので、今もし再々手術をするとすれば右です。
が、再々手術は全然考えてません。希望を達成するにはハテがない気がしてる。
やっぱり角膜厚とか将来含めた合併症が不安ですね。だいだい僕の場合、先生の中になぜか嘘をつく人もいたりして、この手術自体への信頼ももうない状態です。角膜削っても、手術には何十年の実績があるので大丈夫と言われても、都合のよい事例だけかも知れないし、嘘かもとさえ思ってしまう最近の寒さです。
ありがとうございます (あさこ)
2008-02-10 17:55:42
確かに希望通りに仕上げてもらう事なんてキリがなさそうですね。今回 再手術をうけ つくづくそう 思いました。 私はyoshiさんの左目くらいが理想だったんですが… 現在右0.7 左はもう少し悪く屈折度数は、-1.25くらい。同じく翌日はもう少し見えました。 まだ変動がかなりあり 天気や時間 で 見え方が変わり慣れません。 希望より近視よりなのでyoshiさんの右目のように遠視化するよう願っています。 このままでは夜は必ずメガネが必要、特に左目は見えにくい日が多く 日中もメガネに戻る可能性もあります。でも妥協ですが遠視の頃よりは将来の事等を考えるとまだいいのかなーと思う反面、、再々手術も可能といわれほんの少し考える自分もいます。yoshiさんは現在は全くメガネなしで過ごされていますか? もし私の状態になられたら 再々手術って考えられますか?
あさこさんへ (yoshi)
2008-02-11 09:59:34
僕の左が-0.75~-1.25です。視力0.8程度。もう半年ぐらいたつので安定していないというよりは、変動の範囲ですかね。手術翌日が-0.25で視力1.5、近くから遠くまで見えたのであの時が理想と言えば理想ですね。でも再び遠視方向に行った時のことを考えると手術する気はゼロです。現在それほど不便はないし、それに老眼鏡も遅らせることができるでしょうから。
加えて、矯正視力も出ない方とか、飛蚊症とか、蚊角膜薄いと円錐角膜になりやすいとかネットで見ると、これ以上の再手術は躊躇しますね。
あきらめたと言ったほうが正解かもしれない。それでもやっぱり視力0.6以下だとすると先生に相談はするでしょうね。
合併症は気にしないとすれば、これまでのデータを先生がちゃんと見てくれて、個々の傾向を見極めて3回目をやってくれるのであればありですよね。個人でも術後に近視に進む目と遠視が戻る目があるので、それが予測できればの話ですが。
90%メガネなしです。でも右が少し遠視に戻ったことから、仕事で疲れてくると時々メガネかけてパソコンみます。絶対いるほどではないですが、左右の視力差があることもあり、やっぱりかけると楽ですね。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事