岳と百姓と

会社定年、第二の人生で新たな世界を!農業、登山と旅行と趣味三昧のブログ

道後温泉と松山グルメ?

2018年12月24日 | 旅行
平成30年12月24日(曇り)

当地は晴れ時々、曇りで冬にしては穏やかです。気温6度で穏やかな年の瀬です。

では、四国行の続きです。日時は12月15日で現地のお天気は快晴でした。暖かったね。
昨日は予約も無しでAPAホテルに泊まってみました。一度は止まってみたいと思っていたアパなんでこの際、高いか、安いか関係なく体験です。
従業員は高級ホテル並みに応対が丁寧で良かったです。料金は状況によって変化するようで、当日は金曜日で休み前の日で7000円+駐車料金600円で素泊まりでは意外と高かったですね。繁華街のビジネスは4000円前後の看板が沢山あったので体験を考えなければ安いほうが良かったかもしれませんが、今回は体験なのでこれで良し。チェックインでカードが渡されました。此れで会員みたいなもんですね。写真はありませんが部屋は綺麗でベットやデスクも綺麗で流石良いホテルです。部屋は若干狭いし、トイレの便器もをウオシュレットにはなっていますが古くて小さいタイプでしたが、アメニティも良いものを置いてあってこの点はばっちりです。

夜はホテルの人に聞いて繁華街に出ましたが、ホテルは松山城の近くで、繁華街までは若干遠くて2km程歩きました。金曜の夜なんでたくさんの人が出ていましたが、自分はしばらく歩き回って、何がこの地方のグルメかわからなかったので、結局、小さな焼肉屋さんに入りました。地方グルメとはいきませんでしたね。七輪が出てきて自分で焼き焼きして食べるんですが、今日の登山の御褒美に特上カルビ(960円)を頼んだら4切れしか来ませんでしたね。一切れうどん一杯分かなんて思いながら食べましたけど、流石に美味しかった。このままいくと財布がパンクするのでホルモンに切り替えましたけどね。
もしかしたら、レバ刺しを出してくれるかとカマをかけてみたら無いと言うことでした。ただ、隣の常連さんには出てきましたけどね。流石に一元さんは無理か!帰り路が遠いので程ほどにして帰りましたが、思ったより安くて、もしかしたら従業員のバイト君、計算間違えたんじゃないかな?
なので酔いが浅かったので帰り道でコンビニでおでんとハイボール缶を買って部屋飲みしちゃいました。

次の日は松山での観光で道後温泉に入ってみました。若い時に四国一周の旅をしたときに何故か入らなかったので今回入ってみました。
何故か周辺の駐車場は高くて無料駐車場は無いかと探していたら近くの高台に期間限定の無料駐車場がありました。これでゆっくり温泉入れましたね。
途中、湯神社てのがあったのでお参りしてみました。由緒あるかはわかりませんが、神社はお参りしておくに限るからね。
参道です。筋肉痛で登りはチョト辛い。



なんか良く判らないけどお参りしました。



ガイドブックに載ってる外観で観光客がワンサカいます。写真撮るのも大変です。



自分は一番安い(410円)の風呂に入りましたがコースによっては2000円以上のものもありましたね。そこまではいらないね。
お湯は「アルカリ単純泉」で無臭でした。湯舟は石造りで2か所あって一応2か所とも入ってみましたが、特に感動することも無かったですね。
ただ、観光客が入れ替わり立ち代わりで皆、石鹸やシャンプーを持ってきているわけではないんで、ふーーーん?こんなもん的な表情でしたね。地元の爺さんたちは石鹸やシャンプーも持ってきていましたので地元と直ぐ判りましたね。写真は禁止なのでありません。
一応、坊ちゃんの道後温泉入ってみました。



温泉に入った後に駐車場に戻る途中に「伊佐翁波神社」がありました。歴史的な謂われは良く判りませんがお参りだけはしておきました。階段が凄いんで筋肉痛の自分としては登るのもつらかった。



思ったより大きな神社でしたね。改修も終わって綺麗でしたけど、厳かさも無かったので一応社内を回ってみてみましたが、歴史が深いのかは良く判りませんでしたね。



初宮の人が一組と、後はアジア系の観光客と日本の観光客が沢山しましたけど、まずまずかなと思った次第です。



では松山グルメですが、ホテルで松山のお勧めグルメは何かと聞いたら、鍋焼きうどんということです? はーー!?またうどん?
四国に着て食べたのはうどんしかないのですよ。それ以外はコンビニのおにぎりとおでんしか食べていないんですね。四国グルメを食べたいと思ったら、またうどん?
お勧めなのでマップルガイドブックに掲載された「アサヒ」という店に行ってみました。店前には5-6人程の行列があったので有名店らしい。
20人程で満杯になるような小さなお店でした。ほとんどが女性で厳つい爺が浮いていましたが、松山グルメというので我慢して入りました。
メニューは鍋焼きうどんのみで卵入り(650円)か無し(600円)の2種類しかありません。自分は卵入りにしました。
きました土鍋ではなくてアルミの鍋が!何故か違和感?お盆にも載ってないし、テーブルに直に置かれたアルミ鍋?



自分が今まで食べていた鍋焼きうどんは土鍋で蒲鉾や伊達巻が入っているのが当地の鍋焼きうどんですが、こちらは油揚げの刻み、牛肉の炒め物、
蒲鉾、ちくわ、ねぎが入っています。牛肉の炒め物は目新しいがそれ以外はまあー慣れ親しんだ具材なので行列できるほどのものはないんじゃないかと思って食したら?----?!
スープが甘い、油揚げが甘い、牛肉が甘い、甘くないのは卵だけ!えーーーー?これってスイーツ?砂糖水?聞いたらスープや具材には砂糖を入れて味付けしているんで皆甘いそうです。これが松山のソールフードって超やばくない?でも、行列ができてるし、これが当たり前なんでしょうね?
残すのは勿体ないので一応は全部食べ切りましたけど、どっかでこてこてのしょっぱいラーメンを食べたくなってしまいましたね。



もう、四国はいいや!うちに帰りたい!ホームシックになってしまった。岡山経由で鳥取に行こうと思っていましたが、行くのを辞めました。レンタカーを帰しに高松に向かいます。
結局、夜行バスで東京に戻りました。アーーー、疲れた!

ボタンをクリックしてしていただけると凄く励みになります。
↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらをお願いします。

人気ブログランキングへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 四国のねぎ畑 | トップ | 東京下町散歩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事